ド・レ・ミ・ファ・ソ・ラ・シ・ドだけで(1オクターブのみ)簡単に弾けるクラシック音楽ってありますか?
喜びの歌の前半部分みたいな感じの・・・
今日ピアノが届いたんですが全く弾けなくて(泣)

A 回答 (6件)

また来ました。

m(__)m

前の方が「きらきら星変奏曲」を紹介してくれましたが、クラシックの楽しみ方(演奏する方)の一つに「変奏曲」というのがあるんです。
これは、既にある旋律や曲をちょっとずつ?アレンジしながら作り替えてくり返し演奏するんですが、日本のメロディーを使ったやつでも「さくら変奏曲」が有名です。
元歌?は「さくらさくら」です。

きらきら星変奏曲もさくら変奏曲も有名なので結構楽譜が出てますので、楽器やさんに行かれる事をお薦めします。
最初はピアノ譜に限らない方が面白いと思います。

私はピアノじゃなくてフルートなのですが、「うさぎ美味し(爆)」を6回変奏する「ふるさと変奏曲」のオリジナルを作りました。

このように、元のメロディはすごく簡単でも、大曲になっちゃったり、変奏が有名になっちゃうようなのもあります。

試しに、「ラソファミレドレミ」を全て一つの音1拍で、1拍1秒(つまりMM60)でくり返し弾いてみてください。
何か有名な曲が聞こえてきませんか?

あと、ご注文には違反しますが、ゴセックの「ガボット」はメロディーだけだと以外と弾きやすいかもしれません。
ピアノ譜も出てますが、メロディーだけの楽譜もあります。
フルートやリコーダー、サックスやトランペット・・・といった楽器の曲集をみるとメロディーだけの譜面がいっぱいありますから、ぜひ見てみてください。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

myeyesonlyさんありがとうございます。アマリリスはフランス民謡でした。 次は、「ラソファミレドレミ」を調べてみます!(試してみます) 実は私も小学校4年生~中学3年生までフルートをしていました。今は押入れの奥で眠ってしまっています。ケースを開くのが怖いです。

お礼日時:2005/04/10 12:40

クラシックというか・・・クラシカルな・ということで(汗)


「もろびとこぞりて」はどうでしょう?
クリスマスの頃耳にされることが多いと思います。

「ドーシーラソー、ファミーレードー、ソラーラシーシドー」
・・・わかりますか?わかりにくいですね;すみません。

ただ、この曲はまさに音階そのまま
(高い方のドから順番に下がってくるだけ、そしてまたソから上がるだけ)
なので弾きやすいと思います。有名ですし。

参考URL:http://homepage3.nifty.com/sunwindcat/morobito.mid
    • good
    • 0

今思いついたのはヴィバルディ「四季」の「春」です。

たぶん全部は1オクターブでは無理だと思うんですけど、一番耳にする部分だけなら…
ド ミミミレド ソ~ ソファ ミミミレド ソー ソファ
ミーファソ ファミーレー
ド ソーファミ ファソ ラソー ド ソーファミ ファソ ラソー
ド ラソー ファ ミーレド レー ドー
って感じでしょうか。
わかりづらい書き方ですが…
    • good
    • 0
この回答へのお礼

ambrosiaさんありがとうございます。
ヴィバルディ「四季」の「春」は今の季節にぴったりですね!「夏」「秋」「冬」も弾けるようになりたいです。 今から皆さんの回答を参考にして楽譜を買いに行こうと思います。

お礼日時:2005/04/10 12:46

一応、クラシックになるかな?


「アマリリス」いかがでしょ。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

アマリリスですね。どこかの国の民謡でしたっけ?←調べてみます。 特にクラシックに拘ってるわけではないのですが、鍵盤を弾く技術も無いくせにクラシックを弾いてみたいと粋がってしまいました。  回答ありがとうございました。

お礼日時:2005/04/08 23:10

1オクターブのみでは無いかもしれないんですが、メロディーが分かりやすくて良く知られている曲という事で…、ショパンの「別れの曲」なんていかがでしょう?



