部屋が、湿気(しめじめ)した感じなので、除湿機の購入を考えています。でも、現在、ダイキンのエアコンを使っているのですが、その中に(除湿)というのがあるので、こちらで十分除湿は出来るのでしょうか?わざわざ、除湿機を購入する必要もないですか?エアコンについている除湿と専用の除湿機とではパワーなどが違うものでしょうか?

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (3件)

ダイキンの上位機種(Rタイプ,Sタイプ)再熱除湿型でも十分除湿はできますが、理論的に冷房と除湿を同時に行い(除湿時に寒くならずにさらっとさせる為)除湿している為、単純冷房モードより電気を少々多く食います(500W前後で1時間10円ぐらい(12畳で出入りの多い部屋?))



コンプレッサー型の除湿機では、300W(連続時)で電気代もお得で、乾燥も雨の日でも湿度10%近くまで下げられる(設定できます)押入れ、下駄箱、風呂、雨の日のぬれた靴や服を玄関でカリカリに乾燥することが出来るためポータブルな除湿機をお薦めします。使用すると温度が上昇する為、雨の日でも3時間程度で乾燥できます。私は日立製の18L/日タイプを使っていますが、三菱の同様のタイプもお薦めです。春先に出てくる湿気好きの虫さんにも効果があります。三菱は細かい設定が出来16・18L/日タイプは早々に売切れてしまいます。
http://www.mitsubishielectric.co.jp/home/jyoshit …

ダイキンのエアコンはAN28ERSでも38.4L/日ありますので、18L/日以下の除湿能力の除湿器では不甲斐無さを感じるでしょう。18L/日を一台買うより10L/日を2台買ったほうがお得な場合もあります。いまだに少し後悔?(価格、サイズ、使い方)

参考URL:http://kadenfan.hitachi.co.jp/jyoshitsu/
    • good
    • 0

#1さんのアドバイスの通り2つのタイプが有ります。


基本的にはどのタイプも冷房運転をし、空気中の水分をフィンの部分で結露し、除去します。

1)マイコン型(冷房機能の使用)
●従来のエアコンに付いているタイプで、除湿運転にしますと少ない風量で冷房運転となり、室内機内で水分を結露し、空気を除湿します。欠点は室温が少し下がり、梅雨時など気温があまり高くない場合は寒く感じ、又 少しジメジメ感が残ります、気温が高い時は問題は有りません。

2)再熱除湿型(冷房と暖房の機能を使用)
●最近の高級エアコンに付いています、冷房をしながら暖房もし、寒さを感じない爽やかな除湿が可能で、最高の除湿方式です。
●部屋に置く専用の除湿器も冷房と暖房を同時に行い除湿しますが、コンプレッサーは室内にある為に若干室温が上がり、騒音も大きい欠点が有ります。爽やかさはマイコン型よりは良いと思いますが、主観的です。

>エアコンを使っているのですが、その中に(除湿)というのがあるので
●能力的にはそれ程差は有りませんが、爽やかさで差が有ります。

●現在使用のエアコン除湿がマイコン式の場合で爽やかさを求める場合は小型ストーブ(600w程度の電気ストーブなど)と併用すれば寒さを防ぎ、除湿が出来ます。少し電気代は増えるが、新規に購入は不要です。

まとめ 従来タイプのエアコンの除湿は1)の方式です、買い換えは2)の方式で、少し高価ですが
(高級機種は再熱除湿に加え電気集塵機、マイナスイオンなどの付加機能もあり、高価と成っています)
    • good
    • 0

エアコンの除湿にも2タイプあります。

室温を下げるものと下げないもの。

除湿機にも2タイプあるそうです。
http://www.geocities.co.jp/Beautycare-Venus/6468 …

エアコンの場合、梅雨時には温度計で見る気温と湿度 VS 洗濯物が乾く程度の湿度 の設定が難しいですよね 人間が快適と思う温度だとなかなか動かない場合があります。寒いくらいにすると動くのに!と思うことが多いです(苦笑)

除湿機は、騒音に耐えるか、高温に耐えるかになります。除湿しても温度の上がった空気は後ろから出て来るので室温があがります。温度差を利用しない仕組みのものはうるさいそうです。

