謄本の差押登記で、甲区について、
(1)担保権の実行による競売
(2)強制競売
では、

(1)の場合、原因には「〇〇裁判所競売開始決定」、
権利者には「申立人 〇〇〇〇」と表記され、
(2)の場合、原因には「〇〇裁判所強制競売開始決定」、
権利者には「債権者 〇〇〇〇」と表記されると、
本で読んだのですが、

いくつか閲覧した謄本では、
(1)も(2)も、原因は「不動産競売開始決定」となっており、
権利者の表記は、申立人の場合と、債権者の場合とあります。

実際のところ、(1)と(2)で原因の表記の違いはあるのでしょうか?
また、権利者の表記は、申立人と債権者とでは、何か違いがあるのでしょうか?
ご回答、よろしくお願いいたします。

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (4件)

>(1)担保権の実行による競売


>(2)強制競売

(1)は俗に(ケ)事件と云い、(2)は(ヌ)事件と云っています。
(1)の申立は「担保不動産競売申立書」となり、その裁判は「担保不動産競売開始決定」です。(登記原因も同じ)申立人は「申立人」又は「債権者」又は「申立債権者」となっています。
(2)の申立は「強制競売申立書」となり裁判は「強制競売開始決定」です。(登記原因も同じ)申立人は「申立人」又は「債権者」又は「申立債権者」となっています。
なお、裁判を求める(例えば「決定」を求める。)場合には「申立人」とし、そうではない、例えば、執行官に執行の申立をする場合は「債権者」としています。これは執行官に裁判を求めているわけではないからです。
以上で「申立人と債権者とでは、何か違いがあるのでしょうか?」は、間違いではありませんが、違いは、裁判を求めるかどうかで、使い分けする方がいいと思います。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

お礼が遅くなりまして、申し訳ございません。
視点を変えてみるということに、気づかせていただきました。
とてもわかりやすいご説明をありがとうございました。

お礼日時:2005/04/20 14:05

担保権(抵当権)を持っている者、すなわち、乙区の登記権利者(銀行など)が競売を申し立てる場合には、「申立人」と表示され、



担保権を持たない一般債権者が競売を申し立てた場合には「債権者」と表示されます。

ですから、競売開始決定なら「申立人」、強制競売開始決定なら「債権者」です。
そのようになっていなければ、登記所の誤記かも知れません。
別に、大勢に影響のない誤記ですから、怒るほどのものではないですが・・。

あと、4月からNo2の方がいうとおり、多少記載も変わっています。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

お礼が遅くなりまして、申し訳ございません。
丁寧なご説明をありがとうございました。

お礼日時:2005/04/20 14:00

>(1)の場合、原因には「〇〇裁判所競売開始決定」



 従来は、そのように記載されていましたが、現在では、「甲地方裁判所担保不動産競売開始決定」と記載されます。民事執行法の改正により担保不動産収益執行が導入され、それと区別するためです。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

お礼が遅くなりまして、申し訳ございません。
ご説明いただいた法改正について、確認不足でした。
ご回答ありがとうございました。

お礼日時:2005/04/20 13:56

今、お客さんの(ヌ)事件の謄本を見ておりますが、強制競売開始決定となっていますよ。

また、申立人というのも見たことがないように思います。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

お礼が遅くなりまして、申し訳ございません。
ご回答ありがとうございました。

お礼日時:2005/04/20 13:45

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q収入印紙代を負担するのは誰なのかわからなくて困っています。

収入印紙代を負担するのは誰なのかわからなくて困っています。

銀行とある契約を結びました。その際の金額は5万円程度です。
後日領収書が2枚届きました。その契約にかかった金額分(5万円程度)の領収書と収入印紙代200円の領収書です。

今まで買い物などをしても収入印紙代を払ったことはありませんし、私自身仕事でお金を負担した側(お客様)に収入印紙代を請求したことはないので、収入印紙代はお金を受領した側が負担するものだと思っていました。

自分なりに調べた結果、「収入印紙代は契約書を作成した者が負担する」「法律では収入印紙代は誰が負担してもかまわない(どちらか一方に支払いの義務はない)」「通例としてお金を受領した者が払うケースが多い」といった記述を見つけたのですが、収入印紙代の支払いについてはこの認識で正しいのでしょうか?

