看護学校・大学(看護関係)にいったら、注射って誰でもできるようになるのですか?
看護師になったら、実際の医療現場で注射をする回数はどれくらいあるのですか?

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (4件)

>注射って誰でもできるようになるのですか


⇒技術ですから、ウマい下手はありますが、回数を熟している人がウマい傾向にあります。兎に角回数ですね。!(^^)!

>看護師になったら、実際の医療現場で注射をする回数
⇒それは配属の科によってまるで違いますよ。逃げてマイナー科に行く人もいるみたいですし・・・。(^_^;)

これってどうも向き不向き・・・センスの問題・・・・って気がします。 私も医大丹入学前に心配だったのが、人体解剖と注射で、注射はICUで散々練習しました。最初は部位は深いけど、動脈の方がはっきり分かるので遣りやすかったです。

友人と遣りあったり、自分でバタフライでやったりしているうちにウマく出来るようになります。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

やっぱり経験ですか…。科によって注射する回数は色々なんですね。

お礼日時:2005/04/10 12:38

No.3の方の回答を訂正します。


「静脈注射は本来は医師法違反でできませんが」
昔は違反でしたが、現在は認められています。
医師の指示の下で有れば、静脈注射は合法です。
平成14年9月30日付、医政発第0930002号
回答は正確に致しましょう。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

訂正ありがとうございます。

お礼日時:2005/04/10 12:43

>注射って誰でもできるようになるのですか?



はい、誰でもできるようになります、筋肉注射なら練習も何もないです、ヨーグルト飲料にストローをさすのと同じ手技ですから、すぐできます。 ただ、合併症や事故に対するリスク回避の勉強の方が大変です。
静脈注射は本来は医師法違反でできませんが、やってますね。 採血はセンスがものをいう世界ですが、だれでも何とかなります。 麻薬中毒の患者さんは資格も無いのに自己注射を上手にこなします。

>看護師になったら、実際の医療現場で注射をする回数はどれくらいあるのですか?

 たとえば、赤十字の献血に配属されれば、献血者の数だけ採血用の注射を毎日することになります。

注射は基礎的な手技のひとつですからできて当たり前の基本手技です。 あまり特別に考える事柄ではないですね。
    • good
    • 0

普通の筋肉注射、静脈注射、採血なら簡単ですよ。

数回練習すればできるようになります。問題は患者さんが、いろいろだということでしょう。あとは経験の積み重ねだと思いますが。

医療現場では、その現場によりけりではないでしょうか。でも、一度注射の仕方を覚えれば、忘れることはないので心配はいらないのではないでしょうか。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

注射ってもっと難しいものだと思ってました。なるほど、確かに患者さんにもよりますね。

お礼日時:2005/04/10 12:29

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q造影剤注射、腕紫色どうしたらいい

 8/12某総合病院にて腎臓のレントゲン写真をとるために造影剤を注射しました、翌日注射針を刺した所から1cm離れたところから外側に、縦7cm、横4cm位内出血して紫色をしてるでわありませんか、痛みもあり、現在は色が濃くなっています、広がりはあまりない状態です。この様なことは初めてなので注射した医師を疑っています。造影剤を血管の中に注入せず血管の外に注入したのでわと、思っています。この様なことってよくあるのでしょうか??。

 造影剤を注入したレントゲン写真での、病気の原因は不明、けったり踏んだり、尿管の画像もはっきり映し出されてない状況で判断できるのか不思議でなりません。それに一方向のみの撮影、素人ですが、二次元画像は必要だと思います。次回検査が8/19こんなに期間をおいて病気の原因究明ができるのか、患者からするととっても不安です、

 どなたか造影剤の注射の件、造影剤を注入したレントゲン写真の画像の件、原因追求のための再検を1週間単位でいいのか教えてください。
 疾患状況は、小豆色の血尿2~300cc、年齢52歳、尿検査(血)陽性

