今、新聞やテレビで、国公立大の受験科目を五教科五科目から五教科七科目にすると報道しています。具体的にどの教科が2科目増えるのか分かりません。変更点など教えてください。(文系の場合と理系の場合)

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (3件)

No.2の者です。

探してきましたよ。参考URLをクリック。

参考URL:http://www.dnc.ac.jp/sassi03.htm
    • good
    • 0

昔に戻るということです。

でも、いまの受験生は大学によっては化学2とか物理2とかも選択回答しなくてはならないのでかわいそうです。
    • good
    • 0

たぶん、


理科 物理・化学・生物・地学
社会 世界史・日本史・地理・倫理・政治経済・現代社会
から1科目ずつ出願のところを2つずつにしようということです。
文系で理科二科目は辛いですね。
今でも理系の場合、出願はしないけど理科二科目勉強はあたりまえです。
そしてセンターでも出願以外の試験でも受けられるので、七科目受ける人は大半だということです。
    • good
    • 0

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q理系と文系だと、どっちが就職口が多いのでしょうか?

理系と文系だと、どっちが就職口が多いのでしょうか?

Aベストアンサー

 同じ。

Q都会でガキが増えても問題がさらに増えるだけではないのでしょうか?

日本の都会人口はかなり過密すぎです。
地方は旅行でしかいかないので、過疎化が進んでいるそうですが、住んでいないので
実感がないので詳しくはわかりません。
でも実際に子供が増えているのって他人の子供の声は騒音だと感じる人が7割以上の東京都でしょ。
ここ6年で異常なほどのマンションの乱立で子持ち世帯も増えたのか、
子供の数は1,2倍になってます。
それで
さらに、保育園がたりず、地元の人は作られると騒音などが増えて迷惑だから反対。
だから保育園不足(待機児童も増加)

さらに保育士も赤の他人の税金で給与を増やさないといけないとか他人からみたら迷惑だらけ。

地方で子供が増えるなら良い事かもしれないけど、
都内なら7割以上の若者が人口過密でストレスを感じていると回答
都会の若者の半数が地方や田舎でのんびりしたいと回答。(日経調べ http://www.nikkei.com/article/DGXNASFK23032_X20C12A3000000/)
東京だけで1300万と北欧の全ての国の総人口よりも多い数の人間がいる異常さ。
首都圏だけの人間の数でカナダやオーストラリアといった大国の総人口よりも多い人間がいる。
こんな所でガキが増えても迷惑なだけ。

特に東京など子供などいなくても、いくらでも将来の労働者や納税者が地方や海外からくるわけなので、むしろ住んでいるモノからみれば子持ち世帯などいないほど良いと率直に思います。

日本の都会人口はかなり過密すぎです。
地方は旅行でしかいかないので、過疎化が進んでいるそうですが、住んでいないので
実感がないので詳しくはわかりません。
でも実際に子供が増えているのって他人の子供の声は騒音だと感じる人が7割以上の東京都でしょ。
ここ6年で異常なほどのマンションの乱立で子持ち世帯も増えたのか、
子供の数は1,2倍になってます。
それで
さらに、保育園がたりず、地元の人は作られると騒音などが増えて迷惑だから反対。
だから保育園不足(待機児童も増加)

さら...続きを読む

Aベストアンサー

東京の一極集中を抑えるためには、おっしゃるように東京に保育園を作らないようにして住みにくくするというのも一つの方策だと思います。でもそれは政治家が言ったら政治生命が終わるのでそれが叫ばれることはないでしょう。

東京で子育てしにくいことは合計特殊出生率が日本一低いことからも明らかですし、地方創生を進めていくためにも、東京は仕事をするだけの都市、子育ては地方に任せるというように国内で役割分担するようなことも必要になってくるかもしれません。

Q実技教科の教育

こんにちは。
いつもお世話になっています。

日本の学力低下の原因のひとつに、
ゆとり教育が考えられますが、
これは音楽や美術や体育の授業とは無関係なのでしょうか?