あとは、モーツァルトのキラキラ星変奏曲…(そう、あの「き,ら,き,ら,ひ,か,る~♪」ってあれです(笑))とか、ちょっと慣れてきたらベートーベンの月光とか。意外と簡単です。さくらさくらもありましたっけ。

新しいピアノ、いいですね。楽しんで下さいね♪(^.^)
    • good
    • 0
この回答へのお礼

別れの曲ってもしかして、あの!ドラマで流れていたやつではないですか!(かなり年齢いってます)それが弾けるカモ・・なんて感動です。新しいピアノっていっても自慢するようなピアノでもないんですがね!学生時代にピアニカを弾いて以来鍵盤を触った事がなくて弾きこなせるか心配ですが頑張ってみます。ありがとうございました。

お礼日時:2005/04/08 22:53

バッハのメヌエット


http://www.recorder.jp/a0043.htm
(試聴出来ます)

今風に言えば ラバース・コンチェルト
http://www.universal-music.co.jp/jazz/artist/sar …
(試聴出来ます)
    • good
    • 0
この回答へのお礼

ありがとうございます。早速バッハのメヌエットの楽譜をダウンロードして買っちゃいました。ラバース・コンチェルトはほんと今風ですね!同じ曲なんてすごいです!

お礼日時:2005/04/08 22:47

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Qレ・ミゼラブルの再演予定

東宝演劇「レ・ミゼラブル」の再演予定をご存知でしたら教えて下さい。今年は「レ・ミゼラブル イン コンサート」ですがレギュラーのレミゼは来年再演されるでしょうか??

Aベストアンサー

>ソースとなるWeb pageなどを教えて頂けないでしょうか?

Web Pageですか・・・。どうでしょう?探せばあるかもしれませんが、先の回答は業界情報ですので、ネットからソースを得たわけではありません。
あえて言えば2ちゃんねるなどに噂として書き込まれている程度でしょうか?御自分の目で見ないと信用できないようでしたら、まだしばらくは発表を待たないといけないでしょうね。

Qミ~ソ~ファ~ミ~シ~で始まるクラシック曲が知りたいです!!

ミ~ソ~ファ~ミ~シ~で始まるクラシック曲が知りたいです!!

ピアノの曲で、なんとなくサナトリウムでかかってそうな
曲です。
音はミソファミシラシドラーだと思います。(シラシドラーは低い)
ショパンか・・な?と思ってyoutubeで検索したのですが
わかりませんでした。
気になって仕方ないです!
だれか教えてくださ~い!!

Aベストアンサー

 エリック・サティ作曲の「3つのジムノペディ」の中の第1番だと思います。

↓ 
http://www.youtube.com/watch?v=3439BgooWmQ

Qレ・ミゼラブル  少女コゼット

レ・ミゼラブル  少女コゼットというのがBs-Fujiで始まりました。

レ・ミゼラブルというのは確かジャンバルジャンっていう昔1度だけ
盗みをはたらいた人が市長になるという話でミュージカルでみたことあります。

少女コゼットというのはどんな話なんでしょうか。
なんかすごくかわいい女の子コゼットを悪そうな村人に
預けて・・・

という話で公式ホームページを見ると、母親も病気になって
後で出会って成長していく。
とありますが、昔の家なき子レミのように、コゼットはいじめられたり
次々と吹こうが訪れ成長していく話になってしまうのでしょうか?
それだとレ・ミゼラブルではなくなってしまう気もしますけど。


一応親子で見るような番組なのでそれほどひどい災難はこないと思いますが。
あらすじというか、レ・ミゼラブルにもサイドストーリーみたいのあるんですか?


ちなみに何クール??
1年ですかね?BSなんかより地上波でやるような番組だと思うんですけど。
深夜枠の番組とも思えませんし。

Aベストアンサー

アニメのほうはまだわかりませんが、
私の知ってるコゼット中心の話ですと、
ジャン・ヴァルジャンは不幸な主人公を助けてくれる役どころです。
何処に視点を置くかによって、物語は違う顔をみせるので、
一般的に「レ・ミゼラブル」と呼ばれている話とは多少異なるでしょうね。

コゼットがいじめられる話は、恐らく存在するのではないかと思います。
私の知っている話では、
母一人子一人の生活で、幼い娘の教育や行く末を案じていた
コゼットの母親が、娘をある宿屋に預ける所から始まります。
そして、身を粉にして働くのですが、悪役である宿屋の主人はコゼットの養育費として法外な値を請求してきます。
一方、コゼットは朝から晩まで働かされ、不幸な身となっていきます。

