ついに夏本番!さぁ、家族でキャンプに行くぞ! >>

80~100年前の西洋で描かれた油絵をどのように保存したらよいか教えて下さい。ちなみにガラスケースの中に展示する予定です。(空間内、ガラスケース内の温度、空間内、ガラスケース内の湿度、その他注意すべき点)

また上記のような事が書かれている書籍をご存知でしたら併せて教えて下さい。

よろしくお願いいたします。

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (5件)

私は大学で文化財の保護・保存について学んでいます。

モノを保存や展示する場合にはそのモノに合った適切な処置が必要です。ましてその絵が大切ならなお更だと思います。
特殊なことなので専門家の意見を聞いたほうが良いと思います。役の立つか分かりませんが「東京国立文化財研究所」のURLを載せました。

参考URL:http://www.tobunken.go.jp/index_j.html
    • good
    • 0

どのような絵画か実際に見てみなければ年代だけでは判断できませんが、日本人作家の作品であれば以外と技法がしっかりしていません。

ガラスケースに入っていれば一応安心ですが、裏面からの湿度やホコリがキャンバスにとっては大敵ですから中性紙を挟んで板などでしっかりと塞いだ額縁にいれた方がよいと思います。(直接ベニヤなどがあたるのは最悪です。)湿度は美術館等でお尋ねになってみた方がよいと思いますが、おおよそ乾燥状態で一定に保つことが肝心です。参考文献としては美術出版社の「絵画技術体系」マックス・デルナー著佐藤一郎訳に詳しく載っています。
    • good
    • 0
    • good
    • 0

ちょっと、参考になりそうなものがあったのでURLつけますが、あくまで標準的な内容のようです。


大事なのは油絵がいままでおかれている環境の温湿度から徐々に理想の温湿度(展示の環境、保存の環境)に合わせていかないと、温湿度の急激な変化によって状態が悪くなる・・・ということも無きにしも非ず。

無難なこととしては、素人判断で保管するより美術館にメールや電話で問い合わせると方法を教えてくれます。

電話ではレファレンスの担当などにつないでもらったり、保存化学に詳しい方につないでもらえれば色々知ることが出来ますよ。

参考URL:http://www.kokuyo.co.jp/yokoku/master/museum/05. …
    • good
    • 0

油絵そのものの劣化よりも、支持体つまりキャンバスもしくは板の保存の問題でしょう。

キャンバスならば鉄のタックスは、アルミもしくはステンレス製の釘などに替え、布が前後に動かないようにすべきです。張り替えになるので引っ張り加減に要注意です。(絵の具層が割れる)板なら乾燥のしすぎに注意。もちろん湿気過多は大敵。温度は常温で十分です。以上は大学で習ったことがらで、書籍は不明です。麻のキャンバスはもろいので、劣化は宿命でしょう。昔、油絵には日光浴が必要だ、といった先生がいました。日光が退色を防止するとか。意外な話しだったので覚えています。真偽のほどは分かりません。
    • good
    • 1

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q絵画の保存方法。

友達が30枚以上大切にしている絵画を持っています。それを保存したいというのですが。

その友達は千葉に住んでいて、自分のアパートには狭くて置けない。月に何回か宇都宮に帰ってくるので、宇都宮に賃貸アパート借りるか、レンタル倉庫を借りたいと言っています。レンタル倉庫でも大丈夫なんですかね?

除湿には、桐の箱の中に保存するのが一番でしょうか?それとも保湿剤?

Aベストアンサー

レンタル倉庫でいいと思います。
倉庫は外に置かれてるやつではなく、必ず建物の中にあって温度調節されるやつを選んでください。
レンタル倉庫は都心の方があります。

作品は箱などにいれて、必ず縦に置いてください。紙の箱でいいです。
保存用に使う紙は中性紙でないとダメみたいです。

保存について書かれています。
http://www.f-kaya.jp/html/page4.html

箱の紹介をしてます。
http://www.muse-paper.co.jp/page1/muse1-6_4.html
http://art-ogaki.com/?cat=46

