以前、友人と飲んでいたときに色々話をしていたのですが、女性専用車両や、レディースデイ(何か映画だと女性が行くと料金が安かったりする日がありますよね)とか、そう言う女性が優遇される物って、いくら優遇でも平等でない(差別)なのではないのでしょうか??勿論女性専用車両とか、男性にもメリットはあるかと思うので賛成はしますが、男女平等と言う以上そう言うのも問題かと思うのですが、皆さんの意見をお聴かせください。

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (10件)

質問者様、回答者様の意見を見ていて、日本の平等概念の無さを痛感します。

(^_^;)

という、私自身以前は平等の概念を大まかにしか理解していませんでしたが・・・。(^^ゞ

平等概念には、以下の2種類があります。
○絶対的平等と相対的平等
○実質的平等と形式的平等

絶対的平等を唱えると、幼稚園での手をつないでみんなで一緒にゴールするということにつながります。

相対的平等では、同一事情、同一条件の下では均等に扱うということです。
取扱に差異を設けても、それが合理的なら許されます。
大学入学試験などで、合格点以上を合格、未満を不合格とすることなどが、合理的な取扱の差異です。

形式的平等は文字通り、全ての人を同じ様に扱うことです。

実質的平等は、格差のある状態を是正するために差異を設けることで、所得税の税率が収入に応じて上がっていくようなものがこれに当たります。

以上が平等概念です。


女性専用車両については、同じ列車の別の車両に男性は乗ることが出来ますので、差別とは思いません。

レディースデイについては、性別によって取扱を変えていますので、差別であり、合理性は感じられません。

一方、バースデイサービスは一年のうちには、自分の誕生日は必ずやってくるわけですので、差別とは思いません。

母子家庭などの公的援助などは、上にも述べた実質的平等を目指した制度であり、差別とは思いません。

身長制限、年齢制限は合理的な理由(安全性や、精神的悪影響)による取扱の差異であると思われますので、差別とは思いません。


一見、差別であると感じた場合には、その取扱の差異に合理性があるか、実質的平等を目指したものではないかを考えてみると良いのではないでしょうか。

会社などで、機会の平等が男女で差異がある場合には、差別だと感じます。
差別する会社が全面的に悪いわけでもなく、結婚して喜んで止めていく女性にも、少しは問題があるとは思いますが・・・。(^_^;)
中には、自分の意思とは無関係に辞めざるを得なかった人もいるでしょうし、社会全体の問題だと思います。

私自身は差別をしていないか、しないようにとは心がけていますが・・・。(^^ゞ
    • good
    • 0
この回答へのお礼

詳しくご回答いただき、ありがとう御座います。平等概念、確かにないのかもしれませんね。歴史的なものもあり難しいのかもしれませんね。

お礼日時:2005/04/08 19:53

企業から見ると、男性の目線に合わせて商売するのは難しいそうです。

男性はだいたい興味の対象が決まっていて、またそれに対してかなりの知識とこだわりを持っている人が多いので、企業が下手に手を出すと失敗する可能性が高いらしいです。男性って趣味がバラバラで、しかも奥深くまでのめり込みますよね。
対して女性は「安いもの」「流行のもの」「めずらしいもの」など表面的な部分に惹かれるし、嗜好が同じなので企業が商売相手にしやすいそうです。
女性専用車両に関しては私は反対です。
そんな対処療法的なことをしても痴漢は減りません。
いかに車内が混雑しない環境を作るかが大事だと思うので、そういった根本的な部分に目をやるべきです。
極論かもしれませんが、専用車両に乗らない女性は痴漢にあっても文句は言えない というようになってしまうような。
女性専用車両のマナーの悪さを指摘している人もいます。化粧したり飲食していたり。
私からいわせれば痴漢されそうなか弱い美人が乗っていても納得できますが、おばさんや子供や形のわるい女性が乗っているのは納得できません。
    • good
    • 0

レディースデイに関して、ほかの方が仰っている女性を集めれば他のお客さんも来る。

というのは非常に納得できます。
女性のほうが現実的な方が多いからじゃないのでしょうか。
そうでない方もいるでしょうし、男性でも現実的な方もいらっしゃいます。
ただ、男性を狙うよりも女性を狙ったほうがいい。ということからではないでしょうか。
これは商売なわけですから、少しでも利益を。ということで始めたことでしょうし上手く考えたなーと思います。

