3月末に退職し、社会保険から国保へ変更しなければならなかったのですが、出来ず、急に病院に見てもらわなければならなくなりましたが、週明けまで待つことができません。全額負担で見てもらった後に、国保加入手続きをしても、70%は返ってこないですよね?
この場合は全額医療費負担で、病院に行くしかないのでしょうか?どなたかご存知でしたら教えてくださいませ。

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (1件)

我が国は国民皆保険。

国民全員が保険に入っているという立前です。
従って、国保の加入は、4月1日に遡って入ることになります。(保険料も、入ったときからでなく、健保がきれた次の日からの分がとられます)

だから、まず、病院で、上記の事情を話してから、10割支払っておいて、後日、できあがった保険証を持っていって、7割を戻してもらってください。

病院としては、事務が少し面倒で、いやがるところもありますが、大半の病院は事情さえ事前に話しておけば、対処してくれます。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

そうなんですね。今日役所に行ったら時間が15分過ぎていて、事情を話したら病院に行く前に、月曜に再度役所に行くしか方法がないとの事だったので、諦めていました。とても参考になりました。どうもありがとうございました。

お礼日時:2005/04/09 00:13

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人はこんなQ&Aも見ています

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q社会保険⇒国民健康保険 切替期間中は保険なし?

昨日付けで退職し、暫くは念のために国民健康保険に
加入しようと思っていた矢先、
腰を痛めました(笑、えねぇ・・・)
早速国民健康保険に切り替えようと思ったのですが、
切替には被保険者資格喪失証明書なるものが必要だそうで、
しかもそれは会社が役所に退職を知らせた後でないと出ないとか(汗)。
なのに、なぜか国民健康保険への切替は退職後14日以内に届出る決まりだそうで。
事後申告で払戻はあるそうですが、できれば最初から全額自己負担は避けたいところです・・・
退職して切り替えをする前は無保険状態?それともどっちかが有効?
事後申告で払戻はあるそうですが、できれば最初から全額自己負担は避けたいところです・・・
ご存知の方がいらっしゃいましたら、
是非ともお教えください。
よろしくお願いいたします。

Aベストアンサー

技術的に即時に発行しにくいってだけです。国民皆保険制度だから会社の保険組合脱退したら即国民健康保険です。

証書がなくて不便などというときは窓口で言えば代わりになるものくれます。会社にあらかじめいっておけば保険証が手元にない期間を短く出来たでしょう。

病院の必要なもの持って行かなければ全額をいったん払えはやむをえないです。
変なところだけ知恵のある自治体職員の周辺の人間だとそれで踏み倒すんです。自治体職員が請求もしなければ町立(公立)病院などそれで時効、みんなの税金から補填するんです。生活が苦しいなら事情や配慮あっていいが、時効狙いで払わない!

保険証が間に合わないとき
http://www.city.yokohama.jp/me/kenkou/kokuho/q-and-a.html#hihokensha-1
郵送3日、急ぐときは届け時に申し出で「資格証明書」(仮保険証)
http://www.city.chitose.hokkaido.jp/index.cfm/1,0,90,390,html

Q健康保険の切り替え中の受診について

先日会社を退社しました。
社会保険に加入していました。

健康保険証を会社に返還しないとならないのですが(まだ返してません)、国民健康保険に切り替えの手続きができるのは、会社から退職証明書だとか離職票だとかだ届いた後からですよね?

その間に、病院を受診しなければならないときは、自費でかかるしかないのでしょうか?
切り替え中に保険証に代わるものをどこかで発行してもらえたりしますか?

こんなときに、ちょっと体調不良になりまして、病院へ行きたいのです。

よろしくお願いします。

Aベストアンサー

社会保険から国民健康保険の切り替え時に役場に提出するのは『社会保険・厚生年金 資格喪失連絡票』というものです。要は社会保険の資格が何日付で消滅したかを会社が証明してくれるものですが、小さい企業や気のきいた企業なら事務所の社員がチョイチョイと作ってくれるはずなので、離職票なんかよりは、すぐに手に入るはずです。
(会社が社会保険労務士に業務を委託している場合は別ですが・・)

