プロが教えるわが家の防犯対策術!

日本年金機構から赤い封筒に入った督促状が届いたのですが これは開封しないですぐに破り捨てた方が良いですよね??

A 回答 (5件)

国民年金の催促状が来たらどうする?借金を減らす方法がありました。




現在国民年金に加入しており、年金費用を数カ月滞納しているとお悩みの方もいるでしょう。

国民年金の保険料は毎月納めるべきものですが、その時の経済状況によっては納付が厳しい時もあります。

支払いができていなければ当然連絡があるのですが、電話連絡などがあってもできるだけ出たくありませんよね。

その時に電話に出て支払いができない旨を伝え、どうすべきか指示を仰ぐことが大切です。

しかし怒られるかも?と考えると電話を無視してしまうことも多いでしょう。

そうして数か月にわたって連絡もせず放置してしまうと今度は督促状が届きます。

では督促状が届いたらどうすればいいのでしょうか?

ここでは国民年金の督促状が届いた時にすべきことをご紹介します。

借金問題を解決する方法についてもお教えしますので、年金だけでなく借金にもお困りの方は必見です。

国民年金の督促状が届いたら。督促状が届いた時の対処法について
国民年金の未納が続いたら、まずは督促状というものが届きます。

督促状とは支払いを忘れていないか、支払いをしてほしいというお願いをしてくる通知です。

これと一緒に電話がかかってきたりすることも多いです。

この段階で支払っておくことがおすすめなのですが中には督促状が届いても無視する人もいます。

できればこの段階で支払っておく、または支払いできない理由があるなら連絡して支払いができない理由を話しておくといった対処をしておくと良いでしょう。

この督促状を無視し続けると、次は特別勧告書というものが届きます。

特別勧告書は3回にわたって送られてきます。3回目を過ぎても支払いが行われない場合、次は最終勧告状というものが届きます。

それでも支払いを行わなければ強制的に差し押さえが行われます。

差し押さえとは銀行口座や給料を差し押さえ、滞納している分の費用を強制的に引くことです。

生活に必要な金額は残されるため全額取られる恐れはありませんが、年金を滞納しても最終的には払わなければなりません。

そのためできるだけ早い段階で支払っておくことがおすすめです。

借金問題でお困りなら
借金問題に困っていて国民年金を払えないという方もいるでしょう。

その場合は借金問題を先に解決することがおすすめ。

借金問題を解決すれば返済分を国民年金の支払いに回すことができますので、支払いを滞納することもなくなります。

借金問題の解決には債務整理がおすすめです。

債務整理を行えば借金を減額できる可能性があります。

減額すれば支払いの負担が一気に減りますし、早めに返して国民年金の支払いを行うことも可能。

借金返済の負担が大きいと感じるならできるだけ早めに債務整理を行っておきましょう。

この次からさらに詳しく債務整理についてご紹介しますので、ぜひ参考にしてくださいね。




浪費癖があって毎月カード払いの金額がすごい
ついついショッピングやギャンブルにお金を使ってしまう
生活費が足りない
これらの理由でつい借金をしてしまっている人も多いんですよね。

自分が借金を背負うことになるなんてと最初は皆思うのです。

取り立てがあるのか、親に請求が行くのか、など知りたいと思いますよね。

借金を減らしたい。そんなあなたの手助けとなるのがコレ
まさか自分が借金を背負うことになるなんて考えていなかった私は、
とりあえずネットで情報収集をしてみました。

取り立てとか、親に請求が行くのか、など、、。



そうすると「借金を減額できる事がわかった!」というブログを発見!

「本当に?」と思いながら読んでいくと、実際にいくら減額できるのか分かった人の状況が書いてありました。
その人は「借金減額シミュレーター」ってやつを使ったんだそうです。