 医療関係者には、文面は失礼だと思いますがよろしくお願いいたします。
 

 8/12某総合病院にて腎臓のレントゲン写真をとるために造影剤を注射しました、翌日注射針を刺した所から1cm離れたところから外側に、縦7cm、横4cm位内出血して紫色をしてるでわありませんか、痛みもあり、現在は色が濃くなっています、広がりはあまりない状態です。この様なことは初めてなので注射した医師を疑っています。造影剤を血管の中に注入せず血管の外に注入したのでわと、思っています。この様なことってよくあるのでしょうか??。

 造影剤を注入したレントゲン写真での、病気の原因は不明、けった...続きを読む

Aベストアンサー

まず検査は排泄性尿路造影と呼ばれるもので、検査施設にもよりますがIVPと呼ばれるものとDIPと呼ばれるものがあります。詳細は省きますが、ともに数十ml~100mlの造影剤を注射ないしは点滴で注入しますので、仮に注入時に「大きな」漏れがありましたら、正直、造影剤による痛みはかなり強いものなので、それに気がつかない/耐えられるヒトでしたら、今の痛みなんて屁でもないはずで問題にもしていないと逆説的に帰結できるほどです。それに注入時には漏れの有無は確認しつつ(視診と痛みへの問診)するものです。漏れがあったから検査が… というのはこうしたことを一切無視して施行した場合でして実際はどうだったんでしょうか?(注入時には気が付かない造影剤の漏れというのは一定あるものです)

この状況で検査が失敗だったと決め付けるのは素人の浅はかな考えでしかありません。この検査は造影剤によって尿路の形態を浮かび上がらせることが目的ですが、そもそも尿路に閉塞があったり腎機能が思いのほか低かったりしますと造影剤の流れ出しは当初に想定しました時間内でははっきり出ないこともあり、写真をみたら尿管が描かれていないことなどよくあることです(腎盂腫瘍・尿管腫瘍・尿管結石…)結果をみて写っていないから追加で翌日朝に写真をとったら写りが少しあったなんてこともあるほどです。撮影しました一連のシリーズの中で最初に写りが悪い(5分とか10分ぐらいだとヒトによっては写りが悪いのが普通です。30分や45分で両側とも(健康な側も)写りが悪いとなると色々考えます。またこう言う場合は追加で数時間後をオーダーします。)ことは何も不思議ではありません。ちなみに何分間隔で写真を撮るかは施設と検査ごとに微妙に異なります。

『写らない事も検査結果、貴重な所見のひとつである。』

造影検査を執り行う医師であれば常識として持っているものです。それに対してお金が必要ないなどと…常識ある方なら絶対に口にしないで下さい。

それくらいならもっと詳しい結果の説明と今度の検査の意義について説明もらってください。尿路結石の診断(疑診含む)でIVP/DIPをして本当の意味で結果不明のまま血液検査だけってのは理解できません。少なくとも他の疾患の疑いをしなければいけないような結果はでなかった=これも結果、がちゃんと得られていたと考えるのが普通です。

小さな結石で描出不良だった…ということで排石待ちながら様子を見るなんてことはよくあることです。…私はこれが質問や補足の文面から一番先に思いつくことなんですがね。

もし今回の結果にて明らかな異常欠損像があったり、全く描出がなされていないなどあれば、至急で血液検査をしたり、次回別の造影検査(逆行性腎盂尿管造影など)やCTなどを計画するはずです。

IVP/DIPの臥位正面像は普通のものです。側面像は骨と重なることや対側の尿管との深度の差からきれいに取れないためと情報が無いので一般に撮りません。唯一尿管の前後の位置関係に問題があると考える場合には撮ることもあります/したが、そんなことが必要な症例は現在では造影CTに取って代わられていまして、まずする機会に出会うことはありませんので#3さんが言われるとおりです。

これらを総合して言えることは、明らかに医師との間のコミュニケーション不足です。医師に直接聞くことが出来ないのであれば看護師を通して医師へ検査結果の再説明を求めるべきです。

おそらくその辺の専門家よりはよく知ってるとは思いますが、私は一般人です。泌尿器科の専門医試験に合格したりそのあたりの学会に普通に参加してるような一般人と思ってください。こちらのサイトにはそんな感じの一般人がたくさんいるようですね…

