軽度の精神病(通院20年程)の人は
国から補助等はもらえないのでしょうか?
もらうとすればどのくらいから身体障害者
等に認定されるのでしょうか?

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (1件)

「32条医療」というしくみがありますが、ご存知ありませんか?


精神保健福祉法第32条による、精神科通院医療費の公費負担制度です(入院は対象外)。
医療保険制度における精神科通院医療費(投薬も含む)の95%を公費で負担してくれるもので、患者負担は残りの5%だけで済みます。
精神科通院患者にとっては非常に有名な制度ですから、ご存知ないのはおかしいのですが(^^;)。精神科医院・病院にも告知のポスターが貼ってありますよ。

詳しくは参考URLをごらんいただきたいのですが、軽度・重度を問わず、一般にほとんどの精神疾患で対象になります。
ですから、一度、申請なさってみるとよいと思います。
通院先の主治医もしくはPSW(「精神科ソーシャルワーカー」のこと。良心的な精神科医院・病院でしたら、たいていいらっしゃいます。)に相談なさって下さい。
患者票というものが交付され(一般に通院先で預かります)、それを使って決められた通院先に通うことになります。
なお、精神障害者保健福祉手帳や身体障害者手帳等の所持の有無とは関係ありません(但し、手帳の同時申請が可能です。32条医療の申請用紙もそうなっています。)。
また、有効期限がありますので、定期的に更新が求められますので注意して下さい。
申請先の窓口は市町村です(但し、保健所で扱っている市町村もありますので、事前に確認して下さい。)。

参考URL:http://metastatic.parfait.ne.jp/yamai/32jyou.html
    • good
    • 0

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q国保:年末に引越して1月から社保に加入する場合

現在A市に住んでいて、国保に加入しています。年末にB市に引越して、1月からB市にて再就職・社保加入となる場合についてお尋ねします。

12月末時点でB市に居るということは、12月分の健康保険はB市の国保に加入することになりますよね?つまり、健康保険に関する支払いは、11月分は国保A市、12月分は国保B市、1月分からは給与天引き、となるかと思います。

手続き上、12月下旬にA市国保脱退・B市国保加入→1月上旬にB市国保脱退・社保加入、と大変慌ただしいスケジュールですが、やはりこれが正当なルートになりますでしょうか。

知らずにB市の手続きを飛ばしてしまう方もいそうな気がしますが、そのような方には追ってB市から通知が来て知ることができるのでしょうか。

Aベストアンサー

>12月末時点でB市に居るということは、12月分の健康保険はB市の国保に加入することになりますよね?

そうです。

>手続き上、12月下旬にA市国保脱退・B市国保加入→1月上旬にB市国保脱退・社保加入、と大変慌ただしいスケジュールですが、やはりこれが正当なルートになりますでしょうか。

そうです。

>知らずにB市の手続きを飛ばしてしまう方もいそうな気がしますが、そのような方には追ってB市から通知が来て知ることができるのでしょうか。

最近は転出証明書に国民健康保険の加入の有無が書かれるようになりました。
A市の役所がそれをきちんとやっていればB市で転入届を出したときに国民健康保険について訊ねられるでしょう、A市がきちんとやっていなければ何もなくそのまますぎてしまう可能性が高いでしょう。
転出証明書にその記載がなければB市では国民健康保険の加入の有無について知る術はないですから。

Q第1種身体障害者等 と第2種身体障害者等 違いは?

公共交通機関の割引で、

第1種身体障害者等 と第2種身体障害者等 で、
割引顎が違うのですが、
第1種と第2種の違いは、なんでしょう?
障害の程度だと思いますが、
これは、公共交通機関が決めるのか、それとも
区役所などの福祉課で決めるのか?


手帳自体に、級だけでなく、
第1種とか第2種も記載されているのでしょうか?

