ついに夏本番!さぁ、家族でキャンプに行くぞ! >>

4月から新しい学校で2年生のクラスの担任をしています(講師)
1人だけ、計算がだきない子がいます。他の子はみんなできるみたいですが、その子だけ全然できないみたいで・・・
足し算などは、指も使えないそうです。
去年の先生は、数え棒やブロックを使ってたと言ってましたが、これが一番効果的なのでしょうか??
この子にどうしても計算ができるようになってほしいと願っています。
何かいい方法・教材・道具がありましたら教えて下さい。
もう授業も始まってるので、身近にあるものなど・・・
こんな教え方がいい!!という風に教えていただきたいです!!とってもやる気のある子なので、分からせてあげたいです!!
私も始めて担任するので、あんまり分からなくて・・・
お願いします☆

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (7件)

はじめまして、一教師です。


算数の特に低学年の計算なら、圧倒的に力のつく教材があります。

お奨めするのは「百玉そろばん」です。ご存じですか?
1列に10個ずつの玉がついています。それが10列あるから、百玉そろばんと言います。数唱はもちろん、足し算、引き算、くり上がりやくり下がりのある計算なども、操作的な活動を通して学ぶことができます。

メーカーは、トモエそろばんのものが、とても良いです。
カラーで5つずつに分かれているのと、大きさも低学年の子でも扱える程度に大きいからです。サイトで直販もしています。
http://www.soroban.com/index_jp.html

本当なら、クラスの生徒全員が使えるように大量購入する必要があります。一人だけ特別な教材を使って授業をするのは、不公平感や差別感を生みやすいからです。学校の予算で購入できるなら、それに越したことはないのですが…まずは使ってみて効果を実感しなくては、ですね。


使い方については、以下のサイトにあります。
http://www.tos-land.net/
左側の検索ウィンドウに「百玉そろばん」と入力して検索すると、使い方を記したサイトに飛びます。下に行くほど、アクセス数が高いということです。動画で使い方を紹介しているサイトなんかもあります。早さを実感してください。
また、左のアイコンの中の「TOSSオリジナル教材」の「基礎基本」のところにある、「基礎・子ども百玉そろばんスキル」「応用・子ども百玉そろばんスキル」「向山型算数ノートスキル(児童用)」も購入すると役に立ちます。

今サイトを見たら、4~5月の間に、上のサイトを構築した団体が教材の使い方などを説明しているようですね。そういうのに参加しても良いのではないでしょうか?

お互い子供のために、がんばりましょう。
では
    • good
    • 0
この回答へのお礼

とても参考になりました。100玉そろばんを作りました。喜んで勉強しています。
ありがとうございました!!

お礼日時:2005/05/08 17:01

 計算は技術です。

大人になれば、九九なんて暗記しているでしょう?
 ゲームのように繰り返して、暗記させるのが一番ですよ。実際に、駄菓子屋などに小額の買い物に行かせてはどうでしょうか。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

ありがとうございました。

お礼日時:2005/05/08 16:54

#3です。



回答してから気になったのが
>とってもやる気のある子なので、分からせてあげたいです!!

このお気持ち、親としてはとってもありがたい事なんですが、本人であるお子さんの立場に立たされるとどうなのかな?と思うのです。

張り切って熱意を持って下さっている先生に水をさす様で申し訳ないのですが、
あくまで 判らせてあげる ではなくて、
判るように導いてあげて欲しいです。

私の子供は自閉症で知的障害を伴いますが、特殊学級に居られる別の知的のみのお子さんに対して、保護者の方が「もう4年生ですから足し算位してください」とかよく言われています。
それに対して先生が「私が何とか教えます」とか答えているのをみると、「本人不在」と切なくなってしまうのです。

本人が足し算が出来るようになりたいと思っていても、どうしても数の概念が判らないのに、周りはもう何年生なんだからって言ってる状況はあまりに可哀想です。

本人とよくお話をして、どこでつまずいているのか、どうなりたいのか、お忙しいでしょうけれど頑張って聞いてあげてください。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

丁寧なお答え感謝します。ありがとうございました。子どもと一緒にやっていきたいと思います。

お礼日時:2005/05/08 16:58

頭の中で、おはじきをイメージさせるのはダメでしょうか?