まず検査は排泄性尿路造影と呼ばれるもので、検査施設にもよりますがIVPと呼ばれるものとDIPと呼ばれるものがあります。詳細は省きますが、ともに数十ml~100mlの造影剤を注射ないしは点滴で注入しますので、仮に注入時に「大きな」漏れがありましたら、正直、造影剤による痛みはかなり強いものなので、それに気がつかない/耐えられるヒトでしたら、今の痛みなんて屁でもないはずで問題にもしていないと逆説的に帰結できるほどです。それに注入時には漏れの有無は確認しつつ(視診と痛みへの問診)す...続きを読む

Q睡眠薬などの処方について。(医師、薬剤師、医療事務、看護師、弁護士関係

睡眠薬などの処方について。(医師、薬剤師、医療事務、看護師、弁護士関係の方に)

以下の処方の仕方に違法性はありますか?

ハルシオン、マイスリー、リスミー、トラベルミン、アモバン 屯用各15回分

1回の処方です。かなり大きな総合病院(三次救急指定)の救急受診で年に5~6回です。

処方を受けているのはその病院に勤務する医師です。

さすがに自分で自分の処方はしてません。全部違う他の医師から処方を受けてました。


どのような用途で使用しているかはわかりません。

私自身も医療関係ですが、あまり詳しくなく、困惑しています。

どうこうするつもりはありませんが、変なことに巻き込まれるのではないか、、、

詳しい方教えてください

Aベストアンサー

MAXは一つの薬剤で1か月分だと思います。

なのでその量ですと2か月分近くありますので正常ではないですね。
「法律違反」ではないと思いますけど。

まぁ何かあった時、はその医師にまで責任が及ぶ可能性は無くは無いです。

Q造影剤を注射すると気持ち悪くなのはなぜでしょう?

腹部の精密検査で、CTスキャンをするときに造影剤を注射しました。
そのときどうして気分が悪くなるのでしょうか?
気分が悪くなったら教えてくださいといわれ、本当に気分が悪くなりますた。
造影剤とはいったいなにでしょうか。

検査とはいえ、体に害があるような気がしてなりません。
よろしくお願いします。

Aベストアンサー

詳しい話は忘れてしまいましたが、
友達が造影剤で血圧が急降下してやばい状態になりかけました。
彼女は看護婦で、救急で運ばれ、
検査で造影剤使用の際、他にも造影剤はあるのに、
ある造影剤を使うと聞かされ、
「え?!それ使うの!!」と思ったそうです。

その病院でずっとかからなければいけないのであれば、
感じている不安をお話ししたほうが良いと思います。

そうでなければ、使われた造影剤を聞いて、
普段のかかりつけ医に相談なさっては?

Q看護師の生食注射について

近年、看護師の静脈注射に関して、いろいろ議論がされていますが、
次のような行為は、保助看法違反になるのでしょうか?

医師がサーフロ刺入してヘパリン生食ロックされているルートから
看護師が点滴を開始する際、注射指示伝票などに指示はないが、
生理食塩水を注入して、ルートが静脈に入っていることを確認する。

静脈注射のことを調べていて、ふと疑問に感じました。
生食は日本薬局方に収められている「医薬品」ですが、
点滴漏れが疑われる場合などにも、看護師の判断で静注することがあるようです。

医療関係者、法律に詳しい方からの回答を希望します。

Aベストアンサー

看護大学の教員です。

基本的に、平成14年の厚労省医政局長通知により、看護師の静脈注射は「診療の補助行為の範疇」として取り扱われているのはご存じだと思います。

文書による医師の指示がないことが、違反となるかどうかということが質問の趣旨と理解しましたが、文書に記載されていないことを「指示がない」と理解すれば、法律に違反していると考えられるかもしれません。しかし実際には口頭での指示や組織内での明示的もしくは暗黙の決まりごとがありますので、常識的な範疇で行われている限り、実際に刑事罰の対象となることはないでしょう。

