てんこ盛りの「てんこ」って、どういう意味ですか???
気になって仕方ないので教えて下さい。

A 回答 (3件)

天骨盛


「てんこ」は「てんこつ」の下略。
山盛り。鼻突き飯の類。寛政三年・末摘花三「へのこ競べの巻頭はてんこもり」(江戸語大辞典・講談社)
天こ盛
「てんこ」は「てんこつ」の略、「てんこつ」は諸方言で頂上の意。
高く盛ること。飯を器にうず高く盛ること。やまもり(国語大辞典・小学館)
    • good
    • 0
この回答へのお礼

ありがとうございました。社員一同納得の回答ですっきりしました。

お礼日時:2005/04/08 13:14

こんにちは。



こちら↓が参考になるでしょうか?                             

参考URL:http://hicbc.com/radio/boogie-woogie/rerere/0412 …
    • good
    • 0

てんこもり【天こ盛】


(形動)(「てんこ」は「てんこつ」の略、「てんこつ」は諸方言で頂上の意)高く盛ること。飯を器にうず高く盛ること。やまもり。


だそうです。
    • good
    • 0

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Qカオスな曲とはどういう意味ですか?

カオスな歌詞、カオスな歌、カオスな曲・・・

カオスって何ですかー?

(´・д・`;)

Aベストアンサー

どちらかといえば混沌という意味で使われます。
なんか凄いのはわかるけど理解できない
凄く面白いけど常人には作りあげることのできない境地
などの意味です。

カオスな歌詞は…「秀逸だけど確実に作詞者は病人」じゃないでしょうか。
カオスな曲はメドレー系などで複数の曲が同時に演奏されハーモニーが凄いんだけど何が起きてるのかよくわからない、という時に使う気がします。

Q「気がする」の「する」の意味が「気になり」ます。

辞書の説明によりますと、
自動詞「する」の意味を「感じられる」という言葉で説明しておりますが、
『それは無理矢理の説明なのではないか』と「感じられ」ましたので、
此の質問の提出を考えました。

従いまして、伺いますが、
『もし自動詞「する」を更に適切に訳すなら、どの様な言葉が適切なのでしょうか?』

現状の辞書的な意味が最高級の訳し方になっているのなら、
その由来でも構いませんから、御教授を下さいませ。

Aベストアンサー

#9です。
今少し、直接的なご質問である「する」に関わる幾つかに触れてみます。
1.為(す)る
古典語では「為(す)」となりますが、これはサ変自動詞であり、またサ変他動詞でもあります。そして「漢語などの名詞に付いてサ変動詞を形成し、また、動詞に係助詞や副助詞が割って入ると、たとえば「書きもせず」「読みはすとも」のように「す」はすべての動詞の中に含まれていると考えてもいいわけで、最も基本的な動詞であるといっていい。種々の動詞が「す」によって代用されうるのも、「す」が動作や作用一般を広く表現する語だからである。」(小学館「古語大辞典」)
2.ある
古典語「有り・在り」はラ変自動詞として存在の概念を表わすが、補助動詞となるや「助動詞や助詞にまとめられている情動性の文節(形容詞に相当する単位)に接続して、その単位の叙述の表現にあずかっている」(同上)
3.いる
古典語「居(を)り」はラ変自動詞として「一定の場所にある状態で存在する」状態性が強いだけに、ひいてはその主語を軽視また卑下する意味も含まれている場合が多い。また古典語「居(ゐ)る」はワ上一自動詞として「立つ」と対義性を保持しつつも、人物に用いた場合には「そこにある、おる」として存在動詞性を潜在させ得る。
一方、古典語「入(い)る」はラ四段自動詞として「外部から内部に移る」の意から、心が集中し籠もる意味もあり、ひいては「「行く」「来(く)」「居(ゐ)る」の敬意を導く。

井上ひさしは「私家版 日本語文法」(新潮文庫)において「受身上手はいつからなのか」の項において日本語動詞は二つに分けられるとして「第一のグループは<ある>で代表されるもの。原則としてこの<あるグループ>は主体が非情物のときに用いられ、受身は作られにくい。第二のグループは<いる>で代表されるもの。この<いるグループ>は主体が有情物のときに出てくる動詞で、受身が作られやすい」と指摘しています。

>『中国的な「気」と日本的な「気」との違いは、「謙譲」の精神に起因している』という「気がし」ているのですが、

謙譲というか、広く敬譲に関わる表現は、「する」「ある」「いる」という基本動詞に関わっていると思われますが、その形は助動詞「る・らる」の原型としての大野晋の自発としての「生(あ)る」説もあれば、この井上ひさしの有情物に関わる<いるグループ>の受身機能性に関わっているとの見方もあります。またその延長として、受身が<あるグループ>においては「明治期に西欧語の影響によって日本語にもたらされた」「あの悪名高い「自然可能な受身」になっている」との見方もあります。
その結果、「気(き)」とは異なる、古来日本では「気(け)」という要素が見落とされているという森本哲郎説程度しか、思い至りませんが、辞典には次のような記述があります。

