ビーシュリンプを飼い始めて4ヶ月くらいです。
最初10匹で始め、順調に抱卵し、稚エビも大量に産まれ、一時期は100匹程度まで増えました。
生育も順調で、最初に産まれた稚エビが親と同じくらいの大きさになってきたところで、急に最近バタバタと死に始めたのです。
1日平均10匹ずつくらい。死体はまめに取り出していますが、大量死は止まる気配がありません。
現在20匹くらいまで減ってしまいました。突然のことなので原因が分からないのですが・・・まだ抱卵個体も残っているので、何とか食い止めたいです。
原因が分かる方いませんか?
ちなみに環境は以下の通りです。

水槽:30cm水槽
底砂:ADAアクアソイルアマゾニア
水温:24.5℃
濾過:テトラ外掛け

水草が多く、エアレーションはしていません。
ビーシュリンプの単独飼育です。

A 回答 (3件)

こんばんは。

それは大変ですね…(汗)私も最初は、排泄物やエサの腐敗による水質の悪化が主な原因だと思いましたが、エビの数も多くないようですし、水草も沢山入っていると言うことなので他に原因があるような気がします。いろいろ考えましたが水の汚れではなく酸欠が主な原因ではないでしょうか。水草は光合成をしていない間は酸素を必要としますので、水草の多い水槽はそれだけ水中の酸素濃度が低下しやすくなります。エビは高温と酸欠に弱いと聞きますので、照明の当たっていない夜間などに酸欠でエビがダメージを受けているのではないのでしょうか。エアレーションと念のために毎日コップ一杯程度の水換で少し様子を見られてはいかがでしょうか。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

水換えでは効果がなかったので、エアレーションしてみましたが、とりあえず残り数匹になったところで死ぬのは止まりました。
水も見た目の透明度は高かったのですが、油膜の発生がひどかったので、決して水質は良くなかったのかも知れません。
それにやはりエビの数よりも、水草が予想以上に繁茂しすぎたのが原因かも知れません。グロッソスティグマが一気に生長して絨毯状になったので底面層の夜間酸素がより欠乏したのかも・・・。
またこれから繁殖しなおします。回答ありがとうございました。

お礼日時:2005/04/12 13:26

水草は光が充分あれば光合成をして、水中に酸素を供給してくれますが、夜間など光が少ない時には、水中の酸素を吸収し二酸化炭素を放出します。


どのくらい水草が多いか判りませんが、エアレーションしてみては?
    • good
    • 0
この回答へのお礼

水換えでは効果がなかったので、エアレーションしてみましたが、とりあえず残り数匹になったところで死ぬのは止まりました。
水も見た目の透明度は高かったのですが、油膜の発生がひどかったので、決して水質は良くなかったのかも知れません。
それにやはりエビの数よりも、水草が予想以上に繁茂しすぎたのが原因かも知れません。グロッソスティグマが一気に生長して絨毯状になったので底面層の夜間酸素がより欠乏したのかも・・・。
またこれから繁殖しなおします。回答ありがとうございました。

お礼日時:2005/04/12 13:26

う~ん、色々な原因が考えられると思いますが、やはり水質の悪化が一番可能性としては高いのではないでしょうか??


あと、お部屋でバルサン焚いたりしてもエビちゃんは死にます^^;
水槽付近で殺虫剤など使った場合も、死んでしまうことがあるくらい、弱いみたいです><
3分の1くらい水換えなどして様子を見てはいかがでしょうか?
    • good
    • 0
この回答へのお礼

お返事ありがとうございました。
とりあえず水換えは2回ほどしてみましたが、やはり死ぬのは止まりませんでした。
ただ、残り数匹になったところで持ちこたえています。

お礼日時:2005/04/12 13:19

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Qビーシュリンプ

綺麗な海老が続々と台湾から日本へ輸入されています。
ビーシュリンプという小さな海老です。
中国語でビーシュリンプとはどう言えば伝わりますでしょうか。
・ビーシュリンプ→蜂海老?
・ブラックシャドウビーシュリンプ→?
・レッドパンダビーシュリンプ→?
・ブルーシャドウビーシュリンプ→?
宜しくお願いします。