おはじきじゃなくても、好きなお菓子でもいいです。
例えば、キャラメルにしましょうか。
キャラメル1コお母さんにもらいました。
食べたらすごくおいしくて、なくなっちゃいました。
1-1=0
どうしても、もう少し欲しくて、お願いしたら2個くれました。
1+2=3
どうでしょう?
イメージしづらかったら、好きなものを目の前に置いて考える。
イメージトレーニングが出来てから、数の仕組みを教えては?
    • good
    • 0
この回答へのお礼

そうですね!!挑戦します。ありがとうございました!

お礼日時:2005/05/08 17:11

素人の母親ですが、参考になればと思いまして。



私には小6になる自閉症の娘がいます。
この娘はIQ40ですが、何とか8+9とか 16-8とか出来るようになりました。
現在は主に指を使っています。一応これから筆算に移って、2桁の足し算引き算を目指し、ついでに九九も覚えさせようとしてます。(先生がですが)

さて、指の前はおはじきでした。
そしてその前は・・・基本的に計算の前に「数字の概念」をしっかりイメージさせる事が、大切なのではないのかな?と思うのです。

0・1・2・・・と数字が並んでいますが、1より1大きい数が2、2より1大きい数が3、など私たちの頭では当たり前の事が、算数の苦手なお子さんでは実は判ってなかったと言う事があるみたいなんです。
うちの子も1~4まではスムーズに理解できたけれど、5と6がわからない時期が長く続きました。

何年もかかって、数字=あるものの数を示している 
ということを理解して初めて、
指3本=数字の3
だから 3+2 は指3本に指2本を足す事と一緒と判ったみたいです。
ここまで来ると早かったです。
あっという間に繰り上がり繰り下がりを指でするようになりました(自閉症だからかな?)

と言う事で、ものは何でもいいので、数字とものの個数が同じであるというようなプリントを繰り返しして、しっかりイメージが出来上がる工夫をされたらどうでしょうか?

あくまで素人考えですが。
    • good
    • 0

できれば、その子の保護者の方と連絡を取った方がいいんですけれど。


一体どうやって教えるのか知りませんが、放課後などの時間を使って教えるのが一番いいです。
時間外授業、ってヤツです。
去年の先生からそれとなく聞いてみたり、保護者の方に「帰宅時間を延ばしてもいいか」キチンと聞いてみるのも良いです。

とはいえ、二年生ですから遊び盛りな気もするんですけれどね。
二年生でどんな勉強をするのか知りませんが、どの辺りが理解できないのか、どこからわからなくなったのか、まずそれを知る必要があります。
一年生の算数プリントがあれば、それを使ってツマヅキを見つけてあげてください。

数え棒やブロックも確かに使おうと思えば使えるんですけれど、個人的に僕は嫌いです。なんかギスギスしてるから。

だいたい、足し算もできないなら、何故そこから教えてあげないんです?
教材なんかより一対一の教え方が数倍良いです。取れるだけの時間を取ってその生徒に当ててみてください。
指使っても良いじゃないですか。
要は理解できれば良いんです。
僕なんかいまだに指使う時ありますよ(ソレは変)
小さいもので、大量に手に入るもの。
小石とか折鶴とか。

人にモノを教えるのは面倒です。根気も要ります。途中で、やっぱりやめる、なんて言えないんですよ? それだけの気合はあるんでしょうね?
二年生をずっと勉強に縛り付けることは多分無理。その辺りの妥協というのも必要になってきますよ。

担任が初めてでわからないなら、一番その生徒の近くにいる親御さんからの協力も仰げば良いでしょう。
何も一人で物事を始めなくても良いですし。でもまあ、生徒さん本人の理解もいりますけれど。

それから、あまり道具道具って道具ばかり使うのもダメですよ。遊びみたいになってきてやる気減ります。
あくまで勉強が本分であって道具はオマケ。なくてもいいけど、あった方が楽しいから、そういう理由で道具はあるんだって覚えておいてください。
算数の勉強しているのに一度も数字を見なかった、なんてただのバカですよ。

ペーパーを自力で作るのもいいですよね。
先生手製のプリントだったら、ああ、そこまで考えてくれてるんだ、って思うでしょう? 安上がりだし。
ドリルなんかよりよっぽどその生徒にぴったりのものができるわけでしょ?