国民健康保険は他の保険に加入できない人が必ず入らねばならない健康保険なので、社会保険の資格が切れた段階で、法的には国民健康保険の資格があるという状態になるわけですが、切り替え手続き中で保険証が無い場合、病院によって対応が違います。

融通の利くところなら、事情を説明すれば『後日、保険証ができたら持ってきてください』と返答すると思いますし、そうでなければ、
医療費を一旦、全額(10割)支払い、後日、国民健康保険の手続きにあわせて、支払った医療費の還付の請求を市区町村の健康保険係に請求すれば、7割分が還付されます。

その際、領収書や病院名の分るものを持っていっていってください。

Q国保→社保の切り替え中の通院について

先月、失業保険を受け取りが終了したので、主人の社保へ切り替えました。

27日に、歯医者に行く用があり、社保の手続き中だとは思いましたが、社保の保険証が手元に来ていなかったため、手元にある国保の保険証で、治療費を払いました。

4/28に、社保の保険証が手元にきたので、5/1に国保の脱退の手続きをしました。手元に来た社保の認定日は4/20になっていて、歯の治療を行ったの27日なので、矛盾が生じると思うのですが、こういった場合、私自身特別な何か手続きをしなくてはならないのでしょうか?国保と社保では、お金の出所が違いますよね?国保でも社保でも自己負担は同じ3割なので、放っておけばいいのでしょうか?

Aベストアンサー

ご質問拝見致しました。

前の方が「今なら間に合う・・・」とおっしゃっていましたが、残念ながら間に合いません。

通常、医療機関では、末日の診療が終了するのを待って、その月の分の請求書を打ち出して、内容点検を行い、社会保険なら診療報酬支払基金に、国民健康保険なら、国民健康保険団体連合会に、請求書を提出するからです。(毎月5日とか10日までとか提出締め切り日があります。)


もう、15日ですから請求書を提出していますし、提出の直前でも、いろいろ訂正が生じるわけですから、事務的に無理です。
さらに、受診時、国保の保険証を提示しているわけですから、医療機関としては、落ち度がありません。

後日、国保から返還の請求がくると思いますので、それを返還して社保に請求することになります。

Q健康保険資格喪失証明書について

恐れ入ります。

まず自分は今年の1月末で会社を退職し
現在無職の一人暮らしとなっております。

保険証を退社時に返却していたので、
届出などが必要というのはしっていたのですが、
保険などについては、全くわからないということがあって、
退職してからなにもしておりませんでした。

しかし、最近になって急に昔から放置していた
虫歯が尋常じゃなく痛み出し、
保険証が必要となりインターネットで調べていたのですが、
国民健康保険に変更申請するのに

「健康保険資格喪失証明書」

が必要ということだけはわかりました。

しかし、退職時にはいただいておりません。
退職して約2ヶ月たちますが、自宅に郵送などもされてきておりません。

そこでお聞きしたいのですが、
1.健康保険資格喪失証明書は退職時に渡されるのが普通なのか?
2.問い合わせは前の会社でよいのか?
3.現状で最短で保険証を手に入れる手順は?

以上です。大変申し訳ありませんが宜しくお願いします。


早く歯医者行きたいです。
痛みでよるも眠れません;;

恐れ入ります。

まず自分は今年の1月末で会社を退職し
現在無職の一人暮らしとなっております。

保険証を退社時に返却していたので、
届出などが必要というのはしっていたのですが、
保険などについては、全くわからないということがあって、
退職してからなにもしておりませんでした。

しかし、最近になって急に昔から放置していた
虫歯が尋常じゃなく痛み出し、
保険証が必要となりインターネットで調べていたのですが、
国民健康保険に変更申請するのに

「健康保険資格喪失証明書」

が...続きを読む

Aベストアンサー

喪失証明書は送付義務はありません。
また、勝手に自宅に送られてくるものでもありません。
通常会社は、資格喪失届を出すことで送られる資格喪失通知書の
コピーか、もしくは資格喪失連絡票というものを退職者に渡します。

前の会社に問い合わせして、資格喪失通知書のコピーをもらうことです。
通常は雇用保険の離職票などと一緒に退職後すぐに会社が退職者に渡すべきものです。
保険証については、市役所などで問い合わせしないとここでは分かりません。
健康保険は退職日にさかのぼって加入することになります。
また、届出が遅れた場合は届出日以前に発病した病気については保険が使えない
場合もあります。