Aベストアンサー

中国語では、エビは「海老」よりも「蝦」が一般的です。
ビーシュリンプ(英名Bumblebee Shrimp)のビー(英語Bee)は「蜜蜂」ですから、は「蜜蜂蝦」と表記します。また形態に着目して、「水晶蝦」とも訳されています。

ちなみに、写真はブラックシャドウではないかと推察しますが、品種により「蜜蜂」の名前は付けず、形態に即した名前をつけるのが一般的なようです。

以下
・ブラックシャドウビーシュリンプ→黒水晶蝦
・レッドパンダビーシュリンプ→紅水晶蝦
・ブルーシャドウビーシュリンプ→藍水晶蝦

Qレッドビー・稚エビの脱皮不全

レッドビーを飼いはじめて3ヶ月の初心者です。
20cmキューブに立ち上げ9匹から始めて順調に脱皮・成長し、雌6匹がすべて抱卵したものの、孵化後の稚エビが次々と消えていきました。様々なサイトを参考にしたところ、私のずさんな水質管理による、底床の汚れ・水質悪化が主原因であろうと思われました。(水換え無し、過剰なエサ、16時間点灯による大量のコケ発生・・ミズミミズも多く発生しました)また、稚エビ用の餌やミネラルへの配慮も必要という事を知り、以降、以下のような改善を行いました。
・水換え:毎日500~600cc
・エサ :小指爪程度の板状餌を、2日に1回(朝投入後、午後には食べ切ってます)
・照明 :6時間/日
・稚エビ:微生物やミネラルの素となる市販粉末製品を、3日に1回微量投下
その結果、ここ一週間で見た目からも水槽の環境はかなり改善された様子です。

ここから本題ですが、現在までに僅かに残っている稚エビについて、脱皮を試みながら頭部あたりに殻が残り、もがき苦しんでいる様子を散見するようになりました。2、30分かけても成功する様子は無く、そのまま☆になっているようで、大変残念です。
この稚エビの状態は、いまだ水質改善が不十分、または脱皮に必要な栄養が不足している事が原因なのか、全く別の要素も考えられるかどうか、教えて頂きたくお願い致します。
現在、新たな抱卵個体もおり、環境改善を目指しています。

環境ですが、底床:ソイル/フィルター:AT-20/照明7w×2/水草:モス流木・リスノシッポ/生体:RB×9/PH:6.2 
※アンモニア・亜硝酸等はテスト紙では問題なさそうでした。 
正直、60cmクラスの水槽に外部フィルターぐらいにしてやりたいのですが、家の環境がそれを許さず・・・したがって、爆殖などという希望は無く、水槽内定数で世代を重ねていける程度の環境は最低限確保してあげたいというのが、正直な気持ちです。

どうか宜しくお願い致します。

レッドビーを飼いはじめて3ヶ月の初心者です。
20cmキューブに立ち上げ9匹から始めて順調に脱皮・成長し、雌6匹がすべて抱卵したものの、孵化後の稚エビが次々と消えていきました。様々なサイトを参考にしたところ、私のずさんな水質管理による、底床の汚れ・水質悪化が主原因であろうと思われました。(水換え無し、過剰なエサ、16時間点灯による大量のコケ発生・・ミズミミズも多く発生しました)また、稚エビ用の餌やミネラルへの配慮も必要という事を知り、以降、以下のような改善を行いました。
・水換え:...続きを読む

Aベストアンサー

殻はキレイにパカッと外れる物ではなく、しばらく残る事があります。
野生なら藻の間を通る時とかにそれらに引っかかって外れるのですが、水槽だとそれが無いのでなかなか外れないだけです。

そのうち殻が硬質化してボロボロになって崩れて外れていきます。

Qプラナリアとビーシュリンプ

最近お店でビーシュリンプとレッドビーシュリンプを合計10尾と水草を買いました。

次の日水槽を良く見ると 水槽を這う変な生き物がいました。
ネットで調べたら『プラナリア』という事はわかりました。
その日からプラナリアを取っても取っても 増えているんです。
すごい繁殖力というのはなんとなく調べてわかったのですが・・・
すでに数日で30匹は取ったと思います。
どこから来たのかよくわかりません。。

でもそれから ビーシュリンプが次々に死んでいきます。
プラナリアがいるからなのか 水が温まったのがだめなのか検討がつきません。
ビーシュリンプ用のえさもあげていますし、
ジクラウォーターというビーシュリンプ用の活性剤みたいなものも入れて
水もキレイにしてあげていたんですが、、、

プラナリアはこのまま放置していて ビーシュリンプと共存はできますか?

