初めまして。教えてください。
私は会社でシステムを作る立場にいる者で、過去の経験(
前に勤めていた上場会社の経理部の原価課に所属し工場
の原価関係を数部門ですが取りまとめてきた経験があり
ます)から、会社で標準原価計算方式の導入を考えていま
す。しかし、生産部長やトップを説得させるだけの理論派でない為、どう説得しようかと悩んでいます。
今の会社は、多種少量生産の製造業で、原価計算システム
はありません。原価がいくらになるかは、生産管理パッケ
ージソフトの構成データと、実際購入単価を基にエクセル
ルで加工費を加味して原価を計算しています。
このように何年も実際原価しかとらえてこなかったような
会社トップや生産部長に対して、標準原価はこんなにいいですよ、こんなこともできますよ、工場の損益も把握でき
予算も作れますよ。損益分析もでき問題個所もわかりますよ。..と言ったところで、だからどうなの?、今のままでも何の問題もないよ、と言われかねません。
この不景気にドンブリ勘定でいいはずがないのですが、
私としては、説得させるだけのネタがないのがつらいです
。相手が、話を聞いて「切羽詰った危機的状況だよ」と
判らしめるには、どうゆう切り出しやネタで責めれば
よいのでしょうか?
アドバイスしていただけないでしょうか?
よろしくお願いいたします

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (1件)

標準原価計算のメリットは、原価に対する予算を立てられるということですよね。


また、前年との対比ではなく、標準原価との対比で各所の原価の増減を把握できるので、原価増減の要因も突き止めやすいのではないでしょうか?
先に原価を設定してしまうので、製造中にも売上と共に原価を計上することができるし、試算表の信頼性も向上します。工場や会社全体の利益も逐次把握できるようになります。

生産現場の意識改革や、会社の利益への貢献度の指標にもなると思います。
もちろん、具体的な数値目標の設定と予算から無駄な部分をなくすための材料にもなります。

この商品なら500円で作れるはずだと。これを作るのに520円かかれば、仕入れや製造の問題があり(標準原価の設定にも問題はありますが)、480円で作れたらこれは会社に利益貢献したことになります。

営業職ならば、500円で作った物を600円で売れば、100円の利益貢献が見えますが、製造部門というのはなかなか自分たち一人一人の貢献度を金額で表すことが難しいと思います。
標準原価を取り入れたら、これが一気に目に見えるのではないでしょうか。製造部門でも、どの箇所がいくら原価を切りつめたかということも競い合い、現場の意識向上に貢献するでしょう。

工場長からも、どの部署の何が問題なのか、数値でハッキリと分かる訳です。
標準原価計算にすることによって、材料、賃金、機械の稼働時間などが原価という結果だけで比較されるのではなく、予算と比較することで各の原価の特徴を考慮した比較が可能だと思います。
これについては、事例を示して、どう数値が変動したら何を判断したら良いのかを教えないと行けないのかも知れません。まずは、トップにもそれを覚えてもらわないと行けませんね。
幾つかの事例とシナリオを作って説明するしかないのではないでしょうか。
危機感を与えるのなら、最悪のシナリオも用意してみてはどうでしょう。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

ありがとうございます。

確かにいくつかのシナリオを作って説明する方法がありますよね。
他人を説得させるのも能力が必要なのですが、自分にネタ切れですので、
技術書を参考にする必要があるかもしれません。
もう少し頑張ってみます。

お礼日時:2005/04/07 16:43

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

QMATLABでの標準偏差

MATLABでの標準偏差

MATLABで入力するいくつかの数値の標準偏差が分かっているのですが、
その変数たちで作られる関数の標準偏差を求めることは出来ますか?
例えば、x、yに標準偏差を導入した場合、
f(x、y)の標準偏差をもとめたいのですが。
たとえば、f(x、y)=xyだった場合、
まず、どのように、x、yの標準偏差を導入し、
どのようにfの標準偏差を求めればよいでしょうか?
コマンド文を教えてください。

Aベストアンサー

う~ん、これは……。
いや、MATLABの問題じゃないような……。

読んだ感じですと、「使おうとしている統計」自体が凄く曖昧な気がしています。
例えば、

>いくつかの数値の標準偏差が分かっている

と言う事はxの標準偏差とyの標準偏差が分かっている?
と言うことはxもyも確率変数でそれぞれ別の分布に従っている、と。
だったら、ダイレクトに任意の分布をp_iとして

f_1(x)=p_1(x)
f_2(y)=p_2(y)

ですね。

>f(x、y)の標準偏差をもとめたいのですが。
>たとえば、f(x、y)=xyだった場合、
>まず、どのように、x、yの標準偏差を導入し、
>どのようにfの標準偏差を求めればよいでしょうか?