ジャン・ヴァルジャンの登場は、コゼットの母親が病に臥しているところからでした。
娘に一目でいいから会いたいという願いを聞き入れるため、
その町の市長ジャン・ヴァルジャンは、コゼットを取り戻しにいきます。

コゼットが中心となると、本当に少女向けな物語に変貌します。
不幸な生い立ちで、凶悪な宿屋の主人の仕打ちに耐えながら
母親が迎えに来てくれることをただ祈るばかりの主人公。
そこから救い出してくれる人物の登場による、それからの人生の好転。

小公女セーラのような話だと思っていただけると、一番しっくりくるかもしれません。
コゼット中心の話もお子様だけでなく、
親子で見ても充分に楽しめる話だと思います。

アニメのほうはまだわかりませんが、
私の知ってるコゼット中心の話ですと、
ジャン・ヴァルジャンは不幸な主人公を助けてくれる役どころです。
何処に視点を置くかによって、物語は違う顔をみせるので、
一般的に「レ・ミゼラブル」と呼ばれている話とは多少異なるでしょうね。

コゼットがいじめられる話は、恐らく存在するのではないかと思います。
私の知っている話では、
母一人子一人の生活で、幼い娘の教育や行く末を案じていた
コゼットの母親が、娘をある宿屋に預ける所から始まります。
そし...続きを読む

Q「ミ」と「ファ」&「シ」「ド」

お世話様です。音階について質問です。「ド」~1オクターブ上の「ド」まで、「ミ」と「ファ」及び「シ」と「ド」の間だけ、どうして半音しかあいていないのですか?全部半音ずつの音階にすれば、スッキリするのではないでしょうか?素人考えですが、宜しくご教示下さい。

Aベストアンサー

まず、"音程"というのは、調律で決まります。

で、調律のしかた、というか、きまりが大きく分けてふたつあります。

一つは、「純正律」といって、2音の間が同じ間隔で並んでいくもの。
もう一つが「平均律」といって、1オクターヴを12こに等しくわけたものです。

昔は純正律が普通でした。
純正律は全ての音間が等しい間隔になるので、とても調和した響きになります。しかし、ハ長調ならハ長調でしかその効果は発揮されません。
つまり、純正律の長所は「とても調和したきれいな響きになる」また、短所は「しかし、その効力を発揮できるのは調律のときに決めたひとつの調のみ」ということです。

それに対して、「平均律」
これはオクターヴを12こに割っているので、純正律ほど調和した響きは得られませんが、どの調でもちゃんと効力を発揮します。このことを利用し、バッハは「平均律クラヴィーア曲集」というピアノ曲を書いています。これは12の調全て1曲づつ書かれている曲集です。
で、この分け方なんですが、周波数で分けられているんです。

例えば(世界的な基準として)Aの音を440Hzとします。すると、オクターヴ上のAは880Hzです。これを12に均等に分けた結果、EとF、HとCの間は黒鍵がなくなったんじゃないですかね。

普通、今のピアノは平均律で調律されます。めったなことがない限り純正律でピアノは調律しません。(というか、まずないです)
管楽器とかは純正律で吹くこともできるみたいですが。
なんか、いくら均等にわけても、一番下の音と一番上の音ではかなりずれているらしいです。いろんな部分でつじつま合わせをしなければいけないとかなんとかww


こんな解答しかできませんが、参考までに

まず、"音程"というのは、調律で決まります。

で、調律のしかた、というか、きまりが大きく分けてふたつあります。

一つは、「純正律」といって、2音の間が同じ間隔で並んでいくもの。
もう一つが「平均律」といって、1オクターヴを12こに等しくわけたものです。

昔は純正律が普通でした。
純正律は全ての音間が等しい間隔になるので、とても調和した響きになります。しかし、ハ長調ならハ長調でしかその効果は発揮されません。
つまり、純正律の長所は「とても調和したきれいな響きになる」また、短所は「し...続きを読む