また最近は、慣習的な行為を避けるようにしているので、生理食塩水などを治療薬の点滴などと一緒に処方(指示)している病院が増えていると思います。

Q子宮筋腫のMRI検査とそれに伴う造影剤・筋肉注射

明日、子宮筋腫の検査をする為にMRI検査を受けます。
看護士さんに造影剤の副作用について説明を受けましたが、軽いものだと言われたので承諾書に署名しました。
帰宅してから、知り合いと話したのですが、造影剤の副作用で呼吸困難や心停止などの重い副作用があることや死亡することもあると聞き、アレルギーがあると、重い副作用が出る可能性が高くなるとも言われました。
私には主だったアレルギー症状は出ていませんが、花粉症が最近出てくるようになりました。花粉症もアレルギーだと思うのです。
また、甲状腺機能亢進症の人には、造影剤の使用は慎重にならなければということも言われましたが、私の持病が甲状腺機能亢進症なんです。
勿論、花粉症のことも甲状腺機能亢進症のことも最近かかった糖尿病のことも病院には伝えてあり、飲んでる薬も伝えてありますが、不安だったので、病院の診察を受けた科に電話して聞いたところ、「当日、放射線科で嫌だと伝えれば造影剤の使用なしで検査して貰えると思いますよ。それに、造影剤を使用する可能性は2割くらいですよ。」と言われました。
診察を受けた科から放射線科に連絡をしてはもらえないものなのでしょうか?
承諾書に署名したのに、当日に造影剤を拒否出来るのでしょうか?
また、腸の動きを止めるのに、筋肉注射をしなければならないのですが、大変痛いということなので、出来れば受けたくないのですが…。どうしても筋肉注射は必要なのでしょうか?

明日、子宮筋腫の検査をする為にMRI検査を受けます。
看護士さんに造影剤の副作用について説明を受けましたが、軽いものだと言われたので承諾書に署名しました。
帰宅してから、知り合いと話したのですが、造影剤の副作用で呼吸困難や心停止などの重い副作用があることや死亡することもあると聞き、アレルギーがあると、重い副作用が出る可能性が高くなるとも言われました。
私には主だったアレルギー症状は出ていませんが、花粉症が最近出てくるようになりました。花粉症もアレルギーだと思うのです。
また、...続きを読む

Aベストアンサー

 質問者としては、子宮筋腫の検査を受けることに不安があるのでしょうか。
 
 通常、検査も医療行為なので、危険が伴います。
 いろいろな危険性を考慮して最低必要限度の検査を行うように決定して、その説明を行います。
 子宮の撮影をする際に、腸が動いては子宮に影ができて診断できなくなるため、腸の動きを止める必要がありますし、
 筋腫の有無の確認や携帯を見るために、造影剤が必要である場合があります。
 そのことを、リスクも含めて検討して提案しているのが、普通です。

 確かに、造影剤に過敏に反応して重篤なアレルギー症状を起こす人もいますし、部位によっては、造影剤を使用せずに検査を行うことのできる人もいます。
 そういういろいろなことを自身でごっちゃにして考えては、一番肝心なことがおろそかになってしまうのではないですか?
 造影剤は使いたくない。筋肉注射もしたくない。のであれば、子宮筋腫の検査はしないほうが良いと思います。
 それによっておこる腹痛や、症状は、検査をしないので、わからない。ということになりますね。
 もし、手術をするのであれば、手術もできないということですね。

 どちらを選択するかは、ご自身の問題です。 

 質問者としては、子宮筋腫の検査を受けることに不安があるのでしょうか。
 
 通常、検査も医療行為なので、危険が伴います。
 いろいろな危険性を考慮して最低必要限度の検査を行うように決定して、その説明を行います。
 子宮の撮影をする際に、腸が動いては子宮に影ができて診断できなくなるため、腸の動きを止める必要がありますし、
 筋腫の有無の確認や携帯を見るために、造影剤が必要である場合があります。
 そのことを、リスクも含めて検討して提案しているのが、普通です。

 確かに、造影剤に...続きを読む

Q医療現場での実際の雰囲気について

医学部の大学生の女です。
体育会系のノリは少し苦手な、ニコニコ大人しいタイプです。
将来病院に勤めだしてからの人間関係について不安に思っていることがあり、質問させていただきました。


