「教えて!ピックアップ」リリース!

何の戦いか忘れましたが、太平洋戦争で、1000体近くの日本軍の飛行機が、ほとんど目的地にたどり着けずに終わった戦いがありませんでしたっけ?

A 回答 (6件)

マリアナ海戦?


ほとんど目的地にたどり着けなかったというのはこれくらい。
(特攻とかは、それなにり被害与えているので。)
ただ、マリアナ海戦の日本軍機は約400機。
    • good
    • 0

仰る意味を推理しますに:



>何の戦いか忘れましたが、太平洋戦争で、・・・
↑ これは恐らく一日の戦いという意味では無く数日若しくは数週間続く作戦を指していると推察しました。

>1000体近くの日本軍の飛行機が、ほとんど目的地にたどり着けずに終わった戦い
↑ これは出撃した機が方向音痴等で目的地にたどり着けなかったという意味では無く、目的地に到達する前にピケットラインで多数が撃墜され、目的地に到達できなかったということでしょうかね。

そうすると、思い当たるのは戦争末期の菊水作戦なら、総出撃機数が凡そ1800機位で、もしかすると1000機位が(あるいはもっと多数が)米艦隊に到達する前に撃墜された可能性はありますね。
    • good
    • 1

大体、太平洋戦争で1000機もの日本の軍用機が一度に出撃した戦いはありません。

 一番多くの軍機が投入された真珠湾攻撃でも、戦闘機120機、攻撃機144機、爆撃機135機の合計399機でした。
    • good
    • 1

陸軍飛行戦隊が4,500機、海軍航空隊が3,000機で、半数程度が練習機などになるので、1,000機が一度に無くなるような戦闘は無かったと思うけど。



> ほとんど目的地にたどり着けずに終わった戦いが

終戦近くになると、燃料不足で飛行機はあるけど飛べないって状況は多かったそうなので、そういうのとか。
    • good
    • 0

ガダルカナル飛行場は、完成間近にアメリカに取られたので、多くの日本軍機が目的地にたどり着けなかったです。

    • good
    • 0

累積損害なら、ガダルカナル諸島方面の制空権争いによる米軍飛行場への爆撃戦闘だと思いますが、ゼロ戦も、かなり撃墜されました。


【日本戦闘機・爆撃機が、敵飛行場に到達する事は、余り出来なかった?】

一回の戦闘で1000機近い、航空機の損害は、分からないですね。
(日本地上飛行場、空母艦隊込みで)

累積損害でなら、神風特攻隊もあるのかな。。。。。。
(桜花等も含めれば)

ハワイ真珠湾攻撃や、ミッドウェー海戦でも、それぞれ空母艦載機300~450機程度でしょうから。(素人情報です)

素人見解としては、【累積損害は別】として、一回の戦闘では無いと思いますが、どうでしょうね。。。
    • good
    • 1

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人はこんなQ&Aも見ています


このQ&Aを見た人がよく見るQ&A

このカテゴリの人気Q&Aランキング