どちらも真冬にはあまりパワーを感じません。夏の方が「効き目」を実感できます。

洗濯物を干すなら除湿機をオススメしたいのですが、人間用となるとエアコンの方がいいのかなぁ~(思ったように設定できるのだったら)
    • good
    • 0

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q除湿機の選び方

電化製品に、詳しい方、電気代が安くて、除湿機のお手入れが、簡単で、機能に優れている除湿機を教えてください。

Aベストアンサー

コンプレッサー式除湿機ですね。
<コンプレッサー式除湿機のメリット>
・除湿力が強い
・ゼオライト式除湿機よりも電気代がかからない
・ゼオライト式除湿機よりも室温上昇が少ない
<コンプレッサー式除湿機のデメリット>
・本体サイズが大きめで重量がある
・振動音がある
・室温が下がるとその分除湿能力が落ちる

ですね。やはり電気代を考えるとゼオライト式除湿機はコンプレッサー式に
比べて3倍近く電気代が跳ね上がりますのでコンプレッサー式の除湿機をおすすめします。

「コンプレッサー式除湿機 おすすめ」等ネットで検索しますと様々な除湿機が出てきますので
参考にしてください。

Q湿気:除湿器とエアコンの除湿機能の違いについて

今住んでいるアパートがものすごい湿度が高くて困っています。
『除湿くん』的な物を買って置いていますが、1週間で中の白い粉がゼリー状になってしまいます。
昨年は何の対策もしなかったので、クローゼットの服がカビだらけになってしまいました。
そこで今年は除湿器を買おうと思っているのですが、エアコンにも除湿という機能がついている事に気付きました。
そこで質問なのですが、まずエアコンの除湿機能は効果ありますか?
それとも除湿専用の除湿器の方が効果大でしょうか?

Aベストアンサー

除湿機というのは一般的には室外機と室内機が「一体」ですよね。エアコンは室外機が外ですよね。

エアコンの理屈は熱交換にありますのでつめたい空気が出るということは空気中から奪った熱を排熱する必要があるわけでエアコンの場合はそれが外に排出されます。(一般的なインバーターエアコンは夏冬で冷機と暖気を外に出すか中に出すかで冷房、暖房を切り替えます)

除湿機の場合は廃熱がそのまま室内に行われますから夏場は室内に人がいると使えません。中には廃熱ダクトがあって窓にアタッチメントで排出するものもありますがダクトからのふく射熱で室温はやはり上がってしまいます。

よく除湿機は「洗濯物もよく乾く」といいますがこれは室温が上がる&除湿効果によるものです。

ウチでは「ランドリー機能」という強力な除湿機能がついたエアコンを使っていますが、これを使うと洗濯物は3時間でほぼ乾いてしまいます。梅雨時期で外に干せなくて室内干しをしてますが、湿気対策で除湿は使っています。そのおかげで室内はかなりカラッとしていますよ。

また除湿機は「水タンク」がいっぱいになると止まってしまうので面倒です。

工事費はかかりますが安いものでもいいのでエアコンをオススメします。(ただアパートはエアコンを設置した場合、退去時に取り外してくれとか規定があると思うのでよく確認してください)

除湿機というのは一般的には室外機と室内機が「一体」ですよね。エアコンは室外機が外ですよね。

エアコンの理屈は熱交換にありますのでつめたい空気が出るということは空気中から奪った熱を排熱する必要があるわけでエアコンの場合はそれが外に排出されます。(一般的なインバーターエアコンは夏冬で冷機と暖気を外に出すか中に出すかで冷房、暖房を切り替えます)

除湿機の場合は廃熱がそのまま室内に行われますから夏場は室内に人がいると使えません。中には廃熱ダクトがあって窓にアタッチメントで排出...続きを読む

Q冷風機付き除湿機の選び方

鉄筋コンクリートの賃貸マンションで、4.5畳ほどの部屋で生活していますが、ここ最近は、夜暑くて寝苦しく、寝不足になっています。

部屋には、排気用の穴がないためエアコンは取り付けられません。また、窓の外に鉄格子のようなものがはめられており、窓用エアコン、換気扇なども取り付け不可です。

窓を開ける、遮光カーテンを付ける、扇風機を付ける、ジェル式パット、アイスノン枕など試してみましたが、限界を感じています。

そこで、冷風機付き除湿機(除湿よりは冷風に着目しています)で涼しく過ごせないかを考えています。初期投資額が多少、高くてもランニングコストが安いものを希望しています。多少、うるさくても我慢できます。
選び方、おすすめの機種をご紹介ください。