保湿剤についてはちょっとよくわかりませんが、調べた限りでは必要性は薄いみたいです。

完全に詳しく説明できず申し訳ないです。
参考になれば幸いです。

Q描き貯まった油絵の保管のしかた

過去ログで同様のQ&Aは見ましたが、少し問題を絞って質問したく存じます。
油絵F30号からF100号について、うまい保管方法がないかどうかご回答頂けたら幸いです。
一般家庭(マンション住い)を想定して下さい。
既に大小合わせて150枚以上の絵(キャンバス)が部屋中にあふれております。F20号以下のものは一部、木枠から外して拡げて平積みしておりますが、30号以上のものはスペースの問題でそうすることができません。30号以上について、剥がしたキャンバスを丸めずにうまく保管なさっている方がいらっしゃいましたら、ぜひアドバイスお願いいたします。とりわけF50の数が多いので途方に暮れております。F50に絞ったお答えでも結構です。どうぞよろしくお願いいたします。

Aベストアンサー

回答が遅くなってごめんなさい。きょう、100号を描いている方にお聞きしたら(もうじき公募展の搬入とかでお休みされてました)、その方の友人の方法がよさそうに思いました。

まず、50号なら50号を貼りつけることの出来る厚い木の板を用意します。(大工センターなどで売ってますね)それに、はがした絵をピンで、どんどん何枚も止めていくのだそうです。または、裏から逆に釘のようなものを打って(実際にどんな釘かは見たことがないそうですが)、先を出しておき、そこに刺して何枚も重ねていけばかなりの枚数を留めることができます。

もちろん、絵の具の塗られていない端を止めればよいわけです。(どちみち、キャンバスにははじめの穴があいてますね)板は垂直に近い形でたてかけておきます。幅の狭い方を横にすれば、場所をとらないでしょう。

濡れたものを一番うえに留めつけるとか、2ヵ所くらい用意すれば、描きかけのものも対処できるのではないでしょうか。50号なら50号専用にできる点もよいのではないかと思います。

そんなにたくさんお描きになるなんていいわね。わたしは今日、15号仕上げてきました。ま、ちょっとマシです。

回答が遅くなってごめんなさい。きょう、100号を描いている方にお聞きしたら(もうじき公募展の搬入とかでお休みされてました)、その方の友人の方法がよさそうに思いました。

まず、50号なら50号を貼りつけることの出来る厚い木の板を用意します。(大工センターなどで売ってますね)それに、はがした絵をピンで、どんどん何枚も止めていくのだそうです。または、裏から逆に釘のようなものを打って(実際にどんな釘かは見たことがないそうですが)、先を出しておき、そこに刺して何枚も重ねていけばかなり...続きを読む

Q水彩画の変色、退色について。

水彩絵の具で描いた作品は
変色、退色が起こりやすいみたいですが
フェキサチーフなどを使えば
長期保存は可能でしょうか?

宜しくお願い致します。

Aベストアンサー

水彩画の変色や退色は、大きくわけて、紙が原因の場合と絵の具が原因の場合があります。

紙は、学童用の画用紙などでは、漂白剤等を使っていますので、これが、紙を劣化させ、茶色に変色させます。
(最悪 ボロボロになります)
長期保存を考えるのなら、「中性紙」である、水彩画の専用紙を用いましょう。

絵の具は、使用されている顔料に因って、紫外線やオゾンの影響で退色しやすいものがあります。
アーティスト用と言われている物には、この退色性を表記されているのが普通ですから、耐光性の良い物を選んで使いましょう。
アーティスト用の絵の具で耐光性の劣る色は、
アリザリン・クリムソン、ローズ・マダー、などのアリザリン系の顔料とオペラ・ローズなどの蛍光色などです。
(ガンボージも耐光性が劣りますが、真性のものの入手は難しいでしょう)
蛍光色はともかく、アリザリン・クリムソンに関しては、キナクリドン系の顔料を使った代替色を使用すれば良いでしょう。
ちなみに、ターレンスのレンブラント水彩絵の具の資料に因ると、耐光性のよいものは、美術館の照明下で150年、やや低い物でも75年、アリザリン系でも25年の耐光性があるとしています。

また、顔料ではなく染料を用いたカラーインクなどは耐光性が劣りますので、使用しない方が無難です。
学童用の絵の具やデザイン原稿用のポスターカラーなどは、長期保存を考慮していないので、色の因っては、同様の物があると考えた方が良いでしょう。

水彩画の保存は、直射日光は避けるべきです。(これは、水彩画に限った事ではありませんが)紫外線から絵を守るUVカットのカバーグラスを使用して額装すると軽減されます。