ビーシュリンプもプラナリアに関しても 初心者なので
何かアドバイスがあればお願いします!!!

Aベストアンサー

ビーシュリンプは初心者が手を出すには難しい生体だと思います。事前に十分に調べて必要な準備をしてから飼い始めていますか?

導入時、水質が安定してから入れていますか?少なくともセッティングしてフィルターを動かして1週間~1ヶ月以上経たないと安定しません。水質を安定させるのはバクテリアであり、これが安定的に活動していないと水質はすぐ悪化します。
水あわせはしましたか?いきなり水槽に入れてはいけません。数十分から数時間かけて少しずつ水槽の水質と水温にならす必要があります。
水温は25℃以下ですか?ビーシュリンプの適温は22~24℃とされています。30℃を超えるようだとほぼ全滅でしょう。ただ、エアレーションを強くすると生存率が上がるという情報もあります。
http://www001.upp.so-net.ne.jp/tsurumaru/bee_baby.html

プラナリアに関しては、エビを襲うという情報があります。
http://blog.newtokyo.net/archives/2007/01/post_257.html
http://ecoplants.at.infoseek.co.jp/column/planaria_menu.html

参考URL:http://seabass3.com/,http://homepage2.nifty.com/solecism/

ビーシュリンプは初心者が手を出すには難しい生体だと思います。事前に十分に調べて必要な準備をしてから飼い始めていますか?

導入時、水質が安定してから入れていますか?少なくともセッティングしてフィルターを動かして1週間~1ヶ月以上経たないと安定しません。水質を安定させるのはバクテリアであり、これが安定的に活動していないと水質はすぐ悪化します。
水あわせはしましたか?いきなり水槽に入れてはいけません。数十分から数時間かけて少しずつ水槽の水質と水温にならす必要があります。
水温...続きを読む

Q抱卵したクリスタルレッド ビーシュリンプが死んだ場合

抱卵したクリスタルレッド ビーシュリンプが死にかけています。

もし、死んだ場合、卵も死んでしまうのでしょうか。
それとも、卵だけ取り出して稚魚器か何かに入れていれば、孵化するものでしょうか。

ご存知の方、教えてください。

夏場で蚊が多く、蚊取り線香を炊いたのが悪かったのかもしれません・・・。
皆さんも、蚊取り線香等には気をつけていますか?

宜しくお願いします。

Aベストアンサー

「筆で卵だけ取りだして、茶漉しに卵を入れ、下からエアレーションすると孵化する場合もある」
...という方法が一般的に認知されています。
ただ、面倒なので私はやったことがありません。

Qビーシュリンプについて

普通に熱帯魚を飼っているのですが、昨年あたりからボトルアクアもはじめ、1リットル程度の容器に自作のエアリフト式の底面フィルターを使用し、保温器が使用できないため、ミナミヌマエビやメダカを入れています。
どちらも鑑賞用としてはいささか地味なので、今年はビーシュリンプも・・・と思ったのですが、ビーシュリンプはやはりミナミヌマエビよりデリケートなのでしょうか?保温器なしのリビングルームでの飼育なので、暖房をつけていないときは、最低水温は10度以下まで下がると思いますし、暖房をつけると20度以上になり、温度差も結構厳しい?とは思っていますが、ミナミは問題なく過ごしているので、ビーシュリンプでも大丈夫なものかと考えてみたりしています。
ミナミとメダカは、池のたまに氷の張るような環境でも例年増え続けているので、あまり考えもなく、ヒョイと入れたのですが、ビーシュリンプは厳しい環境に置いたことがないので全くわかりません。
よろしくお願い致します。

Aベストアンサー

ビーシュリンプはミナミヌマエビやメダカよりデリケートですので、同列に考えるのは止した方が賢明です。
しかし、ボトルアクアが無理かというと、それはできなくはありません。
基本的に秋~春までで、夏場は高水温により無理です。

ただ、温度差が10℃以上...というのは、責任は持てません。
が、いける可能性はあります。
(ビーシュリンプメインの飼育者にとっては噴飯ものの暴言?)
まあ、エヴァリスの10Wヒーターやパネルヒーターを使用して水温差を緩和するのが無難ではありますが。

