徳川家康は,将軍(征夷大将軍)になりました.

でも,秀吉は,「関白」から「太閤」になりました
詳しくは知りませんが,関白というのは天皇の直接の家臣であり,たぶん,「征夷大将軍」よりもかなり上の位だと思います.

信長は,「将軍」就任を拒否したと言います.
おそらく「関白」のようなモノを目指していたのでしょう.

この時代(戦国時代),秀吉の選択した「関白」と家康の選択した「征夷大将軍」とはどのような違いがあったのでしょうか.

一説には,将軍は,足利の直系でないとなれないとか,
そのために,将軍になった人は,「系図を適当にでっち上げた」とか言われていますが,強いだけではダメで,
「血統」も関係しているのでしょうか.

ご存じの方おられましたらお願いします.

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (9件)

やはり「征夷大将軍」が武士の棟梁という認識が家康にも他の武将にもあったからではないでしょうか。


秀吉の「関白」職は他の方が書かれた様に征夷大将軍になれなかったので・・・というものです。

仰る通り、形式上は関白は征夷大将軍よりも遥かに上です。
ただ、あくまでも形式上です。
本来、征夷大将軍は蝦夷征伐の為の司令官職です。
それが幕府を開き国内の政を一手に引き受ける最高権力を持つ訳ですから、既に形式上の上下より実質的な上下関係が優先される訳です。
鎌倉・室町時代にも歴代関白が存在しましたが政を行うのは幕府でしたので、この時点で権力はの上下関係は逆転しています。
つまり、一端、落ちた関白の地位を秀吉が実力で最高位に引き上げたという状態です。
それが家康が征夷大将軍職に就き、関白職は元の形式的な位・・・征夷大将軍より権力の低い職となりました。

実力の無い形式・肩書は何の意味も持ちません。
実力に箔をつけるために形式・肩書を利用したのが関白職・征夷大将軍職であったのです。
先に書きました様に秀吉は征夷大将軍職に就けなかったので関白を選んだ。家康は征夷大将軍職に就ける可能性があったのでそれを活用した。

信長は「太政大臣」「関白」「征夷大将軍」の三職のどれかに就任するよう推されましたが回答をせず。
その後、信長は本能寺の変で討たれてしまいますので
信長の真意がどの職に就く事にあったのか?或いは拒否しつづけたか?さらに上を目指したか?は私たちは憶測するしかありませんが・・・。
何れにせよ、過去にも信長は「形式」をフルに利用し、利用出来なくなればサッサと捨ててしまう経歴を持っていたので「源氏だけ・・・」等と言う慣習を強引に破る事も、全くあたらな地位を設けてしまう事も有り得ることでしょう。

秀吉・家康はそこまで強引な手は用いず、従来の形式・肩書を自分の可能な手段で活用したのでしょうね。

> 強いだけではダメで,「血統」も関係しているのでしょうか.
身分制度の無い今日でさえ、有栖川宮様と偽っただけで金を集める様な詐欺が行われる程ですから血統というものは目に見えない有り難味があるのでしょう・・・。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

ありがとうございます.

私の疑問は,ご回答でほぼ解決しました.

お礼日時:2005/04/07 04:01

将軍を選択したというのではなく、源氏長者を選択した、というべきです。


将軍は皆さんおっしゃるとおり職掌であり、家康は死んだときには征夷大将軍ではありませんでした。(息子の秀忠が将軍)
しかし源氏長者としての地位は譲っていなかったのでそういう意味でも権威は家康のほうにありました。これは天皇の血をひく一族の長であるという権威です。
また、源氏というのはここではすべての源氏を意味します。清和源氏だけではなく、本来もっと格の高かった村上源氏や嵯峨源氏なども含んだ、いわゆる広い意味での天皇家の親戚一族の長ということです。
足利の直系でなければという説は聞いたことが無いです。現に家康の名乗った新田氏も清和源氏ですが足利氏ではありません。
ただ関東の覇者として同時に日本全国を支配下に置くのに将軍職のほうが都合がいいということはいえるでしょう。今更天皇に政権を返す気も必要も無くその権威だけを利用したいのであれば実質的な軍権をもつ将軍のほうが地位が高かろうと文官である大臣やなんかより。
秀吉はもともと庶民ですからむしろ嬉々として天皇に仕えていたという話です。関白というのは少なくともそういう形をとっている職ですから。
つまるところ信長はわかりませんがあとの秀吉と家康はどちらも天皇の権威を利用したのは確かですがその向きが違っていたと思います。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