ここら辺から凄く怪しい事言ってます(笑)。
例えばf(x,y)とは言っても、

・確率変数xとyが独立な場合
・確率変数xとyが関係している場合

で全然変わってきますね。
仮に独立だったら話は簡単で、

f(x,y)=p_1(x)×p_2(y)

で終了です。これなら別に考え込む事が無いんですが……。
問題は2番目のケースですね。ちょっとどっちの想定を行ってるのかが分かりません。xの振る舞いにyが左右されている、とかないしは逆の場合ですと、同時分布にしないとダメでしょう。まあ、難しい方法じゃなくても、xとyが同時にどう言う分布に従うのか調べないといけないでしょうね。

う~ん、これは……。
いや、MATLABの問題じゃないような……。

読んだ感じですと、「使おうとしている統計」自体が凄く曖昧な気がしています。
例えば、

>いくつかの数値の標準偏差が分かっている

と言う事はxの標準偏差とyの標準偏差が分かっている?
と言うことはxもyも確率変数でそれぞれ別の分布に従っている、と。
だったら、ダイレクトに任意の分布をp_iとして

f_1(x)=p_1(x)
f_2(y)=p_2(y)

ですね。

>f(x、y)の標準偏差をもとめたいのですが。
>たとえば、f(x、y)=xyだ...続きを読む

Q工場原価と営業原価

工場で生産した商品を、同じ会社の営業部門が販売するとき、工場の利益はどこで出すんですか?工場原価に工場利益をのせたものが営業原価になると思うんですけど、工場から営業部門への社内売りってダメですよね。どんな仕組みになっているんですか?

Aベストアンサー

このやり方は、京セラ様のアメーバ方式や部門管理会計を採用した企業などで見られる経営方式の一つで。各セクションで利益を出せば、全体も利益が出ると言った、企業最適化に関しては間違ったやり方で、あまり良いやり方ではありません。このやり方の多くは、初めは良い結果が出ることも多いのですが、長期的に見ると、必ず部分最適化が肥大化し、セクショナリズムが発生し、生販間の関係が崩れます。(これは生販だけでなく、製造部門間で行った場合でも同様です)
今は、全体最適を考慮したTOC理論がもてはやされています。それでは、こういった管理会計方式は取りません。

Q標準偏差について

「ある設定値に対する実績値の偏差」の標準偏差を求めたいのですが、「実績値-設定値」の標準偏差を直接求める(マイナスデータが出る)のか、「絶対値(実績値-設定値)」の標準偏差を求めるのかがわかりません。前者なら実績値の標準偏差と同じ値になるので後者のような気がするのですが、根拠がわかりません。
教えて下さい。
例:設定値20
  実績1=15、実績2=23、実績3=18、実績4=26
  偏差1=-5、偏差2=3 、偏差3=-2、偏差4=6
  偏差の標準偏差は?

Aベストアンサー

用語の問題で混乱しているようですが、文意から察するに、
質問者が出したいのは標準偏差ではなく
設定値を“真の値”とする平均二乗誤差ですね。

で、今の場合は

[ Σ{ (実績値)-(設定値) }^2 ]/n

の平方根を求めるので、絶対値をとってもとらなくても結果は変わりません。

Q委託生産での製造原価報告書と製造原価科目は必要ですか?

小さな会社で製品は自社で設計し、製品は外部の工場で委託生産し、それを弊社へ仕入れて販売しています。自社工場はありません。

弥生会計を導入しようと思ったのですが、最初の設定で勘定科目オプションの設定を行わなければならず、設定後に取り消しはできないので悩んでいます。

まず、
(1)弊社のような外部にて委託生産を行っている会社の場合、製造原価報告書と製造原価科目は必要でしょうか?

(2)オプションで「製造原価に関する科目を使用する」を選択した場合、弊社のような委託生産を行っている会社の場合、何か不都合なことがありますでしょうか?