もしこの認識で正しいのならば、今回の場合契約書を作成したのは銀行と私の双方であるので、銀行からなにも打診がなく一方的に私が支払うのは不当であると思うのですがいかがでしょうか?

Aベストアンサー

たぶん2通の契約書の内、あなたに手交される契約書の印紙代だと思います。

あなたが保管する契約書の印紙はあなたが負担して、銀行の保管する
契約書の印紙は銀行が負担するということです。

以前はそれぞれ貼っていましたが、税務署が契約時に所定の印紙を貼れ
と指導しているからだと思います。

Q抵当権設定仮登記権利者と強制競売申立債権者の配当の優劣

例えば、Aさん所有土地に、Aを債務者として、債権者Bの抵当権設定仮登記があるとします。(その仮登記は、不動産登記法で云う1号仮登記とします。)
一方で、AにはCと云う債権者もおり、CはAに対して債務名義をもっているとします。(Aには、他に債権者はいないとします。)
そこで、Cは強制競売の申立をするわけですが、当該土地の評価は、Bの被担保債権を遙かに下回る場合は、民事執行法63条によって、無剰余でないことを証明するか、又は、保証して自ら買い受けの申し出でのない場合は無剰余取消になるでしようか ?
私の考えは、仮登記は順位を保全するだけで、第三者(この場合はC)に対抗することができないから、無剰余取消とならない気がします。
しかし、それならば、配当時に、Bに優先してCに配当してかまわないことになり、もし、Bが本登記をしてくるか、又は、本登記とすべき要件がそろっておれば、Bを優先して配当しなければならないです。
そこで、その優劣をお尋ね致します。
現在、実務で、思案中です。

Aベストアンサー

仮登記の配当金を供託する。
後日、本登記が可能な事を証明したときは配当。
   不可能は他の債権者に追加配当。

Q訴え取下げの場合の印紙代について

裁判手続きについての質問です。
訴訟提起するときに、印紙代がかかりますが、訴えを取り下げた場合は、この印紙代は戻ってくるのでしょうか?それとも、そのまま没収されてしまうのでしょうか?
印紙代だけで50000円ほどかかっているので、返ってこないときついです・・・

Aベストアンサー

 どの時点で訴えを取り下げたかによります。
 第1回口頭弁論終結前に取り下げれば,おおむね納めた印紙の半額が返ってきます。なお,自動的に返ってくるのではなく,手数料還付申立をする必要があります。
 手数料還付申立をし,手数料還付決定を受けた後,裁判所の会計課に還付請求をします。還付は口座振込が主流です。

 第1回口頭弁論終結後であれば,一銭も返ってきません。
 極端に言えば,第1回口頭弁論時に「訴えを取り下げます。」と言えば半額を返してもらうことができます。
 

Q強制競売開始決定

強制競売開始決定と通知がきました。
債権者はサラ金で、金額が約120万です。
家を担保にしていないのに、競売にかける事ができるのですか?これをやめてもらうには、債権者に直接話しをしなければいけないのでしょうか?ほかにも数件借金があります。
小さい子供もいて、とても不安です。

Aベストアンサー

1.強制競売について。
 まず、強制競売開始決定の通知は、裁判所からの正式なものでしょうか(最近、架空請求などが多いので念のため)。
 裁判所の競売には、抵当権に基づく通常の競売と、抵当権に基づかないが不動産を差押して競売手続きに入る強制競売があります。ですから、自宅の土地、建物にサラ金会社が抵当権を設定していなくても、裁判所に申し出て競売手続きを進めることが可能です。
 裁判所の通知書に、物件番号として「(ヌ)○○○」と書かれていると思いますが、この番号で裁判所に問い合わせができます。

