細胞の章で、リソソームとリボソームというのが出てきたのですが、これは何なのでしょうか。本を見ても詳しくのっていないのでよくわかりません。

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (4件)

補足みました。

そうですねぇ。

RNAというのはDNAの一部分から転写されるものですよね
そしてタンパクを作り出すもととなるものです。
ですからRNAはたとえば焼き物などを作るときの鋳型と考えるといいでしょう
大量生産のためにも鋳型から作るというのはよい戦略なんですね

たとえば直接
AからCをつくるのとAからBを作ってCを作るのでは差がありますね

つまりAから直接Cを作るということは一段階の調節しかできませんよね
一方Bを経ている方は2段階の調節ができますから
多段階を経る合成機構というのはタンパク質の合成量などの調節に
とても重要なんです。

またリボソームは細胞質にありますね
一方DNAは核の中にあります。DNAは次世代に保存されなければならないものですから
細胞質に移動することはできません。
ですから核の中でRNA(鋳型)を作り出し
RNAが細胞質にでていくとリボソームによってタンパク質が作られるんです。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

お返事ありがとうございます。なるほど、おおまかなイメージがつかめました。本を読んでもわからなかったのですが、理解できたので良かったです。ありがとうございました。

お礼日時:2001/09/08 18:44

s-wordさんは高校生でしょうか?


私は高校生なので下記に書く以上の詳しいことは
分かりませんので・・・悪しからず。

●リソソーム
<特徴>
球形の袋。加水分解酵素を含む。
<働き>
不要物の分解。細胞内消化。

●リボソーム
<特徴>
RNAとタンパク質からなるダルマ型をした粒子。
<働き>
タンパク質の合成の場。

こんなのでどうでしょう?
分かりやすいように箇条書きにしてみたのですが、
説明は他の方のを参照して下さい。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

お返事ありがとうございます。同じ高校生でいらっしゃるんですね。ポイントがまとめられていて学習に役立ちます。どうもありがとうございます。

お礼日時:2001/09/08 07:57

リボソームは


mRNAからタンパクを作り出す工場と考えればいいと思います。
mRNAを翻訳してタンパクを作り出すには

タンパクの元になるアミノ酸、mRNAを翻訳するもの(tRNA)が必要ですよね。
tRNAがmRNAを読んで、そのコドンにあうアミノ酸をもってくる
それを連続して行うのが翻訳で、リボソーム内で翻訳が起こります。
ちなみにこのリボソームが小胞体にくっついたのを粗面小胞体と呼びますね。

次にリソソームに関しては・・・
高校生物をやっていないのでどこまで詳しく説明していいのかわかりませんが一応

簡単にいえばリソソームは細胞内のごみを消化してしまうところです
リソソームにはたくさんの酵素が含まれていて
この酵素が様々な物質を消化、さらに栄養物の生産を行ってます。
例えば食作用で取り込んだ微生物の消化とかが有名なところですかね

細胞外から取り込んだ微生物や細胞内のごみをとりこんだエンドソームとか
ファゴソームに、ゴルジ体から輸送されてきた小胞が加わるとリソソームと呼ばれ、
その小胞には酵素が含まれているので分解消化が起こるわけです。

ん、、、ちぃとむずかしいですかね
何がわからないのかなど補足していただければ
私や生物に詳しい人の回答が得られると思いますよ。

この回答への補足

お返事どうもありがとうございます。すいません。詳しく御説明をいただくほど、わからなくなっていくみたいです(^^:]。元々、知識や生物的な素養が脆弱なので、イメージで語ってもらえると、理解しやすいと思います。「リソソームは細胞内のごみを消化してしまうところです」のような。 初めに書いておくべきで内容ですね。どうもすいません。それと、RNAもわかりやすく言い切ってもらえるとありがたいです。

補足日時:2001/09/08 07:42
    • good
    • 0

説明するより早いので


御覧になってください。

参考URL:http://web-mcb.agr.ehime-u.ac.jp/organella/organ …
    • good
    • 0
この回答へのお礼

お返事ありがとうございます。

お礼日時:2001/09/08 07:41

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Qペルオキシソームとリソソームの違いは?