よろしくお願いします。

Aベストアンサー

決算書に原価の明細を表記することが煩雑な場合に(製造業ならそれが普通)製造原価報告書を添付するのであって、必ずしも製造原価報告書が必要なわけではないです。商業簿記のように損益計算書で書ききれるならそれで十分です。
パソコンソフトの設定と会計上の表記の原則とは全く別の問題です。決算書を作るなら会計の専門知識が必要なのは当たり前なのであって、その知識がないなら税理士や公認会計士などの専門家に依頼すべきです。

Q標準偏差って?

標準偏差ってもんがどんなものなのかわかりません。

あるクラスの、
国語のテストの平均が60点、標準偏差が5。
算数のテストの平均が80点、標準偏差が8。

とすると合計得点の平均点は140点だと思うのですが、標準偏差はどうなりますか?
それともこれだけじゃわかりませんか?

Aベストアンサー

統計学には「正規分布の再生性」という定理があって、

「二つの確率変数X、Yが互いに独立で、正規分布し、
Xの平均がa、標準偏差がα、
Yの平均がb、標準偏差がβ とすると、
X+Yの平均はa+b、標準偏差は√(α^2 + β^2)
(^2は2乗の意味)
となる」
とあります。
これを問題に当てはめてみると、
標準偏差は√(5^2 + 8^2)で√89となります。

ただし問題は定理の中の「互いに独立」というところです。
国語・数学のテストは、独立になってません。
すなわち、国語の成績のいい子は、数学も成績がいい場合が多いだろうと考えられます。
XとYがまったく関係がないなら計算できますが、
テストの場合は上の定理が成り立ちません。
(標準偏差の値は上の値より増えると考えられます)

Q営業損益、営業外損益、特別損益について。

営業損益、営業外損益、特別損益について。

以前、勉強したのですが忘れてしまったので教えていただけますでしょうか。
営業損益、営業外損益の定義・決まりって何でしたっけ?
営業損益は「営業活動」による損益だと思うのですが、営業活動って、
確か「定款」に載っているもの、だったかどうか・・・。

営業外損益の主なものって何ですか?利息とか株による損益とかでしたっけ?

特別損失の主なものってなんですか?

すみません。よろしくお願いします。

簿記を少しやった程度の素人です。

Aベストアンサー

営業利益
 本来の業務(営業)で儲けた利益です。
 では、本来の業務の定義が問題になります。これは当該会社が本業だと思っ
 ている事業、それが本業です。
 (一般論では)定款に本業を記載しますので、記載されている事業が本来の
 業務と考えて強ち間違いではありません。
 次に、本来の業務をおこなう為に必要な、販売費及び一般管理費は、営業利
 益に入ります。
 
 原料を仕入れて製品を製造販売。その販売の為の人件費・経費を加減算した
 ものでが営業利益です。

経常利益
 本来の業務では無いけれど、日常的に計上される損益です。日常的に発生
 するもので且つ、本業と関係のないものです。
  ※借入利息、預金利息、受取配当等々、が一般的な会社では普通に発生
   しますが、本業の成績ではありませんから営業外となります。
  ※製造業の会社が、自販機を設置して1万円/月の収入があるならば、雑
   収入(営業外利益)となります。しかしこれが会社収益の10%を占める
   ようになると、これは本業となり営業利益に入る事になります。

 営業利益に、営業外損益を加減算したものが経常利益です。

 <例>
 お金を借りた場合の借入利息は営業外損失ですから経常利益(損失)に含まれ
 ます。また、他社の株式を保有して配当を受ければ、それは営業外利益となり
 経常利益に含まれます。

税引き前当期純利益
 特別利益、特別損失はここに入ります。
 では、特別利益、特別損失とは何か。これは経常的では無いもの(臨時や例外)
 がここに含まれます。
 所有する土地を売却して得た利益(損失)など、通常期に発生しない特別な
 もの等がこの勘定に計上されます。
  ※通常発生しない取引でも、金額的重要性が低い物は、営業外損益に入れら
   れる可能性が高くなります。

以上は一般論です。対象の会社の業種(業態)によって異なります。上記例示は
製造業であるならばで作成したものです。

営業利益
 本来の業務(営業)で儲けた利益です。
 では、本来の業務の定義が問題になります。これは当該会社が本業だと思っ
 ている事業、それが本業です。
 (一般論では)定款に本業を記載しますので、記載されている事業が本来の
 業務と考えて強ち間違いではありません。
 次に、本来の業務をおこなう為に必要な、販売費及び一般管理費は、営業利
 益に入ります。
 