2.競売手続きについて。
 さて、裁判所の競売は厳格な手続きを経てなされるので、通常は入札まで数ヶ月から半年ほど期間を要します。競売開始決定の通知が来たからといって、即座に入札されるものではありません。

 最初に、裁判所の執行官と評価人が、自宅を訪ねてきて、「現況調査報告書」と「評価書」を作成します(1ヶ月くらい先のはずです)。
 事前に執行官から、「○月○日に調査をしたいが…」と競売対象の建物所有者(あるいは占有者)に問い合わせをしてきますので、都合のよい日を執行官と打ち合わせたらいいと思います(ある程度の融通はききます)。

 ただし、東京地裁の場合は、事前連絡なしに不在だといきなり鍵を開けて室内に立ち入り執行官は調査をするようです(この掲示板の他の質問にありました)。
 通知書の裁判所の民事部(競売担当)に電話で、競売のため執行官の調査の方法を確認されたらいいと思います。
 ご参考までに、裁判所の競売HPを下記に貼っておきます。「売却手続きの流れ」がご参考になると思います。
http://bit.sikkou.jp/

 執行官らが調査に訪れてから、裁判官が「物件明細書」を作成し、「現況調査報告書」と「評価書」とを合わせて、一般に入札のための公示をします。ここまでが数ヶ月から半年ほど期間を要します。この段階までであれば、競売手続きを取り下げさせることができます。
 公示期間の後、入札になります。

3.サラ金会社は競売可能か。
 自宅の土地や建物に、銀行の住宅ローンなどいっさい抵当権が設定されていなければ、サラ金会社の競売は成功する可能性が高いです(入札者ゼロであれば、裁判所は最低売却価格を下げて再入札を行う)。

 しかし、自宅の土地や建物に、銀行の住宅ローンなどの抵当権が設定されていれば、サラ金会社の競売手続きは失敗に終わる可能性があります。
 例えば、銀行の抵当権が2000万円で(残債務もほぼ同じ額)、裁判所の評価人が評価した土地と建物の評価額が1500万円であれば、この競売を実行してもサラ金会社には配当されないと裁判所が認定するため、その時点で競売手続きは中止になります。
 サラ金会社は競売手続きのため納付した予納金数十万を没収されて、競売は続行不可能となります。

 質問者さんの他の債務の状態がわからないので、基本的な競売の手続きだけご紹介しました。競売をやめてもらう方法は、裁判所にご相談されたらいいと思います。

1.強制競売について。
 まず、強制競売開始決定の通知は、裁判所からの正式なものでしょうか(最近、架空請求などが多いので念のため)。
 裁判所の競売には、抵当権に基づく通常の競売と、抵当権に基づかないが不動産を差押して競売手続きに入る強制競売があります。ですから、自宅の土地、建物にサラ金会社が抵当権を設定していなくても、裁判所に申し出て競売手続きを進めることが可能です。
 裁判所の通知書に、物件番号として「(ヌ)○○○」と書かれていると思いますが、この番号で裁判所に問い合わせ...続きを読む

Q収入印紙代は私が払ったことになるのでしょうか?

賃貸の家を借りた時に領収書をもらったのですが
200円の収入印紙が貼ってあり、支払金額は58200円です。

この収入印紙代は私が払ったことになるのでしょうか?
58200円のうちの200円は収入印紙代ですか?

それとも管理会社がはらって、
58200円の200円は収入印紙とは関係ない、契約金額なのでしょうか?