私の大学の医学部の文化祭ステージでは、女の子たちが露出の激しい衣装で踊るような出し物が多いです。
そして、スカートをめくって下着を見せてアピールしたり、司会の人が胸を触ったりして会場を盛り上げています。
会場では、ステージ衣装で歩いている子は、知り合いに胸をさわられたり、服の中に手を入れられたりしてはしゃいでいます。

また、私は他学部の仲の良い友人との飲み会は静かに語り合っている事が多いのですが、クラスメイトと雑談している時にそのことを話すと、「脱がない飲み会の何が楽しいの?」と言われてびっくりしてしまいました。

さらに、病院で働いている知り合いの知り合いから聞いた話なのですが、
その方の部署では飲み会では皆半裸か全裸で、一線を越える一歩手前くらいまで乱れており、飲み会が終わった後は気に入った相手(既婚者も含む)とホテルに行って続きを楽しむらしく、話を聞いてドン引きしてしまいました。


今私は医療を学ぶことが楽しく、若干クラスで浮いていますが気にせず勉強に励んでいます。
部活の飲み会は盛んみたいですがクラスの飲み会はほとんどないので、気にしなければ周りの性の乱れもあまり実害はありません。
ですが、病院で勤め始めるとなると飲み会には参加しないといけなくなると思います。
病院は上下関係の激しい体育会系のノリ、という一般的な噂も良く聞くのでちゃんとやっていけるか不安です。

そこで、病院で働いている方から実際の病院の雰囲気を教えていただきたいです。
また、総合病院・大学病院・個人病院等での雰囲気の違いがあれば知りたいです。
よろしくお願いいたします。

医学部の大学生の女です。
体育会系のノリは少し苦手な、ニコニコ大人しいタイプです。
将来病院に勤めだしてからの人間関係について不安に思っていることがあり、質問させていただきました。


私の大学の医学部の文化祭ステージでは、女の子たちが露出の激しい衣装で踊るような出し物が多いです。
そして、スカートをめくって下着を見せてアピールしたり、司会の人が胸を触ったりして会場を盛り上げています。
会場では、ステージ衣装で歩いている子は、知り合いに胸をさわられたり、服の中に手を入れら...続きを読む

Aベストアンサー

総合病院で働いています。

私は会社員も経験していますが、少なくとも私の働いている病院は職場の雰囲気は普通の企業と変わりありません。
飲み会で乱れるという事も私の知る限りありません。
私が仕事上接するのは看護師さんが主ですが、体育会系のノリは感じます。
ただし、いい意味で、です。
過度の上下関係の厳しさや理不尽さ、シゴキの様なものなど、
誤解が多分に入った体育会系のノリではありません。
仕事の面で時には厳しく指導する事もありますが、
プライベートでは先輩後輩関係なく楽しくやっているようです。
おそらく、医師やその他の専門職も同じような感じだと思います。
ただ最近は仕事の面でもナアナアになっていい意味での体育会系のノリも薄まってきた気がします。
大学病院はもっと厳しいと聞きます。
ただしこれも仕事の面であり、仕事に対するプロ意識の強さの現れです。
No.2の方や世間一般でも指摘される事が多いようにプロ意識が悪い方向に出る事も事実ですが。

質問文の前半部分に関しては、
ハメを外す事に関してはどの世界でも昔もあったでしょうし、
特殊例をみてこれが一般例だとは思いませんが、
こういう人間が医療業界に入って来るのかと思うと非常に不愉快です。
医師、看護師とも尊敬する部分はありますが、
「一般の社会とは少し常識がずれているのでは?」と感じる事もあります。
これは医療業界が、という事ではなく、最近の若者は、という事なのかもしれません。

少なくとも質問者さんがこういう部類の人間ではない事は幸いです。
医療はやりがいのあるすばらしい仕事だと思います。
知識や技術だけでなく、広い意味で「人を観る」、という事が医療の本質です。
周りに流される事無く、学生である今の時点から、人間を観る目を十分に養ってほしいと思います。