「夕占(ゆふけ)にしかみられない「け」(乙類)や、食物の意の「け」(乙類)と、ものから発する精気や勢いの意とは同源であることも考えられ、たまたま同音類義の漢語「気」が習合して、中古以降の盛行をみたものとも考えられる」(同上)

古代日本特有の「気(け)」とは、無意識に発する精気であるとともに、心の意の「うら」の転移としての占 (うら)であり、なにより生エネルギーの源としての「食べ物」なのだという視点は何とも示唆に富んでいるのではないでしょうか。

#9です。
今少し、直接的なご質問である「する」に関わる幾つかに触れてみます。
1.為(す)る
古典語では「為(す)」となりますが、これはサ変自動詞であり、またサ変他動詞でもあります。そして「漢語などの名詞に付いてサ変動詞を形成し、また、動詞に係助詞や副助詞が割って入ると、たとえば「書きもせず」「読みはすとも」のように「す」はすべての動詞の中に含まれていると考えてもいいわけで、最も基本的な動詞であるといっていい。種々の動詞が「す」によって代用されうるのも、「す」が動作や作用一般を...続きを読む

Qカオスの言葉の意味は?

題名の通りです。
日本語になったネット用語になるのか?それとも英語になるのか分らないので、ココで質問しました。
意味が分るに教えていただきたいです。お願いします。

Aベストアンサー

カオスChaos, Khaos)とは混沌を意味する言葉です。
ギリシャ神話の原初神の名前が由来で、英語ではケイオスというような発音になります。
プロレスラーの軍団にCHAOS(ケイオスがありますが、ここから名づけたのでしょう。

カオスの対義語はコスモス。
宇宙は調和と秩序により成立しているという概念です。

Q「塩気」「甘気」はあるが「苦気」「酸気」はない?

味覚の分類として「甘い」「苦い」「酸(っぱ)い」「(塩)辛い」の四つがありますが、その表現について質問です。

手近な辞書によると「塩気」「甘気」という言葉はあるようですが、(それに対応する)「苦気」「酸気」という言葉はないのでしょうか?


「~み」という表現では「甘み」「苦み」「酸み」「辛み」とあるのに対して、「~気」に関してはふたつだけしか(見当たら)ないのは何故でしょうか。

Aベストアンサー

あくまでも私見ですが…

「塩気」、「甘気」は共に塩辛味、甘味が「かすかに感じられる」状態を指す言葉ですね。味覚では塩辛味、甘味は舌は鈍感とされ、多量であってもすぐにその味に馴れてしまう。子どもが塩辛いスナック類や、かなり甘いお菓子でも平気で大量に食べてしまいますね。
 ヒトに限らずほ乳類の多くは塩辛味、甘味を好みます。これは塩辛味はタンパク質系統の味(血や肉など)、甘味は炭水化物系統の味(でんぷんや果実など)と理解して、「これは食べても安心だ」と本能的に察知するようです。対して酸味は腐敗を、苦味は毒を含む味として認識します。子どもが塩辛味・甘味を好み、酸味・苦味を嫌うのは本能的には正しいことです。

 であれば、酸味・苦味に対して動物は敏感に反応しなければ生きていけない。危険な味だから、かすかでも酸味や苦味は認識しています。塩辛味や甘味は安心できる味だから、かすかな味では認識しづらくなる。だからこそかすかな味を表現する、「塩気」「甘気」という言葉が使われるようになったのではと思います。

大人になると酸っぱいもの、苦いものでも平気で食べるのは、「食べても大丈夫なように作られている」という知識と経験で補完されている面もあるようです。(発酵させて作る酢や酒類、薬効を期待する茶などは典型ですね。発酵と腐敗、薬効と有毒は同じ現象が無害か有害の違いですから)

あくまでも私見ですが…

「塩気」、「甘気」は共に塩辛味、甘味が「かすかに感じられる」状態を指す言葉ですね。味覚では塩辛味、甘味は舌は鈍感とされ、多量であってもすぐにその味に馴れてしまう。子どもが塩辛いスナック類や、かなり甘いお菓子でも平気で大量に食べてしまいますね。
 ヒトに限らずほ乳類の多くは塩辛味、甘味を好みます。これは塩辛味はタンパク質系統の味(血や肉など)、甘味は炭水化物系統の味(でんぷんや果実など)と理解して、「これは食べても安心だ」と本能的に察知するようです。...続きを読む

Q言葉の意味

「カオス」について、
(1)日本語では「カオス」とは何ですか?
(2)ゲームでいう「カオス」とは何ですか?
(3)「彼の頭はカオス」ってどういう意味ですか?
(4)「彼の顔はカオス」ってどういう意味ですか?
(5)「彼の体はカオス」ってどういう意味ですか?