このような手続きは通常は退職後すぐに行うべきものです。
誰も教えてくれないから分からない、教えてくれない会社や役所が悪いでは、済まされません。
分からなければ退職した会社の担当者なりに聞けばいいのです。

Q国民健康保険から社会保険への切り替えについて教えていただきたいのですが

国民健康保険から社会保険への切り替えについて教えていただきたいのですが、どうかよろしくお願いします。

3月から社会保険に加入し、3月31日の給料から社会保険料が引かれたのですが、3月分の国民健康保険料も今まで通り通帳から引かれてしまっています。

過去にも国民健康保険から社会保険にかわったことはあるのですが、自分で手続きに行った覚えがなく、今回も自動に切り替わるのかと思っていたのですが…
(会社か国民健康保険科が手続きしてくれるのかと思っていました…)

そして、ややこしいことに3月分の社会保険料は給料から引かれているのですが、社会保険の現物がまだ届いていないのです。会社の担当が書類を間違えたため届くのが遅れているが、来週までには届くと思うと言っています。
書類を書き直したのもだいぶ前ですが…

家族に相談したところ

・3月分の料金が引かれてるのに4月になっても届かないのは遅すぎる

・国保から社保は自動に切り替わるはずだから、国保がまだ引かれてるということは、まだ社保は加入できてないんじゃないか?

そのため本社に「病院に行きたいのですが社会保険はありますか?と聞いたほうがいいんじゃないかというのですが」

知識が足りなくてお恥ずかしいのですが、どうか教えて下さい。

国民健康保険から社会保険への切り替えについて教えていただきたいのですが、どうかよろしくお願いします。

3月から社会保険に加入し、3月31日の給料から社会保険料が引かれたのですが、3月分の国民健康保険料も今まで通り通帳から引かれてしまっています。

過去にも国民健康保険から社会保険にかわったことはあるのですが、自分で手続きに行った覚えがなく、今回も自動に切り替わるのかと思っていたのですが…
(会社か国民健康保険科が手続きしてくれるのかと思っていました…)

そして、ややこしいこ...続きを読む

Aベストアンサー

一般企業で経理・総務事務をしている者です。社会保険労務士の資格登録者でもあります。

> ・3月分の料金が引かれてるのに4月になっても届かないのは遅すぎる
確かに遅いです。
また、3月加入に対して3月支給の給料から保険料を控除する企業は多く見られるようですが、法律上は間違いです。

> ・国保から社保は自動に切り替わるはずだから、国保がまだ引かれてるということは、
> まだ社保は加入できてないんじゃないか?
こちらは、ご質問者様の認識違い。
当人が国保から抜ける手続きを行なわないとダメです。
【参考】埼玉県ふじみ野市HP
http://www.city.fujimino.saitama.jp/life/insurance/kokuho/01.html

> そのため本社に「病院に行きたいのですが社会保険はありますか?
> と聞いたほうがいいんじゃないかというのですが」
実際に治療を受ける訳ではないと思いますが、斯様な問い合わせではなく
『社会保険労務士の人に聞きましたが、健康保険に加入している者が国保を使って治療をすると色々と面倒な事になるので、このままでは10割負担の自費診療です。○月○日までに健康保険証が戴けないのであれば、差額の7割分を返金してもらう「療養費の給付申請用紙」を下さい』
このように手続き要求をしてください。
この要求に対して回答出来ないのであれば、事務担当者には担当事務の知識と処理能力が欠落しているか、手続きをしていないことになります。
http://www.kyoukaikenpo.or.jp/8,256,25.html

一般企業で経理・総務事務をしている者です。社会保険労務士の資格登録者でもあります。

> ・3月分の料金が引かれてるのに4月になっても届かないのは遅すぎる
確かに遅いです。
また、3月加入に対して3月支給の給料から保険料を控除する企業は多く見られるようですが、法律上は間違いです。

> ・国保から社保は自動に切り替わるはずだから、国保がまだ引かれてるということは、
> まだ社保は加入できてないんじゃないか?
こちらは、ご質問者様の認識違い。
当人が国保から抜ける手続きを行なわない...続きを読む

