「教えて!ピックアップ」リリース!

岸田さんが、コロナ頑なに五類を拒み続ける理由は?

A 回答 (7件)

インフルエンザに対して著効するタミフルのような抗ウイルス薬が処方できるようになっていないからでしょう。


新型コロナ感染症はただの風邪ではないことが明らかなので、現在の状況では5類相当にするのは時期尚早です。
    • good
    • 2

コロナ利権。

    • good
    • 1

極一部が反対するからでしょう。


少数派と言うのは声がデカいですから、多くの世論が反対していると錯覚しているのではないでしょうか。
単純に、「下手なことをしないで現状維持なら支持率も変わらないだろう」と考えている可能性も高いです。
    • good
    • 1

五類にするとワクチンなどは有料になるゆえ、国民の負担が大きくなって、更に支持率が下がる。

 また有料ならワクチンを接種しないと言う国民が増えて、新型コロナの感染が拡大して、やはり支持率が落ちるから。
    • good
    • 0

インフルエンザと違って、死亡率が高い、後遺症がある、治療法やワクチン開発が途上である、などの理由で、日本の現体制だと、5類感染症にしてしまったら、大流行が来たときに、政治的にも医療的にも致命的な結果になる可能性があることを、専門家から聞かされ脅されているためだと推測します。

    • good
    • 2

別に国としては五類にした方が税金を使わなくて良くなり、財政が楽になります。



理由は愚民が愚痴や不満ばかり言うからでしょう。

例えば来年1月位からまたコロナが流行り出します。

大量に感染者を出し、お金が無いから治療を受けられない人が大量に出て死者が増えたら貴方が責任を取るの?

政府としては五類にしたいのですよ。
    • good
    • 0

記者になって岸田さんに直接聞いてみてはいかがですか?

    • good
    • 0

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人はこんなQ&Aも見ています


このQ&Aを見た人がよく見るQ&A

人気Q&Aランキング