ありがとうございます.

歴史認識にはいろいろな解釈があり,面白いですね.

江戸時代は,圧倒的に「将軍」の地位が天皇よりも上であった.幕末になると,微妙になってくる.

日本で,形式的とはいえ,何百代もさかのぼれるのは,天皇くらいですが,
将軍職にも血統が必要だったようです.

成り上がり,現有する組織や,権威,血統というものに興味の無かった「信長」.
百姓出身の「秀吉」
血統を自認する「家康」

それぞれの価値観が推測されて面白いですね.

お礼日時:2005/04/07 04:16

No.3さんの回答とほぼ同じなので、視点を変えてコメントします。



征夷大将軍とは、もともと蝦夷(アイヌ人・アイヌ系和人)を征伐する、れっきとした「官職」です。古くは坂上田村麻呂が征夷大将軍として赴任しています。官職としては低かったものの、現地において朝廷の許諾を求めずとも自由に兵馬を操る権限がありました。

信長は将軍への就任要請を断っています。官職である限りは天皇の家臣であり、最大勢力となった信長にとっては最早天皇制なんて無用の長物でしかなく、従って「官職」なんて不要だったわけですね。

将軍は源氏しかなれない、という意見がありましたが、源平藤橘(源氏、平氏、藤原氏、橘氏)の4家の子孫であれば将軍になれます。元々この4家は祖先が天皇ですし。実際に、鎌倉幕府の第4代~第9代の将軍は藤原家や公家出身です(決して第3代実朝で将軍が不在となったわけではありません)。

 信長と同様、鎌倉・北条氏も平氏の子孫だから「将軍」就任資格がありました。しかし、「将軍になりたくて源氏を断絶させた」という批判を反らすため断念しています。学校の教科書では第三代実朝で将軍は断絶したと説明していますが、上記の通り、その後藤原氏や皇族を都から呼び寄せて「将軍」に据えています(名ばかりですが)。1333年の鎌倉幕府滅亡まで、将軍は存在しています(第9代 守邦親王まで)。その将軍の補佐として「執権」に就任していただけです。

家康の将軍就任は、本人に聞いてみないことにはわかりませんが、信長のように天皇制を廃することよりも、単に兵馬権と行政権を掌握できて徳川の世を創り上げられればそれで良いと考えたのかも知れません。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

ありがとうございます.

お礼日時:2005/04/07 04:09

関白はあくまでも公家政治の中の制度(なのですが(天皇の後見人であり、未成人の場合は摂政、政治の場合は関白になる。

)、秀吉は氏を持たない為、公家社会に入り込みその頂点に立つ事によって権力を掌握せざる終えなかった。その為に、一条家の猶子になり、藤原氏として関白になり、なおかつ、新しい氏である豊臣を賜っり、その新しい豊臣と言う氏の権威で権力を継承していこうと言う考えだったのかも知れません。

一方、幕府を開くには、征夷大将軍の他に源氏長者である必要があるため、徳川家康は新田系得川氏の子孫として源氏をなのりだします。それ以前の家康は藤原氏を称しています。もっとも松平家は元々は源氏を名乗ってたと言われています。
江戸幕府はは、ついで公家の官位と武家の官位を分離しました。江戸時代武家の官位は単純に幕府内の序列をあらわす基準の一つとして、公家の官位とは別物と扱われていたはずです。

なお、織田信長も源氏のはずですが、源平交代論を信じていたのか途中で平氏に変えた様です。しかし織田信長が最終的に何を目指したのははっきり解りません。天皇を越える権威になろうとしたため暗殺されたと言う説もあります。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

ありがとうございます.