女性専用車両について、私は別に何も思ってません。
思ってない、というよりも仕方がないのかな・・という感じです。
痴漢が男性に多いのも事実ですし、被害にあってしまうのは大抵が女性でしょう。
ですが、時にその逆の場合が起こることもわかってほしいです。
だからといって、男性専用車両・・・なんてのもいやですが。
ただ、「女性専用車両」言葉的には差別だと私は思います。

最後に、男女平等にしていくのでしたら「女性だけ」「男性だけ」というのは無くすべきだと思います。
仕事や地位についても同じでしょう。

一人の戯言だと思って受け止めてもらえたら幸いです。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

回答ありがとう御座います。

>>痴漢が男性に多いのも事実ですし、被害にあってしまうのは大抵が女性でしょう。

変な目で見られないのはいいし、男にとってもありがたいですよね。

お礼日時:2005/04/08 19:56

No.2です。



レディースプランなど女性優遇されていると思われるものについては差別だと思っていますよ。
ただ差別される理由だけを書いてますね私…
わかりにくくて大変申し訳ないです。

ただ役所がレディースディを作っているのなら問題ですが、これは人権レベルの話ではなく、商売の話ですよ。
男性よりも女性の方が、サービスとかセールとか特別な割引といった言葉に反応しやすい傾向があることを利用したというだけです。
男性が女性のように、こういう言葉に反応するならメンズディも一般的になると思うんですけどね。。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

タブたびありがとう御座います。性別の違いによる性格の違いですね。本当に難しい事だと思います。

お礼日時:2005/04/08 19:55

こんにちは。



『差別』ではなく『区別』なのではないでしょうか?
「レディースデイ」や「女性専用車両」はここでも頻繁に議題にあがっていますが、ならば「クーポン券」や「年齢制限」「身長制限」「バースデイサービス」なども同一視できる部分もあります。
あくまでも、『女性』であることで『差別』するのではなく『区別』しているのでしょう。

余談ですけど、以前、私と妻(当時妊婦)で映画の公開日に行列に並んでいると、係員が現れて妊婦の妻を開場前に(行列すっ飛ばして)中に入れてくれたんです。身重を慮ってのサービスとえらく感心しましたが、これも『特定の女性』故のサービスです。『差別』だと思われますか?(おかげで私も良い席で座ってみることが出来ました…ちょっと罪悪感…)
    • good
    • 0
この回答へのお礼

回答ありがとう御座います。区別ですか。本当に難しい所です。

>>以前、私と妻(当時妊婦)で映画の公開日に行列に並んでいると、係員が現れて妊婦の妻を開場前に(行列すっ飛ばして)中に入れてくれたんです。身重を慮ってのサービスとえらく感心しました

こういうのは差別だと思いませんよ。自分的に。

お礼日時:2005/04/08 19:48

他の方も書いてるように女性のみ優待などは多分に営業的な思惑もあり、仕方ないと思います。


只、矛盾を感じることも少なくなく、例えば「母子家庭」ですと様々な優遇措置がありますが「父子家庭」にはそれが無く、友人も進学相談などで会社を休むと給料をカットされるし、出張の時は近所の親しい方に子供の食事など頼まねばならず、そのお礼でお金もかかるしと嘆いていました。
また、行楽シーズンになると男性トイレにおばさんが侵入し、ある時など「おねえさん」といってもよい女性も入ってきて、さすがに私もそうした中で一物を出すのも恥ずかしく、警備員に頼んで女性は女性用トイレに行くよう注意してもらいましたが、それでも居座るおばさんもいて、それを許す感覚もちょっと・・・女性用トイレに男性が入れば「チカン」で警察沙汰になりかねませんが。
こうした社会制度や慣習での逆差別は何とかならないかと思います。
医療現場では「看護士」など、教育では「保育士」など従来女性名詞だった職制が中性的になり、男性も働きやすくなりましたが、「助産婦」などは女性ですね。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

ご回答ありがとう御座います。最近、職業に関する差別用語は結構みんなシビアになってきていますよね。

お礼日時:2005/04/08 19:46

女性です。



「平等」ではないと思いますね。つまり「一様で等しく」はないということです。「ズルい」と思う人も多いでしょう。「ズルい=差別」だと思っている人もいるかもしれません。

