プロが教えるわが家の防犯対策術!

これってやばいですか?

中二です最近友達にデブと言われました。
小学校の時まではちょっとぽっちゃりぐらいだったのに、最近あった身体測定では太り過ぎと言われました。小5まで部活をやっていて、その時の身長、体重が、身長141cm体重40キロだったんですが、そこから身長150cm体重75キロまで増えました中二でこの体重はやばいですか?
そして運動も全然出来なくなっていて、この間久しぶりに参加した体育の授業の体力測定では、
50m走が12.8秒
シャトルランが5回
持久走が1000mで途中で疲れて歩いてしまい10分ぐらいかかってしまいました。
そして総合評価は学校で最下位でした。
痩せた方がいいですか?痩せるならどうやって痩せればいいですか?教えてくださいm(_ _)m
写真は中一の時のお腹の写真です。

「これってやばいですか? 中二です最近友達」の質問画像

A 回答 (5件)

40キロの人が75キロになったらキツくないですか??



いきなり走ると怪我するから、散歩から始めると良いですよ。
あとはストレッチとか、何より食事制限ですね。
毎週1-2キロずつ減らすとか、計画的に目標立てると良いです。
毎日続けられることを。



野菜と水とかスープを多めに取って、
炭水化物やお菓子を減らす。
家族にも協力してもらう。

部活やスポーツジム行くのも手です。
きついと続かないと思うから楽しんでやると良いですよ。
    • good
    • 0

明らかに健康を害しているレベルです。


実際に学校まで歩いただけでバテてるんですよね。真夏でもないのに。
小五から中二まで年10kg弱ずつ増えてますか?それとも、この1年で急激に増えたりしていますか?
もし後者なら、なんらかの病気になっていて、そのせいで急激に太っている可能性もあります。
基本的には食事改善と運動睡眠などの生活改善で痩せるしかないですが、もし病気原因ならそれもダメですので、他の方の回答を読み、食生活に問題がなさそうであれば病気を疑って病院を受診することをお勧めします。
お菓子を毎日何袋も食べたり、山盛りの炭水化物や油をとっているのでなければ、いくら運動不足でもそこまでにはならないと思います。
    • good
    • 0

食事を正常化しましょう。



【減塩要項】

1.調味料は、酒粕・酢など塩分ゼロのみ可。それ以外は一切使用禁止。
塩分は他の食材に含まれているので不足することはない。
2.外食は一切利用禁止。
3.高加工食品は原則禁止、低加工食品は原則許可。
4.美味を求めず、飽食に溺れず。

【食事改善要項】

1.常備品(乾き物・缶詰・瓶詰め)と生鮮食品(魚類・魚介類・野菜類・果物類)を組み合わせよう。
2.少しづつ食材を開拓し、検索して知識を増やそう。
3.※食品添加物・人工甘味料・果糖ぶどう糖液糖・アクリルアミド・トランス脂肪酸・白い悪魔の3兄弟(砂糖・白米・小麦粉)は遠ざけよう。
(※食品添加物に多用される無機リンは、カルシウム・マグネシウムの吸収を阻害します。)
4.穀類・◎豆類・魚類・魚介類・肉卵類・◎海藻類・乳製品・◎ナッツ類・◎きのこ類・◎イモ類・野菜類・調味料・漬物類・果物類を食べること。(◎は腸内環境改善に必要な食物繊維が多い食材)
5.炭水化物・たんぱく質・脂質・食物繊維・ミネラル類・ビタミン類・ポリフェノール・ファイトケミカルを過不足なく摂取すること
6.常備品の例
穀類=もち麦、豆類=きな粉・納豆・☆高野豆腐・味噌、魚類=☆煮干し・かつおぶし・でんぶ・削り粉、魚介類=☆ほしえび・乾燥しじみ、肉卵類=卵、海藻類=焼海苔・カットわかめ、乳製品=☆チーズ・牛乳・ヨーグルト、ナッツ類=☆黒ごま・ピーナッツ・アーモンド・くるみ・マカダミアナッツ、きのこ類=きのこ三昧・黒きくらげ・マッシュルーム(缶)、イモ類=干し芋、野菜類=カンピョウ・☆切り干し大根・フライドオニオン、調味料=酒粕・黒酢、漬物類=全般、果物類=バナナ・レーズン。
(☆カルシウムが多い食材)
7.ジャンクフード・インスタント食品・超加工食品・加工肉(ハム・ベーコン・ソーセージ)・※コンビニ食品・お菓子は悪魔の食べ物
(※コンビニで食べて良いのはバナナとナッツだけ)
8.サラダは食べるな
9.おやつ候補は、レーズン・バナナ・ゆで卵・ナッツ類・ハイカカオチョコレート・カッテージチーズ・干し芋など沢山あります。どれもグルテンフリーですが特にオススメしたいのがレーズンです。糖質が多いので食べ過ぎは禁物だけど、案外に低GI食品でカリウム・カルシウム・マグネシウム・鉄・亜鉛・銅とミネラル類が多く、食物繊維・抗酸化作用のあるポリフェノールも魅力です。ハイカカオチョコレートは菓子類ではあるけれど低GI食品で、カカオポリフェノールが魅力です。