ペルオキシソームとリソソームはどちらも一重膜の構造体ということですが、形態の上では区別がつけられるのですか?

機能では、前者が「基質の酸化によって生じた有害な過酸化水素(H2O2)の分解」や「アミノ酸、尿酸、脂肪酸などの酸化」、後者が「加水分解酵素による消化作用」ですよね。
岩波生物学辞典によると、組織化学的に酸性ホスファターゼ活性陽性のものをリソソームと同定しているそうですが、これは、中身を見てみないと区別できないということなのでしょうか。
大きさもほとんど同じくらいですよね。

わかる方いたら教えてください。

Aベストアンサー

suiranですが,大変失礼しました。

「ミトコンドリアとペルオキシソーム膜」は,他のオルガネラ膜と違い,小胞体膜由来ではないと読んだ記憶があったものを勘違いしてしまいました。
下記参考URLのpdfファイルをご覧ください。
http://www.med.kyushu-u.ac.jp/cell/sakag.html

区別は,当然形態から簡単には区別出来ないのではと思いますが,形態での区別が何か必要なのでしょうか。

反対に質問ですが,ペルオキシソームとリソソームは密度勾配法で分離して酵素活性等で調べない限り,完全には区別出来ないのではないのでしょうか。その必要があるということは,簡単に形態で区別出来ないからではないのでしょうか。

電顕でも染色液や染色方法で,顆粒の多少の区別は出来ます。しかし,光顕のような組織化学的手法は,何しろモノクロですから今でも難しいのではないでしょうか。

もし,現役の学生さんなら反対に教えてください。私は,昔6年間ほどしか生物は勉強しませんでしたので…

参考URL:http://www.med.kyushu-u.ac.jp/cell/sakag.html

suiranですが,大変失礼しました。

「ミトコンドリアとペルオキシソーム膜」は,他のオルガネラ膜と違い,小胞体膜由来ではないと読んだ記憶があったものを勘違いしてしまいました。
下記参考URLのpdfファイルをご覧ください。
http://www.med.kyushu-u.ac.jp/cell/sakag.html

区別は,当然形態から簡単には区別出来ないのではと思いますが,形態での区別が何か必要なのでしょうか。

反対に質問ですが,ペルオキシソームとリソソームは密度勾配法で分離して酵素活性等で調べない限り,完全には区別...続きを読む

Q細胞図を見ると、DNAはよく表示されてますが、RNAは見かけません! RNAは細胞内のどの場所にある

細胞図を見ると、DNAはよく表示されてますが、RNAは見かけません!
RNAは細胞内のどの場所にあるのですか?

Aベストアンサー

おおざっぱにいえば「いろんなところ」にあります.

例えば mRNA は核 DNA をもとに合成され, そこにリボソームがついて蛋白質が作られていき, 最終的に不要になれば分解されます. そしてリボソームで蛋白質を作るためにはアミノ酸をもってくる tRNA が必要. さらにはリボソーム自身が rRNA を持っています.

Qリソソーム(lysosome)について教えてください。

リソソームのサイズ、機能、役目、構造上の特徴、細胞のタイプを教えてください。あと、もし参考になるホームページとかあったら教えて下さい。

Aベストアンサー

名前の由来:
加水分解を行う(lyso)小体(some)という意味でlysosomeと命名。
サイズ・構造上の特徴:
厚さ6~8nmの一重膜で囲まれた直径0,4~数μmの顆粒ないし小胞。
機能:一群の加水分解酵素を持ち、消化作用を営む細胞小器官。酸性領域に最適phを持つ。これら一群の酵素が先天的に欠損するとリピドーシスを起こす。
リピドーシスとは:リソソームに局在する酵素の先天的欠損により、患者臓器に脂質が蓄積する症候群。脳・肝・腎等の組織に蓄積し、知能障害・痙攣(けいれん)・臓器の腫大などの症状を引き起こす。