Aベストアンサー

契約書の賃料と手数料はいくらですか。
家賃+手数料+その他の費用(印紙代除く)= この合計が58,000円であれば200円は印紙代です。
しかし、上記の合計が58,200円であれば収入印紙は管理会社の負担となっています。
印字税の基本は領収書を発行した者が負担すべき性質のもので、支払い側は支払う必要はありません。

Q強制競売開始決定

マンションを3年半前に約3200万で購入。1番抵当権は銀行で約3000万ローンがあります。これから教えてほしいのですが、2番抵当
権のマチ金業者から約200万の債権から競売を申したてられました。銀行にはとどこうり無く支払いはしています。あと、不動産屋に聞いたところ、うちの相場は3000万位とのことです。この場合落札価格はいくら位になるのか、また無剰余取消になります?宜しくお願いします。                       ・                             

Aベストアンサー

まず、本件は強制競売ではなく不動産競売です。
強制競売は担保権のないものが債務名義を取得して行う競売を誘います。

裁判所の算定する参考価格は時価の半値の1500万円程度、まあ落札価格は70~80%の2100~2400万円程度が目安かと思われます。

この場合、無剰余になると思いますが、まあ街金融業者は物件処分されるよう預金に(仮)差し押さえをしてくると思われます。
そうすると、銀行は預金とローンを相殺します、かつ期限の利益を失いますので、保証会社が代位弁済してそのうち、物件の処分をしなくてはならない状況となります

Q代金引換の印紙代は売る側、買う側どちらが負担すべき?

代金引換の印紙代は売る側、買う側どちらが負担すべき?

代金引換の引換代金に消費税等を引いた額が3万円以上の場合、印紙代がかかりますが、
これは売る側、買う側どちらの負担にするべきでしょうか?

Aベストアンサー

領収証への印紙ですから売る側です。

Q不動産競売開始決定の通知

4年前に新築マンションを購入しましたが、不況の影響で2年程で自己破産にまで追い込まれてしまいました。
図々しいながらなるべく長くこのマンションに留まって居たかった私は弁護士に相談しました。
その結果、競売の方が手続きにかなり時間がかかる事が分かったので、自分では売却せずに今日まで居座っていました。
実際、破産宣告をし免責を受けてから2年近く経っています。
しかしとうとう本日裁判所から「担保不動産競売開始決定」という通知が送付されてきました。
そこで知りたいのですが、この通知が送られてきてからの今後の流れを細かく教えて頂きたいのです。
そして順調に競売が進んだ場合、今から数えてあとどのくらいで引き渡さなければならないのでしょうか?
また今からでも自分で売却すれば競売手続きは取り下げてもらえるのでしょうか?
そして自分で売却先を決めるまで半年位の有余は頂けるものなのでしょうか?
質問が多くて申し訳ありません。
最後にもうひとつ気になる事があるのですが、競売になった場合、やはりご近所などにはその事実は嫌でも分かってしまうものなのでしょうか?
どなたか詳しい方よろしくお願いいたします。

4年前に新築マンションを購入しましたが、不況の影響で2年程で自己破産にまで追い込まれてしまいました。
図々しいながらなるべく長くこのマンションに留まって居たかった私は弁護士に相談しました。
その結果、競売の方が手続きにかなり時間がかかる事が分かったので、自分では売却せずに今日まで居座っていました。
実際、破産宣告をし免責を受けてから2年近く経っています。
しかしとうとう本日裁判所から「担保不動産競売開始決定」という通知が送付されてきました。
そこで知りたいのですが、この通...続きを読む