その時々で,最高実力者がどのような「役職」を名乗るのかというのは,
その時代や,その人が昇りつめた経緯をあらわしていて面白いと私は思うんです.

関白や将軍がその地位の上下関係にたいした意味の無いことは,皆さんすでにご回答のとおりなんですよね.

でも,江戸時代のように太平の世が続くと,
自分の力で昇りつめた始祖に対して,その後継者は,
始祖の力を借りようとし,
そのあまり重要でなかった役職自体が意味を持ってくるという.

お礼日時:2005/04/07 04:06

簡単に言えば、家康は前述の通り源氏としての血統があっあために将軍になった。

秀吉は元は百姓なので武士ですらなかったため朝廷においての地位しか確立できなかった。
    • good
    • 0

こんばんは。


なにぶん素人なんで、知っている限りの乏しい知識を総動員してみますネ。間違ってたらゴメンナサイ!

まず、鎌倉幕府以降の将軍は源氏でなければ、ダメ!って慣行があったようです。ですから、鎌倉幕府後期の将軍的存在「北条氏」は執権だったと思われます。

織田信長の家系は、元を辿れば平氏なので、将軍としての資格を欠いています。また、信長が拒否したのは内府か右府だったような気が・・・。
右大臣と、将軍には決定的な違いがあるように思えます。
右大臣は朝廷内の地位をあらわし、将軍は兵権を司ると言った職掌をあらわす言葉なので、同じ土俵には立たない称号のはずです。
右大臣にして、将軍ということもありうるわけです。
信長は、将軍になりたくてもなれなかった???

右府の就任拒否は、朝廷の支配下に入りたくないが為の拒否であったという説もあります。

豊臣秀吉は仰るとおり、関白から太閤になりましたが、征夷大将軍にならなかったのは信長と同じ理由と思われます。(源氏ではない。)後付で、「天子の落としだね」って自称していますが。当時の慣習では将軍になれなければ、朝廷内の冠位で格付けするしかなかったのではないかと思われます。

徳川氏ですが、改姓前はご存知のように松平氏、先祖を辿れば新田氏(れっきとした源氏です。)に行き着くと言われますが、ホントかどうかは知りません。
但し、征夷大将軍になるためにその系図がモノを言った事は間違いないと思います。徳川氏しか征夷大将軍になれなかった理由は、前述の通りで概ね間違っていないと思います。
徳川家康は、最終的に太政大臣(冠位)征夷大将軍(職掌)で生涯を終えています。
太政大臣は、朝廷内での人臣最高位です。ですので、一番偉いと言っても間違いではありません。

「関白」と「将軍」は、どちらも冠位ではなかったような・・・。(このあたりから、怪しくなります。)
そんな訳で、「どちらが偉い。」となると、人事部長と営業部長のどちらが偉いのか?ってな感じがしますが。(ますます怪しい・・・。)

どちらも便宜的に称号があった方が良いので、選べる物を選んだと言った違いで括っています。信長の場合は、冠位など必要なかったのでは・・・。

しかし、征夷大将軍の方が配下の人材を自在に論功行賞できるので、(ある意味、朝廷の口出しを封ずる事ができる)自在に天下を引き回すことに関して有利だったと思えます。即ち、朝廷より下される恩賞はまとめて幕府が引き受け、将軍の判断によりそれを分配する。配下にとって、親方は2人要らない。って発想だと思います。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

ありがとうございます.

私がおぼろげに理解していたのとほぼ同じ内容です.

