プロが教えるわが家の防犯対策術!

ロシア軍は思ったほど強くない‼️と思いませんか?⁉️(笑)

質問者からの補足コメント

  • HAPPY

    軍人力ランキング第2位になっているが、ウクライナに苦戦しているようじゃ話しにならない‼️(笑)核なければたいしたことない思うけどね??┐('~`;)┌(笑)皆さん回答ありがとう‼️(^人^)

      補足日時:2022/09/28 16:54
  • HAPPY

    いつから個別にお礼出来なくなったのかな⁉️アクセスしずらくなったしね‼️( ノД`)…ゼレンスキーが殺害されないのも、米英の特殊部隊がバッチリ護衛してるからだ‼️( ;゚皿゚)ノシしかし、ウクライナ支援疲れが出て来たら戦局が変わるかも?(・_・?)??皆さん回答ありがとう("⌒∇⌒")

      補足日時:2022/09/28 20:30

A 回答 (7件)

#5



ちなみにロシア軍の弱さは、前近代的なプロイセン式軍隊の構成を踏襲しているところにあります。

・徴兵で数を揃えればいい。
・兵はどうせ無能だから、教育したって仕方ない。
・兵の教育にあたる教官に指名されるのは恥だ。
・兵の命令をする指揮官だけ有能であればいい。
・兵はどうせ裏切るから、後ろで銃を突きつけて戦わせるしかない。
・「指揮官が欠けたら残った者の中で階級が高いものが指揮官になる、階級が同じだったら先任がそれに当たる」って、何それ? 美味しいの?
・作戦は遥か後方にいる偉い人が現場を見ることなく、教科書通りに気紛れで決めること。現場はそれを実施するだけ。死んだら兵は補給される。
・数、とにかく数なの。数が足りないときは士気、とにかく士気。それで維持できない戦争なんかない。
・戦争? 塹壕と突撃でしょ。他に何があるの?

実はこういう軍ってロシアだけじゃないのです。でも、仮にもNATOと対峙するロシア軍がこれでは・・・です。

NATOやNATOに属した旧ワルシャワ条約機構軍が、なぜこんなロシアを脅威と思うかというと、塵屑のように安い命のロシア兵に、自国の普通の兵が殺されるのが割りに合わないからです。キルレシオが1:100でも割りに合わないぐらいの、捨石兵ですし、万が一にも進軍進駐を許すと虐殺や戦争犯罪の限りを尽くすからです。

ロシアの怖さっていうのは、訓練された統制された軍隊の強さではなく、無職住所不定、親兄弟だれもいない世の中を敵と捉える「無敵の人」の怖さです。上(プーチン)から下(末端兵)まで無敵の人です。
    • good
    • 0

ウクライナへの莫大な支援が継続できなくなる中間選挙でのバイデン政権の支持率に関わらず、ウクライナのゲームセットの可能性もあるようです。



以下、自動翻訳

専門家はウクライナの武器について警告を発する
米国には、キエフに送る武器や軍需品の「無限の供給」はない、とアナリストはCNBCに語った

CNBC は水曜日、軍事アナリストの言葉を引用して、ワシントンは、ウクライナがキエフに送る軍需品や武器を補充するのに必要な産業能力が不足しているため、ロシアとの紛争で「必要な限り」ウクライナを支援することができないかもしれないと報じた。

この問題は、西側諸国、特に米国の軍事生産の構造に起因すると伝えられています。米国は、平時に合わせて調整されており、ウクライナのような大規模な武力紛争の間、備蓄を長期にわたって引き出すことができません。

たとえば、CNBC によると、米国の武器産業は 155 mm 榴弾砲用に年間約 30,000 発を製造できます。ウクライナ軍は、その量を約 2 週間で消費します。
引用された別の例は、ジャベリン肩発射対戦車ミサイルです。米国の兵器生産は年間約800ユニットだが、ワシントンはそのうち約8,500ユニットをウクライナに送った。

https://www.rt.com/news/563666-weapons-ukraine-p …
    • good
    • 1

>ウクライナに苦戦しているようじゃ話しにならない‼️(笑)



