このたび、ややマイナーな出版社(自費出版中心)の小説新人賞を取りました。ただ「大賞ではなく佳作なので、出版するなら費用を負担してほしい」と100万円(300ページ、500部、書店や書評欄へのPRなどアフターケア付き)の見積もりを出されました。
数日後「ページを減らせば80万円台まで削れるかも」という連絡も来たのですが、友人からは「急に20万円も値切ってくるなんて怪しい」と指摘され、混乱状態です。
これは妥当な線なのでしょうか? お分かりになる方がいらっしゃれば幸いです。宜しくお願いします。

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (6件)

これは出版商法ですね。


【出版商法】
公募・新人賞に挑戦したアマチュアの作家に、
自費出版を呼びかけて、百万円近い資金を出させて本を出させる商法です。
佳作の原稿、他の出版社で断られた原稿などの作家を調べて声をかけるやり方ですね。
【怪しい出版社】
日本○○会、新○舎、文○社などが怪しい会社とされています。
下記のサイトに文○社の手口が書かれていますので、
お読み下さい。
大金を払って出版したが、本は本屋さんの棚に並ばず、
自宅の玄関に山積みとなる結果になります。
【自信のある作品】
自信のある作品は何度もアタックしていますと、
出版社から原稿料をだすからと出版を持ちかけてきます。
【BOOKOFF】
私は時間があるとBOOKOFFに行きますが、
自費出版された新品の本がかなり並べられています。
ほとんど100円ですね。
いつも同じ棚にありますので、ほとんど売れていないようです。
おそらく10円で引き取った本でしょう。
度々、連絡があるならば、原稿料を払ってほしいといえばいいしょう。

http://plaza.rakuten.co.jp/sendaicoaching/diary/ …

参考URL:http://plaza.rakuten.co.jp/sendaicoaching/diary/ …
    • good
    • 0
この回答へのお礼

>自信のある作品は何度もアタックしていますと、
>出版社から原稿料をだすからと出版を持ちかけてきます。



こんなケースもあるのですか。
「他に書いた物があれば見せてほしい」と言われているので、持ち込んでみようかな(そんなに熱心なら是非すぐ出版を、と足元を見られるかも)
ご丁寧な回答に感謝します。

お礼日時:2005/04/08 21:57

>他社から続編



これ怪しくないか???
なんで続編で出版社を変えたのか気になるよね。。
本人に直接コンタクトとれっちゃったりすると結構話し早いかもなんだけど、、、
その人自分のサイトとか持ってないのかな?
それか、その続編を出版した出版社に連絡してみるか。その出版社宛にファンレターでも出してみるか、、、
その出版者の名前でネット検索もうかけた??
体験談とか、もし悪質で恨みを持ってる人がいたりしたらぜったい拾えると思うんだけどな、、、

同じ賞の過去の受賞者で、出版した人、、一人くらいサイトもってる人がいるんじゃない?百聞は一見にしかず、経験した人に直接話を聞くのがいいんでないでしょうか?・

この回答への補足

ahoahosusuki様
以前にも探してみたのですが、過去の受賞者でサイトなどを持っている人はいないようです。その会社(A社)から自費出版した人のサイトはありましたが、おおむね好印象を持っておられるようでした。よく問題にされる文○社のような悪評もないようです。

>>なんで続編で出版社を変えたのか気になるよね。
A社から「他社から声がかかるケースもあります」とは言われていたので、そういうことかなと好意的に考えていたのですが…怪しいと言えば怪しいですね、確かに。
ちなみに続編の出版先(B社)も自費出版部門のある会社です。

補足日時:2005/04/15 00:27
    • good
    • 0

何はともあれ受賞おめでとうございます。



出版商法の可能性が高いと私も思います。
かきのURLは、文学賞についてとても詳しいです。

過去の同じ賞の受賞者の方の情報、その作品、出版状況を調べてみるのがいいんじゃないかなと思います。

自分がどういった作家になりたいのか、趣味でいいのか仕事にしたいのか、自分の作品がどういった作品なのか、エンターテイメントなのか文学なのか、どういった販売方法(とりあつかい)をされたいのか、ハードカバーなのか〇〇文庫なのか、そういうことをもう一度考えてみたらいかがでしょうか?
応募される賞もそれによってかわって来ると思います。

ただ今回の受賞は、あなたの立派な経歴になると思います。自信を持って、がんばってください。
自分がどうなりたいのか、もう一度よーく考えてみてください。

参考URL:http://www.sky.sannet.ne.jp/shitayomi/
    • good
    • 0
この回答へのお礼

ご丁寧なお答え、有難うございます。
過去の作品を見ると、大賞受賞作には重版が出たり他社から続編が出たりしているものもあります。
優秀賞受賞作もそれなりに評価されているようですが、やはり費用負担に二の足を踏んだのか、全部は出版されていません。
まだ歴史が浅い賞なので何とも言えないのですが…。
「自分がどうなりたいのか」やはりこれが大事ですね。