Aベストアンサー

>「担保不動産競売開始決定」という通知が送付されてきました。

と云うことは、最早、登記簿には差押の登記がなされてます。
次は、配当期日の終期と云う日が決まります。(これは債務者側に関係ないので詳しくは省きます。)
次に、裁判所は執行官に対して現況調査命令を、評価人に評価をするよう命令します。
この2人は同時か又は個別に現場に行きます。その日は競売開始決定後1から3ヶ月先です。
裁判所はそれらが届き次第、買受人のために物件明細書と云う書類を作成します。これが終わったならば、いよいよ、入札期日を決めます。それは利害関係人全員に通知します。
その日は、おおよそ競売開始決定後4から6ヶ月後です。
その入札の開札日に開札し最高の価格の者に売却許可決定します。その者が代金納付すれば所有権の移転登記を嘱託します。
その日まで、おおよそ競売開始決定後から6から8ヶ月かかっています。ときには1年ほどかかる場合もあります。
次は、居住を続けるならば、その買受人が強制執行の手続きで約1ヶ月程度で断行します。
以上が、おおよその「今後の流れ」です。
なお、取り下げは、開札日の前までならば、いつでもできますが債権者が取り下げるので債権者の任意によります。
次の「自分で売却先を決めるまで半年位の有余は頂けるものなのでしょうか?」も債権者次第です。裁判所の手続きは、淡々と進めますので、その時期と、任意売却の時期の、どちらが早いか、となります。
最後の「ご近所などにはその事実は嫌でも分かってしまうものなのでしょうか?」は、入札期日は新聞やネットなどにも掲載されますが、住所(物件所在地)だけで氏名まで載っていません。
専門家が持っている情報誌には氏名も含み全ての情報が記載されています。

>「担保不動産競売開始決定」という通知が送付されてきました。

と云うことは、最早、登記簿には差押の登記がなされてます。
次は、配当期日の終期と云う日が決まります。(これは債務者側に関係ないので詳しくは省きます。)
次に、裁判所は執行官に対して現況調査命令を、評価人に評価をするよう命令します。
この2人は同時か又は個別に現場に行きます。その日は競売開始決定後1から3ヶ月先です。
裁判所はそれらが届き次第、買受人のために物件明細書と云う書類を作成します。これが終わったならば...続きを読む

Q売買契約書の収入印紙代

別のカテゴリで、印紙税というものは、文書を作成した者に納税義務がある、
と教えていただきました。
そこで…

何年も前にマンションを買ったときの売買契約書に、高額の収入印紙が張ってあります。
この書類を作ったのって、誰なのでしょうか?
司法書士に支払った代金の領収書の明細の中に、それらしい項目が見つかりません。

金額的に想像できる項目は所有権移転、抵当権設定の2つです。
でも、なんだか違うような気がします。

別の理由で明細を見ていて疑問に思ったのですが、この収入印紙代は誰に支払ったのだろう、
と知りたくなりました。
不動産屋の仲介手数料に含まれていたのでしょうか?

銀行ローンの収入印紙代の領収書はあるのですが…。

さらに、登記済権利なんとか(最後の文字はごんべんに登という字)の中の
売渡証書に200円の収入印紙が貼ってあります。
領収書にある「登記原因証書」がこれに当てはまるのでしょうか。

わかる方、おしえてください。

Aベストアンサー

マンションを販売した会社が作っていると思いますよ。売買契約書ですから。

ちなみにその印紙代金は、マンションの購入金額に入っているのだと思います。本体価格に比べると些細な金額なのでコミコミと思っていただければいいのではないでしょうか?

不動産会社によっては、契約書を二通作る関係で「ご自分で保管する契約書には自分で印紙を貼って於いてください」というところもあるようです。

>売渡証書に200円の収入印紙が貼ってあります。
>領収書にある「登記原因証書」がこれに当てはまるのでしょうか

おっしゃるとおりだと思います。

Q不動産競売開始決定後に入居

ある物件が裁判所により担保不動産競売開始決定が出ました。その物件の競売開始決定後賃貸契約をして入居することは競売妨害にならないのでしょうか?

Aベストアンサー

刑法上の競売妨害罪にはならないと思いますが、差し押さえ登記後の不動産賃借権は第三者に対抗できません(もっとも全ての抵当権者が承諾し、そのことを登記した場合は違いますが。また当事者間では契約成立しています)なので担保権実行後は該不動産取得者に対しては占有の権原がないことになります。


人気Q&Aランキング

おすすめ情報