Q労災保険で通院中に退職

こんにちは。
検索してみたのですが、見つからなかったので質問させていただきます。
以前の質問と重複しておりましたら、申し訳ございません。
よろしくお願いいたします。

当方、鋳物の木型製造業に約1年間従事しております。
2006/07/27日に、自動かんな機で作業をしていたところ、誤って左手薬指の爪根本約5mm残して
指の先端部分を欠損し、労災保険(療養給付)で通院中です。
しかし、社長に
「おめーは、センスがねーし、仕事は遅せーし...」など等言われ、ほぼ今月中に退職させられそうです。
(ここ一ヶ月間、罵倒をあびせられていたので、予感はしていましたが...)

そこで、タイトルのとおり、
" 労災保険で通院中に退職した場合に、残りの治療費は、労災保険が適用されるのか? "
" 退職した時点で、労災保険は打ち切られるか? "
ご承知の方がいらっしゃいましたら、ご教示ください。

よろしくお願いいたします。

補足ですが、当方、うつ病で約5年間通院中です。

Aベストアンサー

退職しても、法律上権利はなくなりません。

労働者災害補償保険法
第12条の5 保険給付を受ける権利は、労働者の退職によつて変更されることはない。
2 (略)

解雇はできないというのは以下の規定によります。
労働基準法
(解雇制限)
第19条 使用者は、労働者が業務上負傷し、又は疾病にかかり療養のために休業する期間及びその後30日間並びに産前産後の女性が第65条の規定によつて休業する期間及びその後30日間は、解雇してはならない。ただし、使用者が、第81条の規定によつて打切補償を支払う場合又は天災事変その他やむを得ない事由のために事業の継続が不可能となつた場合においては、この限りでない。

貴方が今労災により休業している、ということだとすると、休業期間終了時点から30日後以降しか解雇できません。
したがって、会社としては辞めさせたければ退職にするしかないわけです。退職の場合は解雇制限は適用になりません。
退職と解雇の違いですが、「貴方に拒否権があるかないか」です。
嫌がらせでも「辞める気はない」ということならば、退職にはできません。会社からの申し出であっても「了解」してしまえば退職になります。
少なくとも今辞める理由はないと思われるので、休業期間中は退職は拒否した方が利口だと思います。

退職しても、法律上権利はなくなりません。

労働者災害補償保険法
第12条の5 保険給付を受ける権利は、労働者の退職によつて変更されることはない。
2 (略)

解雇はできないというのは以下の規定によります。
労働基準法
(解雇制限)
第19条 使用者は、労働者が業務上負傷し、又は疾病にかかり療養のために休業する期間及びその後30日間並びに産前産後の女性が第65条の規定によつて休業する期間及びその後30日間は、解雇してはならない。ただし、使用者が、第81条の規定によつて打切補償を支払...続きを読む

Q病院に行きたいけど、手続きの関係で国民健康保険証がない場合

先日前の会社で入っていた健康保険証を会社に返しに行きました。
その時に離職票を自宅に送ってもらうように頼みましたが、まだついてないので、市役所で健康保険加入の手続きができません。

離職票が来るまでは健康保険証がない状態なのですが、体調不良のため、すぐにでも病院に行く必要がでてきてしまいました。

こういった場合、保険外で診てもらわなくてはいけないのでしょうか?

どなたか教えていただけないでしょうか?お願い致します。

Aベストアンサー

>その時に離職票を自宅に送ってもらうように頼みましたが、まだついてないので、市役所で健康保険加入の手続きができません。

市役所で確認しましたか。
離職の証明は必ずしも離職票でなければいけないということではありません。
会社の退職証明や健保の資格喪失証明でもよい場合もありますので、市役所で確認してください。

多くの自治体では下記のようになっています(一部例外もあるようですが)。
国民健康保険は退職後14日以内に手続きをすることになっています。
14日以内に手続きをすれば退職日の翌日まで遡って、その日から適用されますが14日過ぎると手続きをしたその日からしか適用されません。
ただし保険料は退職日の翌日から請求されます、つまり14日過ぎて手続きをすると退職日の翌日から手続きをした前日までは保険料は取られるが保険は適用されないということです。
これはいわば14日以内に手続きをしなかったペナルティと思ってください。

>離職票が来るまでは健康保険証がない状態なのですが、体調不良のため、すぐにでも病院に行く必要がでてきてしまいました。

こういった場合、保険外で診てもらわなくてはいけないのでしょうか?