お礼日時:2005/04/11 20:50

 お二人が書いているとおり、出版社の儲けの手口です。

おそらく文*社あたりでしょうが、売れることはまずありません。
 austerfanさんには気の毒な言い方になりますが、これらの出版社のコンクールの佳作は、受賞作とは一般的にみなされません。
 はっきり言えば、作家志望者の弱みにつけ込んだ半ば詐欺商法です。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

ありがとうございました。ちなみに文*社でも新○○でもありません(笑)。

お礼日時:2005/04/08 21:51

よくある手口(詐欺までとは言いませんが)ですよ。


確かに書店流通はしてくれますし、デザイン装丁などもしてくれますけど、売れずに書店から返品されたものは結局自分に戻って来るだけなので、高い金を払って作った大量の本を自分で買うみたいなものです。
また、500部程度だととても元は取れませんよ。

多くの人に読んでもらいたいなら、WEBページなどで無料公開した方がずっとマシです。
ハッキリ言えば、「その先」は限り無くないので、無かったことにするのをお勧めします。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

私も詐欺ではないと思います。ただ私はそもそも「受賞すること」が目的だったのであって「自費でいいから出版すること」ではないと肝に銘じておくべきでしょうね。有難うございます。

お礼日時:2005/04/08 21:47

自費出版な会社の販路なんてたかがしれてるし、たかだか500部作ったところで、結局のところ自己満足にしかすぎません。


出版する必要なんて無いのでは?
    • good
    • 0
この回答へのお礼

さっそくのご意見、有難うございます。
たしかに自己満足ですよね。

お礼日時:2005/04/08 21:42

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q友人が詩集を自費出版したいのですが費用はどのくらいかかるのでしょうか。

手が不自由な友人に代わって質問します。
ある私の友人が詩集を自費出版したいと言っています。表紙、裏表紙はフルカラー、本の中身はモノクロ、上質の紙を使い、全32ページ、100冊刷る予定で、地方紙の一面の下部に広告も載せたいそうです。とはいっても友人も私も出版・広告関係のことは全く分かりません。曖昧な質問で答えにくいとは思いますが、どなたか出版・広告関係に詳しい方、大まかでもかまいませんので、どのくらい費用がかかるのか御返答お待ちしています。

Aベストアンサー

広告を出すということは書店での販売も予定されているのですね。
詩集も含めて自費出版物はなかなか売れません。
また書店で本を売るには出版社を通すしかありませんが、印刷部数も費用もそれなりに必要です。
印刷会社に依頼するのがいちばん低廉ですが、編集・校正、カバーなどの装幀や販売については期待できません。あと100部と1000部ではそれなりに差額もでます。
販売はブログやネット上でコツコツ広めていくのが良いのではと思います。

参考URL:http://www.j-e-f.com/

Q自費出版の時の出版社の版権について

出版社に手伝っていただき本を自費出版しました。非売品です。特に契約時に条件などの提示はありませんでした。全部自費で買い取りました。この本を点字訳したいという人がいます。著作者として私は無条件で許可しますが、この点字訳を点字訳の訳者が出版する時に、私の本の印刷製本をしてくれた出版社の許可が必要なのでしょうか?

Aベストアンサー

装丁とか、そういうのは出版社の隣接著作権あるから、
そういうのまで出すと問題生じるが、
点訳だと、原稿のテクストデータの範囲で全部表現できるだろうから
質問者様のみの承諾で、いいですよ\(^^;)...マァマァ

Q自費出版

自費出版
過去に出版されたコミック化されていない漫画をコミックスとして自費出版するにはどのくらいお金がかかる?

Aベストアンサー

その執筆者の了承および著作権が一番ハードルが高いと思います。
いくらお金の問題がクリアーされても、ここでダメならば無理です。

Q小説の公募か自費出版?

 友人がそれなりの小説を書き上げ最近よくある「あなたの作品を出版しませんか」・・へ原稿を送りました。いったんは内容を検討されまだ力不足、それとボリュームがないとして送り返されました。練り直し再び原稿を送ったところこれなら採用したいと言うことで話が進み、連絡を交わすうちに、当初全て費用は出版会社負担と考えていたのですが・・送られてきた契約書には150万ほどかかるとありました。払いは分割とあるものの、大金ですし困っているとのこと。
自作の小説を出版化してもらう・・・俗に世に打って出るには、どのような道がよいかお教え願えませんか?