よろしくお願いします。

Aベストアンサー

精神障害者の運賃割引制度については、全国共通の制度がまだありません。
ですから、こと精神障害者の運賃割引制度については、各都道府県によって取り扱いがまちまちです。
参考までに、広島県立総合精神保健福祉センター(パレアモア広島)が作成した資料をごらん下さい(下記URL)。

http://ww1.enjoy.ne.jp/~mh-hiroshima/3.01.htm

精神障害者は、精神保健福祉法に基づく精神障害者保健福祉手帳(全国共通)によって障害等級が割り当てられていますが、第1種・第2種という区別はありません。
だから運賃割引制度についても対象から外れている、ということもできますね。
当然、手帳にも記載されていません。
ぜんかれん(全国精神障害者家族会連合会)が働きかけを行なってはいますが、厚生労働省やJR等の腰は重く、また、精神障害者自身がプライバシーを明かすことを嫌うためにあまり手帳を持ちたがらない傾向があるため、おそらく、運賃割引制度の適用の実現はまだまだ先のことになると思います。

ちなみに、知的障害者については、重度とそれ以外の者とを分けて、第1種知的障害者および第2種知的障害者としています。
ところが、こちらはこちらで問題があります。
というのは、知的障害者であることを証明する療育手帳の制度が、実は、法的に定義されているものではないためです。
言い替えますと、知的障害者福祉法には療育手帳のことはただの一言も定義されていません。あくまでも、厚生労働省通知によって、各都道府県ごとに独自に運用される制度なのです。
ですから、障害等級の区分けも各都道府県によって相当のばらつきがあり、第1種知的障害者なのか第2種知的障害者なのかの判断が、身体障害者の場合とは違って簡単にはできないようになってしまっています(もちろん、療育手帳に記載される表示を見ればわかるのですが)。

精神障害者の運賃割引制度については、全国共通の制度がまだありません。
ですから、こと精神障害者の運賃割引制度については、各都道府県によって取り扱いがまちまちです。
参考までに、広島県立総合精神保健福祉センター(パレアモア広島)が作成した資料をごらん下さい(下記URL)。

http://ww1.enjoy.ne.jp/~mh-hiroshima/3.01.htm

精神障害者は、精神保健福祉法に基づく精神障害者保健福祉手帳(全国共通)によって障害等級が割り当てられていますが、第1種・第2種という区別はありません。
だ...続きを読む

Q国保組合と市町村国保加入について

2年ほど前、社保加入の会社を退職し、その後すぐに就職したかったのですが、このご時世でなかなかできず、生活もギリギリで市町村の国保加入しないまま今に至ります。

今度、ありがたいことに就職先が見つかり新しい就職先は国保組合加入になるとのこと。

そこでお伺いさせていただきたいのですが、国保組合に加入の手続きを会社にしてもらった場合、未加入だった2年分の市町村の国保の請求はされるのでしょうか?

社保に入ればその分の請求はこないと聞きましたが、国保組合はどうなんでしょうか?
(組合と市町村は運営が違うと聞いたので請求が来ない可能性はあるのかな?と思いまして)


また、就職先から出すように言われている書類の中に退職証明書とか、(前の保険の)資格喪失証明書などは出すようには言われませんでした。
国保未加入だった場合、国保組合加入の手続き時に何かトラブったり職場に未加入期間があることがバレたりしないのでしょうか?(後日退職証明書など提出しなければいけなくなったりだとか)


最終的には、支払いが必要であれば支払って行こうと思っていますし、職場に未加入だったこともきちんと話せばよいのだと思いますが、できれば恥を自ら話さなくて済むなら・・・と思い質問させていただきました。よろしくお願いいたします。

2年ほど前、社保加入の会社を退職し、その後すぐに就職したかったのですが、このご時世でなかなかできず、生活もギリギリで市町村の国保加入しないまま今に至ります。

今度、ありがたいことに就職先が見つかり新しい就職先は国保組合加入になるとのこと。

そこでお伺いさせていただきたいのですが、国保組合に加入の手続きを会社にしてもらった場合、未加入だった2年分の市町村の国保の請求はされるのでしょうか?