 原料を仕入れて製品を製造販売。その販売の為の人件費・経費を加減算した
 ものでが営業利益です。

経常利益
 本来の業務では無...続きを読む

Q母標準偏差・標本標準偏差と標本平均(Xバー)の標準偏差

(聞きたいのは、最後の3行がメインです)
http://oshiete1.goo.ne.jp/qa3478996.html
の質問をしたものです。

標準偏差を求めるとき、(ルートの中の)分母が「n」か「n-1」
の2種類があることはわかりました。
母標準偏差であっても標本標準偏差であっても「n」で求められる
が、標本から母標準偏差を推定するときが「n-1」を使うという
ことで理解しました。

ところで、「n」にしても「n-1」にしてもそんなに値としては
変わらないということなんですよね?

高校の時の教科書で、「標本平均(Xバー)の標準偏差」という
のがありました。
 「母平均m、母標準偏差sの母集団から大きさnの無作為標本
 抽出するとき、標本平均Xバーの標準偏差σ=s/(ルートn)」
というのがありました。
 「標本標準偏差」とこの「標本平均Xバーの標準偏差」というの
は全然違うものなんですよね?(値も全然違うものになってしま
うと思います。)

Aベストアンサー

 統計学での目的は、集団全体のこと、すなわち母集団について知ることです。

 標準偏差は、集団のばらつきの程度を示し、本当に知りたいのは母集団の標準偏差、すなわち、母標準偏差です。しかし、母標準偏差が現実には求められない場合があります。一つは標本数が多すぎる場合、もう一つは蛍光灯の寿命のように全てを調べると商品が残らなくなつてしまう場合です。
 そこで、仕方なくその一部を取り出す(=抽出して)、母集団のバラツキを推定します。母集団を推定するためには、いくつかを標本として選び、その標準偏差、すなわち標本標準偏差(不偏標準偏差ともいう)を代わりに用いることになります。標本は、ランダムサンプリングをするので、選ぶたびに異なり、そのバラツキは母集団とは同一の標本にはなりません
 そこで、母標準偏差はnで割るので、標本標準偏差はn-1で割っておけばやや広い範囲になるので、標本の選択が少々不味くても、広めに取ってあるのでカバーできることになります(数学的には証明できるようですが、私には無理なので、直感的に表現しました)。もちろん、標本数が大きければ、nであろうが、n-1であろうが大差はありません。このようにして、計算が非現実的な母集団のバラツキを推定するわけです。標本標準偏差は、母標準偏差の代理なのです。

>標本平均Xバーの標準偏差
 標準偏差は、母集団のバラツキを示します。標本標準偏差は、母集団のバラツキの推定値です。
 これは、標準誤差で、母集団から抽出した「標本の平均値のバラツキ」を示しています。平均ですから、再度nで割り算することになります。外国人の論文には、バラツキがグラフ上などでは小さく見えるので、標本標準偏差(母集団のバラツキの推定値)ではなく、この標準誤差(標本の平均値のバラツキ)で示したものを見かけます。

 なお、標準偏差は、英語ではStandard Deviation、エクセルではSTDEVPでPの根拠が不明。標準誤差は、英語ではPartial Standard Deviation、エクセルはSTDEVで、Patialの単語の部分が見当たりません。エクセルの関数を使うときは、逆にやりそうで、いつも混乱しています。

 統計学での目的は、集団全体のこと、すなわち母集団について知ることです。

 標準偏差は、集団のばらつきの程度を示し、本当に知りたいのは母集団の標準偏差、すなわち、母標準偏差です。しかし、母標準偏差が現実には求められない場合があります。一つは標本数が多すぎる場合、もう一つは蛍光灯の寿命のように全てを調べると商品が残らなくなつてしまう場合です。
 そこで、仕方なくその一部を取り出す(=抽出して)、母集団のバラツキを推定します。母集団を推定するためには、いくつかを標本として選び、...続きを読む

