ビデオスタジオ8を使ってDVカメラで撮影した
ものを編集しDVDに焼付けしました。
DVDプレーヤーで見たところ
次のトラックに移動する際移動が滑らかでなく
映像が数秒止まって次のトラックに移動します。
(1のトラックの最後の映像が数秒止まり
2のトラックに進む)
これは仕方がないことなのでしょうか?
もし移動が滑らかになる方法がありましたら
お願い致します。

このソフトは初心者でよく設定がわからないので
出来ましたらわかりやすくお願い致します。

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (2件)

動画を編集する際に1トラック1ファイルになっているため、ファイル移動の際にDVDプレイヤーが設定ファイルを読み直しているため、再生しているファイルの最後が停止したように見えているものと思われます。

画像構成上ギクシャクするのが不快に感じる場合は、スムーズに動いてほしい部分は一度MPEGファイルに1つのファイルとしてハードディスクに出力し、後でその出力したファイルを再度読み込み直してDVDのオーサリング及びライティングを行えばいいと思います。オーサリングの際に1つのファイルの中にクリップポイントを設定しておけばあなたが最初に作ったDVDと同じ画面構成でチャプター設定できますので、スムースなビデオになると思います。ただし、ファイルを結合する際にチャプターの設定を考えておき、そのファイルのチャプターの時間数をメモしておかないと後でそのシーンを捜すのが大変になります。市販のDVDビデオでも本編は大体1つのファイルで構成されており、特典映像は別のファイルになっていますので似たようにすればいいと思います。最後に1つのファイルにする場合、全体の時間数や画質によっても変わりますが、1枚のディスクに収まるようにファイルの容量を考えなければなりませんので、一度自分の設定したプロジェクトでデータを並べてみて構成を考えたほうがいいと思います。ただ、テレビ録画と違い、1シーンの時間数は少ないと思われますので、似たようなシーンは1つにまとめておいたほうが、後で編集しやすくなりますし、MPEGファイルに出力するときにDVDビデオに準拠したファイルにしておけばライティングするときに再エンコードしなくて済むので画質の劣化も少ないでしょう。1つのファイルにまとめるときにテキストや音楽、トラジション効果を入れたい場合はファイル作成時に入れておく必要があります。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

ありがとうございました。
何とか頑張ってやってみます。

お礼日時:2005/04/08 14:22

MPEG2に変換する時に、各トラックをチャプターではなくて、ビデオフォルダに変換して独立させませんでしたか。


ビデオフォルダにしてしまうと、次のフォルダに移動する際、1秒から3秒位のラスト部分の静止画像が入ってしまいます。これは避けられません。

ビデオスタジオでAVIの編集が終わったら、トラック全部を結合させてMPEG2へ変換し、オーサリングソフトであるムー-ビーライター3を使って、チャプターの追加作業をしてからDVD化すれば、映像ファイルは独立していないので、一時停止しなくなります。

ただし、複数の作品を混在させた場合は、ラストが静止します。誤魔化すには、作品の始めと終わりに黒フェード処理を3秒くらい施し、黒い静止画像にさせることです。

ご参考になれば幸いです。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

ありがとうございました。
各トラックを独立させていました。
やり直してみます。

お礼日時:2005/04/08 14:23

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!


人気Q&Aランキング