「教えて!ピックアップ」リリース!

マイケルソン・モーリーの実験結果は、時間対称なアインシュタインの相対性理論の時空変換を帰結しているのでなく、間違いを実証しているでよいですか?

光速度不変の原理は前述したマイケルソン・モーリーの実験の結果から帰結される。
https://ja.wikipedia.org/wiki/%E7%89%B9%E6%AE%8A …

とありますが、地球の公転運動は重力下であり、

「光速度不変の原理」という言葉を聞いたことあるでしょう。実は、これは一般相対論よりも限定された特殊相対論においてのみ成立しており、より一般の状況では成立しません。どんなときに光速度が不変かというと、重力が働かないときです。
https://event.phys.s.u-tokyo.ac.jp/physlab2021/a …

むしろ観測結果から重力下で観測者の系が光速度不変になる事を帰結するためには、時間非対称な系間を光速変化としなければならないのでは?
https://note.com/s_hyama/n/nda939a973f93

〇 光速度x時間=距離の内、光速度と時間が変化して距離が一定
x 光速度x時間=距離の内、時間と距離が変化して光速度が一定

時間の遅れ(じかんのおくれ、英語: time dilation)は、相対性理論が予言する現象である。2人の観測者(英語版)がいるとき、互いの相対的な速度差により、または重力場に対して異なる状態にあることによって、2人が測定した経過時間に差が出る(時間の進み方が異なる)。https://ja.wikipedia.org/wiki/%E6%99%82%E9%96%93 …

水星の近日点運動の43秒角 / 100年の誤差は、ニュートンの力のつり合い式から厳密解が出てきます。 遠心力と万有引力のつり合い式は、GM☉ mg / r² = mi・v² / r。 「絶対静止基準系 + ニュートン力学」の近似解は、v² = GM☉ / r。「2乗3乗の法則 + ニュートン力学」の厳密解にはスケールファクターγが入ります、γ・v² = GM☉ / r。https://blog.goo.ne.jp/s_hyama/e/dd632f606e5cf94 …

〇 ニュートン力学では、宇宙における絶対静止座標系が存在しないので、あらゆる速度は常にその時々の観測者から見た相対速度である。

x 相対性理論によれば、真空中での光の相対速度は、観測者の速度に依らず常に一定である
https://ja.wikipedia.org/wiki/%E7%9B%B8%E5%AF%BE …

質問者からの補足コメント

  • プンプン

    質問は、以下です。

    重力を考慮したマイケルソン・モーリーの実験結果は、アインシュタインの相対性理論の間違いを実証していますか?

    重力には手を出すなと重力理論から逃げたプランクが持ち上げたアインシュタインの特殊相対論は関係ありません。

    No.1の回答に寄せられた補足コメントです。 補足日時:2022/10/13 12:32

A 回答 (2件)

    • good
    • 0

アインシュタインの特殊相対性理論は、「真空中での光の相対速度は、観測者の速度に依らず常に一定である」を実験結果から得た「理論」というよりも、「平行線は永久に交わらない」というような、数学の「公理」として扱っています。


ですから、実際に得られた実験結果が、特殊相対性理論の正しさを証明しようが否定しようが、その「特殊相対性理論」は常に正しいのです。

それは、数学の世界で「ユークリッド幾何学」も「非ユークリッド幾何学」もどちらも正しいのと同じです。
この回答への補足あり
    • good
    • 2
この回答へのお礼

そんなこと聞いてないよ?

^ ここで特殊相対性原理の「特殊」とは、非慣性系も含めた相対性原理である一般相対性原理に対し、慣性系という「特殊」な系の相対性原理であることを意味しており、ガリレイの相対性原理に対して特殊な相対性原理という意味ではない。https://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%82%AC%E3%83%AA …

お礼日時:2022/10/13 07:48

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人はこんなQ&Aも見ています


このQ&Aを見た人がよく見るQ&A

このカテゴリの人気Q&Aランキング