Aベストアンサー

最近のウインドエアコンは外に格子のような物(完全遮蔽は別)があっても取り付け出来ますよ。
窓も取り付けたまま閉めることが出来ますし。(内側に本体がありサッシのレールより外へはみ出していない)
(サッシの種類・取り付け方法により不可の場合もありますが・・・)

さておき。
当方の母親がこれを使っています。
http://www.corona.co.jp/aircon/dehumidifier/index.html

エアコンだと冷えすぎて体調を崩すと言う事で部屋自体の温度はあまり下げず(ほとんどさがりませんが・・・)除湿したいと言う事で使っています。
ダクトで外へ排熱もできるので良いのではないかなと思います。

Qエアコンのドライと除湿機の除湿の違い

「エアコンのドライ」と「除湿機の除湿」の違いはなんでしょうか?

除湿機の除湿だと、ドライのように涼しくならないのでしょうか??

我が家にはエアコンがないので、そろそろ暑さ&湿度対策をしようと思っています。

数年後に引っ越す予定もあるので、エアコンだと取り付け工事が大変なので除湿冷風機にしようか悩んでいます。

それから、エアコンの風より冷風機のほうが優しくてよいと書いてあるのをみたのですが、実際はどうなのでしょうか?
乳児がいるので気になります。

アドバイスお願いします。

Aベストアンサー

エアコン(一般家庭におけるものを主とした場合)と
除湿機の違いは ”室内温度”にあります
除湿機にはエアコンでいう室外機に相当する熱交換器が
一体化されて備わっており
これが結果的に室内温度を上げてしまう事になります
エアコンの場合はこれが室外にあるため室温の上昇はありません
しかし涼しい陽気の場合 除湿により室内温度が下がってしまう
という欠点があります これを防ぐには”再熱”といって
一度冷たくなった空気を再度暖めてあげなければいけません
一般的なエアコンにはこの機能が備わっていません
室内温度を優先させてしまうと コンプレッサーが回らない為
除湿はできません
「ドライ」というのはつまり弱冷房運転状態なのです
これを詳しく説明するには専門的な用語(バイパスファクター)を
使い難しい説明が必要になります
ので 省略します

除湿冷房機っていうのはよくわかりませんが
窓用エアコンの床置き版でホースがついているようなやつでしょうか?
窓用エアコンをはじめ これらのものは
冷房能力が極端に低く 室内の面積が大きい場合、また断熱が悪い
建物であるとほとんど使い物にはならないといえるでしょう

室内環境と、用途をじっくりと考えて
決定する事をお勧めします

エアコン(一般家庭におけるものを主とした場合)と
除湿機の違いは ”室内温度”にあります
除湿機にはエアコンでいう室外機に相当する熱交換器が
一体化されて備わっており
これが結果的に室内温度を上げてしまう事になります
エアコンの場合はこれが室外にあるため室温の上昇はありません
しかし涼しい陽気の場合 除湿により室内温度が下がってしまう
という欠点があります これを防ぐには”再熱”といって
一度冷たくなった空気を再度暖めてあげなければいけません
一般的なエアコンにはこの機能が備...続きを読む

Q除湿機の選び方

毎年、梅雨の時期に洗濯物の部屋干しが増えるたび、除湿機の購入を考えながら見送って来たのですが、今年こそ購入しようと思っています。
除湿機にも色々な方式があるようで、悩んでいるので相談にのってください。
使用目的は・・・
 1.衣類乾燥…これは、1年を通して使うと思います。
 2.結露対策… 冬場、寝室が北側の為、結露が酷い為