社保に入ればその分の請求はこないと聞きましたが、国保組合はどうなんでしょうか?
(組合と...続きを読む

Aベストアンサー

市町村の国保と国保組合だと保険者が違いますよね?
なので、新しく入った国保組合の保険証の保険料はこれから発生するので、国保組合への未納があるわけではないので保険証返却という事態にはならないの

ということですが、必ず一つは公的保険に入っていなければいけないという制度が

国民皆保険ですから。

前に勤めていた会社の健保を脱退したときに国保に自動で移行しているのです。

そして、国保組合に加入すると国保の資格を脱退することになります。

だから、分割でも国保2年分払わなくてはいけないのです。国保へ未納の保険料が

発生しているということです。単に役所が把握していないだけですから。

転職先が住民票・所得税の特別徴収の手続きを役所に行くと未納分に気づくのです。

これで気づかなければ馬鹿公務員ですよ。その役所の職員は。

Q介護認定と身体障害者認定について

介護認定を受けおそらく4レベルと思われる86歳の祖母。そもそも自宅で転倒し大腿骨骨折しそこから歩行不可や認知症などで老人介護保健施設へ入所予定。身体障害者の認定?も受けた方がいいのでしょうか?そのメッリとデミリッとは?よろしくお願いします。

Aベストアンサー

不確かで済みませんが障害者の認定は60歳?以下までで、それ以上は全て高齢による障害ということになっているようです。重複はできません。

Q国民保険、建設国保について教えて頂きたいです。 今現在建設国保に加入しております。 過去に国民保険を

国民保険、建設国保について教えて頂きたいです。



今現在建設国保に加入しております。

過去に国民保険を滞納していた分があり滞納分を給料から建設国保と一緒に天引きされています。

ですが国民保険の催促状が届いており納付期限を見ると平成29年1月31日となっていました。

過去に滞納していた分は払わなければいけないので引かれるのはわかるのですが、
建設国保に加入してからの分は払う必要ないですよね?

建設国保に加入した時点で自分で市役所に行って国民保険の脱退手続きをしなければいけなかったのでしょうか?

それと4月から社会保険に加入することになりました。
その際、国民保険の脱退手続きが済んでいなかったら
建設国保と国民保険の脱退手続きをしなければならないのでしょうか?

また社会保険切り替え後、過去に滞納していた国民保険+建設国保に加入してから届いていた国民保険の催促状の分も払っていけなければいけないのでしょうか?

質問が多く、かなり乱文ですが教えて頂きたいです。。

Aベストアンサー

他の方も仰っていますが、お察しの通りです。
建設国保に加入した時点で、ご自分で役所で国保の脱退手続をしなければいけなかったんです。

あなたが現在加入している「建設国保」(これは「国民健康保険組合」です)と
その前まで加入していた市町村が運営する「国民健康保険」は
運営母体が全く違いますし、互いの連携もありません。
建設国保が市町村国保に対して、この人うちの健康保険に加入したから
そっちの資格切っておいてよと頼むことは出来ないのです。
市町村国保に加入していた方が自ら脱退手続をしなければならないのです。

休み明けに現在加入している建設国保の保険証を持って
役所の国保窓口に行って脱退手続を取って下さい。
市町村国保の資格は建設国保の資格が付いた日まで遡って喪失し
保険料も同様に遡って月割で清算されます。
これで建設国保加入時の市町村国保保険料は発生しないことになります。
但し市町村国保加入時に残っていた滞納分は当然納付していただきます。
また、社保加入まで市町村国保の脱退手続をしないというのは避けて下さい。
そんなことしたらまた督促状届きますよ。

建設国保の脱退手続は会社がしてくれるはずです。
自分で建設国保の脱退手続をする必要性は無いでしょう。
あくまで「市町村国保の脱退手続」はご自分でしなければならないってことです。

同じ「国民健康保険」と名前が付いていても
市町村国保と国民健康保険組合は全くの別物である、ということを理解して下さい。

他の方も仰っていますが、お察しの通りです。
建設国保に加入した時点で、ご自分で役所で国保の脱退手続をしなければいけなかったんです。

あなたが現在加入している「建設国保」(これは「国民健康保険組合」です)と
その前まで加入していた市町村が運営する「国民健康保険」は
運営母体が全く違いますし、互いの連携もありません。
建設国保が市町村国保に対して、この人うちの健康保険に加入したから
そっちの資格切っておいてよと頼むことは出来ないのです。
市町村国保に加入していた方が自ら脱退手続をし...続きを読む

