ブラックバス釣りではもの足りず、今年からシーバスに挑戦しようと思うのですが、ロッド、リール、ルアーからブラックバス用と違うので何を買っていいかわかりません...
買う時のポイントまたはお勧めメーカーを教えて下さい。
またどんな場所で釣れるのでしょうか?(時期、時間等)

A 回答 (3件)

シーバスはまず海水魚だというのはわかっていると思いますが、大きな川ですと河口から上流まで何10kmも上ってくるものもいます。


 あいつは淡水でも大丈夫なのです。

 話はそれましたがまずロッドですが釣りをする場所によりますが最低でも6フィート以上でお願いします

 河口での釣りでしたら6フィートで十分ですが、防波堤などは海面より足場がかなり上になることがありますので、10フィートぐらいは必要です。

 ラインは道糸(リールに沢山巻かれているライン)は2号=8ポンドライン~5号=20ポンドラインまでを用意するといいでしょう

 河口ですと8ポンドがベストです
 バス釣りをしていると言うことで基本は書きませんが、潮の満ち引きが海にはあるのでここを重点的に書きます

 まず
 第一に潮の干満の二時間前後をねらえ。
 海の魚はこの時間帯が一番活性が高いと言われます。
 第二に朝まずめ夕まずめをねらえ
 明け方(日の出2時間前)夕まずめ(日没2時間前)をねらうことで釣果が上がります

 第三に夜間は陰をねらえ
 海にはストラクチャーによってライトによる陰やテトラによる陰が出来ます
 その陰の境目がヒットポイントになります
 陰から魚が光の有る部分に出てきた瞬間食いつくと言うことは多々あります。

 第四に潮の流れを読め
 魚は潮に対して逆らって泳ぎます
その習性を利用してルアーは潮に逆らって走らせるとヒットしやすくなります。

 第五に干潮のとき海底の形状を見ておけ
 潮が引いているときに、必ず川の流れなどのよって道が出来ています
 シーバスはそこの一番深いところを泳ぐ習性がありますので、そこをよく見ておき満潮時にそこを重点的に探るとヒットしやすくなります。

 第6にルアーのサイズは時間帯で替えろ
 明るいときは小さく 暗いときは大きなものを使用するとヒット率が上がります
 結構ルアーと同じ大きさのスズキがくってくるときがあります。

 第七に足下からねらえ。

 これはスズキは臆病な魚ですがその反面大胆な行動を取ります。
 私は何度か体験したことがあるのですが遠くばかりねらっているとよく見たら私の腰のあたりをゆっくり泳いでいることがありました。
 普通何度もキャストしているのですからわかりそうなものですが、あの子達にはそれがたまにただのストラクチャとしかおもえないところもあるのかもしれませんね。

 キャストはまずテトラの際を両サイドから徐々に沖に扇状にせめて行くのがセオリーとなります

第八にラインシステムは必ず会得しておきましょう
 シーバスはルアーウエイトがかなり有るものを利用しますさらにアタックの強さは大きさにもよりますが半端ではありません
 そこで必ずリーダーと呼ばれる太めのラインを先に使用しています(20ポンド有ればほぼ大丈夫です)

 私の自慢では有りませんが3ポンドラインで60cmスズキを釣ったことがありますがこれは取り込みに約10分くらいかかりました ラインが太ければものの1分くらいで終わりますが、細ければやりとりで体力を奪いつつ取り込むと言うことも出来ます。

最後に、日記を付ける。

 海の状態はその季節で変わります、ですが釣れる日はほとんど変わりません(天候がかなり変わらない限り)ですから去年この場所で釣ったと言うことが有ればその次の年に同じ場所でほぼ釣れることが多いです。

 後はバスフィッシングで得たやりとりなどを考えながらせめてください。

 ほぼ1年中釣れますので、いい場所を探してみてください。

 今の時期は河口がベストです。 鮎の遡上が始まるころは河口に集まっています。
 橋の下などの陰がベストポジションでもありますね。
 リールはスピニングのシマノで言えば2500番くらい ですね。

 ルアーは重くとも28gくらいがベストです
 17~20が今はいいと思います。
 さらに細め小さめがベイトのサイズと酷似しているのでしようするといいでしょう
 そうなると8~10gとなります
 当然ロッドは短め ラインは細めとなります。

この回答への補足

ロッドは6フィート、リールはシマノの2500クラス、ラインは3~5号、ルアーは28グラムと言う事ですね。全てでいくらくらいかかりますか?

補足日時:2005/04/09 22:44
    • good
    • 1

タックルはブラックバスと兼用でもいいと思いますよ。


ただ当然塩水なんで、あんまりいいバス用リールだと錆びたり、リールの中で塩分が固まったりしてよくないみたいです。その場合はソルト用のリールを買うか、安めのリールを買っておくのがおすすめです。
あと、ルアーのフックも錆びやすいので使用後は水ですすぎ洗いしておくのを忘れずに!出来ればロッドも1回1回水洗いしたほうがいいですね。

シーバスのルアー選びは昼と夜、岸壁からか河川なのか、シーバスの補食対象魚によっても変わってくるので一概には言えません。一冊シーバス入門書を買って読んでみたらだいたいの基礎はわかると思いますので、あとは経験の積み重ねでしょうか・・・

最初はなかなか釣れないかもしれませんが、例え釣れなくても場所と時刻と潮の満ち引きなんかを日記にして付けていって、いつどこが釣れるかどうか予想したりするのは楽しいですよ。
では、がんばってください!

この回答への補足

ロッドの堅さは初心者にはどんなものがいいでようか?

補足日時:2005/04/17 15:10
    • good
    • 1

ブラックバスをやっていたのでは、そのタックルでも十分シーバスは出来ます。


僕は春~秋はブラックバス。冬はシーバス釣りをしています。
タックルはブラックバス用です。
    • good
    • 0

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Qシーバスロッドでバス釣りをしないのは?

よく『バスロッドでシーバス』というのは目にしますが、
逆に『シーバスロッドでバス釣り』はあまり聞きません。

・バス釣りがメイン・シーバスは遊びなのでバスロッドで代用
・バス専用ロッドがたくさんあるのでわざわざシーバスロッドを使わない

この辺りがメイン意見かと思うのですが、
他にシーバスロッドでバス釣りをするのに
何かしら決定的な不都合があるからなのでしょうか?

もしロッドの硬さ・長さ等で問題があるとすれば
バスロッドでシーバスを釣る場合やその他色々な専門の釣りを
専用のロッドで行わない場合にも当然問題が出るでしょうから
『シーバスロッドでバス釣りをされる方が少ない』
理由としてはどうなのかなと思いまして。

Aベストアンサー

まずは入り口の問題があると思います。一昔前のバスブームでバスロッドを持っている人が沢山似ます。「バスは最近釣れないし、外来種問題などで風当たりが強いから、今人気のシーバスをやってみようかな」と言う感じです。逆のパターンもありますが少ないでしょう。タックルの問題で言えば、一番のネックは長さです。バスロッドは6ftをメインで長くても8ftくらいですよね、シーバスロッドは、釣る場所にもよりますが7ft前後から12ft位まで有ります。
海や河口部など広いエリアに出ると遠投したくなりますが意外とバイトがあるのは足元です。足場の低い護岸からでしたら、6ftできれば7ftのバスロッドで十分対応できます。ところが、シーバスロッドをバスエリアに持ち込むとほとんどの場合長さが邪魔になり使い物になりません。ちなみにバスロッドはほとん対象魚に対してオーバースペックなので、ミディアムクラスのバスロッドではシーバスには硬すぎます。


人気Q&Aランキング

おすすめ情報