まぁ、そう責めなくても。

ロシアだって頑張ってますよ。無い袖は振れないだけです。ここでいう袖は一線級の兵器だったり、訓練された兵だったりするのですけどね。

さて、今北部戦線で潰走しまくっているのは、第3軍団(1万5千人程)です。キーウ戦、東部攻勢で大きく損耗したため新設されました。囚人を含む志願兵と訓練兵をベースにしています。8週間の訓練を経て、8月半ばに投入されました。残っていた虎の子のT90とT80を割り当てて、地対空ミサイルも装備。精密誘導兵器は無いものの一線級の装備です。

結果は1ヶ月で潰走です。訓練期間が短すぎ、金につられた兵で士気も低く、指揮官不足ですから、南部戦線にいるはずにウクライナ軍が来たら戦車を置いて、民間人の車を盗んで散り散りです。

次は、予備役投入でしたっけ、戦争経験が無く軍務に付いていたのも5年前から10年前の兵。デモ参加者を徴兵でしたっけ、指揮官不足なのにまともな訓練教官がつけられるわけが無い。あ、訓練無しで送り出すんですね。あとは、占領地域の若者を徴兵ですか。これも訓練無しで送り出すんですね。
兵器はどうするのかな。T80も尽きつつある。何を持ってくるのですかね。T72とか北朝鮮製のスカッドですかね。

次に投入する兵力は第3軍団よりも士気、装備が劣ります。ベトナム戦争や中東戦争時代の兵器を訓練不足のなまくら兵が使うという図式。竹槍玉砕に段々近づいていってますが、それはロシアが悪いのではなく、西側の兵器に負けたと言いたいのでしょうw 採れない葡萄はとかく酸っぱいものです。

彼らの名誉のために付け加えると、南部戦線にはエリート部隊は少しは残っているようです。
    • good
    • 1

>ウクライナに苦戦している



NATO 主に米軍の比較的新しい兵器と衛星などを使った諜報力と分析力に苦戦してるが正解でしょう。今は主力の傭兵部隊の中身もNATOと言う話もあります。

ウクライナが8年間莫大な軍事費とNATOの協力で強化した、精鋭部隊のアゾフやアイダールなどを圧倒し壊滅したのはロシア軍で、元のウクライナ軍の戦力は殆ど残って無いかと。

以下は2016年に米国マケインがネオナチのアゾフに武器支援を約束し、ロシア侵略などで演説する動画。隣にいるのは、ウクライナ元大統領のポロシェンコ。
計画的に行われた、米国の代理戦争です。
    • good
    • 1

最新兵器は持っていたけど、あの規模の国としては枯渇は早い。


兵站が絶望的。防衛は踏ん張るけど、侵攻ができるレベルにはない。
相変わらず戦争犯罪のオンパレード。核頼り。

結論としては、ちょっと開かれた、少し近代兵器も持っている北朝鮮。
    • good
    • 1

戦略家ルトワック氏の理論や


マキャベリの君主論
(だったか?一時期古典読み漁ってた時に
覚えた知識なので出展がうろ覚え)
に載ってましたが

小国と大国が争っても小国は負けない
何故なら反大国国家が小国を支援するから(意訳)

の典型的事例ですからね
開戦当時から解りきってた事です
    • good
    • 1

要点を言うと、侵攻の初期のジャベリンのゲリラ戦やハルキウ奪還にしても、NATO(ここは主に兵器PRしたい米国が主体。

ウクライナ軍では無い)がロシア軍のスキ,弱点をつく戦略が巧みと言う事に尽きるかと。
    • good
    • 1

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人はこんなQ&Aも見ています


このQ&Aを見た人がよく見るQ&A

人気Q&Aランキング