ついに夏本番!さぁ、家族でキャンプに行くぞ! >>

クラシックについて勉強したいと思うのですが、初心者にも分かりやすい、サイトってありますか?
教えて下さい!
具体的には、オーケストラの歴史や作曲家の話などが知りたいです。
よろしくお願いします。

A 回答 (3件)

あなたの注文とはずれますが、中村紘子「チャイコフスキー・コンクール  ピアニストが聴く現代」(中公文庫)はすごい本ですよ。


まだお読みでないと独りぎめしてお話しますと、読後まず思ったのは、天は二物を与えず、なんて嘘っぱちだなと。ピアニストとして超一流の作者が(正直な話、彼女の演奏を聞いたことがないのです。「赤頭巾ちゃん気をつけて」で芥川賞受賞の庄司なんとかの夫人とだけ承知してましたが、この本一冊で、いかに彼女が超一流の世界的ピアニストであったか聴かずともわかりました。いまは彼女のピアノが聴きたくてたまらない)端倪すべからざるその筆力で、コンクールを舞台に、クラシックという繊細な音色の世界を、きらびやかで、的確きわまりない表現力で描いています。「描いておられます」と敬語を使いたいくらい。

抱腹絶倒の一次審査風景を描いたと思うと、「優秀な凡才の方が個性の強すぎるはみだし者の異才よりもはるかに有利なチャンスを手にする」コンクールという舞台では栄冠を獲得できず、世に埋もれたままになるピアニストについて、「あれほどの芸術性を秘めたシューベルトのソナタに、私は二度と出会うこともないかもしれない」と嘆いたりする。

クラシックの世界とは男尊女卑の世界で(この本の出版は昭和63年で、いまは事情がかわっているのかもしれませんが)、楽団の権威や威信にかかわるとして女性のオーケストラ入団には露骨な反感がしめされたこと。「当時、女性に向いているとされたのは、ピアノ、ハープ、リュートなどで、フルートとなるとすでに男性は眉をひそめ、バイオリン、チェロにいたっては女性の優美さを積極的に醜くかつ滑稽に見せるもの、見苦しいものと分類された」その背景には、「すべてが神とその宇宙に密接の結びついていた中世以来、ヨーロッパ人にとって音楽とは宗教的尊厳(即ち神)そして世俗的尊厳(即ち君主)の象徴とみなされてきたものであり、要するに権力、男らしさ、英雄的なもの等々の象徴であったから」と。

どのページ、どのページにも紹介したい話があって、もうきりがないからここで終わり。あとはお読みください。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

とても丁寧に解説をしてもらってありがとうございます。
文章を読んだだけで、言いたい曲の表情が分かる気がします。
早速、アマゾンで検索してみたところ思ったより安かったので、購入しようと思います。
本当にありがとうございます。

お礼日時:2005/04/08 21:42

簡単なところでしたら


http://www.yamaha.co.jp/edu/student/museum/index …
浅く広く知りたいと思ったら参考URLがよいでしょう。

参考URL:http://ja.wikipedia.org/wiki/%E9%9F%B3%E6%A5%BD
    • good
    • 0
この回答へのお礼

2つもサイトを教えてもらってありがとうございます!
早速、勉強します。
特に、http://ja.wikipedia.org/wiki/%E9%9F%B3%E6%A5%BD のサイトは色々書いてあってよかったです。
本当に、ありがとうございました。

お礼日時:2005/04/08 21:36

以下のURLで如何でしょう。



参考URL:http://tokyo.cool.ne.jp/nishi/sakkyokuka/
    • good
    • 0
この回答へのお礼

ありがとうございます!
沢山の作曲家の話などがあってとても勉強になります。
頑張ります!

お礼日時:2005/04/08 21:43

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Qクラッシック音楽の勉強の仕方について

クラッシック音楽の勉強の仕方について
クラッシック音楽の勉強で、例えば、ベートベンの伝記を読んだりして
何歳のときに、どんな状況だったのか、というような作曲家の生涯を
勉強するという方法があるとききました。こういう背景からこういう
音楽が作曲されたということが重要だということですよね。
この勉強のことを指して、呼び方があったと思うのですが、
なんと呼ばれている勉強方法でしょうか。

Aベストアンサー

うーん、とくに呼び名は無いような気が…。(^^;
 
もしかして、dyingswanさんが気になってる言葉は「アナリーゼ(楽曲分析)」ではないですか? アナリーゼというのは、作曲家の生涯とは関係なくて、「主題提示部が○小節目までで、続く展開部ではこの主題が転調されて…」みたいな楽曲の構造を分析するのですが。
 
