昆布やカツオ節のだし汁中のアミノ酸分析を
やりたいのですが、液体の成分分析は未経験で、
ダシの前処理の方法とか分かりません。

測定機器はHPLCです。

watersのカラムを使っており、
watersの誘導体化試料で誘導体化するのですが、

出し汁を濾過→誘導体化
でいいのでしょうか?

体験談、参考文献等教えていただけますか?

A 回答 (2件)

AccQ・Tag というのを見てみました.


とりあえず,試料をメンブランフィルタで濾過だけして,そのまま誘導体化と分析をすればよさそうです.
濃度には気をつけないといけませんが.
    • good
    • 0
この回答へのお礼

ありがとうございます。
わざわざ見てくれたんですね。
カラムの説明を見ただけで、
どういう方法が良いのか分かるのですね。
私ももっとイロイロ理解できるように
勉強します。

お礼日時:2005/04/14 10:42

「いいのでしょうか?」といわれても,Waters のカラムとか誘導体化とかいわれても,そんなのはいくらでもあるので,情報になりませんから,答えようがありません.


あなたが今考えている分析方法をきちんと説明すべきでしょう.

僕ならメンブランフィルターで濾過した後,そのままふつうのアミノ酸アナライザーにかけてみますが.イオン交換型のHPLCとニンヒドリンとかを用いるポストカラム誘導体化検出の,ごくふつうのやつですね.

この回答への補足

そうですね。
カラムの種類もたくさんあるのでこの情報だけでは
明らかに情報不足ですね。すみません。
以後、気をつけます。

分析方法について、分かる範囲で説明します。

カラムはwatersのアミノ酸分析用カラムの
AccQ・Tagというものです。
このカラムがどのようなものかは分かりません。
カラムの温度は37℃で使用します。

移動層はアセトニトリルと
watersで調整された液(何かは分かりません)
のグラジェント送液です。

誘導体化試料のも調整済で販売されているので
成分等は分かりませんが
迅速に1級、2級アミノ酸と反応し、
395nmに強く蛍光を持つ尿素系化合物を生成するそうです。
以上の情報で何かさらにアドバイスがあれば
お願いします。

情報不足の稚拙な質問文に答えていただき
ありがとうございました。
回答いただいた方法で測定してみようと思います。

補足日時:2005/04/08 10:01
    • good
    • 0

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!


人気Q&Aランキング