また、顔料に因っては、カドミウム・レッド、カドミウム・イエローなどのカドミウム系のものは、耐湿性が劣ります。
高湿度の場所での保管は避けましょう。


フィクサチーフに関しては、効果は期待出来ませんし、絵の質感が変わってしまうので避けた方が良いでしょう。

ホルベインから、コート剤として、次の物があります。
しかし、他の有名メーカで、そのような物を出しているのを見た事はありません。
効果の程がどの程度の物なのか判りませんが、興味があるなら試してみても良いでしょう。

水彩画 保護ワニス <防カビスプレー>
UVグロス バーニッシュ <つやあり耐光ワニス><つや消し耐光ワニス>
http://www.holbein-works.co.jp/0427.html

水彩画の変色や退色は、大きくわけて、紙が原因の場合と絵の具が原因の場合があります。

紙は、学童用の画用紙などでは、漂白剤等を使っていますので、これが、紙を劣化させ、茶色に変色させます。
(最悪 ボロボロになります)
長期保存を考えるのなら、「中性紙」である、水彩画の専用紙を用いましょう。

絵の具は、使用されている顔料に因って、紫外線やオゾンの影響で退色しやすいものがあります。
アーティスト用と言われている物には、この退色性を表記されているのが普通ですから、耐光性の良い物...続きを読む

Q油絵の飾り方?

このカテゴリでいいのか不安ですが・・・
先日、知人が描いた油絵をもらって、とてもきれいなので壁に飾りたいんですが、こういったものの扱い方を全く知らなくて、困っています。
作品は、68cm×72cmで、2cmほどの厚さの木枠に打ち付けられています。これって、まわりの額はどうやってつけるのですか?
デパートなどに売っている額縁も見たんですが、サイズは合わないし、厚さもはまらなそうだし、何かいい方法がないのかな?と思って・・・。

また、油絵って、画面はそのまま空気にさらしておいていいのでしょうか?美術館などでも、とくに覆いはないような気がするのですが、汚れたりしないのですか?

以上、素人でスミマセン。教えて下さい。

Aベストアンサー

画面は空気にさらしたままです。
ホコリがつもらないようにうつむかせます。
|
| /
|/
|
(普通に壁に掛けるとだいたいそうなりますね。)

額縁ですが、「餅は餅屋」なので、お店に言って相談するといいと思います。
えてしてデパートの美術コーナーだとむちゃくちゃ高価なのをわけ分からん奴が押し売りしてくる場合があるので行かないほうがいいでしょう。
私の経験では、画材店の若い店員さんが値段も含め丁寧に相談に乗ってくれます。

Q油絵の保存方法について

友人から素敵な油絵をプレゼントしてもらったのですが、予算の都合で額を買うお金がなかったので、額も描いてくれたんです。今現在、はだかのまま飾ってあるのですが、果たしてこのままでよいのか心配です。
 なにか良い知恵はないものでしょうか?

Aベストアンサー

額も描いてくれてあるなら見た目にはだまし絵に見えるのでいいと思いますが、本当は額やガラスを入れたほうが安心ですね。

たぶんニス塗りをしてあると思うので、汚れたらニスを落とせば本来の色がよみがえります。
それでまたニスを塗っておくのですが、面倒ならやはり「仮額」でも良いから入れたほうがいいですよ。
汚れ、ゆがみ、傷みの防止になります。

とりあえず画材店などで店頭ワゴンに置かれている格安ものでも買っておいたらいかがでしょうか。
本当に絵に合った(だまし絵ならボックスタイプがいいかもしれません)額は、予算的に余裕ができたら買いなおせばいいと思います。

QWordの表に斜線を引くときは・・・?

ものすごく基本的なことだと思います、すみません。
会社に、既にできている表がWordで作ってあって、その中に、表の一部に斜線が入っているのですが、それをとったりつけたりしたいのです。
私はWordで表を作ったことがなく、しかも今いるofficeにはWordの本もありません。
すみませんが、その斜線の引き方を教えてください。
Excelでいう"セル"の一つを斜線で消す、ということです。
お願いします、教えてください。

Aベストアンサー

こんばんは

質問内容と一致しているか分かりませんが・・
そのセルを選択して右クリックから「線種とページ罫線・・・」を選び
罫線のタブをクリックしてから・・・・とここまでくれば後は分かると思います
(私はWord2000を使用しています)

参考までに


人気Q&Aランキング

おすすめ情報