関白というのは,摂政が幼少の天皇に代わって
政治をおこなうのに対して,
関白は,成人した天皇に代わって,政治をおこなう役職なので,太政大臣よりも偉いのではないのですか?
なにしろ,天皇の代わりですから.

ただし,形式的に地位が上なのと,
実際に権力を持っているのは違うのは理解できます.

現代で言えば,軍事政権下では,将軍の方が
関白よりも権力を持っているケースもあるでしょう.

リビアの最高権力者は,カダフィー「大佐」ですし,
パキスタンは,ムシャラフ大統領(参謀長兼任)です.
中国でも,一時期,国家主席よりも,中央軍事委員会主席だった鄧小平氏が最高実力者で実力は上でした.

お礼日時:2005/04/07 03:58

〉信長は,「将軍」就任を拒否したと言います.


〉おそらく「関白」のようなモノを目指していたのでしょう.
「おそらく……」の根拠はなんですか?
信長は官位を求めず、天皇の権威を重くみていなかった、というのが一般的な解釈だと思うのですが?

〉詳しくは知りませんが,関白というのは天皇の直接の
〉家臣であり,たぶん,「征夷大将軍」よりもかなり上
〉の位だと思います.
だからその根拠は何?

関白は「公家」としての官位です。征夷大将軍は「武士」の棟梁(統領)です。
家康は、天皇の下での公家の官位ではなく、武士の棟梁として地位について、天皇の下での統治ではなく、天皇から独立した政府(幕府)を開く(天皇も実質的に支配下におく)ことにした、というのが常識的な解釈ではないかと思いますが。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

質問に書いた「おそらく」は,質問自身をくわしく述べたいために用いたもので,あくまで推測です.

推測というのは,予想であり,今回の場合,根拠は希薄です.

>信長は官位を求めず、天皇の権威を重くみていなかった、というのが一般的な解釈だと思うのですが?

信長は,自分自身を神として信じ,宗教さえも支配下に置こうとしていましたので,そうなんでしょうね.

「関白よりも将軍が下の地位」と考えたのは,
将軍というのは,天皇が蝦夷を征伐するための
軍隊を作ったときの頭目に与えた名前であり,
単なる「軍隊」の大将.
それに対して,関白は,大臣であるので,
たとえが適当ではないかもしれませんが,今の
日本で言えば,総理大臣(関白)と自衛隊の幕僚長(将軍の長)のような関係で,簡単に言えば,
形式的には将軍は,関白の命令に従わなければならないのではないか?
と考えたからです.

もちろん,この時代には,公家の役職は実際は,あまり意味を成していなかったということもありますので,ご回答のとおり,これが通説とは考えておりません.

お礼日時:2005/04/07 03:49

征夷大将軍となり、幕府を開くのは、源氏に限る、と言われていたようです。

名家であれば家系ぐらい何とでも言えると思いますが、秀吉はどうにもならず、また養子にもなれず、関白の道を選んだと言われています。

また、信長は平家の家系、であったため、征夷大将軍にはなれなかった、とも言われています。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

ありがとうございます.

足利ではなく,源氏でした.

ご回答は,私の認識とも一致します.

お礼日時:2005/04/07 03:40

そこに将軍職があったから。

    • good
    • 0
この回答へのお礼

たしかに,無ければ,なれませんよね.

お礼日時:2005/04/07 03:37

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Qどうして豊臣秀吉は、関白。徳川家康は征夷大将軍

になったのでしょう。

官位につくには出自が重視されるので、豊臣秀吉は近衛家の養子になり、征夷大将軍に任ぜられようとしますが、これを自ら断り関白を任ぜられます。

関白は、天皇と協議して合意を取りながら政務を行う職として、慣例として天皇の代理人として天皇と太政官の政治的なやりとりについて事前に把握したり関与する権利があり、実質上、統制権をもつものと認識しています。

