そろそろ秋ですが、秋というと食欲の秋、芸術の秋、スポーツの秋などとよく言いますが、なぜこれらは秋なのでしょうか。何か起源などご存知の方いらっしゃいましたらよろしくご教授下さい。

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (2件)

特に起源(いつ、どこで、だれが)はないと思います。

自然発生だと思います。
それぞれが春夏秋冬のどの季節にもっともふさわしいか考えてみると、私見ですが次のようになります。

食欲の秋・・暑くて湿気の高い夏、寒くて屋内にこもり易い冬はドロップ、春と秋が残るが、収穫の時期(果物、新米など)から秋が有利。

芸術の秋・・絵画に起源があると仮定すれば、これも春か秋の勝負となる。かすみのかかる春よりも空気の澄んだ秋が有利。秋は自然も彩られる。ただし、ヨーロッパの習慣の持込の可能性もある。

スポーツの秋・・同じく冬と夏はドロップ(現在は各シーズン向きのスポーツがあるが)日本が未だ農業国だったころ生まれた習慣? 昔から秋は収穫が終わり、豊作祝い(お礼)の祭りが各地で盛んに行われた。秋にイベントを行う習慣と小中学校の運動会から始まった各種の近代スポーツ(明治以降)の影響と思われる。運動会は気候の良い(安定した)秋に行われた。

日本列島は気候的に秋か春がベストシーズンとなるので、気候条件に何かが加わって(もうひとつの事情)秋に定着したものと思われます。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

なるほど…確かにそう言われてみればそのような気もします。
貴重なご意見ありがとうございました。

お礼日時:2001/09/27 23:08

> No.1



なるほど、収穫の秋、紅葉の秋、収穫祭の秋ですものね。そういえば○○の春、なんていう言い方はあまりないですね。4月は年度始めですが、そういった制度的な「年の始まり」の導入はだいぶ後の時代なのかもしれませんね。(でも欧米圏は9月始まり? それは学校だけ?)仏教に由来するものかも…。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

仏教や西洋の制度の導入など、いろいろと考えるところがありました。
もう少し自分でも調べてみようと思います。
ありがとうございました。

お礼日時:2001/09/27 23:11

このQ&Aに関連する人気のQ&A

」に関するQ&A: いつから長袖?秋服?

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q東洋芸術、西洋芸術など好み。

たとえば、タージマハルと紫禁城あるいは京劇と能はとか、民族衣装のサリーとチャイナドレスとかれているとか、どちらが美的に優れているかなんていえないと思うのです。

クリエイティブ関連の学校とか制作ですよね。これって、テストだと正解不正解があるのですが、これには正解不正解はないですよね。こんなのってどう評価するものなんですか。

強いていうなら西洋美術が好きとか東洋美術が好きとか。

全然、比較不能であったり客観的に測定不能であったりすると何にも混沌としてしまいますが。

Aベストアンサー

「完成度」や「コンセプト」が評価されるのでは。

Q「理科の”良い”授業の条件」について書かれた文献を探しています。ご存知の方いらっしゃいましたらご教授ください。

お世話になります。初等教員養成系の学部3年生です。
教育実習を通して、授業の善し悪しについて客観的な観点が欲しいな、と感じました。
そこで、いつかの社会科教育法の講義で、社会科の授業評価の観点について(残念なことに詳細を覚えていません。社会認識形成がなんたら・・・とか言っていた気がするのですが・・・)学んだことを思い出したのですが、その理科バージョンを探しています。

理科の”良い”授業とは、一口に言ってしまえば、理科の目標をできるだけ達成した授業ということになりますが、具体的にどのような授業であれば「科学的な見方や考え方を養う」ことができるのでしょうか。
たとえば、「取り扱う内容が一般的である」とか、「児童が応用していく余地がある」とかいったような(上述の社会科授業評価の観点がこんな感じでした)、”良い”授業の条件のようなものはないのでしょうか。そしてそういった観点についての到達度で理科の授業を評価する方法はないのでしょうか。

「理科 授業評価」で検索をかけても、大学講義の授業評価についてばかりがヒットしてしまいます。少し理科教育学の文献を調べても見たのですが、児童に対する評価法(これも間接的に授業評価につながるといえばそうなのですが)しか載っておらず、なかなかお目当ての話にたどり着けません。