衣類乾燥は、脱衣所に干して使うつもりですが、デシカント(ゼオライト)方式だと部屋の温度が高くなると書いてありました。衣類を干すには温度が高いほうが好都合のような気もしますが、どうなんでしょう?
夏場に部屋の除湿目的に使用する事は無いので、温度が上がることは余り気にしません。
最も力を入れたいのが、衣類乾燥なので、それに強い物機種、除湿方式がありましたら教えて下さい。

Aベストアンサー

gaogao99さんの用途からすればデシカント方式が最も最適かと思いますが欠点も確り理解したうえで後悔のない買い物をしてください。
老婆心ながら次のサイトを参考にしてください。

http://tomneko.cocolog-nifty.com/blog/2005/08/post_fd75.html

見たら、買うの無くなりそうですが臭いの問題を理解した上での購入なら後悔ないものと思います。

参考URL:http://tomneko.cocolog-nifty.com/blog/2005/08/post_fd75.html

Q除湿機とエアコンの除湿 消費電力について

いろいろな条件や性能があるので回答しにくいと思いますが、梅雨時期に10畳の部屋に洗濯物を干して除湿する場合、除湿機とエアコンの除湿機能ですとどちらが効果的ですか?また電気代やメンテナンスはどちらが有効でしょうか?

気になるのは下記です

(1)梅雨時期なのですがカラカラにしたい

(2)電気代が気になります

(3)電気代や除湿具合が同じならエアコンを使いたい

Aベストアンサー

状況に応じて、どちらも使い分けています。

まず、除湿能力、特に洗濯物を素早く乾かすのであれば、風を直接当てられる除湿機のほうが効率的です。4時間程度動かしておけば、ジーンズなどの厚手のもの以外はカラッと乾きます。スポット的に風を当てられるからです。

コンプレッサー式とデシカント式、ハイブリッド式がありますが、梅雨時期の気温であれば、コンプレッサー式の除湿機が一番強力に除湿できます。
欠点としては、室温が上昇することです。特に梅雨時期でも7月中旬以降はかなり暑くなりますから、私はその時期からはエアコン除湿にしています。

エアコンの除湿は、そのエアコンの機能次第と思います。
安いエアコンだと、ドライ機能は弱冷房と同等になります。除湿するために空気を冷やすことになります。7月中旬以降なら気温的にそのほうが良かったりしますが、6月だとまだ肌寒い時期もあります。そんな時期だと、弱冷房でのドライ機能しかないエアコンは、室内が寒くなってしまう上に、あまり除湿できなかったりします。

ある程度上級のエアコンになると、温度と湿度を別々にコントロール可能な機種が多くなります。こうしたエアコンのドライ機能は、一度冷やして除湿した後、再熱して空気を暖めて排出します。安いエアコンにある、ドライ時の肌寒さというのがなく快適です。除湿能力も優れています。
反面、除湿のために冷やし、さらにその空気を暖めるために、電気代がかかってしまうという難点はあります。

なので、私の場合は6月の肌寒さがある時期はコンプレッサー式除湿機を、7月気温が上がってくる時期はエアコンで除湿しています。

状況に応じて、どちらも使い分けています。

まず、除湿能力、特に洗濯物を素早く乾かすのであれば、風を直接当てられる除湿機のほうが効率的です。4時間程度動かしておけば、ジーンズなどの厚手のもの以外はカラッと乾きます。スポット的に風を当てられるからです。

コンプレッサー式とデシカント式、ハイブリッド式がありますが、梅雨時期の気温であれば、コンプレッサー式の除湿機が一番強力に除湿できます。
欠点としては、室温が上昇することです。特に梅雨時期でも7月中旬以降はかなり暑くなりますから、私...続きを読む

Q除湿機の選び方

除湿機の方式の違いを教えてください。
ハイブリッド、コンプレッサー、ゼオライト式という3種類があるようですが、長所、短所はなんなのでしょうか?

またお勧めのメーカー、方式、機種があれば教えてください。
よろしくお願いします。

Aベストアンサー

簡単に書きますが以下の通りです
コンプレッサー式
・除湿量が多い
・電気代がかからない
・低温に弱い

ゼオライト式(デシカント式)
・低温に強い
・電気代がかかる

ハイブリッド式
その中間

参考URL:http://allabout.co.jp/gm/gc/2313/

Q除湿機とエアコンの除湿機能

洗濯物を部屋干しする事が多いので今年こそは除湿機を買った方がいいかなと考えているのですが、除湿機とエアコンの除湿機能ではどういった違いがあるのでしょうか?除湿機を購入するのであればハイブリット方式の物をと考えています。12畳の部屋で使用したいのですが電気代等で除湿機の方が断然優れているのでしょうか?初歩的な質問でお恥ずかしいのですが、お教え頂けないでしょうか?