一方、徳川家康は清和源氏と称し、征夷大将軍に任じられます。征夷大将軍は、天皇勅令のもと、武家政権の長とする地位に任ぜられます。

当時は、武家の勢力が強く、朝廷は権威を保ってはいたけれど実質的な政権は武家勢力が握っていたものと推測しています。
そのため、官位については表向きは朝廷が任じようと、実は武士側の方で公家の養子になったりして出自を高貴なものにすれば選べたのではないかと考えています。
どうして、豊臣秀吉は、征夷大将軍職を断り、関白を選んだのでしょう?
そして徳川家康は関白ではなく征夷大将軍職を選んだのでしょう?
結局、その後の徳川家は幕府を設立し、禁中並公家諸法度を作成して朝廷を統制し、政治における実権を握ったことを考えると徳川家康は、武家の棟梁としての位を望んだのも頷けます。
しかし、豊臣秀吉も関白として同じことができたのではないかと思います。
自分の考えでは、豊臣秀吉は幕府を作ることは考えておらず、平安時代からあった摂関政治を狙っていたのではないかと推測します。
逆に徳川家康は武士の時代と考え、朝廷からの実質的な政権を奪うことをもくろみ征夷大将軍職についたのかと考えています。
自分には歴史の知識があまりないため、このあたりの政治的な部分に興味があり、いろいろ文献を読んだのですが、なかなか答えがだせません。
そのため、皆様のご高説を賜りたい次第です。

になったのでしょう。

官位につくには出自が重視されるので、豊臣秀吉は近衛家の養子になり、征夷大将軍に任ぜられようとしますが、これを自ら断り関白を任ぜられます。

関白は、天皇と協議して合意を取りながら政務を行う職として、慣例として天皇の代理人として天皇と太政官の政治的なやりとりについて事前に把握したり関与する権利があり、実質上、統制権をもつものと認識しています。

一方、徳川家康は清和源氏と称し、征夷大将軍に任じられます。征夷大将軍は、天皇勅令のもと、武家政権の長とする地位に...続きを読む

Aベストアンサー

kuwantan さん、こんばんわ。


平安時代からあった摂関政治を狙っていたのではないかと推測します。
その通りです。秀吉は日本を統一し、さらに朝廷から関白の官位を受けることでその権威をもって日本全国の大名を支配しました。
実は秀吉は小牧長久手の役の終わった時に朝廷から征夷大将軍の称号をうけるかどうか打診されていましたが、断りました。これはまだ、足利義昭が将軍の在職中であったため、遠慮したのだという説があります。また、一説に義昭の養子となるように工作したのですが、義昭が嫌ってうまくいかなかったという説があります。
ちなみに彼が辞職するのは天正16年になってからです。私も知りませんでした。
関白も棚から牡丹餅でなったのです。それについては関白相論を見てください。
どのみち、実力で天下の覇者になった秀吉としては官位が高いほど自分の権威が高まって行くと考えているだけで、それほど執着はしなかったのでしょう。


豊臣秀吉
http://ja.wikipedia.org/wiki/%E8%B1%8A%E8%87%A3%E7%A7%80%E5%90%89
足利義昭
http://ja.wikipedia.org/wiki/%E8%B6%B3%E5%88%A9%E7%BE%A9%E6%98%AD

関白相論
http://ja.wikipedia.org/wiki/%E9%96%A2%E7%99%BD%E7%9B%B8%E8%AB%96

kuwantan さん、こんばんわ。


平安時代からあった摂関政治を狙っていたのではないかと推測します。
その通りです。秀吉は日本を統一し、さらに朝廷から関白の官位を受けることでその権威をもって日本全国の大名を支配しました。
実は秀吉は小牧長久手の役の終わった時に朝廷から征夷大将軍の称号をうけるかどうか打診されていましたが、断りました。これはまだ、足利義昭が将軍の在職中であったため、遠慮したのだという説があります。また、一説に義昭の養子となるように工作したのですが、義昭が嫌ってうまく...続きを読む

Q江戸時代はなぜキリスト教はNGだったの?