キーワードだけでも教えていただければ幸いです。よろしくお願いします

お世話になります。初等教員養成系の学部3年生です。
教育実習を通して、授業の善し悪しについて客観的な観点が欲しいな、と感じました。
そこで、いつかの社会科教育法の講義で、社会科の授業評価の観点について(残念なことに詳細を覚えていません。社会認識形成がなんたら・・・とか言っていた気がするのですが・・・)学んだことを思い出したのですが、その理科バージョンを探しています。

理科の”良い”授業とは、一口に言ってしまえば、理科の目標をできるだけ達成した授業ということになりますが、具体...続きを読む

Aベストアンサー

以下のような小学校などと限定する検索で、いくつかの試みが見つかるかと思います。

ちょうど、ベネッセの書籍で、『移行措置対応のポイント 第3回 子どもが主体的に考える理科の指導』という特集がなされています。

情報誌ライブラリ(小学校向け) - Benesse教育研究開発センター
http://benesse.jp/berd/center/open/syo/index.shtml

授業評価シート - 宮城県登米市立北方小学校
http://www.cms-school.jp/kitakata/index.cfm/6,286,15,34,html

小学校 "授業評価" - Google 検索
http://www.google.co.jp/search?hl=ja&q=%E5%B0%8F%E5%AD%A6%E6%A0%A1+%22%E6%8E%88%E6%A5%AD%E8%A9%95%E4%BE%A1%22&lr=

Q繁実姓の起源・出身地など

私のメル友に繁実という人がいます。先日、繁実は珍しい苗字で未だに起源も出身地も分からないといわれました。早速検索してみましたが、苗字としては一件もヒットせず全て名前でした。市販の姓名・苗字の本にも載っていません。どなたかご存知の方、あるいは親戚・知人に繁実姓の方がおられたら、その方の出身地を教えて下さい。

Aベストアンサー

martinbuhoさん、こんにちは。

全国の苗字7万のなかで60510順位です。

出生地は、わかりませんが苗字としてはあるみたいですね。

参考URL:http://www2s.biglobe.ne.jp/~suzakihp/

Qモータの位置制御についてご教授ください.

DCモータ(マブチ,RE280)のポテンショメータ(コパル,JC10)における位置制御を行おうと考えています.OPアンプは東芝のモーター用パワーオペアンプTA8407Pを用いております.
トラブル現象としては,モータの位置制御を行うため,フィードバック回路をモータ駆動用アンプのー入力に入れたのですが,出力電圧は変化するものの,モータの位置制御が行われません.
オシロで確認したところ,フィードバック信号は駆動用オペアンプ手前まで入力されているのですが,モータは一向に位置制御せず,停止しません.

ポテンショの±の電源を逆にしたり,オペアンプを交換したりといろいろと試して見ましたが,改善されませんでした.

どこかチェックするべき箇所がありましたら,ご教授いただけないでしょうか.よろしくお願いいたします.

また,上記オペアンプ以外でモータの位置制御を行えるアンプがありましたら,それもあわせましてご教授ください.

Aベストアンサー

モータが停止しない
一方に回りきってしまうのでしょうか?
(コパルJC10って1回転を超えて回らないようなストッパがついてましたっけ?ストッパがない場合、一回転を超えたときに”設定角度<実際の角度”の状態から”設定角度>実際の角度”の状態に急変し、制御が落ち着かない可能性があります。)
それとも設定角度を中心に左右に振れるのでしょうか?
DCモータとポテンショは直結でしょうか?それとも途中に減速機が入ってますでしょうか?
(直結だと280の発生トルクー角度依存性が問題になるように思います)
オペアンプにはどのようなフィードバックをかけていますでしょうか?
(制御回路の利得、周波数特性によって、安定な制御にならないことがある)
このあたりを書かれるとより適切なアドバイスが得られると思います。

Q”ご教授下さい”は、正しい日本語?

このサイトでも時々見かけるのですが、おそらく「ご教示ください」
の間違ったおぼえ方じゃないかなと思うのですがどうなんでしょう。

ただ、「教授する」という使い方は確かにあるわけで、となると全く
間違ってるとは言えないのかなとも思ったり・・・・。

ご教示下さい。

Aベストアンサー

「教授する」と使う場合、知識・技能を与え、そこからさらに知識への興味を呼び起こすこと。あるいは専門的な学問・技芸を教えること。「国文学を―する」等ですね。
「教示する」は単に教え示すことですから、ニュアンスが少し違うと思います。

教えてGOOはまさに一言二言で教示してもらうところですね。
師匠についてじっくり学びたいなら「ご教授下さい」だと思います。


人気Q&Aランキング

おすすめ情報