そうやって楽曲そのものに即して分析するのも大事だし、作曲された背景を知ることも大事だと思います。
 
ただ、作曲家の生涯を知って作曲された背景を想像するのは、楽しいことではありますが、それにとらわれすぎるとは良くない場合もあります。ある年に作曲家が失恋した。その年に悲しい感じの曲を書いた。その二つを短絡的に結びつけていいかどうか。No.1の方が仰っているのも、そういうことだと思います。
 
例えば、ベートーヴェンの30代以降の作品は、重厚な作品が多くなります。これは耳の病気のことや私生活での様々なトラブルが影を落としていると言われますが、そういう見方が「正しい」かどうか、わかりません。たぶん色んな面があると思います。ベートーヴェンの生きた時代は、王侯貴族が没落して、かわりに資本家階級が台頭してきた激動の時代で、聴き手の好みもまた、優雅な社交音楽から、人生や思想を表現する音楽へと変わっていった時代です。そういう聴き手のニーズの変化を反映しているという面もあるかもしれません。
 
要は、色んな角度から研究するほうがいい、ということですね。

うーん、とくに呼び名は無いような気が…。(^^;
 
もしかして、dyingswanさんが気になってる言葉は「アナリーゼ(楽曲分析)」ではないですか? アナリーゼというのは、作曲家の生涯とは関係なくて、「主題提示部が○小節目までで、続く展開部ではこの主題が転調されて…」みたいな楽曲の構造を分析するのですが。
 
そうやって楽曲そのものに即して分析するのも大事だし、作曲された背景を知ることも大事だと思います。
 
ただ、作曲家の生涯を知って作曲された背景を想像するのは、楽しいことではありますが、...続きを読む

Qクラシック入門 初心者で何から入れば良いのか解りません

先日、ウィーンのアンバサーデ・オーケストラの演奏を聴く機会があり、
『音楽は誰にでも楽しいもの―演奏者にも聴衆にも』という彼らのモットーに触れ、
クラシック音楽に興味が湧きました。
ですが、恥ずかしながら全くの初心者で、何から手を付けたら良いのか解りません。
聴いたことがあると言ったら、有名な曲の有名なフレーズだけだと思います。
普段の生活でクラシックを耳にするのはNHKの『ゆうがたクインテット』という番組くらいです。。。
(『楽しみを希う心』という曲は大好きですが、クラシックに入るのか…すら解りません)

クラシックの入門として何から入るのが良いでしょうか?
何かお勧めがありましたら教えてください。
このアルバムが良い、この本を読んで勉強するともっと面白い、等…
アドバイスよろしくお願いいたします。

Aベストアンサー

 クラシック入門、どこから入る........、このご質問、簡単そうで案外難問だと思いました。といいますのは、どこからでも入れると言ってしまえばそれまでのことだからなんです。あえてお答えするとしたら、方法は幾通りも.......。たとえば.....そうですねえ、具体的に言えば以下のようなことなのかなあ。
 でも、結局はやはり「聴いたことがあると言ったら、有名な曲の有名なフレーズだけだと思います」とお書きの通り、とりわけ印象を持ったものがあれば、もうそれでクラシックがお好きということになるのでしょうし、そこからさらに......というのがやはり一番多いスタイルなんじゃないでしょうか。

1.いつの間にかただなんとなく知っていて「いいなぁー」と思っているメロディーが含まれた全曲を探して聴くという方法。

 わりにポピュラーで、聞けば、「ああ、このメロディー知ってる、これってこの中の曲だったのか.....」と嬉しくなるような、そう、ビゼーの歌劇カルメンからの抜粋版「カルメン組曲」だとか、同じく「アルルの女」といったところなど。

 あるいはショパンの小品などもいいかも。ワルツ、ポロネーズなどと最近ではとてもお手頃なお値段でCDが手に入りますが、お勧めするとしたら彼の小品の中からバレーのために組曲に編成した「レ・シルフィード」などは名曲が揃っているうえに、さすがに舞踏用とあってか印象的だし躍動感に満ちていてとても素敵です。

 こうした曲はお部屋の中にただオーディオから流しておくだけ、それで十分。「聴こう.....」と構えないことか大切です。こうして、お好きな曲でも何時も何時も耳にしていますと、ある日突然のようにほかのものを聴きたくなったりします。それがチャンス、ショパンだったら次ぎはリストに乗り換えましょう。そうしてこそ初めてリストの個性に触れることができるはずです。
 どっちみちクラシックの作品ともなると幾ら聴いても聴いても果てしがありません。ですから、所詮は自分の好みの範囲からそう広くは踏み出せないもの。こんなふうにしてお好きなジャンルからどんどん踏み込んで行って、ただお好みの範囲を広げるということでいいのだと思います。 