・・、あまり触れられることのない細胞小器官ですが、生命に不可欠な機能・役割を果たしているからこそ、存在しているんですね。詳しく説明すると長くなるので、要点だけ書きました。

Qある細胞集団でG1期の細胞が100個、S期の細胞が50個、G2期の細胞

ある細胞集団でG1期の細胞が100個、S期の細胞が50個、G2期の細胞が40個分裂期の細胞が10個あったとします。
核一個あたりのDNA量が一倍の細胞(G1期の細胞)は100個、DNA量が二倍の細胞は(G2期と分裂期の細胞)は40+10=50個、S期の細胞はDNA量が1.25倍のもの、1.5のもの、1.75倍のものなどさまざまですね。それをグラフにすると次のようになります。
グラフではS期がG1より低いのはなぜですか。
ちんぷんかんぷんです。
分かりやすく教えて下さい。

Aベストアンサー

>G1期の細胞が100個
S期の細胞が 50個
G2期の細胞が 40個
分裂期の細胞が 10個

>グラフではS期がG1より低いのはなぜですか。

「低い」とはグラフの縦軸のことをおっしゃっているのでしょうか?
それならば、縦軸は「細胞数」と書いてあります。

G1期の細胞が 100個
S期の細胞が 50個

ですから。。。。

Qリソソーム

食肉における、ホモジナイズなどの物理的刺激によって、リソソームが破損することは考えられるでしょうか。
ホモジナイズはフードプロセッサーを使用しています。

Aベストアンサー

普通に破損すると思います。

QHeLa細胞を培養していたら長細い細胞が目立ってきました・・・

培養を始めて1ヶ月程度のものです。
HeLa細胞を2週間前から培養しています。
最近細長い細胞が1割程度を占めてきました。
特にこれといって問題はないのですが、こんなことはよくあることなのでしょうか?
やはり腕が悪いのでしょうか?

Aベストアンサー

こんにちは。

Helaはもともとクローン化されていないラインですし、細胞の形態は一通りではありません。培養の時期とか、FCSなどの要因によっては顔つきが変わることもあるでしょうし、全体としてみた場合の性質も変わることがあるかもしれません。それ自体は普通に起こりうることです。結果に統一性を持たせるためには、実験目的に即してpasasge数を厳密にそろえるとか、クローニングするなど考慮しましょう。

Q小学校3年 理科 風とゴムの働き

小学校3年生の理科「風とゴムの働き」では、なぜ風の働きを先に学習するのでしょうか?ゴムの働きから学習を進めることも可能でしょうか?

Aベストアンサー

> ゴムの働きから学習を進めることも可能でしょうか?
可能です。
単元の導入と、1次から2次への流れが子供の意識の流れと
合うようならば。

質問者様は、なぜ
> なぜ風の働きを先に学習する
と、思い込まれたのでしょうか。
教科書順?
指導要領内容順?
確かに今自分の手元にある教科書は、東京書籍、教育出版、啓林館と、風が先です。
そして、どれも導入は、生活体験や自然体験から入っています。
(大日本は、3年生だけ見失っていまして、すみません)

かつて、光電池が4年生の内容に入ってきたとき、
教科書会社によって半々くらいで、
乾電池→光電池
光電池→乾電池
という流れになっていました。
自分の学校で使っていた教科書は、光電池→乾電池でしたが、
子供の経験や意識を事前調査した結果、
乾電池から入って授業を組み立てました。

導入はそれぞれの良さがありましたが、
1次と2次のつなぎのところで、光電池→乾電池には、ちょっと無理があると思いました。
で、
何回かの改訂を経て、
今はかなり、乾電池先の単元構成をしている教科書が多いです。