総合病院で働いています。

私は会社員も経験していますが、少なくとも私の働いている病院は職場の雰囲気は普通の企業と変わりありません。
飲み会で乱れるという事も私の知る限りありません。
私が仕事上接するのは看護師さんが主ですが、体育会系のノリは感じます。
ただし、いい意味で、です。
過度の上下関係の厳しさや理不尽さ、シゴキの様なものなど、
誤解が多分に入った体育会系のノリではありません。
仕事の面で時には厳しく指導する事もありますが、
プライベートでは先輩後輩関係なく楽しくやっている...続きを読む

Q造影剤注射後の腫れと痛み!

手首が痛く、3日前に病院に行ったところ
造影剤を注射して検査することになったんですが、
次の日起きてみると手首が腫れていて、少しでも
動かすとうずくような痛みがあり、箸も持てない状態でした。心配になり再度病院にいったら、「とにかく冷やして」と言われ薬ももらったんですが、今日になって、体がだるくなり熱も出ています。このようなことは普通なのでしょうか?造影剤なんて初めてで良く分からないです…、どなたか教えていただけないでしょうか? 

Aベストアンサー

 ‘造影剤を使った検査’を行ったとのことですが、関節造影のことでしょうか。そう考えてアドバイスさせていただきます。
 発熱とだるさは造影剤を使った検査とは関係があまり無いように考えます。
 むしろ、関節リウマチなどの病気の初期症状を疑って治療に望んだ方がよいかもしれません。
 関節造影検査を医師が行ったということは、すでに関節に腫れがあったのではと想像します。それが、たまたまかあるいは検査が少し引き金になったかして、はっきりとした病状になった可能性があります。
 もう一つは検査の針を刺す過程でばい菌が体内に入った可能性もありますが、確立は低いと考えます。
 もし、腫れているのが手首の関節(手関節)に限られていて、皮膚が熱いだけで、赤い色にまで変化していないで、体温の上昇が明日もつづき、全身のだるさもあるようなら、関節リウマチを診療しているリウマチ科や膠原病内科、もしくはその筋の整形外科を早急に受診して下さい。
 もし、私の推定で前提とした病状があなたの状態と違っていたらごめんなさい。
 早く落ち着くことをお祈りします。

Q担当看護師と受け持ち看護師の違いについて

担当看護師と受け持ち看護師の違いを教えて下さい。日本国内の病院で統一された
解釈があるのでしょうか。

Aベストアンサー

[受け持ち看護師]
主治医の看護師版と思っていただければ理解しやすいと思います。
受け持ち看護師は、患者入院時に決定され、医師やその他の医療従事者(薬剤師や理学療法士等)と治療計画をたて、患者やその家族と話し合い、患者のニードに合わせた看護計画をたてる。そして患者の病状やニードの変化に応じ、看護計画を適時評価変更する。そうすることによって、看護計画を見ると勤務する全ての看護師間で、その患者に対する看護の共通理解が出来る。
基本的に受け持ち看護師は1人ですが、どこの病院もグループでフォローしていると思います。(私の勤務している病棟は、1グループ4人の看護師で形成:ベテラン、中堅、新人といった形で)受け持ちの看護師が不在(休み)の時は、グループのほかのメンバーがフォローします。
一番患者に接するのは、入院時、病状説明が行われるとき、大きな検査や手術を受ける前、退院前の生活指導時、そして日々の闘病生活の相談窓口として、1人が主に接することにで信頼関係がよりよく形成ことも目的としています。

日々の看護も常に受け持ちやそのグループで出来るのが理想的ですが、病棟全体の患者の病状や、勤務態勢もあり、それが実践できているは限られた病棟だと思います。

よってその日(日中の時間帯、夜間の時間帯など)1勤務単位で担当し、注射や点滴の処置、日常のケアなど行うのが[担当看護師]です。(その部屋の担当という形が基本ですね。)
担当看護師は引継前、看護記録を読み、その患者の今ある状態の情報収集をし、受け持ち看護師が立てた看護計画にそって患者のケアにあたります。


日本国内の病院で統一された解釈ではありますが、実践されているかどうかは、その病院、病棟の看護体制等によります。
日々の勤務に追われ、そこまで手を回すのは、はっきり言ってかなりきついです。私もかなりの残業をして、何とかこなしています。
病院や病棟、そして全ての医療従事者が、よりよい医療を提供しようという意志がないと出来ない物だと思っています。

長くなりましたが、ご理解頂けたでしょうか?