Qミュージカル「レ・ミゼラブル」の曲

カテゴリ違いの気もしますが、ミュージカル「レ・ミゼラブル」の曲について教えてください。

「レ・ミゼラブル」の音楽でテーマになる曲(ミゼラブルといったらこの曲!のようなもの)のタイトルを教えてください。
また、テーマ曲以外でインパクトの強い曲があれば、そのタイトルも教えてください。

適当に選んでBGMに弾いてほしいと楽譜集を渡されましたが、ミュージカルを全然見たことがないので困っています。助けてください。

Aベストアンサー

「レ・ミゼラブル」の代名詞と言えるのは「民衆の歌」ですね。
舞台を見たことのある人は、この曲をワンフレーズ聴いただけで
「あぁ、レミゼだぁ~」って分かります(と思います)。
なかには涙ぐむ人とか、一緒に歌っちゃう人もいるかも。

あと、有名な曲としては
「夢やぶれて」「星よ」「ワン・デイ・モア」「オン・マイ・オウン」「彼を帰して」
の5曲でしょうか。それぞれ主要登場人物を代表する曲で、
これも舞台を見たことのある人にとっては印象深い曲だと思います。
ただ、「夢やぶれて」と「オン・マイ・オウン」はかなり悲しい歌なので、
BGMとしてはどうなのかという気もしますが(シチュエーションにもよりますが)。

金銭的・時間的に余裕があれば、一度聞いてみてください。
下記URLは、日本語版の公演をライブ録音したCDです。

参考URL:http://www.amazon.co.jp/exec/obidos/ASIN/B0000071KD/qid=1117698699/sr=8-2/ref=sr_8_xs_ap_i2_xgl74/249-5598732-6402716

「レ・ミゼラブル」の代名詞と言えるのは「民衆の歌」ですね。
舞台を見たことのある人は、この曲をワンフレーズ聴いただけで
「あぁ、レミゼだぁ~」って分かります(と思います)。
なかには涙ぐむ人とか、一緒に歌っちゃう人もいるかも。

あと、有名な曲としては
「夢やぶれて」「星よ」「ワン・デイ・モア」「オン・マイ・オウン」「彼を帰して」
の5曲でしょうか。それぞれ主要登場人物を代表する曲で、
これも舞台を見たことのある人にとっては印象深い曲だと思います。
ただ、「夢やぶれて」と...続きを読む

Qオペラ~歌劇ラ・ワリーについて

オペラの歌劇ラ・ワリーの内容を御存知の方
教えてください。
よろしくおねがいします。

Aベストアンサー

作曲:カタラーニ A.Catalani(1854-93)
原作:ヒッレルンの小説と戯曲「禿鷹のワリー」

ストーリについては以下を参照してください。

映画を見たらオペラも見ようよ。
第7回『ディーバ』が歌ってこその名曲『ワリー』
~今明かされる『ワリー』の全貌!?~

http://www.mao2.net/opera/opera_main007.html

参考URL:http://www.mao2.net/opera/opera_main007.html

Qレ・ミゼラブルについて

レ・ミゼラブルに出てくるフランは、
今でいうと、どれくらいの価値があるのでしょうか??
教えてください(*^0^*)

Aベストアンサー

盛り上がってますねー。レ・ミゼラブル。
シャルロットゲンズブールも年とりましたねー。

「レ・ミゼラブル 百六景」/鹿島茂/文集文庫に、
(釈放後のジャンバルジャンの所持金として)『百九フラン十五スー(約十一万円)』と説明があります。
↑この本は結構お薦めです。(筆者は有名な仏文学者)

1フラン≒千円とするならば、例えばコゼットの持参金60万フランは、6億円(!)となります..

Q「ド♯ミ♭ファド♯ミ♭レミ♭ファファ♯」の曲名

ご閲覧ありがとうございます

「ド♯ーミ♭ーファード♯ーミ♭レミ♭ファファ♯ー」という曲のタイトルを探しています
「時計の歌」だと思っていたのですが、その名前で検索しても他の曲(文部省唱歌)しかヒットしません

ご教示いただければ幸いです

Aベストアンサー

時計つながりは合っていましたね。

曲名: シンコペーテッド・クロック (The Syncopated Clock)
作曲: ルロイ・アンダーソン (Leroy Anderson)
http://www.youtube.com/watch?v=YFJOdbGziVg