Aベストアンサー

自費出版はあまりお勧めしません。とりわけ、将来作家になりたい人になら。

そして
>新人賞公募を定期的にしている文芸雑誌を、ランクつけは良くないかもしれませんが、5本挙げればどんなのがありますか?
とありますが、友人が書かれるのは純文学なのでしょうか。純文学なら『群像』『新潮』『文学界』『すばる』『文藝』の5誌しかありません。また、ランク付けはできませんが、特徴として
すばる……30台女性向け
文藝……若年者向け
があります。また、大衆文学(エンタメ)なら小説すばるが断トツです。
(逆に有名でない賞はとっても、即作家デビューにはならないかと)

ただ、これらの賞はどれもおよそ2000人の方が応募します。受賞者は1人、あっても3人までです。覚悟して頑張るようお伝えください!
なお、友人に下記サイト『下読みの鉄人』を参考にしてみてはいかがと言ってみてください。

参考URL:http://www.sky.sannet.ne.jp/shitayomi/

Q自費出版の本がほしい

自費出版されてる本を買いたいです。
どこで買うことができますか。
20年前くらいのものでした。
自費出版の本は買えないものでしょうか?
どなたかご存知の方お願いします。

Aベストアンサー

質問の意味は特定の本ということでしょうか。
それならば作者に連絡して在庫がないか聞いてみるくらいしか方法はないでしょうね。または持っている人を探すか・・・。
本屋さんで20年前の自費出版本を在庫として持っている本屋さんて有り得ないと思います。古本屋でもよほどその後有名になった作者の自費出版物と言うのでもなければ探せないと思います。

Qドイツの出版社から影響を受けた日本の文庫/叢書/出版社

ドイツの出版社から影響を受けた日本の文庫/叢書/出版社はありますか?

Aベストアンサー

昭和2年7月付けの「読書子に寄す─岩波文庫発刊に際して─」の中で、岩波茂雄は「吾人は範をかのレクラム文庫にとり」云々としています。

Q書籍の自費出版について質問させて下さい。 私は昔から書き物が好きで色々な分野の書き物をしてきました。

書籍の自費出版について質問させて下さい。

私は昔から書き物が好きで色々な分野の書き物をしてきました。しかし昔はそれらを自費で本にして売り出すなんてかなり費用もかかりとても現実的ではありませんでした。

しかし最近、ネットで自費出版を検索すると様々な方法や様々な会社がヒットされます。

数千円で自分の本が作成、販売可能や費用なしや、様々です。

いよいよ本を自費出版するのに需要のある時代が来たものかとさえ思ってしまいます。

そこで質問の本題に入ります

私は書籍を自費出版して販売したいですが、巷に溢れているどの会社、もしくは方法がオススメですか。
どの方法がポピュラーか検討がつきません。勿論、個人個人それぞれのベストな方法があると思いますが。

ざっと自分の理想を書きます。

●Amazonや書店に並べたい

●なるべく費用は抑えたい

●電子書籍版も販売したい、もしくは電子書籍版のみでも可能

ちなみに書籍にしたいものは今のところ、アウトロー系のノンフィクション小説です。

Aベストアンサー

カクヨムとか小説家になろうとかのサイトで投稿するのはだめなん?

販売っていうのを考えると宣伝が必要なわけで
ここが素人には一番難しい

投稿サイトの場合、詳細の条件は知らないけど、一定の人気が出たら出版社から声かかって
出版されてるので内容に自信があるなら考えてもいいと思います。
読者層の合う合わないはあるんだろうけど

Q書評のやりかた

タイトルどおりですが書評のやり方を教えてください。
学校の課題で、だされたのですが、
いままではただ、「レポート」として課題を出す先生ばかりだったのですが、
今回初めて「書評」というスタイル(?)を限定されました。
困惑しています。
読書感想文みたいなものではダメですよね?

お答えよろしくお願いします。

Aベストアンサー

参考になるかどうかは不明ですが、こんなサイトを見つけました。

▼書評論文の書き方
http://www.tufs.ac.jp/ts/society/masaaki/nyumon/kakikata.htm

▼レポートや書評の書き方
http://kitchom.ed.oita-u.ac.jp/~ymitarai/academicwriting.htm

がんばってくださいね♪

Q海外の本を翻訳して自費出版する場合

海外の本を、著者の許可を得て日本語に翻訳して、自費出版したいと考えていますが、その場合、翻訳者としての資格の提示などを出版社から求められるのでしょうか。
それとも、自分なりの訳し方で翻訳し、自費出版して販売してしまってもよいのでしょうか。

Aベストアンサー

著者の承諾を得た本の出版であれば問題ありません。翻訳家としての実績を聞かれることはあっても資格などはありません。

問題は自費出版に最低50~100万円の費用がかかり、その回収(販売)が非常に難しいことだけでしょう。売れるような本であれば出版社がリスクを負うか共同出版を申し込んでくると思います。

Q人類の分かり方について

9.11 に顕著なテロや
歴史に数多ある戦争、
国富論の格差に民度の違い。

David Sylvian のyoutube live 見てて
world citizen という曲で閃いたのですが。

上部/神聖一家(権力者)
下部/国際連合(公務員)

飽食や飢餓や民主主義や犯罪が起こるex.大統領の暗殺
のは下部、上部が新人類を採用する試用期間に
足を引っ張る映画「キャリー」「ローズマリーの赤ちゃん」が出たり、
手段を選ばない愚者が出るため、会計時に凄惨するみたいな風に
考えると、日本の赤字なども分かりやすく認識できると。

一家の方で回答願える方いれば、ご意見なり下さい。

Aベストアンサー

惜しい 

良い処に目をつけたが的外れ・・

ヒントとしては「歴史は繰り返す」


人気Q&Aランキング

おすすめ情報