Aベストアンサー

● エアコンの除湿には2通りの方式があります。
冷房運転をすると、室内機のアルミフィンの中を冷媒が流れ、フィンの温度が下がり、その部分と室内の風が接触すると空気中の水分が露となり、除湿をします。2通り共にこの原理は同じですが
 1)簡易除湿:
従来機種では、冷房と同じ方式で、室内機の風量を微風にし、除湿する方式で、室温も2℃程度下がり、室温を下げすぎない範囲での除湿であり、限界があります。(マイコン除湿と呼ぶ場合も有ります)
 2)再熱除湿:
最近の機種は室温を自由に設定し、除湿が出来ます、室内機は基本的には冷房ですが、室外機で放熱する熱の一部を室内機で放熱する構造で、室温を下げる事も上げる自由に且つ除湿が出来、快適な環境で、洗濯の乾燥であれば、温度を上げ、除湿すれば、良好に乾燥できます。

●洗濯物を乾燥するには、洗濯物の水分を蒸発さす為の熱と、水分を発散さす為の低い湿度が必要です。除湿方式1)では熱が補給されず、乾燥が促進が充分ではありません。
除湿方式2)は熱が補給され、低湿度に保たれ、乾燥が促進が良好です。

● 除湿機の場合は、温度を上げて除湿をします、除湿機にも2通りの方式があります。
 1)コンプレッサー式:
エアコンの室外機と室内機が一体の構造で、冷房と暖房が同時に行われ、冷房の部分で除湿され、暖房の方が能力が大きく、室温は2℃程度上昇します。
この方式は室温が20℃以下では能力が低下しますが、電気代は少ないです。
 2)乾燥剤を使う方式:
海苔、菓子などの湿気防止で入っている乾燥剤(ゼオライトなど)と同じで、乾燥剤は水分を吸収すると徐々に能力が低下しますが、湿った乾燥剤は電熱で連続的に自動で乾燥させます、室温は5~7℃程度上昇します、冬でも充分機能しますが、電気代はコンプレッサー式の3~4倍必要です。
 3)ハイブリッド方式:
夏はコンプレッサー方式、冬は乾燥剤方式に切り替わる方式でコンプレッサー方式と乾燥剤方式の欠点を補完し快適な除湿が出来ます。

● 室内で乾燥さすには、エアコン又は除湿機と扇風機の併用がお勧めです、マクロで観察すると、洗濯もの乾燥工程で洗濯物の直近は湿度が非常に高くなるが、扇風機で吹き飛ばす事で乾燥が促進します。

まとめ エアコンは、再熱式の除湿が出来るタイプで、効率、電気代共に除湿機より良好です。数値的には機種で異なり割愛します。

● エアコンの除湿には2通りの方式があります。
冷房運転をすると、室内機のアルミフィンの中を冷媒が流れ、フィンの温度が下がり、その部分と室内の風が接触すると空気中の水分が露となり、除湿をします。2通り共にこの原理は同じですが
 1)簡易除湿:
従来機種では、冷房と同じ方式で、室内機の風量を微風にし、除湿する方式で、室温も2℃程度下がり、室温を下げすぎない範囲での除湿であり、限界があります。(マイコン除湿と呼ぶ場合も有ります)
 2)再熱除湿:
最近の機種は室温を自由に設定し...続きを読む

Qクーラーの除湿機能と除湿機のどちらが効率がよいですか?

10年前のシャープ製クーラーを使用しています。
ほとんど、除湿のみで使用しているのですが除湿器を買った方が効率よく部屋を除湿できる物なのでしょうか?