僕はあまり教師というものにいいイメージが無いので、すこしキツイ言い方をしてしまった気もします。教師も人間なんですけれどねぇ……。あまり人間人間主張する教師も好きじゃない。リーマンがそんなこと言うかっての。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

ありがとうございます。今放課後一緒にべんきょうしているところです。

お礼日時:2005/05/08 17:13

自分の4歳になったばかりの娘は何も教えず、簡単なたし算ひき算なら出来ます。



というのはサンリオのキティーの「はじめてのたしざんひきざん」というDVDを見ているからです。

また、きょくとうの「たす・ひく」というノートも面白いようです。
URLのホームページでキャラクターズ・コレクションに入り、はなまるれっすんをクリックするとそのノートが出ています。

参考URL:http://www.kyokuto-note.co.jp/
    • good
    • 0
この回答へのお礼

ありがとうございました

お礼日時:2005/05/08 17:14

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q小学3年生の娘 算数 学習障害?

この4月に小学3年生になったばかりの娘を持つ父親です。質問は子供が算数がとても苦手(できない?)なことについてです。最近まで恥ずかしながらカミサンに勉強をかなりまかせきりにしており、どれくらいできないかはっきり理解してませんでした。つい先日、カミサンが子供に宿題を教えていた時、あまりに子供が教えてもできないためものすごくイライラして子供に向かって目に余るくらい怒っていたので、私が代わって見たところ時計の問題を解いていたのですがあまりにもできないので、どれくらいならできるかなと試しに600+40は?15-8は?等の問題を出してみると600+40が6004になったり、460になったり、15-8もすごく時間かかったりするのです。他の日にもいくつか問題を出してみましたが、2桁-1桁の引き算の暗算などが九九・割り算に比べ明らかに駄目なのです。駄目なので問題を出すとすごく嫌そうなめんどくさそうな顔をします。小学3年生になってこんなこともできないの?と大変心配になりネットでいろいろ調べてみると学習障害という病気があることを知りました。たしかにうちの子も本を読むのが大好きで書いたり読んだり他のことはまったく普通にできるのですが、計算だけが駄目なのです。(ですが九九はクラスの中でも一番くらいに覚えてできたようです)とっても心配になり子供の将来のことが不安でしょうがなく、一刻も早く対応したほうが良いと思い、本日、専門の病院に診断・検査を受けに行ってきました。本日の検査では、全体の知能指数をみるだけのようで知能指数的にはごく標準レベルとのこと。(ただパズルや迷路など視覚的に捉えることが少し苦手な数値が出ているとのこと)計算については本日も繰上算や繰下算もいくつか出してどれくらいのレベルか確認していたようですが、詳しい検査はまた後日するということで帰ってきました。帰宅後、子供がどれくらいできるかもっと把握したほうが良いと思い、一度かなり前に解いた事のある2年生用の繰り下げ算筆算の3桁-2桁等のドリルを解かしてみたところ、指を使いながらではありましたが、驚くことに標準時間よりも短時間ですらすらと解いていくのです。正解率も20問くらいで2問間違えただけでした。このことは嬉しい驚きで、筆算で指を使いながらならできるの?では先日の600+40があんなに変な答えになってしまうのはなぜ?15-8にすごい時間がかかったのはなぜ?(カミサンに怒られて嫌気が差していたから15-8の方は時間がかかっただけ?)と訳がわからなくなってしまいました。たしかにカミサンに聞いたところ、2年生のときに担任の先生に一度、算数が出来ないことについて障害とかないですかみたいなことを聞いたことがあるみたいなのですが、「苦手なのはたしかですが障害とかではないと思いますよ。指を使わないとできないのもじきに使わないでもできるようになると思うのでそんなに心配する必要はないと思います。」のようなことを言われたらしいのです。通知表も2年生のものを3学期分全て見直しましたが、算数はいずれの項目も3段階の真ん中のBでした。普段の算数のテストもいつも平均点くらいはとってくるようです。
次回の計算に特化した検査でもっとはっきりするのでしょうが、心配で心配で。。これだけの情報ではよくわからないかとは思いますが、3年生にもなって600+40が6004などと答えるうちの子は処理能力に問題がありやはり学習障害(LD)になるのでしょうか?それともただちょっと苦手なだけの部類で済むのでしょうか?4月からはそろばんも習わせています。もちろんこれからは算数を重点的に夫婦でケアしていく予定です。カミサンは、病院の先生がはじめから障害と決め付けたような言い方だったり学校にすぐ連絡すると言ったり、他にも結構きついいやな言い方をされたこともあり、子供をそんなに障害者扱いしたらかわいそうだ、そんな大事にしないで(学校などには知らせず)いいじゃん。と言って私が病院に連れて行ったことを非難するなどで夫婦喧嘩になったりしてしまいました。私としては、素人ではなくしっかりとした専門家に一刻でも早くみてもらってしかるべき対処をした方がよいと思い、いろいろ行動したわけなのですが。万が一、算数の時間だけ特別支援の授業を受けることになってもたしかに子供にとっては他の子と違うためかわいそうな惨めな思いを今はするかもしれないが、全くわからないまま普通クラスで授業を受けているよりは全然マシだし、将来的にはプラスになると思います。しかしかみさんには特別クラスで受けさせるのはかわいそうすぎると理解できないようなのです。いろいろとまとまりのない質問になってしまいましたが、初めての経験であまり知識もなくとても混乱しています。何かアドバイスなりをいただけたらと思います。