並列な内容を扱うときに、1単元での子供の問題意識が流れる組み立てができれば、
どんな順序でもかまいません。

・・・ただ、
自分はまだ未熟なので、ゴムから入ったときの風への意識付けに自信がありません。
事象を見るに、
自然事象(風)→人為的事象(風)→人為的事象(ゴム)
の流れはかなり自然だと思うし、
ゴムの方が風よりも、より条件を制御できると思うからです。
最初にどーんと導入しておいて、
学習順序選択で、風からグループとゴムからグループという手もあるかもしれませんが。

> ゴムの働きから学習を進めることも可能でしょうか?
可能です。
単元の導入と、1次から2次への流れが子供の意識の流れと
合うようならば。

質問者様は、なぜ
> なぜ風の働きを先に学習する
と、思い込まれたのでしょうか。
教科書順?
指導要領内容順?
確かに今自分の手元にある教科書は、東京書籍、教育出版、啓林館と、風が先です。
そして、どれも導入は、生活体験や自然体験から入っています。
(大日本は、3年生だけ見失っていまして、すみません)

かつて、光電池が4年生の内容に入ってきたとき、...続きを読む

QHEK細胞、HeLa細胞および初代培養細胞株について

HEK細胞、HeLa細胞の違いってなんでしょか?
現在読んでいる論文に頻繁に登場してくるのですが。

HEKが小児の胚由来、HeLa細胞が子宮頸がん由来ということはわかっているのですが、実験を行う上での選択の基準は何でしょうか?

HeLaは癌細胞由来だから癌細胞のアッセイなどに使って、HEKは正常細胞を見たいときにつかうということでしょうか?

あと初代培養細胞株と通常の細胞株の違いって、初代培養細胞株は培養条件や形質転換の条件が確立されていない点で扱いにくいという理解でよろしいのでしょうか?
では初代培養細胞の利点は何かあるのでしょうか?

当方化学系の研究室に所属しているので身近に質問できる人がいません。なにとぞよろしくおねがいいたします。

Aベストアンサー

これをまずは見てみて下さい。
http://oshiete1.goo.ne.jp/qa4078187.html

>実験を行う上での選択の基準は何でしょうか?

自分の実験で扱いやすいと思った方を使うだけです。
この二つの細胞は、遺伝子導入が容易いので、よく使いますが、
どっちが良いのかというのは個人の判断です。

>HeLaは癌細胞由来だから癌細胞のアッセイなどに使って、HEKは正常細胞を見たいときにつかうということでしょうか?

いいえ。どちらも既に正常細胞ではありません。正常細胞はあくまで初代培養細胞です。この二つはどちらもずーっと分裂し続けます。

>あと初代培養細胞株と通常の細胞株の違いって、初代培養細胞株は培養条件や形質転換の条件が確立されていない点で扱いにくいという理解でよろしいのでしょうか?

確立されていないということはありません、ただ、効率が悪かったりします。上にあげたURLにあるように、初代培養細胞はまず集めることや、培養自体が難しいとかありますので、総合的に実験しづらいです。

>では初代培養細胞の利点は何かあるのでしょうか?

所詮、293細胞やHeLaは「細胞株」でしかありません。
試験管ではない、細胞を使った解析は出来ますが、それはあくまで
この二つの特殊な細胞でそうなるということにすぎません。
最後の決めの実験はやはり、実際の細胞ではどうなのか?ということを証明しなくてはなりません。

例えば、腸の細胞での話をしていて、最初は293細胞で実験をやっていて得られた結果を、細胞はやはり腸の細胞で証明しないとダメだということです。

293とHeLaなどの「細胞株(cell line)」は実験に使いやすい
汎用実験用細胞といった感じのものです。

これをまずは見てみて下さい。
http://oshiete1.goo.ne.jp/qa4078187.html

>実験を行う上での選択の基準は何でしょうか?

自分の実験で扱いやすいと思った方を使うだけです。
この二つの細胞は、遺伝子導入が容易いので、よく使いますが、
どっちが良いのかというのは個人の判断です。

>HeLaは癌細胞由来だから癌細胞のアッセイなどに使って、HEKは正常細胞を見たいときにつかうということでしょうか?