クーラーの除湿はそんなに電力を消費しないと聞いたのですが、10年前のクーラーの除湿と最近の除湿器との性能を比べてどちらが効率的か教えて下さい。

Aベストアンサー

室内に置いてある除湿機は、除湿のためのモーターや電気での発熱を室内に放出しますので、室温が上がります。夏には除湿はできても、快適度を高めるためにはエアコンを併用することが必要になることが多いです。

10年前のエアコンでの除湿は、室温自体を少し下げて結露を起こさせて水を室外へ排出するタイプが多いので、「除湿」にすると室温も少し下がります。エアコンの除湿でちょうどよい冷房具合の方なら、除湿機+エアコンの冷房、よりもエアコンの除湿だけのほうがよいでしょう。

Qエアコン除湿と除湿機、どちらが早くお得?

日立のエアコンRAS-E22T(仕様詳細 http://kadenfan.hitachi.co.jp/ra/aircon/products/rase22t.html)
象印の除湿機RV-BZ60(仕様詳細 http://www.zojirushi.co.jp/syohin/comfortable/RVBV.html)
を所有しています。

6畳フローリングの北側に位置する寝室(ベッド使用)で、
湿度80%気温23度の状態から、湿度60~50%ぐらいまで除湿したいという場合
上記のエアコンと除湿機では、どちらが早く目標湿度に達することができるでしょうか?
また、目標湿度に達するまでの電気使用量が少なくて済むのはどちらでしょう。
除湿機の場合気温が上がるなどはあるとは思いますが、
この際気温のことは考えなくてかまいません。
あくまで除湿機としての機能ということでお願いします。

今まで寝室にはエアコンがなかったのですが、最近賃貸マンションの設備として
大家負担で導入され、除湿機能もついているようなので、
どちらが得なのか検討中のため質問させていただきました。
よろしくお願いします。

日立のエアコンRAS-E22T(仕様詳細 http://kadenfan.hitachi.co.jp/ra/aircon/products/rase22t.html)
象印の除湿機RV-BZ60(仕様詳細 http://www.zojirushi.co.jp/syohin/comfortable/RVBV.html)
を所有しています。

6畳フローリングの北側に位置する寝室(ベッド使用)で、
湿度80%気温23度の状態から、湿度60~50%ぐらいまで除湿したいという場合
上記のエアコンと除湿機では、どちらが早く目標湿度に達することができるでしょうか?
また、目標湿度に達するまでの電気使用量が少なくて...続きを読む

Aベストアンサー

>湿度80%気温23度の状態から、湿度60~50%ぐらいまで除湿したいという場合、上記のエアコンと除湿機では、どちらが早く目標湿度に達することができるでしょう
● 23℃と気温が低く、エアコンの除湿が充分動作するか?不明、 気温が30℃程度で有ればエアコンを冷房にすれば除湿器の4~5倍の能力が有ります。
除湿器は 6L/24時間=0.25L/h に対し エアコンは 1.2L/h 程度と非常に能力が有ります。

●型録での定格消費電力 除湿器 449w ,エアコン 325w
 
● 6畳の部屋は約 25m3  23℃ 湿度80%で有れば、400gの水分が存在します、湿度 50%では250g存在し、150gの除湿が必要です。完全密閉の部屋で有れば、概ねの計算ではエアコンで 8分弱、除湿器 36分(色々な条件が異なるが、4~5倍の差がある)、現実は完全密閉ではなく、この2倍程度の時間が必要な場合も考えられます。

まとめ 23℃ではエアコンの除湿が充分機能するか不明ですが、例えば30℃付近で有ればエアコンは除湿器の4~5倍の能力を有し、電気代も少ない。

>湿度80%気温23度の状態から、湿度60~50%ぐらいまで除湿したいという場合、上記のエアコンと除湿機では、どちらが早く目標湿度に達することができるでしょう
● 23℃と気温が低く、エアコンの除湿が充分動作するか?不明、 気温が30℃程度で有ればエアコンを冷房にすれば除湿器の4~5倍の能力が有ります。
除湿器は 6L/24時間=0.25L/h に対し エアコンは 1.2L/h 程度と非常に能力が有ります。

●型録での定格消費電力 除湿器 449w ,エアコン 325w
 
● 6畳の部屋は約 25m3  ...続きを読む


人気Q&Aランキング

おすすめ情報