一旦全額を支払って、国民健康保険の手続きが済んだら差額の返還をしてもらうことになります。
病院に行った後に国民健康保険の手続きと言うことになるのなら、そのときに窓口で返還の手続きについても聞いてください。

>その時に離職票を自宅に送ってもらうように頼みましたが、まだついてないので、市役所で健康保険加入の手続きができません。

市役所で確認しましたか。
離職の証明は必ずしも離職票でなければいけないということではありません。
会社の退職証明や健保の資格喪失証明でもよい場合もありますので、市役所で確認してください。

多くの自治体では下記のようになっています(一部例外もあるようですが)。
国民健康保険は退職後14日以内に手続きをすることになっています。
14日以内に手続きをすれば...続きを読む

Q月の途中で国保から社保への切りかえ

お尋ねします。

月の途中から国保→社保へ切り替わった場合、その月は国保と社保の
2種類の保険料を納めなければならないのでしょうか?
同様に国民年金から厚生年金の切り替えの場合も教えて下さい。

国保は会社を退職後、自分で市役所で加入手続きをしなければ加入されないままなのでしょうか?

Aベストアンサー

>月の途中から国保→社保へ切り替わった場合、その月は国保と社保の
2種類の保険料を納めなければならないのでしょうか?

一般にはそのようなことはありません。

国民健康保険の保険料に日割りと言う考えはありません、必ず1ヶ月単位で保険料は月末の状態で決まります、月末に加入していればその月の1か月分の保険料を支払います、月末に加入していなければ保険料は支払いません。
例えば11月15日で脱退すれば(手続き及び資格喪失日は翌日の16日になる)11月分の保険料は払う必要はありません、ただし保険証は15日まで有効です、つまり保険料の支払いと保険証の有効期間はズレがあるということです。

ただし同月得喪と言う例外があります。
同月得喪というのは同じ月に資格の取得と喪失があった場合です。
例えば11月1日に資格取得で11月15日に脱退(手続き及び資格喪失日は翌日の16日になる)の場合です、この場合は自治体の条例によって決まっているので多くの自治体ではその月の保険料は支払わなくて良いですが、一部の自治体では支払う場合があります。

また保険料の支払いについては次のようなことがあります。
国民健康保険の保険料の支払い方は自治体によって必ずしも同じとは限りません。
ただ一般的な支払方法は次のようなものです。
国民健康保険は年度単位なので4月から翌年の3月に掛けて支払うようになります。
一方金額は前年の収入から計算されます、この前年の収入が確定するのは確定申告が終了したときです、つまり3月15日です、当然4月には間に合いません。
しかもこれが整理され自治体の役所に回り、住民税が計算されてそして国民健康保険料が計算され確定するのは5月頃になります。
ですから実際には6月から翌年の3月に掛けて払います、4月と5月は払いません。
といっても4月と5月は保険料はなしと言うわけではありません。
例えば保険料が年間12万だったとします、4月から翌年の3月までの12ヶ月ですから月額としては1万です。
ただこの12万を6月から翌年の3月まで10回で払えば1回が1.2万になります。
つまり月に1.2万払うがこれは月額ではないのです、月額はあくまでも1万なのです。
要するに払ってない4月と5月分を他の月に上乗せしたと考えても良いでしょう、ですから結果としては同じことです。
ですから国民健康保険では誤解を避けるために通常は何月分とは言いません、必ず何期分と言うのです。
ですから6月から10等分して払う場合は

1期 12000円 納付期限 6月30日
2期 12000円 納付期限 7月31日
3期 12000円 納付期限 8月31日
4期 12000円 納付期限 9月30日
5期 12000円 納付期限10月31日
6期 12000円 納付期限11月30日
7期 12000円 納付期限12月29日
8期 12000円 納付期限 1月31日
9期 12000円 納付期限 2月28日
10期 12000円 納付期限 3月31日