Qレ・ミゼラブルの和訳の種類について

新潮文庫から出ている全5巻佐藤朔氏訳のレ・ミゼラブルは所有しているのですが、前に一度、本屋で違う方が訳された全4巻のレ・ミゼラブルを見かけ、内容や文脈から少し違う印象を受けました。
それで、今現在和訳されているレ・ミゼラブルの種類、あるいは和訳している翻訳家の方の数ということになりますが、それは何種類ほどあるものなのでしょうか? 長い分そう何十種類もはないと思いますが…。
大好きな作品なので、色んな和訳を読んでみたいです。ご存知の方よろしくお願いします。

Aベストアンサー

ざざっと調べて

講談社インターナショナルから出ているものが819円
岩波書店上756円、下798円
角川書店から出ていた全4巻は既に絶版
偕成社上・中・下各735円
ドレミ楽譜出版1575円
国土社1680円
学習研究社714円は絶版
岩波書店1巻903円2巻840円3巻735円4巻840円
春陽堂書店399円
筑摩書房全3巻各819円
日本放送出版協会上下巻各294円
金の星社945円
潮出版社全3巻各5040円
汐文社既刊2巻各1680円

です。
こういう時は、クロネコヤマトのブックサーヒスで検索すると、絶版本もリストに出て来るので、昔読んだ本を探す時には便利です。
ふつうのネット書店だと、絶版になった本はリストにあがってこないので。

参考URL:http://market.bookservice.co.jp/top/ovindex.html

Qバッハの主よ人の望みの喜びよ

バッハの主よ人の望みの喜びよ って良く聞く主題の他に違う楽章があるのでしょうか?
全然違う曲をこれは主よ人の望みの喜びよ と言う曲ですと言われ ん?違うでしょうと言ってしまいましたが。

Aベストアンサー

えーと、ちと、ややこしいです(苦笑。

現在一般に”主よ、人の望みの喜びよ”と呼ばれる曲は、バッハのカンタータ147番の中のコラール合唱をヘスがピアノ曲に編曲したものです。
ちなみにコラールとはドイツルター派教会で歌われる賛美歌のようなもの。その旋律をバッハは華麗な合唱曲に仕立て直しました。それがあまりに美しいので後世の人がもっと気軽に演奏・鑑賞できるよう(合唱曲は一人で演奏できない)ピアノ曲に編曲したわけです。

ですので、厳密に言えば、バッハは”主よ、人の望みの喜びよ”という曲を作曲してはいません。バッハが作曲したのはあくまで「カンタータ147番 心と口と行いと生きざまは」です。

しかし、この他人が編曲したピアノ曲のほうがひどく有名になってしまったため、バッハのカンタータ147番の中の合唱曲を”主よ、人の望みの喜びよ”と呼んでしまう人が少なくありません。
さらにはカンタータ147番全体をそう呼んでしまう困った人もちらほら(失礼)。

この辺の事情を承知している人なら、「”主よ、人の望みの喜びよ”というピアノ曲に編曲され有名なバッハのカンタータ」とちゃんと紹介するんですがね。

なお、同様にアレンジの曲名でバッハのオリジナル曲が呼ばれてしまう例としては、「管弦楽組曲3番」が”G線上のアリア”と呼ばれるケースが有名です。

さらに補足ですが、”主よ、人の望みの喜びよ”はケンプが編曲したものもあります。

さらにさらに余談ですが、”主よ、人の望みの喜びよ”と言ったら、やはりリパティのピアノ演奏がピカ一ですね。
いやもう、リパティ最後のリサイタルの逸話を聞けば、涙なくして聴くことは出来ません。

えーと、ちと、ややこしいです(苦笑。

現在一般に”主よ、人の望みの喜びよ”と呼ばれる曲は、バッハのカンタータ147番の中のコラール合唱をヘスがピアノ曲に編曲したものです。
ちなみにコラールとはドイツルター派教会で歌われる賛美歌のようなもの。その旋律をバッハは華麗な合唱曲に仕立て直しました。それがあまりに美しいので後世の人がもっと気軽に演奏・鑑賞できるよう(合唱曲は一人で演奏できない)ピアノ曲に編曲したわけです。

ですので、厳密に言えば、バッハは”主よ、人の望みの喜びよ”という...続きを読む


人気Q&Aランキング

おすすめ情報