日本は仏教が中心ですが、キリスト教信者もいます。キリスト教に篤い学校・老人施設・病院などもあります。
しかし、江戸時代はキリスト教は禁止されていました。キリスト教を信仰すると罰を受け、踏み絵などキリスト教信者を見つけては処罰という制度もありました。天草四郎を中心とした島原の乱も起きるなどしながらもキリスト教は禁止されましたが、隠れキリシタンも多数存在していました。
で、いったいなぜ江戸時代はキリスト教が禁止されていたのでしょうか???

Aベストアンサー

江戸幕府のキリシタン禁制は慶長17年(1612)、幕府直轄領での禁制、翌18年に、全国さらに外国まで広げたものですが、キリスト教禁令にはさまざまな要素があります。
 キリスト教布教当初から信仰が拡大するにつれ、キリシタン大名領では神社仏閣の破棄が行われました。そのことから民衆側からもキリスト教を邪教視する風潮がありました。同時に寺社の破棄は、日本の伝統的倫理観の破壊と恐れられたのでしょう。

 次に創造主の元の平等、つまり創造主の絶対性ですが、それが日本の封建領主の倫理観とは相容れなかった。欧州では支配者と創造主は同一であるという「神権政治」、そこから発展した、王の地位は創造主より授けられたものという「王権神授」という伝統的倫理観が土壌にあります。そのような倫理観がない世界(日本)に創造主の絶対性を重んじる思想は、主君・領主への忠誠より、創造主への忠誠を優先させます。このことが天下統一のさわりになると、豊臣秀吉は天正15年(1587)に禁教令を発します。

 さらには外交政策の面。徳川家康は和平外交を進めるため、当初は信仰を黙認していましたが、慶長5年、オランダ船リーフデ号漂着により、プロテスタントであるオランダ・イギリスと交渉開始。日本市場の拡大を図るため、ポルトガル・スペインの締め出しを計画。そこでカトリックへの不利な情報と中傷を行いました。つまりカトリック国の侵略的意図。信徒を利用した反乱計画などをは、当時の幕府としては「天下統一のさわりになると」いう危惧をより拡大させました。禁制により教会の破壊・宣教師の国外追放。信徒の東北・蝦夷地への放逐などが行われました。
 徳川家光はさらに厳しく禁制を行いますが、寛永14年(1637)の島原の乱による衝撃から、鎖国政策の徹底とキリシタン弾圧はより強固となります。
 カトリックの海外布教は、プロテスタントに対する対抗措置という面がありました。その点、海外布教を重視していないプロテスタント国とは幕府は貿易を行えたのでしょう。

参考
『国史大事典』(吉川弘文館)

 ただし、禁制も太平の世が長く続くことで形骸化していき、当初はキリシタン監視の意味でもうけられた寺請制度も、寺院側からすれば「檀家としての勤めを果たしていれば、裏でキリスト教を信仰していても黙認する」という事実もありました。領主も「良き領民としての勤め」を果たす限りは信仰も黙認状態でもありました。キリシタンであると暴露しても、領主の監督不行届と罰せられる危険性があったからです。
 現在でも「カクレキリシタン」の家では、寺院の檀家であり、神社の氏子であり、家には仏壇・神棚が祀られて、同時にカクレキリシタンである。その信仰体系は仏教・神道・民間信仰とキリスト教が混在した、いわゆるカトリック・プロテスタントとは異なる信仰形態ですが、キリスト教公認以後も、カトリック・プロテスタントに改宗せず、先祖が守ってきた信仰として「カクレキリシタン」として守り続ける家があります。

資料
『オラショ―魂の通奏低音 カクレキリシタン』(宮崎賢太郎・長崎新聞社)
http://www.nagasaki-np.co.jp/jigyoubu/book/kakure_book.html

『カクレキリシタンの信仰世界』(宮崎賢太郎・東京大学出版会)
http://www.amazon.co.jp/exec/obidos/ASIN/4130104020/250-7207972-6663457