Q月次での損益計算での売上原価について

経理の学習を始めたばかりで、現在サンプルのPLとかでも参考にしているような状況です。
基本的な質問で申し訳ないんですが、月次推移での損益計算書の例で、売上原価の部分で、期首商品棚卸高や期末商品棚卸高を運用していない(つまりゼロ円)のP/L例もあるんですが、月次決算等でこのようなゼロ円での運用も可能なんでしょうか?(仕入=売上原価としている? 又は月次棚卸評価を割愛??) 
教科書では、やはり理論値での棚卸評価結果を運用するように説明されているんですが・・・
レベルの低い質問で申し訳ないのですが、ご教示いただければ・・・

Aベストアンサー

>月次推移での損益計算書の例で、売上原価の部分で、期首商品棚卸高や期末商品棚卸高を運用していない(つまりゼロ円)のP/L例もあるんですが、月次決算等でこのようなゼロ円での運用も可能なんでしょうか?(仕入=売上原価としている? 又は月次棚卸評価を割愛??)

可能です。可能ですが、より正しい月次損益計算書を作成するためには、理論値(帳簿棚卸高)でも構わないですから、棚卸高を運用すべきです。

年次決算では、年度末の日に商品の棚卸作業を行って期末商品棚卸高(実地棚卸高)を把握し、その数字を年間損益計算書と貸借対照表に反映させます。正しい年間利益を算出するためです。

月次決算においても、できる事なら毎月月末日に商品の棚卸作業を行って実地棚卸高を把握し、その数字を年間損益計算書と貸借対照表に反映させるべきです。正しい月間利益を算出するためです。

しかし、忙しい会社が多いので、毎月の棚卸作業はイヤだ、という会社が非常に多いのです。

そういう会社でも、商品の倉庫係は商品の受払台帳を書いて、商品の出入りを管理していますから、受払台帳を見れば、月末の理論上の棚卸高(帳簿棚卸高)は分かります。

月次決算においては、帳簿棚卸高の数字を月間損益計算書と貸借対照表に反映させれば、正しい月間利益に近い数字を算出できるのです。

>月次推移での損益計算書の例で、売上原価の部分で、期首商品棚卸高や期末商品棚卸高を運用していない(つまりゼロ円)のP/L例もあるんですが、月次決算等でこのようなゼロ円での運用も可能なんでしょうか?(仕入=売上原価としている? 又は月次棚卸評価を割愛??)

可能です。可能ですが、より正しい月次損益計算書を作成するためには、理論値(帳簿棚卸高)でも構わないですから、棚卸高を運用すべきです。

年次決算では、年度末の日に商品の棚卸作業を行って期末商品棚卸高(実地棚卸高)を把握し...続きを読む

Q物理学実験における標準偏差、標準誤差について。

物理学実験における標準偏差、標準誤差について。質問お願いします。統計学かもしれません。
正規分布をするグラフにおいて、平均値、標準偏差と、標準誤差をもとめました

その場合、平均値±標準誤差、平均値±標準偏差のそれぞれの2つの範囲の意味を説明しなさいという問題です。

私の考えでは、平均値-標準偏差~平均値+標準偏差の範囲は測定値のばらつきがこの範囲に68.3パーセントを占める。
平均値-標準誤差~平均値+標準誤差の範囲の意味は平均値のありそうな幅の推定でこの範囲に68,3パーセントを占める
であってますでしょうか

Aベストアンサー

私の考えでは、平均値-標準偏差~平均値+標準偏差の範囲は測定値のばらつきがこの範囲に68.3パーセントを占める。

OK


平均値-標準誤差~平均値+標準誤差の範囲の意味は平均値のありそうな幅の推定でこの範囲に68,3パーセントを占める

下記のurlを参照のこと

参考URL:http://ja.wikipedia.org/wiki/%E6%A8%99%E6%BA%96%E8%AA%A4%E5%B7%AE

Q製造原価報告書が、損益にどう影響するか?

 新しい職場で働くことになったのですが、「製造原価報告書が、損益にどう影響するのか?」を予習してくるようにと指示を受けました。
 業種は解体業です。

 簿記二級の知識はあるのですが、数年前に取得した物なので半分忘れかけている状態です。
 どの範囲を勉強すれば上司の指示を理解できるか、教えてください。
 よろしくお願いします。

Aベストアンサー

売上原価を算出するのに必要かと…
私の記憶も薄れておりますが。


人気Q&Aランキング

おすすめ情報