メダカと一緒に飼うのは不可。
かなりのストレスが掛かっていることはビーの行動から明白です。
魚との混泳すると、飛び出て干からびることが多く、単種で飼うと飛び出るようなことはありませんから。

一掴みの底床と、少量の水草があるならば、ビーの10匹ごときに濾過装置は不要。
心配なら、ベビー用のスポンジフィルターで秒1~3回気泡が上がる程度の水流に抑えます。
1Lの容器に底面フィルターなら水流が強過ぎになる可能性の方が高いです。

--
余談ですが、ビーシュリンプの底面濾過の考え方は、頻繁に底床掃除をしなければ...とは考えないことです。
底床掃除すれば、何%かのビーシュリンプが落ちて当然ですから。
# この何%か落ちる...が、痛いような数の時は掃除しない。
小型水槽なら、ソイルと同様に、リセットを視野に入れてほとんど掃除しない方法もあります。
半年ノーメンテで走れる底面濾過を組めば、他のフィルターよりトラブルがない確率も高く、エビ&底面のメリットはあります。

ビーシュリンプはミナミヌマエビやメダカよりデリケートですので、同列に考えるのは止した方が賢明です。
しかし、ボトルアクアが無理かというと、それはできなくはありません。
基本的に秋~春までで、夏場は高水温により無理です。

ただ、温度差が10℃以上...というのは、責任は持てません。
が、いける可能性はあります。
(ビーシュリンプメインの飼育者にとっては噴飯ものの暴言?)
まあ、エヴァリスの10Wヒーターやパネルヒーターを使用して水温差を緩和するのが無難ではありますが。

メダカと一...続きを読む

Qビーシュリンプが茹でエビに・・・

60cmエーハイムろ過水槽で50匹ほどに増えたビーシュリンプがこのところの暑さのせいか20匹位が茹でエビ状態で落ちました。混泳のランプアイ等は元気なのですが・・・
やはり原因は水温なんでしょうか?日中は30℃以上になっているようです。ビーシュリンプの適応水温範囲ってどれ位なんでしょう?
クーラーまで設置するつもりはないので、とりあえずガラス蓋は外しました。

Aベストアンサー

27℃くらいまでがいいんじゃないでしょうか。
30℃超えるとばたばた死にはじめますね。

クーラー(水槽用ですよね?)が設置できないのであれば・・・・

・部屋のクーラーをつけっぱなしにする
・出かける際に保冷剤やペットボトルに水を入れて凍らせたものを入れる
・冷却ファンをつける(蒸発に注意!)

などですかね。

とりあえず上部が密閉されている場合はふたをはずしただけでは魚が
飛び出す危険性がありますので専用のメッシュ状のカバーか網を四角い
枠にはったものなどを自作してつけてみてください。

ライトがそのまま上にのっかるタイプであればライトをリフトアップする
(金具が市販されています)と結構違いますよ。

Qビーシュリンプと魚の混泳に付いて、ご教授ください。普段は、水槽のコケな

ビーシュリンプと魚の混泳に付いて、ご教授ください。普段は、水槽のコケなどを食べているオトシンクルスですが、彼らもエビの子ども(幼生)などは捕食するのでしょうか?問題無ければ、コケ対策にビーシュリンプ水槽に入れたいと思うのですが、如何でしょうか?

Aベストアンサー

オトシンクルスとビーシュリンプは大丈夫だって聞くし家でも一緒だけど増えてますよー
テトラとかは確実に食べるけどね;;

Qビーシュリンプ飼育:グレード退化について。

レッドビーシュリンプの飼育を考えています。

飼育し続けていけばやがて繁殖していくと思いますが、
その際にグレードの退化は顕著に表れるものですか?

