「教えて!ピックアップ」リリース!

心と霊は何が違うのか?
人間精神と霊は何が違うのか?
人間精神にはヒューマニズムを感じるが、霊にはヒューマニズムは感ぜず、カルトを感じるのはなぜか?
なぜ宗教は人間精神ではなく霊を好むのか?
哲学が人間精神を探求するのに対し、宗教は霊を扱うのはなぜか?
哲学が人間精神を語る場面において霊を語ったならば、一瞬のうちにその哲学は腐敗し劣化するのはなぜなのか?

A 回答 (4件)

心は、生きている人が脳で考え、感じ、生じる意識で、その人の本質、その人自身。



霊や魂は、生きていても、肉体を失っても、きっと存在する、とされるけど、本当はあるかないか分からないもの。

この世で過ごせる時間はほんの一瞬で、大変なこと、辛いことも多いけれど、今の魂が生まれ変わって、また新しい人生を生きられると思うと少し救われるから、人の気持ちを穏やかにするために、宗教は霊や魂の話を扱う…
    • good
    • 0

プネウマとか調べられたらどうですか。

    • good
    • 0

生霊というのは心のことだと思いますけどねえ。



見えないものだから昔の人は「霊」と言ったのでしょう。

心、精神、魂、生命、霊 違いは在るけど皆、性質で出来ていていると思います。

幽霊というのは霊の主がわからないから「幽霊」と恐れたのでしょう。
    • good
    • 0

自身の精神は自身で“制御”出来るが、自身の霊は“制御”出来ない。



霊は、精神の種。
或いは、核。

この事が分かっていれば、哲学で扱っても腐敗はしない。
    • good
    • 0

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人はこんなQ&Aも見ています

関連するカテゴリからQ&Aを探す


このQ&Aを見た人がよく見るQ&A

人気Q&Aランキング