ノートパソコンでdvdが快適に観れる最低限のスペックってどれぐらいですか?celeronの700 128MBぐらいでも問題はないんでしょうか?ぜひ教えてください。

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (2件)

最低限のスペックってどれぐらいですか?



セレロンで466のメモリ64MBでも動作しますよ。
もっとしたのスペックでも動作します。
最近のPCなら、ビデオチップに動き補償(MC)と呼ばれるDVD再生支援機能が付いていますから、問題はそれほどないです。
デスクトップやノートに限らず、ソフトDVDプレーヤーの動作条件に基づけば動作しますよ。

celeronの700 128MBぐらいでも問題はないんでしょうか?

問題ないでしょう。ただ、あとはプレーヤーソフトによって動作が悪くなることが結構あります。
いわゆる相性やソフトの重さによるんですけど、これさえ大丈夫なら間違いなくokです。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

いやーどうもありがとうございました。これからいろいろ購入の検討をつけていきたいと思います。

お礼日時:2001/09/08 11:48

celeronの650で128MBですが、他のソフトを立ち上げていなければ問題なく鑑賞できています。


マシンやDVDソフトにもよるかもしれませんので一概には言えませんが、私のところでは大丈夫です。
尚、使用ソフトはWinDVDです。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

参考になる意見ありがとうございました。

お礼日時:2001/09/08 11:50

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Qインテル® Celeron® プロセッサー 5852.16GHz(1MB) と Athlon64 X2 TK-571.9GHz(512KB)の性能差について教え

インテル® Celeron® プロセッサー 5852.16GHz(1MB) と Athlon64 X2 TK-571.9GHz(512KB)の性能差について教えてください。

Aベストアンサー

何かしながら別の何かをするような時(例えばCeleronは動画編集中、他の作業が出来ないがTK-57なら楽勝)に体感的にはTK-57の方が倍以上速く感じます。
そうでない時(例えば動画編集に専念し他の作業をしない)の体感差はありません。
こうした傾向はCeleron対C2Dでも一緒で、Celeronの実力は意外と高いと思います。

現実にはCeleronに組み合わされるだろうチップセット(GM45)とTK-57に組み合わされるだろうチップセット(780G)との差もありTK-57の方が何をする上でも圧倒的に有利になります。

Q最低限のスペックはどれくらい必要か

現在富士通FMV-6700NU8/Lを使用中ですが、速度が遅すぎで困っています。回線は光です。
オークション専用機としてネットとメールが快適に出来るスペックはどれくらい必要ですか。
予算は3万ぐらいの中古をさがしてます。

Aベストアンサー

PCのスペックは確認できました。
Pen3/700Mでしたら、どうにもならないほどスペックが不足していることはないでしょう。
3万程度で中途半端なPCを買うくらいであれば、新品の廉価なデスクトップを買った方が、
使用期間を考えればよほど得な買い物だと思います。

書かれていませんが、OSはどれを選択されていますか?
元スペックだとメモリが64Mなので、Win95以外ではいずれもメモリ不足です。

128Mか256Mのメモリを追加してください。
それで、Windows2000を選択されるのがスペック/セキュリティー両面での
バランスがよいものと思われます。

一度初期化することで、Windowsもリフレッシュされます。
うちでデスクトップですがPen3/800MのPCが順調に動いています。
(メモリは256Mにしています)
まだ充分現役で使えると思います。

それとLANカードは100に変えておられますね?
10Mのカードではいずれにせよ光の速度以下ですから、特性を満たしません。

QCPUのスペック最低限について

こんにちは。

ノートパソコンの買い替えを検討しています。
我が家ではネットサーフィンと、年賀状作成、
それに(たまに)ちょっとしたワード、エクセル、パワーポイントを使うくらいです。

CPUについて、まあいろいろ出ていますが、
結局どのくらいあれば十分でしょうか。

大きな量販店で売っているPCでは、Intelでは、Celeron が最廉価のようですが、
問題ないでしょうか・・・。

また今後3年は使い続けたいので、それまで使えるかどうかも心配です。
可能な限り出費は抑えたいので、必要最低限のスペックのもので選定したいと思っています。
ご意見いただきたくお願いします。

Aベストアンサー

CPU 1Ghz以上
メモリ 1GB(x86)以上 x64では2GB
以上が最低スペックです。
上のスペック程度なら、満たしていますから、必要最低スペック以上あることになります

上の倍のスペックもあれば3年程度は使えるでしょう。 今のPCはそれぐらいのスペックぐらい満たしているPCばかりですよ。
Vista以降を使うなら、やはりデュアルコアCPUは欲しいですね。 今は、ほぼデュアルコアCPU以上だったりしますけども 

QCeleronとPentium3ってどのぐらいどう違うの?

