助細胞、反足細胞は、結局なんのためにあるのですか?また、どういった働きのものですか?

A 回答 (1件)

 助細胞は花粉管の誘引を行い,精細胞を卵細胞や中央細胞に受け渡す役割を,反足細胞は幼胚に栄養を供給する役割をもつのではないかと思います。

なお,植物ごとに,消失の時期や発達の状況が異なり,全ての植物で働くわけではないようです。

http://wwwsoc.nii.ac.jp/bsj2/bsn/data/2002_7B.htm
    • good
    • 0
この回答へのお礼

わかりました。ありがとうございます。
そういう役割のものだったのですね。

お礼日時:2005/04/10 23:55

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人はこんなQ&Aも見ています

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q髄鞘・シュワン鞘・ミエリン鞘?

 シュワン鞘とミエリン鞘について、その意味を調べたら、シュワン鞘は軸索の外にある皮膜、ミエリン鞘は髄鞘の事という事が分かって納得して来てしまいました。
 でも、考え直してみると、軸索の外にある皮膜と髄鞘の区別が付きません。
 結局、髄鞘、シュワン鞘、ミエリン鞘は3個とも同じ意味を表しているのですか?
 専門的な言葉は分かりません。よろしくお願いいたします。

Aベストアンサー

有髄神経の軸索はシュワン細胞がぐるぐると巻き付いています。シュワン細胞が巻き付く際に細胞質はどんどん外側に押し出され,内側はシュワン細胞の細胞膜だけが幾重にも巻き付くことになります。この巻き付いた細胞膜だけになった部分を髄鞘(ミエリン鞘)と呼びます。一方シュワン細胞の細胞質を含んだ本体は,最も外側に配置することになりますが,これをシュワン鞘と呼びます。図が探せませんでして…

Q被子植物 反足細胞

反足細胞は何のためにあるのですか?

Aベストアンサー

わかっていません。

一部の植物では胚や胚乳の養分そのもの、あるいは養分供給ルートになっているのではないかと
言われているものもあります。(受精後、濃く染色され大きくなるものに関しては。)

ただ、中には反足細胞を作らない植物もいます。
必須のものではないのかもしれません。

植物によって役割が異なる可能性もあります。

役割が未だによくわかっていないのが反足細胞なのです。


このQ&Aを見た人がよく見るQ&A

人気Q&Aランキング