Q平成3年厚生省第409号「社会福祉施設等施設整備費及び社会福祉施設等設備整備費国庫負担(補助)金交付要綱」

タイトルの要綱について内容を確認するため、インターネットで調べたのですが、ヒットしません。内容がわかるもの、または内容がわかるホームページのアドレスをおしえてください。

Aベストアンサー

既に廃止されているので、ヒットしないと思います。
現行のもの(改正後)は、以下のとおりです。

http://www.pref.okayama.jp/file/open/1270977421_776260_47131_167013_misc.pdf

その他、さまざまな要綱があります。
以下がたいへんわかりやすいので、参照して下さい。

http://www.pref.okayama.jp/soshiki/detail.html?lif_id=47131
 

Q国保継続か、社会保険に加入するかで迷っています。

国保継続か、社会保険に加入するかで迷っています。

主人が自営なので国保に加入しています。
5月から9時~17時、時給830円でパートを始めました。
社会保険加入は任意とのお話が会社からありました。
国保継続するか、社会保険に加入するかで迷っています。
よろしくお願いします。

Aベストアンサー

mihimaru4さんのケースで週4日働いたケースで算出すると

給与
830円×7時間×16日=92960円

健康保険料
88000円×9.3%÷2=4092円

厚生年金保険料
88000円×15.704%÷2=6909円

※88000円は国の定める標準報酬額表から算出しています。


保険料も国保より安いと思いますし、保障でも社会保険の方が若干有利になってるので加入した方がいいと思います。

Q身体表現性障害で1年半以上通院し悩んでます

タイトルの通り原因不明な 各種痛み 吐き気 頭痛 憂鬱状態ですべてにおいて僕にとっては最悪の状況ですこの度お世話になっていた会社をも退職しこのままこの先どうなっていくのがが家計等も含め不安でならない毎日です今はまだ傷病手当金と身内からの支援でなんとか生計を維持て行くのが
本当にせーいっぱいです。本来ならば障害年金をきちんと収めていれば障害年金需給対象になったのですが、自分がまさかこんなことになるとは夢にも思わなく年金支払いを疎かにしてしまってます
自分は妻と4歳の子と9ヶ月になるこどもが居ますこの先の将来を本当にどうしてよいか悩んでいます
そこでみなさまの意見や「あーするといいお」「こーしたらいいんじゃない」と言うお返事お待ちしております
なにとどよろしくおねがいします
追記:現在 自立支援医療制度 精神障害3級をもらっておりますこのままつづくならば2級へ等級変更等もできるかもしれないと主治医にいわれました

Aベストアンサー

 なぜ、文章に”。、”がないのですか。
 最初読んだ時、知的障害があるのではないかと思いました。全体的に、文章が、子どもが書いたような
文章なのですね。
 普通、社会人は、自分の事を指して、”僕”という言い方はしないし。本当に困っているなら、それなりの、文章の書き方でないと。”せーいっぱい”とか、”「あーするといいお」””「こーしたらいいんじゃない」”という書き方ではなくて、”精一杯””この状況でとれる手段を教えてください”(せめて、”どうすればいいのか、お教えください”あたり)とかそういう書き方をすべきなのではないかと思いました。
 (自分は→自分には。なにとど→なにとぞ)

 後、”年金支払いを疎かにしてしまってます”ではなくて、”疎かにしてしまっていました”にしましょう。今からでも、年金は払ってください。出来ないなら、免除申請してください。大人なのだから。

 まあ、状況だけ見れば、困っているのは確かなのでしょう。文章読む印象の限りでは、「本当に困っているのか?」という感じの文章なのですが。

 出来ることというのは、精神保健福祉手帳を持っているなら、失業保険の給付日数が増えるのですね。
 http://www.situgyou.com/st_situgyounissuu.htm
 手帳を持っていると就職困難者に認定されるから。