江戸幕府のキリシタン禁制は慶長17年(1612)、幕府直轄領での禁制、翌18年に、全国さらに外国まで広げたものですが、キリスト教禁令にはさまざまな要素があります。
 キリスト教布教当初から信仰が拡大するにつれ、キリシタン大名領では神社仏閣の破棄が行われました。そのことから民衆側からもキリスト教を邪教視する風潮がありました。同時に寺社の破棄は、日本の伝統的倫理観の破壊と恐れられたのでしょう。

 次に創造主の元の平等、つまり創造主の絶対性ですが、それが日本の封建領主の倫理観...続きを読む

Q江戸の三大改革失敗の理由

「貨幣経済の発展に伴い、米中心の経済制度が崩れてきたからどの改革も失敗に終わった。」という内容を目にしたのですが、どうして米中心の経済制度が崩れると改革が失敗に終わるのかそのメカニズムが解りません。どなたかご存知の方いらっしゃいますか?

Aベストアンサー

>「貨幣経済の発展に伴い、米中心の経済制度が崩れてきたからどの改革も失敗に終わった。」

 「へー そうですかねぇ」って感じなので、その言葉を発した人の考えを十分に理解しているとは言えない私ですが、

 たぶん、その意見はこういうことなんじゃないかと思います。

 昔は米が中心で、どれくらいの米と交換できるかという価値観で物の価格が判定されたから、米を増産し、節約し、ため込めば、それだけ財産を殖やしたことになったわけですわ。

 ところが貨幣経済になると、米は一つの商品でしかなくて、米を増やしたって財産を殖やしたことにならないんですわ。

 まあ、、例えば米1俵が2両だったときより、米を2倍増産して2倍ため込めれば、米の価値は半分の1両になるわけです(実際はそんな単純に計算できる話ではないのですが、まあ価格が下がるという話)。

 となると、いままで100俵(200両)あった蔵に2倍の200俵の米をためこんでも前と同じ財産(200両分)でしかないわけですね。

 すると、財産家になったはずなのに、武士の生活はよくならない。よくならないのに、米は貯まったからよくなったはずだと思って2倍の贅沢をするヤツが出てくる。でてくる、というより、全員そうだったというほうが正解かな。

 すると、その贅沢者に着物や家具、刀などの商品を売り込んだ商人が儲かる。米を売れば、取り扱った商人が口銭をとって儲かる。「おかしい。幕閣のやらせていることはおかしい」「改革、失敗だよね」という話になるわけです。

 上記の意見も、そんなことを言っているのではないでしょうか。

 しかしね、これは武士の観点、武士の救済という点で眺めるから失敗なんで、日本国全体からいうと、さほど悪影響はないような感じがする・・・ って話は、今回の質問とは関係ないので省略。

 それに、けっこう商人は運上金や店舗税(間口の幅を基準にしてかけられたので、昔の店舗は『うなぎの寝床』と言われる、縦に細長い造りになっている)などを取られているんで、米中心の改革だった、という見方もどうかという気はするんですけどね。

>「貨幣経済の発展に伴い、米中心の経済制度が崩れてきたからどの改革も失敗に終わった。」

 「へー そうですかねぇ」って感じなので、その言葉を発した人の考えを十分に理解しているとは言えない私ですが、

 たぶん、その意見はこういうことなんじゃないかと思います。

 昔は米が中心で、どれくらいの米と交換できるかという価値観で物の価格が判定されたから、米を増産し、節約し、ため込めば、それだけ財産を殖やしたことになったわけですわ。

 ところが貨幣経済になると、米は一つの商品で...続きを読む

Q大阪が首都だったら東京はどの程度栄えていたか?