でも、そもそも、男と女は違う、つまり、「一様で等しく」はないというところに起因して、レディース・デイや女性専用車両ができているわけです。詳しくは既に他の方たちが述べられたので割愛します。

しかし、時代とともに、女性は必ずしも群れるものではなくなったり、男性は必ずしも日中は忙しい人間ではなくなったりしてきたので(働かないという意味ではなく、昼間に時間が空く仕事が増えたりという意味で)、そろそろ呼び声の多い「メンズ・デー」くらい増やしてあげてもいいかなあと思っています。

また、既にあるのに効果をあげていないのであれば、その旨を大々的に報道すれば、みんな納得すると思います。

男性専用車両も一度試しに作ってみれば、みんな気が済むんじゃないでしょうか。ただし、わざわざ好き好んでむさくるしいオヤジが集まっている車両に乗りたがる男性がどのくらいいるかは疑問なので、鉄道は大赤字になったりしてね(笑)。ちなみに、私は残念ながら、まだ女性専用車両に遭遇したことがありません。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

ご回答ありがとう御座います。

>>ちなみに、私は残念ながら、まだ女性専用車両に遭遇したことがありません。

本来、女性専用車両がない社会が理想で、そうであればこういう問題も起こらないかなって気がします

お礼日時:2005/04/08 19:44

レディースデイに関しては女性に媚を売らなければやっていけない情けない業界がやっていることなので気にしません。

(百貨店さんもかつてどうやったら儲かったのかもう一度見直した方が良いんじゃないかな…と思うのですが。女性はシビアだから同じ物でしたら1円でも安い方に走りますよ。男は付き合いで買ってくれるんですよ。)

女性専用者ですが、私は有料(指定席やグリーン車扱い)ならば存在しても良いと思います。現在のやり方は男性差別以外何物でもありません。私は女性専用有料車両や喫煙可能有料車両(JR基準で言うと約1000円)があっても良いと思うのです。本人が優遇されたいのですからお金を払うべきです。払えないならリスクを負うべきです。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

ご回答ありがとう御座いました。有料で女性専用、確かに優遇されるから有料って言うのは成り立つかもしれませんね

お礼日時:2005/04/08 19:42

私もNo.1さんの回答に同意ですね。


女性って何かをしたり、どこかに旅行に行く場合でも彼氏と行ったり、女友達と行ったり…まず一人ではなかなか行きません。
私も女性ですが、群れる(?)習性があるように思います。
そこを突いて、女性が釣れればその女性から複数人が一緒に釣れるということではないでしょうか。

子供プランなんかもそうですね。
子供一人で旅行ってあまりないですし、大体親が一緒ですよね。
子供料金はものすごく安くても、それはおまけのようなもので元から親の料金が狙いだと思います。

女性専用車両については、仕方ないのではと思いますよ。
痴漢も多いですし、痴漢していないのに誤逮捕なんて話も聞きます。
それならば女性のみの車両を作った方が、男女どちらにもメリットがあるかと思います。
男女平等なら、そんなのいらないのでは…というなら痴漢をする男性が一人もいなくなってからにして欲しいというのが、私の個人的意見です^^;
    • good
    • 0
この回答へのお礼

ご回答ありがとう御座います。N01さん、No2さんのおっしゃられる商用だとすると、女性を上手く使用している=差別って言う事にはならないでしょうか?

お礼日時:2005/04/08 13:15

女性専用車両は別として、レディースディや女性の方が割引になったりして、女の人が集まる所には必ず男性も集まると以前、新聞の記事で読んだ事があります。



その記事によると女性客を集めない事には男性客も呼べないそうです。
女性を割引にする事によって、男性と一緒に同伴してもらうのが目的みたいな事が書いてあったと記憶しています。

女性専用のサービスなどには商業的な目的がある場合が多いのかな?と思いましたが・・・
あと余談ですが、地域によってはメンズディと言って男性客の割引になる映画の日もあったと思いますよ。
男女平等を意識して作ったのかもしれませんが、レディースディより浸透していませんよね・・・
    • good
    • 0
この回答へのお礼

ご回答ありがとう御座いました。
>>あと余談ですが、地域によってはメンズディと言って男性客の割引になる映画の日もあったと思いますよ

確かに浸透していませんね^^;自分も始めて聞きました。

お礼日時:2005/04/08 19:39

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!


人気Q&Aランキング