[受け持ち看護師]
主治医の看護師版と思っていただければ理解しやすいと思います。
受け持ち看護師は、患者入院時に決定され、医師やその他の医療従事者(薬剤師や理学療法士等)と治療計画をたて、患者やその家族と話し合い、患者のニードに合わせた看護計画をたてる。そして患者の病状やニードの変化に応じ、看護計画を適時評価変更する。そうすることによって、看護計画を見ると勤務する全ての看護師間で、その患者に対する看護の共通理解が出来る。
基本的に受け持ち看護師は1人ですが、どこの病院もグル...続きを読む

Q放射線被ばく量(半年に1回の腹部CT(造影剤静脈注射))

 70代前半の母がこのたび民間病院で消化器の炎症が腫瘍になっていないかどうかを調べるため造影剤(ヨード)を静脈注射しながら腹部CT検査を受けました。
 これから、半年に一度CT検査を受けなければなりません。
 放射線被ばく量が心配です。
 実は、母はこの病院にかかる前は大学病院で2年間ほど半年に1回、同じ目的でMRIで検査を受けておりましたが、主治医から近くの病院で検査を受けて下さいと言われ、私が肝胆膵の専門医のいる病院を探し主治医に紹介状をもらって、腹部CT検査を受けたのですが、この病院はMRIがありません。先生はMRIより造影剤を使ったCT検査の方が肝胆膵の管の様子がおっしゃいましたが。そうしたら、なぜ、大学病院ではMRIで済ませたのだろうと後で疑問が残りました。
 はてなが残りつつ、造影剤を入れた時、母は少し気分が悪くなり点滴を受けました。これも、はてながわきおこり、というのは、私も造影剤を注入して腹部CT検査を受けましたが、少し身体が熱くなりましたが点滴などは受けたことがなく、ましてや、気分も悪くなったことがありません。
 何より、いくら高齢とはいえ被爆量が心配です。

 70代前半の母がこのたび民間病院で消化器の炎症が腫瘍になっていないかどうかを調べるため造影剤(ヨード)を静脈注射しながら腹部CT検査を受けました。
 これから、半年に一度CT検査を受けなければなりません。
 放射線被ばく量が心配です。
 実は、母はこの病院にかかる前は大学病院で2年間ほど半年に1回、同じ目的でMRIで検査を受けておりましたが、主治医から近くの病院で検査を受けて下さいと言われ、私が肝胆膵の専門医のいる病院を探し主治医に紹介状をもらって、腹部CT検査を受けた...続きを読む

Aベストアンサー

被「爆」ではなく、被「曝」です。

被曝で問題となるのは、急性期と晩期の合併症だと思います。
肝胆膵を狙ったCTで、造影剤を入れながら複数回撮影するとなると、1回の撮影よりも回数分だけ、線量が多くなるのは当然です。しかしながら、急性期合併症の観点からいえばかなり線量が抑えられていますので、特殊な遺伝子異常でもない限り、問題となることはありません。
晩期合併症としてはおそらく腫瘍発生などを懸念しておられると思いますが、年2回程度であれば問題ありません。腫瘍発生を起こす確率をあげるまでには、高齢者が感受性が低いが放射線障害に対して修復機能が低いことを加味しても、数年以上かかると予測されますし、がんが発生してから、検査で分かるくらいになるまでにはさらに数年はかかるでしょう。70歳代前半であれば、それほど問題とする必要はないと思います。これが30歳代となると検査の組み立てに再考が必要だと思います。
もちろん大前提として、もともとの疾患に対して検査が必要な状態であり、CTで得られる情報が被曝のデメリットよりも大きいことがありますが。

