「教えて!ピックアップ」リリース!

自分は今中学生なのですが最近親方の母が無くなりましたそして自分の父親とはほぼ縁を切っています
そこで今の問題は母の弟です。
弟は40代で現役ニートです、亡くなった母のお金で暮らそうとしているのですが
まだその家には母親の父がいます。父とニート野郎は仲が悪く父は日々ストレスが溜まっている状態です。そしてうちに来なよと言いましたが今はまだ考えてる状況らしいです
そして父が自分の母に【息子の通帳多分あいつが盗んだかもしれねーんだよなぁ】と相談しているのを聞かれクソニート野郎は大激怒で何をするかわからない状態ですずっと心配です
おじいちゃんに言ってあげた方がいい言葉などした方がいいことがあったら教えて欲しいです。
クソニート野郎のプロフィール
・40代クソゲーマー
・いじめられてニートになった
・何も出来ないカス野郎
・ゴキブリに身体中噛まれてる最近野郎
・クソニート野郎は俺が嫌ってることを知らない
・おじいちゃんが電話してる時も影で聞いてる
・家族全員に嫌われてる

他に聞きたいことがあれば答えれる範囲で答えます。

A 回答 (3件)

う~ん。

自分の方を心配しましょう。
以下はちょっと厳しい話です。長くなりますし、読まないで飛ば
して結構です。

自分が貴方だったら余計な事を考えず勉強に集中しますよ。
家庭環境が良くないわけです。いずれ貴方にもしわ寄せが来ます。
そうであるのに未だに中学生なんです。一番危険なのは貴方です。
なるべく早く家を出て一人で暮らせるようにしましょう。

私の実家も不安定でした。とにかくヤバい。水道以外は全部止ま
る。ご飯も出ない。服や靴は買ってもらえない。きつすぎます。
何度も学校を辞めて働けと言う話が出ました。そうなっていれば
自分の将来の何もかもが変わっていたでしょう。

「どうせ無理だと思うけど。人並みに会社員になりたいな。
 どうせ無理だろうけど、他の人が楽しんでいるものは味わって
 みたいな。ちきしょう、どうして俺だけはダメなんだ。
 いやいや違う。考えろ。諦めちゃだめだ」

小学校の頃からずっとそう考えていましたよ。
アルバイトをすればよいという話がありましたが考えました。
時給の高いアルバイトを探さないとジリ貧に思えたからです。
先輩などにも聞きつつリサーチは欠かさなかったです。

結局、ソフトウェアのバイトが一番良かった。
自分でパソコンを持っていないと仕事が出来ないという話だった
ので八百屋でアルバイトをして資金を貯めました。学校の友人は
こぞって見に来て馬鹿にしました。しかし、私はこの資金でパソ
コンを買って割の良いバイトをする算段が建っていたんです。

その技能を使って大学や大学院を卒業し、そういった関係の仕事
につくことが出来ました。念願のサラリーマンです。

不幸な家庭に生まれたのならば、他の人より努力をしなければ何
もかも失いますよ。その危険な未来から逃げてはいけません。
悪者を作り、誰かを攻撃してやっつければ助かるという錯覚が生
じます。これに負けた人は消えて行くだけです。

「違う。ここにいる全員がダメなんだ。ここから脱出するチケッ
 トが無いと人並みの小さな幸せだって無理なんだ。誰かに愚痴
 を吐いている暇は俺には無いんだ」

今思うと凄い状態でしたね。とにかく厳しい中で必死に考えて、
子供に出来る限界を超えて自分の未来について計画し、藁をもす
がる気持ちでいました。

大学の受験料(当時で2万円くらい)が払えないと気が付いたと
きは絶望しましたよ。他の子供が偏差値で悩んでいるのに、私は
2万円の調達で必死になっていました。何校も受験できません。
私にとっては虎の子の資金。その後の入学金。前期後期の授業料。
次々とハードルがあって大変でした。それでも大学院まで出まし
たよ。