この4月に小学3年生になったばかりの娘を持つ父親です。質問は子供が算数がとても苦手(できない?)なことについてです。最近まで恥ずかしながらカミサンに勉強をかなりまかせきりにしており、どれくらいできないかはっきり理解してませんでした。つい先日、カミサンが子供に宿題を教えていた時、あまりに子供が教えてもできないためものすごくイライラして子供に向かって目に余るくらい怒っていたので、私が代わって見たところ時計の問題を解いていたのですがあまりにもできないので、どれくらいならできるかな...続きを読む

Aベストアンサー

はじめまして。塾業界の者です。私もこれまで様々な生徒さんに接してきました。私自身はいわゆる発達の専門家ではなくあくまで塾での経験談としての話であるとしてお読みいただければ幸いです。

まず割り算や九九がスムーズにできて引き算や桁の異なる足し算で混乱するというのは割とあるケースだと思います。
割り算はそれほど苦労されていないとのことですが、あまりのある割り算(例えば7÷2など)はいかがですか。割り算の場合、計算の過程で掛け算の逆と引き算を用います。余りがない割り算で、さらに割られる数が九九の範囲内である場合なら九九が速いお子さんは抵抗なく入ります。ただし例えば、20÷2など掛け算九九を超えた範囲などになるとまず第一の壁です。この場合私は、お金で考えさせます。20円を二人で分けたら一人いくら?とそうすると「10円」とすぐに出て来るお子さんの場合じゃあ20÷2は?と聞くと10と答えられるので一つの壁を超えるきかっけとなります。こういう状態ならばあまり心配はいらないと思います。ただし、お金に置き換えて考えても全くぴんとこないという状態の場合、いわゆる数字の概念に対する理解も含めちょっと心配な部分があると思い、ある程度お金などで慣れさせていきます。

あと桁数の異なる(質問にあった600+40など)これも筆算になっていないと大混乱するお子さんが多いです。私は敢えてこれを一回そのまま頭でやらせてみます。そして、それこそ6400だのになった場合、「600円と40円合わせて6000円になっちゃうかな?」と質問します。これであれ?と思ったお子さんは頭の中でもう一度整理できることが多いです。これでまだ混乱している場合、筆算させます。筆算したときにきちんと位の位置取りが問題なく出来ればいいのですが、筆算の縦書きにしたときの書き方がおかしい場合、「桁」のことがわかっていない可能性があるので桁ごとに仕切りをつくり正しい位置で筆算を書かせています。そういうことを繰り返して身につけさせています。

引き算の15-8などの計算ですが実は中高学年でも苦手な生徒さんは本当苦手です。理解力というよりある意味反射的に思いつくようになるまでこれはやらせた方がいいと思います。
最近は小1で計算を習うとき、学校では10を基準にして分解して理解させることが多いです。もちろん原理はそれなのですが、小2以上の計算では計算としてスッスッと手で覚えているような感覚になっていないととても時間がかかったりするお子さんが多いです。この場合引き算をいきなりやらせるのではなくむしろ8+7=15と出す足し算からおさらいさせます。スピードと正確さを両方兼ね備えるまで繰り返させます。教材としてはいわゆる計算ドリルでも、100ますのようなパターンでもいいかと思います。目標タイムや点数はおそらくドリルなどにはかかれているでしょうが、お子さんと相談して自分なりのハードルを決めさせて、クリアさせるのが本人もやる気がでやすいようです。
足し算で弾みがついたら引き算に入ります。引き算はそれこそー1(引く1)から順に身につけさせていいかと思います。そして繰り下がりですが、学校では繰り下がりをどこかに書かせたりする先生もいますが、速さと正確さのためには反対に書かせない方が後々スムーズになるお子さんが多いです。引く数が2桁以上の筆算の引き算なども結局は15-8などのひとけたレベルの計算の繰り返しですから、一桁のものをいかに速く正確にこなせるかその力づけをさせてあげたらいかがでしょうか?