となります。
ここで11月15日に脱退すれば支払うのは10月までです、これを月割りにすれば、月額1万ですから4月から10月まで7ヶ月と言うことで

1万×7ヶ月=7万

つまり保険料は7万支払わなければいけないのですが、実際に支払われたのは10月31日の納付期限の5期分とまでの5回ですから

1.2万×5回=6万

つまり10月までに支払ったのは6万円です。
これを支払わなければならない7万から引くと

7万-6万=1万

つまり1万円足りないわけです、この1万円を改めて役所は請求すると言うことです。

質問者の方の場合は退職の為と言うことで恐らく年の途中で国民健康保険に加入したのでしょうし、保険料の金額も異なるので上記とは全く同じとは言えませんが、要は保険料の1か月分と月払う金額とは異なるので年の途中で脱退して清算すると追加請求される場合があるということです。
これは決して11月分を請求されるということではありません、11月分は請求されないが清算した段階で不足分を請求されたということです。
よくこれを11月分は請求されないはずなのに、どうして請求されたのかと疑問思う人が多いので一応言っておきます。

>同様に国民年金から厚生年金の切り替えの場合も教えて下さい。

国民年金についても保険料に日割りと言う考えはありません、必ず1ヶ月単位で保険料は月末の状態で決まります、月末に加入していればその月の1か月分の保険料を支払います、月末に加入していなければ保険料は支払いません。
ただ国民年金に関しては国民健康保険より単純で、例えば11月16日に厚生年金に切り替えれば、11月1日に遡って厚生年金に加入となります、ですから11月の国民年金の支払いは不要です。

>国保は会社を退職後、自分で市役所で加入手続きをしなければ加入されないままなのでしょうか?

そうです。

国民健康保険は多くの自治体では下記のようになっています(一部例外もあるようですが)。
国民健康保険は資格喪失後14日以内に手続きをすることになっています。
14日以内に手続きをすれば退職日の翌日まで遡って、その日から適用されますが14日過ぎると手続きをしたその日からしか適用されません。
ただし保険料は資格喪失日から請求されます、つまり14日過ぎて手続きをすると資格喪失日から手続きをした前日までは保険料は取られるが保険は適用されないということです。
これはいわば14日以内に手続きをしなかったペナルティと思ってください。

また国民健康保険の加入の手続きは市区町村の役所でします。
必要なものは印鑑と基本的には退職前に会社で加入していた健保の被保険者資格喪失証明書です。

それから入社して健康保険に切り替えても、自動的に国民健康保険から脱退とはなりません、国民健康保険の脱退の手続きをしなければなりません。
保険証が手に入ったら市区町村の役所に連絡して健康保険の被保険者者になった旨を伝えて脱退届けの書類とそのときの添付書類(恐らく一般には新しい健康保険の保険証のコピーだと思いますが、自治体によっては加入証明のような書類を要求されるかもしれません)について聞いてください、通常は郵送でも処理できるはずです(郵送で処理できないと言われれば役所に出向くことになりますが)。
もし重複して保険料を支払ってしまった場合は、返還されると思いますので振込口座を書いて同封するように言われるかも知れません。
書類が着いたら脱退届けの所定の項目に書き込み、国民健康保険の保険証と、添付書類、振込口座を書いたもの、これらを送付すれば市区町村の役所で処理しくれるはずです。
恐らく脱退届けの用紙は複数枚の複写になっていて、脱退の処理が完了すればそのうちの1枚が脱退通知として返送されてくるはずです。

>月の途中から国保→社保へ切り替わった場合、その月は国保と社保の
2種類の保険料を納めなければならないのでしょうか?

一般にはそのようなことはありません。

国民健康保険の保険料に日割りと言う考えはありません、必ず1ヶ月単位で保険料は月末の状態で決まります、月末に加入していればその月の1か月分の保険料を支払います、月末に加入していなければ保険料は支払いません。
例えば11月15日で脱退すれば(手続き及び資格喪失日は翌日の16日になる)11月分の保険料は払う必要はありません...続きを読む

Q切替え前の保険証を使用してしまいました

今まで国民健康保険に加入していましたが、先日就職先の社会保険に加入しました。その際に新しい保険証が届くまでの間、家族が病院で診察を受け誤って切替え前の国民健康保険の保険証を提示し、支払いを済ませてしまいました。役所へ国保の保険証を返却する前に、病院で保険証の再提出等、手続きをし直した方が良いのでしょうか。

