最新閲覧日:

時間・空間論についての論理は、思ったより説得力があるように思えます。すなわち、視覚系には、空間を規定し、聴覚系は、運動を規定するという論理である。
したがって、人間の認識は、言語として表現しようとするとき、どちらかを切り捨てなければならない。すなわち、世界のありのままは、把握し得ないということなのである。このことは、妥当性があるように思われる。以上の論理は、養老岳司の唯脳論にもとずいての私の考えですが、池田晶子の意見によれば、まさにそれは、唯魂論であると断じています。このことの意味がわかりません。

A 回答 (5件)

回答suggestされたのでかきこ


どうしてこの掲示板システムは回答者能力に見合わない質問を提示してくるか分かりません
つか記号列じゃ答えはでないでしょ
    • good
    • 0

#サジェストによって彩度導かれたのでかきこ 


人生の孤独の恐怖経験の有無が理解を左右するとおもいます
時間が存在する限り全ては現象に還元されるとおもいます 
#素人解答
    • good
    • 0

#回答サジェストで表示されたのでカキコ


!高度すぎてわかりません
#どうしてここへ導くのですか>運営
    • good
    • 0

>視覚系には、空間を規定し、聴覚系は、運動を規定するという


ん?なんのこっちゃ?

人の空間と運動の認識の仕方に関する議論か?
運動を認識することは空間を認識することでもあると思うのだが……
運動は時間と空間のパラメーターだからである。

さらに言語に置き換えることができないから、人がそれを認識できていないというのは違うように思う。ただ単に人が使っている言葉の不完全さを示している過ぎないのではないかな?
簡単な例で言ってみよう。
水を温めるとお湯になる。人肌より低い温度の水はぬるま湯と言う。では、ぬるま湯とお湯、ぬるま湯と水の境界にある水はなんと呼べばいい?
少なくとも日本語ではそれに相当する言葉はなく(少なくとも私は知らない)。物事を正確に表現できていないといえる。
しかし、人がその状態の水を認識できていないかというと言うまでもなく認識している。

あなたの言っている事は
1)一度認識した。
2)認識したものを言葉では表せない。
3)人は認識できていない
と言う事かな?
最後の結論がはじめの大前提と矛盾しているのだが?

余談だが科学的に述べると人は世界のすべてを認識することはない。
例として視覚情報について述べる。
紫外線はご存知だろうか?
紫よりも短波長の光のことだ。
さて、人は紫外線を見る事ができるか?
答えはNOだ。
この事象だけでも人が世界をありのままに認識する事はないことはわかる。
―――――――――――――
ところで、もう少しそれぞれの論について述べてくれないかな?
どうにもそれぞれの理論についてよくわからないのだが。
・時間・空間論とは何か
・唯脳論とは何か
・唯魂論とは何か
それぞれの要約を教えてほしい。
    • good
    • 1

「唯魂論」というものが、どういうものか私は知らないのですが、字面からどうも「この世界は魂によって作り出されたものだ」という感じの一元論っぽいですよね。

また「唯脳論=唯魂論」ということなら、おそらく「脳=魂」なのだと思います。つまり池田さんが言いたかったのは、養老さんの考える唯脳論が、脳を魂の座とする魂を根拠にした一元論だということなんじゃないでしょうか? 私、実は唯脳論も唯魂論もどちらも良く(というか「まったく」)知らないんですが、ご質問から単純に推測してそんな感じじゃないかなと、思いました。
    • good
    • 0

このQ&Aに関連する最新のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード


このカテゴリの人気Q&Aランキング

おすすめ情報

カテゴリ