この時期に親戚の子供が引き籠ったという話を聞きました。
正直言って心配出来るほど私は万全じゃなかったです。
何とかできたのかも知れないと思っていますが、自分自身が消え
そうな状態だったので無理だったでしょう。それでも彼は復活し
て、いまや立派な社会人です。

苛めは何度もあいましたよ。何せ服も靴もズボンも買ってもらえ
ないわけです。昼休みになるとどうして同じ服を着ているのか?
と笑いに来る同級生がいました。他のクラスから遠征してくる子
もいましたね。それでも勉強だけはしっかりやりました。塾に通
えないからです。

「こいつらも貧乏の中で不安なんだろうな。自分家より貧乏な家
 を見つけて安心したいだけだ。だけど、先があるわけじゃない
 んだぜ。その小さな楽しみを味わえば、それがお前たちの最後
 の幸せになる。直ぐに地獄に変わるぞ。自分より下の人間を見
 つけても、お前が助かる事にはならない。気休めに邁進して、
 勉強もしない。お前らは恐らく助からない」

親が宛に出来ないという強烈なトラウマ。これを私は小学校1年
で味わいました。他の子供は自分の見たくない未来を否定し、
その対象を苛める事で遠ざけられると思っていたようです。

「心が弱すぎる。ここに居る奴は大人が何とかしてくれると思っ
 ている。あり得ない。何とかなっていない親を見ろ。親戚を見
 ろ。特殊なケースだと思い込もうとしてるだろ。実は違うぞ、
 ほぼ全員がそうなるんだ」

実際にその通りになりました。
今の私は、彼らを思い出して心配して上げることが出来る身分と
なっていますが、あの時の殺伐とした空気が無ければ無事では無
かったと思いますよ。

まず甘いのは、

「不登校に成らなければ皆と同じくらいの幸せは保証されている
 んだよね?」

という発想です。中学校のクラスの9割くらいは引き篭もった親
戚の方(貴方流に言うとクソニート)と同じ未来に成ると思いま
しょう。

東京都内の独身者の年収がいくらか知っていますか?
男性で600万円を超える人は2%です。
奥さんを養える最低額が年収600万円だそうです。
つまり漫画でいう所の普通の幸せというのは50人に1人です。
地方ですと100人に1人くらいになるそうです。

つまり中学校のクラス男子はほぼ全滅確定なんですよ。
皆さん自分だけが不幸だと思っているはずです。
しかし知らなかっただけで、ずいぶんと早いうちに絶望的な状態
であったんです。気づかずに日々楽しんでいた。気づかずに漠然
と不安を感じていた。不安に成る必要もないのに。もう決まって
いるからです。これは大分昔からそうだったんですよ。何十年も
前からです。それを知らずに子供たちは楽し気ですよ。私はそれ
を知ってしまったので必死だったというだけです。

「大人たちは嘘をついている。
 良い子にしていたら皆普通の幸せを手に入れられる?」

親御さんのお世話になって必死に生きて行こうとする人を私は
賢いと思いますよ。それも生存戦略です。

親や他の大人が認めるまっとうな人生。
しかし、どれだけの人がそれを歩めるのか?
私が大学院まで出たのは100人に1人という極めて少ない門を抜
けるためです。どんなに名門であろうと、大学卒という身分で
は安心できなかったからです。

質問者さんはまだ中学生ですから、今から必死になれば自分だけ
は助かるかもしれません。親や兄弟など見捨てて逃げ出すくらい
の覚悟が無ければいけません。うちの父親はそのあたり分かって
いたようで、私が必死に脱出を試みるのを邪魔しませんでした。

しかし、質問者さんの実家が物分かりが良いとは限りません。
貴方だけが逃げ出そうとするのを妨害するかもしれません。
実際に家を出るのを親に妨害されて捕まってしまう子供たちも沢
山いるんですよ。これは昔からそうでした。