まだ小3が始まってばかりですし本人に苦手意識がついてしまうtこおで結果として算数が嫌になるのが一番今後心配です。本人にとって自信のある足し算や九九などから弾みをつけさせ大いに褒めてあげて足し算→引き算をクリアできれば九九が問題ないようなので、あまりのある引き算などもこなせるようになると思います。是非親御さんは、親御さんからすればこんな簡単なこと出来て当然などと思わず大げさなくらい頑張ったことを褒めてあげるとお子さんも前向きになるのではないでしょうか。

もちろん診断の結果によってはそれに応じた教育を最優先にされるのが一番ですが、質問のような計算の苦手なタイプのお子さんは比較的多いですし、これまで見てきた中での経験で少しずつ克服するのを見守ってきたのでご参考までに書かせて頂いた次第です。

はじめまして。塾業界の者です。私もこれまで様々な生徒さんに接してきました。私自身はいわゆる発達の専門家ではなくあくまで塾での経験談としての話であるとしてお読みいただければ幸いです。

まず割り算や九九がスムーズにできて引き算や桁の異なる足し算で混乱するというのは割とあるケースだと思います。
割り算はそれほど苦労されていないとのことですが、あまりのある割り算(例えば7÷2など)はいかがですか。割り算の場合、計算の過程で掛け算の逆と引き算を用います。余りがない割り算で、さらに割ら...続きを読む

Q一年生 算数がわからない  どう教えたらいいかわからない・・・。

春に一年生になった娘がいます。
昨日、娘に算数の勉強がわからないと泣かれてしまいました。
今、学校では足し算?の問題を習っているようですが
1+1=とか 10+5=などはわかるようなのですが
日本語で
13は10と? や 19は10と? という問題がわからないようです。
ちなみに 10と2で? や ?と6で16 という問題はわかるようです。
(読解力がないのでしょうか?算数じゃなくて本を読ませるべきなのか・・・?)

どういう風に教えるのが効果的ですか?
おはじき?指?・・・どうも私が教えると回りくどくなってしまって余計に混乱するらしいです。
教えようとせずに同じような問題を毎日出していくのがいいですか?
それともこれからは+-で計算するのだから○は□と?という問いにこだわらなくていいですか?

私たちのころは1+1=みたいなのが普通で?+1=3みたいなのはなかったように思うのですが
最近は足し算でもいろんなバリエーションがあるのでしょうか?

他の方の質問で「差が出始めている」との言葉もうなづけることがあります。
自分の教え力のなさに参ってしまいます・・・。
問題を教えるにはどういうアイテムを使ったほうがいいのか?
ひとつのことにこだわらなくていいのか、教えてください。
又、ドリルも与えてありますが授業がゆっくりなのか毎日持ちません。
(入学当初、「宿題のほかにドリルを一ページね」といって始めましたが
ドリルのほうが進んでしまい結局宿題のみになってしまっています。)
ドリルを増やすべきなのか、別の教材にするべきなのか(でもチャレンジとかも結局一緒ですよね?)
他のご家庭ではどうしていますか?

春に一年生になった娘がいます。
昨日、娘に算数の勉強がわからないと泣かれてしまいました。
今、学校では足し算?の問題を習っているようですが
1+1=とか 10+5=などはわかるようなのですが
日本語で
13は10と? や 19は10と? という問題がわからないようです。
ちなみに 10と2で? や ?と6で16 という問題はわかるようです。
(読解力がないのでしょうか?算数じゃなくて本を読ませるべきなのか・・・?)