【老化防止要項】

★老化=酸化+糖化+炎症
「酸化」とは体内組織の酸化です。それは体内組織を劣化させてしまうのです。
「糖化」とは体内組織のタンパク質が糖と結合してしまうこと。
「炎症」とは病名としての炎症ではなく、細胞レベルの炎症という現象です。
●酸化を促進するもの。
紫外線・睡眠不足・ストレス・飲酒・たばこ・食品添加物・超加工食品・揚げ物・トランス脂肪酸・冷凍食品
○酸化に抵抗するもの。
ビタミンA・ビタミンC・ビタミンE・亜鉛・ポリフェノール
●糖化を促進するもの。
AGEs・砂糖・お菓子・果糖ぶどう糖液糖・人工甘味料・糖質・高GI食品・パン・白米
○糖化に抵抗するもの。
食物繊維・レジスタントスターチ・レジスタントプロテイン・低GI食品・オートミール・もち麦・高野豆腐・酒粕
●炎症を促進するもの。
高脂肪食・肥満・睡眠不足・暴飲暴食・ストレス・小麦・食品添加物・トランス脂肪酸・たばこ・飽和脂肪酸・オメガ6脂肪酸・悪玉菌
○炎症に抵抗するもの。
オメガ3脂肪酸・善玉菌・適度な運動・しょうが・ウコン・食物繊維

【小麦絶縁要項】

1.米国産小麦の残留農薬問題(調査中)
2.食後血糖値急上昇で糖尿病リスクを高める(糖尿病)
3.老化の原因となる糖化を促進させてしまう。(老化)
4.小麦グルテンがリーキーガット症候群を引き起こす。(心身の不調)
5.食品添加物に多用されている無機リンがカルシウム・マグネシウム・マンガンの吸収を阻害する。(骨粗鬆症)
6.発達障害児を産む疑惑(仮説)
7.トランス脂肪酸は認知症を引き起こす。(認知症)
8.アクリルアミドは、発がん性があると疑われている。(がん)
9.バター・ショートニング・マーガリン・スプレッド(脂質異常症)
10.人工甘味料(アスパルテーム・アセスルファムK・スクラロース)はがんのリスクを高める。
【血栓症対策】
玉ねぎ・にんにく・にら・らっきょう・納豆・ビタミンC・ビタミンE・トマト・青魚・酢・コーヒー・緑茶を積極的に摂りましょう。
    • good
    • 0

間違いなくデブですね

    • good
    • 1

えっと、痩せましょう笑


ジョギングやランニング等の有酸素運動をしましょう。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

最近は学校まで歩いただけでもバテてしまうのでジョギングとかはきついです。

お礼日時:2022/09/26 23:44

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人はこんなQ&Aも見ています


人気Q&Aランキング