最近小4の男の子と話す機会があり、
「算数国語理科社会以外はいらないんだ、音楽や図工や体育は無駄!だからどんどん無駄な時間に勉強だできなくなるー、学力低下の原因だよ。選択にすればいいんだ」と言われて、
反論したいのになぜ実技の科目が必要なのかよく言えなかったことにあります。

ただ、ゆとり教育は促進される方向で現代は動いていますね。
そんななかで勉強しろと考えている人は多くいないんじゃないかと思います。

その後自分なりに考えたのは、感性は個性をつくるものだから、
困難な状況でもそれをのりこえようとする想像力、楽しく乗り越えようとする感性、
人生を明るく生きれるようにするために学ぶのではないでしょうか?
感性の教育って何でしょうか?
これを日本の公教育について考えるとするレポートの課題にしたいのですが難しいでしょうか?
よろしくお願いします。

Aベストアンサー

小4の子どもだからの発言ですね。
「算数国語理科社会以外はいらないんだ、音楽や図工や体育は無駄!」
”どうして”と理由を聞いてみたら良かったのにと思います。

おそらく「入試に要らないから」「塾(親)がそう言った}という返事が返ってくると思います。

学力低下といわれますが、国際調査で昔から日本の生徒の弱点は応用力と読解力など考える力です。 実は「算数国語理科社会以外はいらないんだ」という子ども達が一番苦手とする分野です。 
これには、感性と経験が必要です。 ご質問で実技教科の教育とされていますが、実技だけとは限りませんよ。 読書も芸術鑑賞も必要なことです。 もちろん人間性を高めていくためにも。

学校の授業で覚えたり計算するのはデジタル世界ですが、応用分野はアナログ世界です。 
スーパーコンピューターで計算される天気予報や、最先端の軍事兵器でさえ、最後は人間の感性で微調整がされています。 子ども達が遊んでいるゲーム機もソフト開発分野は算数や国語が出来ても役に立ちませんよ。 
デジタル絶対、アナログ否定の世の中ですが、生きている人間自体はアナログな生物であることを 忘れないようにしたいですね。


さて、私の子どもは中学生の間、海外の学校に留学していました。
そこでは数学の時間の電卓使用、もちろん試験中でもOKでした。体育や芸術系の授業の他に、日本では行われていない演劇、ディベートも正規の授業です。
これらの授業は子ども達が大人になって必要になる「生きていく力」を身につける為の授業です。 

義務教育とは最低限の「読み書きそろばん」が出来れば良いのではないでしょうか。 特に小学生時代は必要になる学力の基礎をつけることさえ出来れば良いと思います。


余談ですが、私の子どもは帰国後日本の高校に入学しました。
留学中は国語や社会の授業が日本で習う事と違っています。もちろん数学や理科も習う内容に差があり入試では散々でした。
外国語の成績で点数を稼げたので、一応進学校と言える所に入学できたのですが、入学したときの順位は後ろの方でした。
しかし読解力、応用力を必要とす分野が増えてきた数学や理科系の科目では、今ではトップクラスになっています。(計算には時間が掛かるそうですが・・・)
国語や社会の授業でも、単純に覚えなければならない部分は苦手みたいですが、関連づけて記憶したり推察しなければならない分野は得意のようです。 

自分の子どもの見て断言する訳には生きませんが、子ども達の能力を伸ばすのは 昔からずっと言われているように 「よく遊び、よく学べ」 ではないでしょうか

私は教育委員をしていますが、子ども達にきちんと向き合っていない文科省や審議会に大きな疑問を持っています。
日本の公教育について考えるとするレポートの課題については大賛成です。 難しいテーマで様々な考え方があると思いますが、しっかり研究して下さい。 その成果に期待します。 
 


 

小4の子どもだからの発言ですね。
「算数国語理科社会以外はいらないんだ、音楽や図工や体育は無駄!」
”どうして”と理由を聞いてみたら良かったのにと思います。

おそらく「入試に要らないから」「塾(親)がそう言った}という返事が返ってくると思います。

学力低下といわれますが、国際調査で昔から日本の生徒の弱点は応用力と読解力など考える力です。 実は「算数国語理科社会以外はいらないんだ」という子ども達が一番苦手とする分野です。 
これには、感性と経験が必要です。 ご質問で実技教科...続きを読む

Q国公立大学の今後

社会の時事的な話として、大学運営について、良く理解していません。
漠然とした質問となっているかもしれませんが、以下の質問に御答えして頂けないでしょうか?