匿名でも大丈夫だから、手軽にできる上に

無料で診断してくれるんです。



スマホからでもすぐにできるので、多くの人が利用しています。



始めての人は変な勧誘や迷惑メールが来るんじゃないかと不安になる方もいると思いますが、

「ん?質問これだけ?」

ってくらい簡単だったんです。



借金をして毎月の返済にホントに困っている人には本当にありたがい診断ツールなんです。

1分程度で入力できるんです。

「借金減額シミュレーター」がきっかけで、

200万円あった借金が90万円になったという方もいます。





相談してホントによかったです^^

積み重なった借金がホントに減るの?
でもなんで減額されるの?
良く分からないから怪しいと思う方もいると思いますが、



実は借金を減らしたり、支払いを免除してもらう法律があるから

なんです。



お金を借りてる人って自分に限らず、

実は1000万人以上(※)もいて、返済が難しくなるケースも多いとのこと。

※引用:JICC(日本信用情報機構)データ2019年3月

https://www.jicc.co.jp/about/statistics/

その借金を解決する方法が「債務整理」っていうんですが

分かりやすく言うと、

「無理なく借金を減らすことができる法律」なんです。

だから法律の専門家であれば解決できるんです。

その借金について、

どのくらい減るのかを無料診断してくれるのが この借金減額シミュレーターでした。

絶対に試してほしい!借金減額方法はコレ!
このように借金減額方法は減額診断をするだけ。しかも匿名で無料で診断してくれます。



チェック項目はこの4つ。

現在の借入金額
借入期間
返済について
連絡先
これらをスマホでメニューを選んでフォームに進むだけです。

実名や住所は不要!!

個人情報はメールアドレス・電話番号だけ。名前は匿名で大丈夫です。



シンプルな手順で分かりやすかったです。



これを知らないでいたら、今もジリ貧状態で高額な返済に追われていたと思います(汗

いやホント危なかったです。

なので今の返済をどのくらいまで減らせられるか調べてみてください。

↓無料診断はこちらです↓

>>http://saimu-soudan.com

※診断は1分で終わります。

借金減額の事例紹介
実際に利用している人も多いらしく、口コミもあったので載せておきます。


おかげで90万円まで減額できた!

私は、仕事のストレスから買い物依存症に…。
新作のバッグを見ると欲しくなるから、現金じゃ足りなくてカードからキャッシングまでして買ってた。
そしたらいつの間にか借金が150万円まで膨らんだ。そんな時この借金減額シミュレーターってやつに出会って、これのおかげで90万円まで減額できた!これを使ってよかった。
H.Sさん(33歳 女性)

返済総額が200万円まで減額

独立する際に、借金をしました。でも、経営がうまくいかず、もう会社を畳むべきか悩んでいました。。
しかし、この借金減額シミュレーターをきっかけに返済総額700万のところを200万まで減額でき、今では会社の経営も安定しました。
この借金減額シミュレーターがなかったら、私の人生終わってたと思います。
K.Uさん(45歳 男性)

返済総額300万円→120万円に!

年収は一般的な人より多く貰っていたので見栄を張っておごることが多く、気が付いたら多重債務者に陥っていました。
返済しては借入をしてという生活を10年近く続けていました。まさか借金が減るとは思っていませんでしたが、診断をきっかけに無事に借金も減り会社にも知られず、今では穏やかで普通の生活が送れています。
Y.Sさん(35歳男性)
※あくまで個人の感想であり、効果を保証するものではありません。

これ、結構たくさんの人が使ってるみたいです。

もし毎月の返済が3万円でも減ったらどうでしょうか?

苦しい借金返済地獄の生活から解放されたら嬉しいですよね。

診断は無料ですから、もし借金で悩んでいるなら どれだけ減らせるか調べてみてください。



表示されなければサービス終了です。ご了承ください。







All Rights Reserved.
    • good
    • 0

> 日本年金機構から赤い封筒に入った督促状が届いたのですが



国民年金はの「未納」のかたに限り、そのような物が来ますね。

確認しますが、「特別催告状(とくべつさいこくじょう)」とか「最終催告状(さいしゅうさいこくじょう)」ではなく、「督促状」ですね?

本当に「督促状」なら、差し押さえは間近ですよ!!!

国民年金の保険料未納者に対する対応(下記サイトのイメージ図を参照)
https://seniorguide.jp/article/1156928.html

もし、「特別催告状」とか「最終催告状」なら、必ず、近くの年金事務所に行って、国民年金の保険料を相談しましょう。

● 繰り返しますが、必ず、近くの年金事務所に行くことです。電話とかメールではダメです。
    • good
    • 1

国民年金を支払っていないと、年取ったときに生活に困るようになりますよ。

    • good
    • 0

「年金保険料を納めろ」ということだと思います。



ま、無視すれば将来の年金がなくなるかもしれません。
    • good
    • 1

はい即ゴミ箱いきでOKです

    • good
    • 1

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人はこんなQ&Aも見ています


このQ&Aを見た人がよく見るQ&A

人気Q&Aランキング