「カオス」の意味が分かりません。
誰か教えてください。

Aベストアンサー

今晩です。
私なりの解釈ですが、
(1)混沌-こんとん
(2)敵側 闇、悪魔に近い者?
(3)何を考えているかわからない、カリスマ性のひらめきの頭
(4)他者に当てはまらない個性な面差し
(5)意外な身体的能力&特徴
語り尽くせない事がカオスですね… 始まりがあっても終わりがないような。変な回答で申し訳ないです。

Q【日本語】電話の受け答えで「はい、どうも〜」の「どうも」って何の略ですか? 「どうも」ってどういう

【日本語】電話の受け答えで「はい、どうも〜」の「どうも」って何の略ですか?

「どうも」ってどういう意味ですか?

Aベストアンサー

日本人じゃないのでしょうね。何でも聞いて下さいね。
「どうもありがとうございます。」
 の略です。目上の人には絶対に使ってはいけないです。

Qカオスって…?

ネットで時々「テラカオス」みたいな文面を見るんですが
カオスって、(よくわからないですが)天と地を作ったもの?
みたいな神様ですよね?
ネットで使われているカオスとは意味が違う気がするんですよ。
「テラカオス」って何のネタなんですか?

Aベストアンサー

意味を考える時は「テラ」と「カオス」で区切ってくださいね。

テラは単位です。
HDD容量等で使われてるのを見たことないですか?
100MB、100GB、1TB、とか。(右に行くほど大きい)

って事で、テラってのは、凄く大きい感じを表してます。

なので、物凄くカオス、って意味だと思ってください。

カオスも考えるなら、物凄くぐちゃぐちゃになってる、って感じでしょうかね。
もう、収集が付かなくなっててどうしようも無い感じだと思えば良いです。

Q漢字の意味で、「町」「街」「まち」の意味、使い方を教えて

 漢字の意味で、「町」「街」「まち」のそれぞれの意味及び使い方を教えてください。
 小学生にも分かりやすく説明したいので、お願いします。
 

Aベストアンサー

こういう説明はどうでしょうか?
「町」は #1 さんのおっしゃる通り行政区画なので、地図上で境界線がはっきり決まっています。
「街」は境界線がはっきりとは決まっていません。「京都の街並み」(「町並み」の表記は間違い)とか「街に買い物に出かける」とか言うとき、境界線がある訳ではないですよね。さらに、「街」には商店やビルなどが密に並んでいて「人の行き来が多い」「(経済的に)発展している」雰囲気があります。
(一方で「町」は農地や山林を含む場合がありますね。)
(#1 さんは「町」より「街」が狭いという御意見ですが、「京都の街並み」は幾つもの「町」を含み、またがっているので、広い狭いは一概には言い切れないでしょう。)
「まち」は、見た目のやわらかさ、親しみやすいイメージを表したいときに使うようです。「自然と文化のまち」などのコピーで使われますね。

Qカオス

具体的に「カオス」ってどういう意味ですか?
(「彼の頭はカオス」を分かりやすく言うとどういう意味ですか?)

Aベストアンサー

カオスって、混沌とした状態を指す言葉ですよね。
彼の頭がカオスというのは、頭の中が混乱していて無秩序な感じ、
もっといえば頭の中がめちゃくちゃで、まともに物を考えられない
様子のことを言っているのだと思います。

Q「晩成」って「ゆっくり結果を出す」っていう意味ですか?

何か、私は、

そうでは無くて、「ゆっくり、成長して、マイペースで進む人」って思ってましたが、

「結果を出す」ってのが無いと、「晩成」って言わないのでしょうか?

どなたか、本当の「晩成」の意味をよろしくお願いします!!><

Aベストアンサー

そうですね。「晩」は「ゆっくり・遅く」という意味、「成」は「成し遂げる、結果を出す」という意味ですから、「マイペースで進む」だけの意味ではありません。「マイペースで進んでゆっくりと結果を出した人」という意味です。

なので「結果を伴わない晩成」というのはナンセンスですね。あくまでも結果が出てから、それにどのくらい時間がかかったのかを鑑みて使うべき単語です。

なぜ、どうしても自分を晩成と言いたいのかよくわかりませんが…。
たとえばロックが大好きな子が「オレは両親とも日本人なんだけど、どうしても自分をアメリカ人と呼んでほしいんだ!」と言い出したら、何言ってんのとなりますよねw
言葉があって本質をすりよせるのでなく、本質を表す言葉を選ぶべきでしょう。


人気Q&Aランキング