Celeron-700MHzとPentium3-700MHzはどのぐらい違うものなんでしょうか。
性能と価格を教えていただけたらと思います。

ぶっちゃけると、ヤフオクで中古ノートを売ったのですが、Celeron-700MHzを間違えてPentium3-700MHzと記載して売ってしまいました。

商品自体は気に入ってるようですが、少し納得されていないような感じで連絡(掲示板)がきたので、どのように返答しようかと思い質問しました。

最近一生懸命PCを勉強しているところなので、よろしくお願いします。

Aベストアンサー

Celeron-700MHzとPentium3-700MHzのCPU単体の中古価格は数百円の違いですが、購入者様が納得していないのであれば返品もしくは落札金額が分かりませんが、1000~2000円返金されてみては如何でしょうか。
落札者様に選択して頂いて下さい。
私でしたら
「この度は落札して頂いて有難う御座います。私のミスでCPU名を記載間違いしてしまいました。返品又は落札価格より1000円ほど返金したいと思いますが、どちらが宜しいでしょうか。御選択頂ければと思います。今後この様な事の無い様致します。申し訳御座いませんでした。」
と返答するでしょう。

QCeleron M と Celeron

ノートパソコンの購入検討中なのですが、新機種はみなCelero nM 1.3Ghzほどとなっており、単純に見るとクロックダウンして半分ほどになってしまっているのですが、Celeron M 1.3Ghz と Celeron 2.6Ghz ってパフォーマンスにどのくらいの差があるのでしょうか?

ちなみに使用用途は net,Excel,イラストレータ、フォトショップ、音楽などです。

ご教授頂きたく思います。よろしくお願いします。

Aベストアンサー

パフォーマンスはCeleronの方が良いでしょうね。ただ、その用途だとCeleron Mの方が快適に感じる処理が多いでしょう。CeleronとCeleron Mの違いは、バスアーキテクチャそのものの違いになります。

Pentium4系のプロセッサはNetburstと呼ばれる周波数重視で効率は二の次という技術を採用しています。その代わり、カスタマイズに優れ新しい機能の導入がインテル系プロセッサの中では容易なのが特徴。当初より次世代として開発されていたプロセッサです。パイプラインが深いため分岐予測が難しく演算ミスが発生しやすいため、最適化されたソフトで運が良ければ高速になりますが、最適化されていないソフトではむしろ遅いこともある。Word Excelなどのオフィス処理は周波数に匹敵する性能が出ないことで有名。

ただ、消費電力が大きく発熱も半端じゃないのが欠点です。そのため、バッテリをよく使う場合はノートには不適当ということになります。CeleronはそのNetburstプラットフォームの廉価プロセッサです。


Celeron Mは、Banias製品群がベースのプロセッサ。
Baniasは処理の効率と低消費電力を重点として開発されています。(Celeron MはPentium Mの廉価版で、Baniasプラットフォームの売りである省エネ機能Enhanced Speed Stepがありませんので、バッテリ利用が多ければPentium Mを強く推奨します)
電力消費に対するパフォーマンスは群を抜くBanias製品群は、ノートで主に使われます。
周波数の割に高いパフォーマンスを発揮するため人気です。

私なら、周波数が低くともノートならCeleron Mを選ぶでしょうが、DTR(デスクトップ代替え)PCとして購入するならPentium Mの1,6GHz以上を搭載したノートを買うべきでしょう。とにかく効率よりパフォーマンスで常にAC電源を使う場合やほとんどAC電源で使うならCeleronでも良いでしょう。

パフォーマンスはCeleronの方が良いでしょうね。ただ、その用途だとCeleron Mの方が快適に感じる処理が多いでしょう。CeleronとCeleron Mの違いは、バスアーキテクチャそのものの違いになります。

Pentium4系のプロセッサはNetburstと呼ばれる周波数重視で効率は二の次という技術を採用しています。その代わり、カスタマイズに優れ新しい機能の導入がインテル系プロセッサの中では容易なのが特徴。当初より次世代として開発されていたプロセッサです。パイプラインが深いため分岐予測が難しく演算ミスが発生し...続きを読む


人気Q&Aランキング

おすすめ情報