国公立の大学改革がなされ、数年が経ちました。
運営費交付金の削減
研究費獲得の競争化
などがなされているようですが、

今後、国公立大学はどのようになっていくのでしょうか?
授業料の値上げ
大学経営に関する職員の働きかけ
大学PRの必要性

等に関して、
文科省の方針、大学運営に詳しい方
大学関係者の方などの御意見を御待ちしております。

宜しくお願い致します。

Aベストアンサー

ひとつだけ。

東京大の動向を見られることをオススメします。受験生を集める目的でのPRをすること自体、この改革前は考えられないことでした。

Q他教科教員のモラルについて

国語や体育教師が、生徒の理科数学の苦手発言に便乗します。
私も苦手だったよー。でも頑張ろう!ってのが普通じゃないですか?
しかも、難易度の正統性に文句をつけてきます。せめて、勉強してから言えって感じです。親と面談するとき、どうやって相談に乗るんだか。
私は、全ての教科に理解を示し、その上で、生徒を励ましながら一緒に頑張るのが筋だと思いますが。間違えてますか?因みに私は、中高一貫校の理科教員です。

Aベストアンサー

 少しばかりお邪魔します。お怒りはごもっともですが僕もNo.4の方にほぼ同感です。そして質問者様の「全ての教科目に理解を示す」これも大賛成です。その上でお話ししますと、質問者様も、何か他の教科目に対する優越感をお持ちなのではなかろうかと感じてしまうのは、「国語や体育教師が」と国語や体育に対して一段低い科目のような目線を注いでいるとの印象を受けてしまう書き方をされている部分に少しばかりの違和感を覚えたからでもあります。
 実際にNo.4の方が理数科でも「説明する必要」とそれを具体的な形にする文章表現力そして論理構成能力の重要性を説かれているように、定理や数式の羅列だけでそれを説明することにはならないことも質問者様は現実として日々直面されていることでしょう。
 「難易度の正統性(正当性の誤記?)」を基準とするならば、理科の問題と国語の問題では「設問内容やレベル」を同一に括ることなど不可能です。扱う領域も異なり、比較のしようもありませんから。
 理科も国語も共に「結論に至る道筋」とその妥当性を検証する。その上でもしその生徒の立てた道筋と理解に問題がなければ、その生徒の回答も是とすべきものとなる。そうした手続き論も大切であると僕は考えます。
 >苦手発言に便乗する
これがどの程度であるかはお尋ねの内容からうかがい知ることもできませんが、少なくとも国語科の教員ならば、偏狭で中途半端な対応を生徒には求めもしないはずです、「自らの考え方を相手に的確に説明するならば、キチンとした根拠と共にプロセスを示すことの必要性」を授業の中で繰り返して扱っているはずですから。それに応えるのは、生徒自らであって教員ではありません。

 少しばかりお邪魔します。お怒りはごもっともですが僕もNo.4の方にほぼ同感です。そして質問者様の「全ての教科目に理解を示す」これも大賛成です。その上でお話ししますと、質問者様も、何か他の教科目に対する優越感をお持ちなのではなかろうかと感じてしまうのは、「国語や体育教師が」と国語や体育に対して一段低い科目のような目線を注いでいるとの印象を受けてしまう書き方をされている部分に少しばかりの違和感を覚えたからでもあります。
 実際にNo.4の方が理数科でも「説明する必要」とそれを具体的...続きを読む


人気Q&Aランキング

おすすめ情報