例えば、10匹のBグレードを購入してそのまま
選別もせずに放置しておくと、やがては白い部分が
無いようなエビだらけになってしまいますか?
それとも、Bグレードの同じようなエビが増えていきますか?
想像するには退化していくものかなーと考えています。

どうせ退化するならグレードには本当にこだわらずに
購入しようかなと考えています。退化が顕著に出ない場合は
ちょっと高いエビでも買おうかと。

以上です。よろしくお願いします。

Aベストアンサー

選別をしないと自然に戻ります。
自然界の状態が水槽に再現されると考えてください。
今の高グレード品種は人間の手によって改良されたものであり、
選別を行わないとグレードは落ちます。

遺伝の法則で言うと、劣性の形質が現れづらくなります。
検索エンジンで「ビーシュリンプ 劣性(優性)」などで調べるとよいと思われます。

しかし、一概にグレードが落ちるというのが悪いとは言えないので、自分なりの飼育計画を立てると良いと思います。

Qビーシュリンプ・グッピーの混泳

今、30cm水槽にグッピーの幼魚を4匹飼っています。
そして昨日、ビーシュリンプを5匹買ってきました。
グッピーとビーシュリンプは混泳ができるんでしょうか。教えてください。

Aベストアンサー

隔離してもいいですよ。
ただし気をつける所は環境の変化ですかね。
エビは水質に敏感なので、水合わせを十分しても1週間くらいで数匹死んでしまうなんてことは珍しくないです。
なので同じ水槽の水を別水槽に入れて水質の変化がないようにしてあげるといいと思います。
それか魚の産卵箱というのが売ってますので、水槽内でそれを使用して隔離するのもアリですね。
すり抜けられないように穴のあいてないネットタイプの物がいいとお思いマス。

Qミナミヌマエビが妊娠するも中々稚エビができない

今までに四匹のミナミヌマエビが妊娠したのですが、内二匹はいつのまにかお腹の卵がなくなっていてお腹をパタパタさせています。稚エビが生まれたのかと思ったのですが、日数的にも早すぎますし、毎日水槽を見ていますが確認できません。もう二匹の内の一匹も最初は10~20個お腹にあったのに、現在では6~7個ぐらいしかありません。原因ってなんなんでしょうか??水槽を設置して三ヶ月ぐらい経ちますし、ウイローモスなどの環境も最低限なっていると思います。ミナミヌマエビはほっといても勝手に繁殖すると聞いているのでこうも中々生まれないと心配です。どなたかわかる方がいたら教えてください。

Aベストアンサー

No.2です。
> phを測ってみたら、比色表に表示されている一番低い(用紙の色が薄き色)phよりもさらに低いみたいです。
・少し低すぎですね。

> phを安定させる石なども売ってましたがあんなのもあったほうがいいですか??
・pHをアルカリ性側へ引っ張るのならば、サンゴ砂がオススメです。
サンゴ砂をタバコの箱位の大きさの量をネットなどに詰めて、外掛け濾過器の濾過槽内に投入すればOKです。

サンゴ砂の大きさは「粗目」が目安。
http://www.mangointernational.com/sub2.htm

> あと、ヒーターをいれようと思うんですが、妊娠しているエビがいる水槽にいきなり入れても大丈夫でしょうか?急に水温が変わったらエビにも良くないと思うんですが。。。

・水槽水量に適正なW数のヒーターを使用する限り問題ありません。
現在27L水槽ですから、75W~100Wのヒーターが適正W数です。
200WなどW数の極端に大きなヒーターは、あまりにも短時間で、一気に適正水温に上昇するため、生体に負担を掛けるため注意が必要です。

メダカやヌマエビなどの温帯性生物は、夏場は30度近く、冬場は10℃以下の低水温でも生きられます。
しかし、短時間の温度差には、とても脆弱な生物です。
温帯性生物に対するヒーターの目的は、外気温の水温への影響を排除し水温を安定させることです。

ヒーター設置時の注意点は、必ず1/3量~1/2量の水替えを行ってからヒーター設置することです。

No.2です。
> phを測ってみたら、比色表に表示されている一番低い(用紙の色が薄き色)phよりもさらに低いみたいです。
・少し低すぎですね。

> phを安定させる石なども売ってましたがあんなのもあったほうがいいですか??
・pHをアルカリ性側へ引っ張るのならば、サンゴ砂がオススメです。
サンゴ砂をタバコの箱位の大きさの量をネットなどに詰めて、外掛け濾過器の濾過槽内に投入すればOKです。

サンゴ砂の大きさは「粗目」が目安。
http://www.mangointernational.com/sub2.htm

> あと、ヒーター...続きを読む


人気Q&Aランキング