地方民で東京、大阪の両方に旅行でよく行きます。
都会度はもちろん 東京>大阪です。
しかし大阪は首都でないにしてはすごく栄えています。
東京は”首都だから”いろんなものが集まって栄えているような気がします。

そこでもし大阪が首都だったとしたら(あるいは首都が関東以外の場所にあったら)
東京は今の大阪ほど繁栄していたと思いますか?

今の大阪より栄えている、同じくらい、栄えていない
などの回答をお願いします。
もちろん適当な推測でかまいません。

Aベストアンサー

●まず最初に、大阪は首都に適しているかを考える…

 細長い日本、東京はほぼその中間点に位置しています。良い例がJRの在来線では東京からだと青森と岡山がほぼ等距離です。かりに…大阪が首都となっていたら…、まずこのバランスが崩れます。そうでなくても東北、北陸、北海道などへの関心度が低く、具体的な知識も理解も、ともすれば遅れがちな関西以西の意識傾向が作用して、西に厚く東に薄い国家行政が目に見えるような気がします。

 大阪はまた、大阪城がありはするものの、元々が商業中心の街です、それゆえの自由闊達な物の考え方や文化が見られます。それ自体はとても良いことだと思います。しかし、こと国政ということになると、自由闊達は逆に望ましくない傾向となりやすい性質を持っています。ごく平均的で冷徹、重厚で知的、こうした自由闊達とはある意味対極的ともいえる性格を持ちえた東京ほどには、首都大阪は安定した国政を貫くことは難しそうに思います。

 首都としての条件は、古くは皇室の存在と切っても切れない関係にありました。いえ、今日でさえ、大臣就任の承認、国会の開会などと、皇室の関わりが国政には欠かせないのです。皇室が東京に居を構えている限り、大阪では首都の機能を果たすことが出来ません。皇室ともども首都を大阪に移し替えるぐらいなら、近い将来かならず襲ってくると言われている大地震や津波など大災害を避けて、東京や大阪などではなく、いつそのこと那須の御用邸などより安全な土地にそっくり移転したほうが国のためだと思います。

●そして本論、大阪が首都だったら東京はどの程度栄えていたか…

 大規模企業にとって関係諸官公庁と密接な土地ほど望ましい立地条件はほかにありません。その意味では首都が大阪であれば大阪とその周辺は魅力があります。しかし、物流、情報、こうした面から見て行けば、現実には企業の拠点がどこにあったとしても、今日ではさほどの影響はないはずです。もし、どうしても諸官庁と顔を合わせての協議などが必要であれば、たかが一時間半ほどで移動できる新高速鉄道を利用すればいいだけのことです。

 東京とその周辺は広大な平野であり、大阪とその周辺よりも土地の活用度が高いものです。ましてや主要な官公庁が、あるいは皇居までが大阪に移転してしまえば、都心部の土地の価格も幾分下がり、かえってオフィスなど民間の活性化が望めることにもなります。また、冒頭にも書いたように、東京はほぼ日本の中心部に位置していて、多少なりともすべての活動をより効率的に行えるメリットがあります。

 といったわけで、首都ではなくなった東京は、ニューヨークに見られるように、今よりも伸び伸びとした一大商工業圏としてさらに経済面での大発展を遂げることになると思います。

 でもねぇ、首都となった大阪、ほんとに長続きしますかねぇ。そのうち、首都を東京に返したいなどと言い出さなきゃいいけど。

●まず最初に、大阪は首都に適しているかを考える…

 細長い日本、東京はほぼその中間点に位置しています。良い例がJRの在来線では東京からだと青森と岡山がほぼ等距離です。かりに…大阪が首都となっていたら…、まずこのバランスが崩れます。そうでなくても東北、北陸、北海道などへの関心度が低く、具体的な知識も理解も、ともすれば遅れがちな関西以西の意識傾向が作用して、西に厚く東に薄い国家行政が目に見えるような気がします。

 大阪はまた、大阪城がありはするものの、元々が商業中心の街です、それ...続きを読む


人気Q&Aランキング

おすすめ情報