CTとMRIの使い分けは#2にあるように様々です。どちらがいいというのは一概に言えません。

>造影剤を入れた時、母は少し気分が悪くなり点滴を受けました
これは体調(脱水など)の影響もあると思います。毎回その症状がおこるわけではありません。質問者さんとお母さんは別の体ですからね。

被「爆」ではなく、被「曝」です。

被曝で問題となるのは、急性期と晩期の合併症だと思います。
肝胆膵を狙ったCTで、造影剤を入れながら複数回撮影するとなると、1回の撮影よりも回数分だけ、線量が多くなるのは当然です。しかしながら、急性期合併症の観点からいえばかなり線量が抑えられていますので、特殊な遺伝子異常でもない限り、問題となることはありません。
晩期合併症としてはおそらく腫瘍発生などを懸念しておられると思いますが、年2回程度であれば問題ありません。腫瘍発生を起こす確率をあげ...続きを読む

Q看護師は注射してもいい?

先日、新型インフルエンザの予防接種を受けたのですが、
医師が横にいるのに、何故か看護師に注射されました。
以前何かで「看護師は点滴や採血はできるが、注射は医療行為になるのでしてはいけない」
というようなことを聞いたことがありました。
なので、感覚的に注射は医師がするものだと思っていたので、
看護師さんにされてちょっと驚きました。
これは法律的にどうなのでしょうか?
医師法や看護師法で決められているのでしょうか?

Aベストアンサー

医師です。

看護師は医師の指示により注射や点滴、採血などの医療行為を行うことが出来るとされています。一口に注射と言っても皮下注射、静脈内注射、筋肉注射、動脈注射などがありますが、動脈注射以外は基本的に看護師が行うことで問題はありません。(動脈系のものは採血にしてもA採血といって医師のみが行っている病院、医療機関が多いです。動脈に関しては清潔操作、止血操作などが静脈に比べてより厳しいレベルで行わなければまずいので医師のみとしていると考えられますが、中には看護師に行わせているところもあるようです。)
インフルエンザの予防接種は皮下注射なので看護師がインフルエンザの予防接種をすことには何の問題もありません。というよりもインフルエンザの予防接種は看護師が行っている病院、医療機関の方が多いと思います。
医師が接種希望者に問診をしている横で看護師が接種をするという形式は普通に見られます。実際問題として医師が問診も接種もしていたのではなかなか患者をさばくことができず効率が悪いですし、私の勤務先の病院でも看護師が接種をしています。要は医師が問診して接種OKのサインをしてその紙を横の看護師に渡して接種はそっちでやってもらう形式です。

ちなみに予防接種に限らず、各種(静脈)注射を医師が指示して看護師が行うことは病院内で普通に見られることです。例えば毎日何時と何時に注射をするように決まっている患者に医師がその度に病棟に行って注射をするというようなことは通常ありません。注射をしなければいけない時間に主治医が手術に入っている、外来で診療をしているなどはざらですし、主治医以外の医者にしても病棟にはいないことも当然あります。また、数時間おきなど頻回に注射が必要な場合もあります。そういう場合、病棟には常時、看護師がちゃんといるのに医師がその度に病棟に来て注射を行うのでは非効率的ですし、他の診療にも影響が出ます。もちろん、投与してから血圧などをモニターしてしっかりと見ておく必要のあるような場合に医師が自ら注射することもありますが、実際の病棟でどちらが多いかと言えば看護師が注射することのほうが多いでしょうね。

医師です。

看護師は医師の指示により注射や点滴、採血などの医療行為を行うことが出来るとされています。一口に注射と言っても皮下注射、静脈内注射、筋肉注射、動脈注射などがありますが、動脈注射以外は基本的に看護師が行うことで問題はありません。(動脈系のものは採血にしてもA採血といって医師のみが行っている病院、医療機関が多いです。動脈に関しては清潔操作、止血操作などが静脈に比べてより厳しいレベルで行わなければまずいので医師のみとしていると考えられますが、中には看護師に行わせている...続きを読む


人気Q&Aランキング

おすすめ情報