2.ワルツやマーチのように活気があって印象的で、気軽に楽しめるような曲をどんどん聴くという方法。

 こうして、気楽に楽しめる曲をそれこそたくさん気楽に聴く.....というのがほんとうは一番多い「入口」なのではないでしょうか。例えばヨハン・シュトラウスのワルツはどれを聴いても美しいし、レハールの「金と銀」などはもうお聞きになればきっとご存知のはず。ポルカならSLが勇壮に驀進する光景を頭に描きながら「トリッチトラッチポルカ」を聞くとか。マーチといえばなんと言っても「ラデツキーマーチ」は定番でしょうが、スーザのマーチもいいですよ。「エル・カピタン」「美中の美」「ワシントンポスト」「海を越えた握手」などはきっと運動会などでお聴きになっているはずですし、なんと言っても元気がでますしね。

3.すこしだけ長くて重いものから聴きやすいものを選んで聞くという方法。

 ひとつはピアノコンチェルト(ピアノ協奏曲)のような作品。代表的なものといえばやはりチャイコフスキーだとかリストなどでしょうが、ラフマニノフの「2番」などもとてもメランコリックでいいですよ。

 もうひとつは組曲のようなもの。定番はやはりチャイコフスキーの「くるみ割り人形」だとか「白鳥の湖」といったところでしょうが、ビバルディーの「四季」、ムソルグスキーの「展覧会の絵」、ドボルザークの「新世界」、グロフェの「大峡谷」、レスピーギの「ローマの松」や「ローマの泉」などといったところもお勧め。まだまだたくさんありますが、なによりもこうした作品にはストーリーがあります。ストーリーを追ってその光景を頭に描きながら聴く......というのがひとつの方法ではないでしょうか。
 ことに「ローマの松」の終章、戦地から故郷ローマに向かう古代ローマの大軍勢がアピア街道を行進します。霧のかなたからかすかに現れて、いつしか耳を聾するばかりに目の前を堂々と通り過ぎる軍勢の足音と戦車の轍の響き、具足の触れ合う音、それはレスピーギがある霧の夜に見た幻想でしょうか.....感動しますよ。

4.一気に本格的な作品に触れるという方法。

 といいましてもその幅はとても広いもの。まずは聴きやすいものからというのがいいと思います。シューベルトの「未完成」などはその定番でしょうが、メンデルスゾーンの「イタリア」などはとてもカラフルでお勧め。でも、一番のお勧めといえば、これはもうベートーベンの「田園」でしょう。ストーリー性もあるうえに、メロディーがとてもカラフルですし、ユーモラスな場面もあったりして、とてもあのオッカない表情をした彼の指先の羽ペンから生まれた作品とは思えないほど楽しい作品です。

 大切なことは、こうした大小すべての作品はと言うと、長い時間を費やして磨き上げられ正統とされてきた楽典や作曲法やオーケストレーションが盛り込まれて、みごとに完成の域にあるということ。そして、そうしたものから響き出るなんとも言いようのない「心地よい何か」を肌で「いいなあー.....」と感じられたら、もうそれで立派なクラシックファンということになるのではないでしょうか。とにかく意気込まないで好きなものを気楽に楽しむ......ことに徹してください。

 ついでに書きますと、とても古い映画ですが、ディズニーの作品で「ファンタジア」という作品がありました。DVDで出ていると思いますが、数々の名曲にアニメを組み合わせた映像は、もうそれだけで観る者をクラシックファンにしてしまうほど、出来たらぜひ見て欲しい映画です。

 そして、こうしたいわば理論に基づいてキチンと作られたクラシックの作品の数々、もちろん、聴いても聴いても素晴らしい作品は果てしなくあります。でも、ある日......、ジョージ・ガーシュインの「ラプソディ・イン・ブルー」の、あのジャズをふんだんに取り入れた12音階や意識的な不協和音に触れると.......、これがまた......、う~む、音楽って広いんですよねえ。大急ぎのご回答ですので、どこか間違いがあったらごめんなさい。

 

 クラシック入門、どこから入る........、このご質問、簡単そうで案外難問だと思いました。といいますのは、どこからでも入れると言ってしまえばそれまでのことだからなんです。あえてお答えするとしたら、方法は幾通りも.......。たとえば.....そうですねえ、具体的に言えば以下のようなことなのかなあ。
 でも、結局はやはり「聴いたことがあると言ったら、有名な曲の有名なフレーズだけだと思います」とお書きの通り、とりわけ印象を持ったものがあれば、もうそれでクラシックがお好きということになるので...続きを読む


人気Q&Aランキング