いいえ。どちらも既に正常細胞ではありません。正常細胞はあくまで初代培養細胞です。この二...続きを読む

Q大脳皮質ってどういう働きを司っていますか? 大脳

大脳皮質ってどういう働きを司っていますか?

大脳皮質の働きを教えて下さい。

Aベストアンサー

大脳皮質は機能部位と呼ばれる色んな領域からなっています。
http://www.islam-guide.com/jp/ch1-1-d-img1.jpg

それぞれの部位がその機能によって一次運動野、体性感覚野、視覚野、聴覚野、言語野などの呼び方をされます。
それぞれがどういう働きをするのかは、Wikiや個別の名前をキーワードとして検索してみてください。多すぎるので詳細は割愛いたします。

Q体細胞クローン、iPS細胞、ドリー、ES細胞・・・

体細胞クローン、iPS細胞、ドリー、ES細胞・・・

といろいろ聞くのですが、いまいち違いがよくわかりません。

確か、
ES細胞はヒトの未受精卵は何にでも分化できる全能性をもつので、
そこからクローンを作るが、ヒトとなるのが可能な胚を使うのが倫理的に問題ありで、△。

一方IPS細胞は、体細胞?から脱分化させるんでしたっけ?
いまいちよくわかりません。

クローン作成に生殖細胞を用いるではなく…といった場合は、ES細胞のことをいっているんでしょうか。

ドリーは乳腺細胞からの核を用いて作られたはずだから、
ES細胞かIPS細胞かというと、IPS細胞?から
それとも、分類自体が間違っていますか。

よくわからなくて…

教えていただけるとありがたいです。
(大学受験レベルで御願いします。)

Aベストアンサー

・ES細胞
ES細胞は発生初期の細胞ですので、受精卵から作ります。
倫理的に問題視されているのもこの点です。
ES細胞からはクローンは作れるとはおもいますが、それは有意義な活用法ではありません。
再生医療(ES細胞から目的の臓器を作り移植するとか)に期待されています。

・iPS細胞
iPS細胞は、人工的に作ったES細胞だと考えていただいてかまいません。
(分化後の細胞から)人工的に作製するので、倫理的な問題が少ないことが、注目視されている理由のひとつ。
脱分化させているというのは、正しい言い方かどうかは分かりませんが、iPSはES細胞と同様にゲノムに修飾が入っていない状態を作り出すことでES細胞と同様の機能を持ちます。
*ゲノムへの修飾とは、クロマチンやDNAに情報(メチル化など)を書き込むことで転写の制御などに働く。大学受験の範囲外なので、スルーして下さい。

・体細胞クローン
>クローン作成に生殖細胞を用いるではなく…といった場合は、ES細胞のことをいっているんでしょうか。

この場合に用いられているものを体細胞クローンといいます。
その名の通り、体細胞から核取り出してきて、受精卵に入れ、クローンを作る。
ドリーは体細胞から作られたクローンです。
体細胞クローンは非常に効率が悪いです。


質問を読むと、どうやらクローンと幹細胞(ES、iPS)の区別がうまく付いてないように思えます。
ここで言われているクローンというのは、同じ遺伝情報を持つ個体のこと。
幹細胞は分化能を持つ(分化する先が決まっていない)細胞のこと。受精卵ではないので、個体にはならないはず・・・?
ES、iPS細胞はクローン作製用の細胞ではないです。

・ES細胞
ES細胞は発生初期の細胞ですので、受精卵から作ります。
倫理的に問題視されているのもこの点です。
ES細胞からはクローンは作れるとはおもいますが、それは有意義な活用法ではありません。
再生医療(ES細胞から目的の臓器を作り移植するとか)に期待されています。

・iPS細胞
iPS細胞は、人工的に作ったES細胞だと考えていただいてかまいません。
(分化後の細胞から)人工的に作製するので、倫理的な問題が少ないことが、注目視されている理由のひとつ。
脱分化させているというのは、正し...続きを読む


人気Q&Aランキング

おすすめ情報