 でも、後は、生活保護しかないと思います。しかし、生活保護には要件があって、妻には、働く義務が生じます。

 なぜ、文章に”。、”がないのですか。
 最初読んだ時、知的障害があるのではないかと思いました。全体的に、文章が、子どもが書いたような
文章なのですね。
 普通、社会人は、自分の事を指して、”僕”という言い方はしないし。本当に困っているなら、それなりの、文章の書き方でないと。”せーいっぱい”とか、”「あーするといいお」””「こーしたらいいんじゃない」”という書き方ではなくて、”精一杯””この状況でとれる手段を教えてください”(せめて、”どうすればいいのか、お教えください”あたり)とかそういう...続きを読む

Q国保以外の保険への加入

こんにちは

我が家は、国保に加入しております。年間63万になります。

主人は会社経営、建設業関係、従業員は3名です。

社会保険、厚生年金に加入しておりません。2年前に会社で加入を
検討しましたが、会社負担が難しく、特にこの不況になってしまい
従業員ともよく話し合い、加入できない状態です。

国保63万を抑えたいのですが、

上記のような状況で、国保以外に加入することは可能でしょうか。
加入できる場合、どのような保険がございますか。

どうぞアドバイス宜しくお願い申し上げます。

Aベストアンサー

建設業関係なら
国民健康保険組合があります

例:建設国保(全国建設工事健康保険組合)
http://www.kensetsukokuho.or.jp/
参考:建設国保の窓口
http://www.kensetsukokuho.or.jp/member/profile/03.html

例:中央建設国民健康保険組合
http://www.chuken.or.jp/index.html
参考:中建国保問い合せ窓口
http://www.chuken.or.jp/contents/map_main.html

例:東京の場合(本社が東京の場合) 東京土建国民健康保険組合 
http://www.tokyo-doken-kokuho.jp/index.html

従業員、その家族も加入できます、一応国民健康保険ではあるので、家族の加入に関しては保険料は掛かります

Q健康保険限度額適用認定証。補助人。運転免許に必要な診断書。

精神科病院に医療保護入院しました。
その際、ケースワーカーさんに「健康保険限度額適用認定証」を取得しておいた方が良いと言われ、家人(父)が加入している保険組合より、上記の認定証が送られてきました。
当方は、その頃、とても体調が悪く、入院が長引くと医師より説明を受け、受給したとのことでした。
結果としては、4日で退院することになり、必要がなかったようなのですが、この証書の意味は、どのようなものなのでしょうか?
体調をしばしば崩すことがあり、短期間の入退院を繰り返しておりますが、これは、毎年,取得しておいた方が良いのでしょうか?
精神科病院にのみ適用のものでしょうか?
また、適用区分に書かれているアルファベットは、どのような意味があるのでしょうか?

精神障害より、今回、補助人をつけることとなりました。
補助人をつけると、どのようなことが制限されますでしょうか?
そもそも、この補助人をつけるという意味合いが分かりません。
詳しく教えて下さい。

精神の病気を持っているということで、運転免許に必要な診断書を提出するように、運転免許試験センターから文書が郵送されてきました。
これは、運転をせず(現在,できるような状態ではない)にいる場合でも、提出は拒めないのでしょうか?
顔写真つきの身分証明書を提出してくださいと言われるとき、運転免許くらいしか持っていないので、不便になるなぁということだけなのですが……。
二人,精神科主治医がおり、書かれた診断書を見ますと、一人は「可能」,もう一人は「不可能」と書かれているのですが、このような場合はどうしたら良いのでしょうか?
「可能」と書かれた診断書を提出した場合、法的に問題になってくるでしょうか?

精神科病院に医療保護入院しました。
その際、ケースワーカーさんに「健康保険限度額適用認定証」を取得しておいた方が良いと言われ、家人(父)が加入している保険組合より、上記の認定証が送られてきました。
当方は、その頃、とても体調が悪く、入院が長引くと医師より説明を受け、受給したとのことでした。
結果としては、4日で退院することになり、必要がなかったようなのですが、この証書の意味は、どのようなものなのでしょうか?
体調をしばしば崩すことがあり、短期間の入退院を繰り返しております...続きを読む