Aベストアンサー

社会保険に加入された時点で、国民健康保険の資格は失われます。
社保の保険証に「認定年月日」か「資格取得年月日」が入っているかと思いますが、
その日以降は国保は使用できません。
国保というのは、保険料を納付していればその市町村の有効期限までは保険証が交付
されますが、これは「この期間国保を使用できる」というものではありません。
交付年月日の時点で「現在国保に加入しています」というもので、質問者さんのように
有効期限内でも個人の理由で使用できなくる場合もあります。

よって、受診された医療機関には「保険証の資格喪失後の受診」として保険者側から
連絡・レセプト(診療報酬明細書)の返戻があり、新たな保険証の提出か、
医療費の全額負担を求められます。
医療機関側に保険者から連絡等がいくのは数ヶ月後になるかと思いますので、
すみやかに新しい保険証を提出してください。

今後も保険証の変更がある場合、また変更する予定の場合、新しい保険証が出来る前
でもいいので、医療機関の窓口に申し出でおいた方がいいですよ。

Q退職後、失業保険の受給しながら扶養家族に入れるか

妻が先日会社を退職しました。
退職にあたり、年金および健康保険に関しては、私の扶養家族に入れたいと考えておりました。
その旨を会社の総務に相談したところ、失業保険の受給を受ける意思がある場合は、扶養には入れないとの説明を受けました。確かにインターネットで調べてみたところ失業保険の受給と扶養家族の加入の同時進行はできないようなことが書かれておりました。そこで質問なのですが、通常結婚されてる女性が会社を退職した後は、失業保険および扶養家族の手続きは、どのような順序でされているのでしょうか?失業保険をもらいおえてから、扶養家族に加入するのでしょうか。 参考までに妻の予測受給額は月15万円くらいかと思います。ご意見等お聞かせ頂きたくよろしくお願いいたします。

Aベストアンサー

長いですがよろしければご覧ください。
(※不明な点はお知らせください。)

>失業保険の受給と扶養家族の加入の同時進行はできない…

「雇用保険」と「公的医療保険」は制度上のつながりはありませんので、「同時進行はできない」ということはありません。

あくまでも、「医療保険の保険者(保険の運営者)」が、「被扶養者の認定」を行なう際に、「今後の収入見込み」などを参考にして、「被扶養者と認定することに妥当性はあるか?」を審査するということです。
ですから、審査の結果、「被扶養者に認定される」ことも「されない」こともあるということになります。

『保険者とは』
http://kokuho.k-solution.info/2006/01/post_1.html
『けんぽれん>よくある質問』
http://www.kenporen.com/faq/index.shtml

なお、「被扶養者の認定(審査)基準」は、「法令や通達など」を逸脱しない範囲で、【保険者が独自に定めている】ため、保険者によって微妙な違いがあります。

(昭和シェル健康保険組合の場合)『被扶養者について>扶養認定の各種基準』
http://www.showa-shell-kenpo.or.jp/shiori/fuyousha/fuyousha.html#fuyou_kijyun
(はけんけんぽの場合)『Q妻:退職し雇用保険を受給する予定です(自己都合の退職のため、3ヶ月後の受給です)。妻は扶養に入れますか? 』
http://www.haken-kenpo.com/faq/faq4.html#q0102
(リクルート健康保険組合の場合)『家族の加入について>条件』
http://kempo.recruit.co.jp/member/outline/family_a.html#cat04Outline04
>>失業給付 基本手当日額 3,562円未満

>…通常…どのような順序でされているのでしょうか?

上記の通り、「保険者の定める認定基準」自体に差異があるのが実情なので、「共通した手順」というものも特にありません。
「各々のその時の事情、今後の予定」などによって「ケース・バイ・ケース」となります。

ちなみに、退職後の「公的医療保険」には「3つの選択肢」がありますが、これも「すべての人に共通するベストの選択」のようなものはありません。

(協会けんぽの案内)『会社を退職するとき 』
http://www.kyoukaikenpo.or.jp/g3/cat315/sb3070/r147

---
まず、「保険給付」や「保健事業」は、【保険者独自のもの】が存在しますので、一概に「任意継続は損」とは言い切れないところがあります。

『横河電機健康保険組合>健康保険で受けられる給付』
http://www.yokogawakenpo.or.jp/shiori/shikumi/kyuufu.html
『横河電機健康保険組合>保健事業』
http://www.yokogawakenpo.or.jp/hokenjigyou/index.html