「自分だけは助かりたい」

そういう方は応援します。
色んな助言が出来ます。
しかし、親戚のニートを何とかしたいとか、親や祖父が心配です
という話は大人が考える事であって、自分の家族を持てた成功者
が考える話です。貴方とは関係ない。
悩む部分が大分ズレています。

成績でクラストップ。そのあたりを維持しないとヤバいですよ。
分かってくると思いますが、そのあたりに壁があって絶望が深ま
っていくと思います。40歳の親戚の方はその壁を越えられなかっ
たのだと思います。私の親戚の男も同じでした。同じ道を凄い数
の人が歩むんですよ。稀有な例ではありません。自分も恐らくは
その一人だという事です。

どうしてストレス社会と言うのか?
必死に考えましょう。

「別に構わないのよ。少しでも働いて家にお金をいれてくれれば」

親は必ずこういうはずです。

「ふざけんなよ。子供の頃に漫画で見た普通の幸せって奴を味わ
 いたいよ。クラスで成績トップじゃないと無理だって知ってた
 んだよな? あんたらは? どうして教えてくれなかった。
 俺を家に金を入れる道具みたいに思ってたんじゃないのか?
 俺は家畜じゃないぜ。あんたらの為に生きてやるもんか。
 俺は絶対働かない。働いたらあんたらの狡い計画に負けたこと
 になる」

こう言う事に気が付くのが遅かった人が沢山いるという事です。
私からしたら間抜けですが、気持ちは分からないでも無いです。
誰かを馬鹿にしたり憎む暇など子供には無いんですよ。
そんな誘惑で自分の焦りを誤魔化したら、その子の将来は無くな
るでしょう。不安感、焦燥感、それこそが自分を駆り立てる原動
力なんです。

大人と言うのは、ダメだと思ったら次の世代に期待します。
自分が見捨てられる未来も想定しましょう。
実によくある事なんです。

よく社畜と馬鹿にする人がいますよね。
しかし、それは比較的良い未来なんですよ。
そこに及ばないと実家に拘束されて家畜に成ります。
大人を馬鹿にする事で不安を紛らわせると危険だという事です。
如何にして実家を逃げ出すか。これは大昔から子供に定められた
サバイバル・ゲームなんです。

もっと真剣に自分の未来を見つめましょう。
家族の心配は自分が作った家族に対して行うべきです。
実家の事は忘れて逃げ出すのが良いと思いますよ。

イイ子にしてても最後は、

「うちの家は私が家長。親に逆らうな。
 で、お前は働け。ここまで養ってあげたんだから」

と言い出します。うちもそうでしたよ。
そのタイミングで如何にして逃げ出せるか?
私は未だにそれを思い出すとドキドキします。
そしてそれ(逃げ出す)はとても正しかったのだと後でわかりま
した。巣立ちと言います。

誰もがいずれは「私を見捨てるのか?」と怒る親と対決するんで
すよ。ここで情けをかけてしまう子供は大人に成れません。

以上、ご参考になれば。
    • good
    • 0

このような親族間の事を書くときはあなたから見た続柄で統一して書かないとよくわからない内容になってしまいます、記載されている父母も祖

父と祖母とごちゃごちゃになっているように思いますが?
    • good
    • 1

親方の母?という言い方があるのですか?地方の独特の言い方なのでしょうか?



なぜ叔父があなたの母親のお金をあてにするの?
そのニート野郎に権利はありません。
通帳が誰の手にあろうと、相続の件が片付くまではお金を引き出すことはできないでしょう。
相続できるのは子供であるあなただけ。
おじいさんと話をするときは、できれば直接話せるといいですね。
中学生が遺産相続しても一人で生きてはいけないので、お父さんと連絡をとってはどうでしょう。お金のことは極力言わないように。
おじいさんと暮らそうにも、ニート野郎と関わるのはゴメンですよね。
お父さんとの方がいくらかマシです。
    • good
    • 0

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人はこんなQ&Aも見ています


このQ&Aを見た人がよく見るQ&A

人気Q&Aランキング