Aベストアンサー

こんにちは。
補足の回答です。

もし、障害者自立支援法の自立支援医療(精神科通院)を利用できず、
健康保険や国民健康保険だけ、という普通のケースの場合には、
かかった総医療費の3割が自己負担になります。
けれども、その自己負担額には月額の上限があるので、
それを超えた部分は、高額療養費としてあとから戻せますし、
さらに、健康保険限度額適用を受けている場合には、
「高額療養費をあとから戻してもらう」という面倒なことをせずに、
月額の自己負担額の上限いっぱいまで支払えばOKです。

障害者自立支援法の自立支援医療(精神科通院)を利用できるときは、
精神科通院(薬も含みます)に限って、
かかった総医療費の1割を自己負担するだけで済みます。
自己負担額の月額の上限は、まず障害者自立支援法で定められていて、
あなたの場合、健康保険適用限度額が区分Bであることを考えると、
自立支援医療でも「特にさらに減免される」というようなこともなく、
自立支援医療の「一般」という区分になって、
月37200円が月額上限額(精神科通院の場合)となります。
それを超えた部分については、
精神科通院に限っては、支払う必要はなくなります。

精神科通院以外のときは、最初に書いたような3割負担になりますが、
健康保険限度額適用が区分Bですから、
月に「80100円 +(総医療費 - 267000円)× 1%」を
超えた部分については、支払う必要はなくなります。

総医療費、というのは、あなたが支払う部分だけのことではなくて、
その1か月全部の医療費のことです。
いくつかの病院にかかっている場合は、すべて引っくるめます。
病院からもらう領収証に書かれている金額で、わかると思いますよ。

以上が答えです。
精神科への通院かそうでないか、ということによって変わるわけです。

県障(その都道府県独自で医療費をさらに軽くする制度)も使う場合は
上で書いたしくみを使ってもさらに残ってしまった自己負担額を、
県障のほうで最終的に軽くする、というしくみになります。
ただ、都道府県によって細かい取り扱い方法がばらばらなので、
ここでは、これ以上お答えすることはできません。

ところで、1か月にいくら払ったか、ということは、
医療機関が診療報酬請求というものを見ながらチェックしています。
診療報酬請求、というのは、
 「これこれこれだけ医療費がかかり、
  3割を患者さんに負担してもらったけれども、
  残り7割は、健康保険のほうから私たちの病院に払って下さい」
と病院が健康保険のほうにお願いしているしくみです。
また、自立支援医療のほうは、医療機関もチェックしていますが、
さらに市町村もチェックしています。
医療機関から市町村のほうにも「これこれこれだけかかっています」と
報告が廻るようなしくみになっているのです。
なお、もちろん、あなたが自分で、
かかった医療費をちゃんと憶えておくことも、とても大事です。

このようなしくみは法律で決められているのですが、
こういうしくみにしていないと月額上限をチェックできませんから、
しかたのないことだと思って下さい。
もちろん、必要以上の個人情報は決して流されていませんし、
外に漏れないよう厳しく管理されていますから、心配しないで下さい。
また、自立支援医療については、
「あなたはもうこれだけ精神科通院の医療費がかかりましたよ」と
本人にきちんと教えるようなしくみを作ってる市町村もあります。
(本人に渡すカードに、月々の医療費自己負担分を書いてゆく形で。)

最後に診断書について。
常に「新しく出された診断書のほうが有効」などということは、
ありません。
内容が異なる診断書が出された場合には、
より重い診断をしたお医者さんにもう1度調べてもらって、
別のお医者さんと同様の「軽い」という判断に変わればそれを出し、
残念ながら「重い」というままで変わらなければ、
「重い」(ご質問では、「不可能」とされたもの)とされた診断書を
出して下さい。
「重い」「軽い」という矛盾した診断書を一緒に出してはいけません。
 

こんにちは。
補足の回答です。

もし、障害者自立支援法の自立支援医療(精神科通院)を利用できず、
健康保険や国民健康保険だけ、という普通のケースの場合には、
かかった総医療費の3割が自己負担になります。
けれども、その自己負担額には月額の上限があるので、
それを超えた部分は、高額療養費としてあとから戻せますし、
さらに、健康保険限度額適用を受けている場合には、
「高額療養費をあとから戻してもらう」という面倒なことをせずに、
月額の自己負担額の上限いっぱいまで支払えばOK...続きを読む


人気Q&Aランキング

おすすめ情報