僕は今建築系の大学4年生で将来は住宅や空間をクリエイトするような仕事をしたいと思っております。
ですので、アルバイトもそういう関係のものをしたいと思っているのですが、僕にとって将来プラスになるようなアルバイトはどのようなものがあるのでしょうか?
名古屋や、愛知県あたりで探しております。
そういったアルバイトをされている方、またはご存知の方教えていただけたら幸いです。

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (1件)

こんばんわ^^私は現在建築科の3回生です。

私は設計事務所に興味がありオープンデスクを通して1ヶ月程事務所に通いました。思い描いていたのと現実の違いも感じるかとができ本当にいい経験が出来ました。また先輩で事務所で模型のアルバイトをしている人もいます。この先輩は事務所の方に気にいられ、就職が決まっています。大手の企業でのアルバイトは難しいように思いますが、自分の興味のある会社に直接アルバイト又はオープンデスクを受け入れているか聞いてみるのもいいかと思います。
    • good
    • 0

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q学生の頃やっておけばよかったと思う事について

はじめまして。
今年大学の建築学科に入学しました。
思っていた以上に忙しくやりたい事ができませんでした。
それでこれからの事を考えているのですが、建築学科卒業した方で今思えば学生の頃やっておけばよかったなぁと思う事あれば教えて下さい。
また、学生の間にやっておいた方がいい事教えて下さい。
よろしくお願いします。

Aベストアンサー

こんにちは、私も建築学科を卒業しましたが、
非常に好感の持てる良い質問と思います。

結論から言うと、建築の概要を見る事。
建築はなかで、様々な分野に分かれています。
意匠、構造、材料、設備だけではなくいろいろな視点から考える事ができ、仕事としても様々です。
それぞれがどんな仕事をしているのか、自分には何が合っているのかという具合に、選択肢をふやし、自分の進路に役立てる事が大切だと思います。

就職して役立つ事は、なかなか学校では教えてくれません。その後は、そこから自分を高める事を考えれば良いと思います。

私が学生のときは、建築、そのほかの事。はっきり区別していました。1年のときに一時建築がいやになり、2年で教職課程を平行して専攻しました。
レストランや、居酒屋でバイトした事もありました。

今考えると、すべての事柄を建築的な視点で見る事により、建築に役立つ事があると思います。

レストランでの人の動き、一人暮らしでは、家事の作業の流れ、など、今の設計業務に確実に生きています。

もうひとつ。3年生のときは設計事務所でバイトしたのですが、当時はこんな安いバイト料で働かされたと思っていましたが、今考えると、小額でもお金をもらいながら教えてもらっていた自分がそこにいます。
バイトといえませんね。建築を目指す人を育ててくれていたのです。20年経った今でも感謝しています。

「すべての事は建築につながる」です。
視野を広く持ち、学業、その他に取り組んで、
よき建築家になってください。
応援しています。

こんにちは、私も建築学科を卒業しましたが、
非常に好感の持てる良い質問と思います。

結論から言うと、建築の概要を見る事。
建築はなかで、様々な分野に分かれています。
意匠、構造、材料、設備だけではなくいろいろな視点から考える事ができ、仕事としても様々です。
それぞれがどんな仕事をしているのか、自分には何が合っているのかという具合に、選択肢をふやし、自分の進路に役立てる事が大切だと思います。

就職して役立つ事は、なかなか学校では教えてくれません。その後は、そこから自分を...続きを読む

Qお勧めの建築雑誌を紹介してください

建築学科の一年です。勉強のため建築雑誌を購読しようかと考えているのですが、まだこの世界に入ったばかりで、本屋に行ってもどれが良いのかがよく分かりません。

そこで、皆さんのお勧めで学生向けの建築雑誌を紹介していただければ、と思っています。また、出来ればその雑誌の特徴と理由などもお願いします。

Aベストアンサー

おそらく、意匠/設計を志している方だという前提で書き込ませて頂きます。

私の個人的な観測です。

・一般的な雑誌
「新建築」
は必読だと思います。ただ、no1さんのおっしゃるように、多くの図書館で閲覧出来るし、グラフィック的にも見応えがあるものではないので、個人的に購入する必要はあまり感じられません。

「建築ノート」
は"今"の建築シーンを見るには大変良い雑誌だと思います。だた、これは専門向けというより、学生向けに編集しているものですので、卒業してから見ると安っぽく感じるところがあります。注意して下さい。

そのほか「建築知識」「日経アーキ」などの業者向け雑誌は読んでもいいとは思いますが、学生のうちから施工マニアになるのも、時間とお金の使い方がもったいないと思います。

私は、雑誌を購入する場合は、グラフィックがいいかどうかで判断します。なぜなら、良い表現をみることは自分のプレゼンテーションにも生かせますし、どうせ自分で買うなら、図書館にないものを買いたいからです。
そこで、おすすめする雑誌は、

「A+U」
新建築社が出している世界向けの建築雑誌。国別や建築家別で特集していることが多く、通常日本で入りにくい情報を見ることができる。

「2G」
スペインの建築雑誌。少々高い(5000円くらい)が、大体ヨーロッパの建築家ごとに特集が組まれる。グラフィック◎。

「El Croquis」
スペインの建築雑誌。おそらく月刊ではない。設計プロセスも掲載されており、情報量が抱負。高価。

「Casa Bella」
イタリアの伝統的な建築雑誌。形が正方形なのが特徴的。昨年から日本語版でました。写真、表現ともにうつくしい。5000円くらい

「Detail Japan」
ドイツの建築雑誌「Detail」の日本語版。その名の通り、詳細図まで載せられており、モノと空間の関係がよくわかる。ヴォリュームは薄め。

2G、El Croquis、Casa Bellaは普通の書店ではなかなかてに入りませんので注意して下さい。

おそらく、意匠/設計を志している方だという前提で書き込ませて頂きます。

私の個人的な観測です。

・一般的な雑誌
「新建築」
は必読だと思います。ただ、no1さんのおっしゃるように、多くの図書館で閲覧出来るし、グラフィック的にも見応えがあるものではないので、個人的に購入する必要はあまり感じられません。

「建築ノート」
は"今"の建築シーンを見るには大変良い雑誌だと思います。だた、これは専門向けというより、学生向けに編集しているものですので、卒業してから見ると安っぽく感じると...続きを読む


人気Q&Aランキング

おすすめ情報