また、「市町村国保」は、「市町村ごとに」保険料が【大きく】違います。

『国保保険料が高額な市町村ランキング』
http://blog.livedoor.jp/rankcom/archives/51612068.html
『国保保険料が低額な市町村ランキング』
http://blog.livedoor.jp/rankcom/archives/51612067.html
※平成20年度 所得金額200万円 夫婦・子2人 固定資産税額5万円の場合の【目安】です。

なお、「協会けんぽ」の解説にもありますが、以下の制度の創設により、必ずしも「市町村国保の保険料負担が重い」とは言えなくなりました。

『倒産などで職を失った失業者に対する国民健康保険料(税)の軽減措置』
http://www.mhlw.go.jp/stf/houdou/2r98520000004o7v.html

---
さらに、「雇用保険の給付金(失業給付)の受給」については、以下のような要件があるため、「本人の就労の意思・健康状態」などによっても大きく左右されることになります。

『ハローワークインターネットサービス>雇用保険手続きのご案内>基本手当について>受給要件』
https://www.hellowork.go.jp/insurance/insurance_basicbenefit.html#jukyuyoken

*****
(備考)

「国民年金の第3号被保険者」の資格については、「日本年金機構」が認定を行なうことになっていますが、「健康保険の被扶養者」に認定された配偶者は、別途審査を行うことなく、認定されます。

『第1号被保険者』(と関連リンク)
http://www.nenkin.go.jp/n/www/yougo/detail.jsp?id=152
『~年金が「2階建て」といわれる理由~』
http://nenkin.news-site.net/kiso/kiso03.html
『日本年金機構>全国の相談・手続窓口』
http://www.nenkin.go.jp/n/www/section/index.jsp

*****
(その他参考URL)

『職域保険(被用者保険)』
http://kotobank.jp/word/%E8%81%B7%E5%9F%9F%E4%BF%9D%E9%99%BA
『あなたも入るかもしれない?協会けんぽって何』(2008/10/02)
http://trendy.nikkeibp.co.jp/article/column/20081001/1019299/
『健康保険(協会けんぽ)の事務と手続等』
http://www.nenkin.go.jp/n/www/service/detail.jsp?id=1964
『健康保険(協会けんぽ)の扶養にするときの手続き』
http://www.nenkin.go.jp/n/www/service/detail.jsp?id=2278
---
(河内長野市の場合)『国民健康保険への加入など、届け出について』
http://www.city.kawachinagano.lg.jp/kakuka/kenkouzoushin/hokennenkin/gyoumu/hokumin_hoken/shikumi_kanyu/todokede/todokede.html
※どの市町村でも手続きは「ほぼ同じ」ですが、「全く同じ」ではありません。
『国民健康保険―保険料が安くなる制度―保険料の軽減制度』
http://kokuho.k-solution.info/2006/04/_1_29.html
『国民健康保険―保険料が安くなる制度―保険料の減免制度』
http://kokuho.k-solution.info/2006/04/_1_1_1.html
『北見市|国保上の世帯主変更について』
http://www.city.kitami.lg.jp/docs/2011020200019/
---
『全国社会保険労務士会連合会>各種相談窓口 』
http://www.shakaihokenroumushi.jp/general-person/soudan/

※間違いのないよう努めていますが、最終判断は各窓口に確認の上お願い致します。
※なお、ご紹介したサイトの信頼性についてはご自身でご判断ください

長いですがよろしければご覧ください。
(※不明な点はお知らせください。)

>失業保険の受給と扶養家族の加入の同時進行はできない…

「雇用保険」と「公的医療保険」は制度上のつながりはありませんので、「同時進行はできない」ということはありません。

あくまでも、「医療保険の保険者(保険の運営者)」が、「被扶養者の認定」を行なう際に、「今後の収入見込み」などを参考にして、「被扶養者と認定することに妥当性はあるか?」を審査するということです。
ですから、審査の結果、「被扶養者に認定され...続きを読む


人気Q&Aランキング

おすすめ情報