どういう風に教えるのが効果的ですか?
おはじき?指?・...続きを読む

Aベストアンサー

教員です。

数には、3つの要素があります。
例えば、「5」なら、
「5」という数字の記号、
「ご」という音(読み方)、
○○○○○というイメージ
です。

きっとお子様は、この3つ目の「イメージ」がしっかり定着していないのだと思います。
ためしに、紙に、

○○○○○

と書いて、「5」とすぐ言えるか。

○○○○○


を見せて、「6」がすぐ言えるか。
ここで、「1、2、・・・6」ではダメです。
上の段が「5」のかたまりだとすぐにわかり、下に1つあるから「6」と出なければいけません。

同様に、「10」までやってみてください。

次に、「10」以上の数です。

○○○○○ ○
○○○○○

を見せて、「11」とすぐに出るか。

○○○○○ ○○
○○○○○

を見せて、「12」とすぐに出るか。
これも、左側が、「10」と一目で認識でき、右側が、「2」と認識できることが大切です。

フラッシュカードのように、○だけを画用紙や自由帳に書いて、
どんどん言いながら、テンポよくめくっていき、
イメージを定着させるのもいいでしょう。

計算だけを繰り返すより、
おはじき、ブロック、フラッシュカード なども上手に活用しましょう。

また、こんな方法もあります。
「11」~「19」までのカードを作って、机の上に裏返して適当におき、1枚めくります。
「16」がでたら、「10と?」と聞きます。
数秒で答えられなければ、親が「6」と答えを言ってしまい、またカードをもとにもどします。
そして、違うカードをめくります。
こうやってゲーム感覚で繰り返しているうち、子どもは答えを暗記しますから、言えるようになります。

あとは、
「1」~「9」のカードを用意しておいて、今度は数字を見せて机の上にばらばらにおいておきます。
先ほどの、「11」~「19」のカードは、裏向きに一山にしてつんでおきます。
その山から一枚とって、例えば「13」がでたら、子どもに見せながら、「13は10と?」と聞きます。
子どもは、「3」をとるわけです。
数字を見ながらですから、言葉だけより簡単だと思います。
「3!」をとったら、今度は、カードを一旦ふせさせて、
「13は10と?」と再び聞きます。
すると、子どもは「3」といえるわけです。

コツは、楽しく、テンポよく、いろいろな方法を組み合わせながら飽きないように、です。

教員です。

数には、3つの要素があります。
例えば、「5」なら、
「5」という数字の記号、
「ご」という音(読み方)、
○○○○○というイメージ
です。

きっとお子様は、この3つ目の「イメージ」がしっかり定着していないのだと思います。
ためしに、紙に、

○○○○○

と書いて、「5」とすぐ言えるか。

○○○○○


を見せて、「6」がすぐ言えるか。
ここで、「1、2、・・・6」ではダメです。
上の段が「5」のかたまりだとすぐにわかり、下に1つあるから「6」と出なければいけません...続きを読む

Q小2です。繰り上がりの計算の教え方についてアドバイスください

小2の息子が、10までの足し算、引き算、繰り上がりの計算でつまづいています。10までの計算をきちんとできることが先決だとは思うのですが、同時に繰り上がり計算についても理解しやすいような教え方はありますか?
1年生の内容なので、さすがに親も焦りを感じています。

どうしても苦手意識が強いようで、教科書通りに教えてもちんぷんかんぷんのようで。飲み込みの遅い子に対して、「あ、そうか」って思わせるような教え方があればお願いします。
また、教え方に関する本も出ているようですが、どれがいいのかわかりません。おすすめの書籍などもあればお願いします。

Aベストアンサー

10までの数の合成・分解を繰り返し練習します。
例えばお母さんが「7」と言えば子どもさんは「3」と答える(会わせて10になるように)最初は指を使ってもいいと思います。これがすらすらできるようになればブロックやおはじきなどの具体物を使って練習します。学校で使うさんすうボックスの中にブロックはだいたい入っていると思いますがなければペットボトルのふたとか、おはじきなど実際に触って数えられるものがいいです。
例えば、7+4の計算だと、「4」から「3」個とって「7」と合わせて「10」を作ります。「10」のまとまりを作るのがポイントです。「4」から「3」とったのでのこりは「1」です。「10」はまとまったので「10の部屋」にいれます(くりあがり)答えは「11」になります。
文章だとわかり辛いと思いますが・・・ニュアンスは伝わったでしょうか?
具体物を使うのがいいのは、子どもは実際に触って数えられるだと数の概念がつかみやすいからです。
参考になればいいのですが・・・・

Q知能指数が境界領域の子供にとって

小学三年生の息子について相談させて頂きます。
長文、乱文お許しください。

子供は三歳の頃、自閉傾向の少ない広汎性発達障害と診断されました。
療育を就学するまで受けてきました。

入学前にうけた知能検査ではIQ78と知的障害はないけれども
通常の80には届かない境界領域との結果が出て主治医からは普通学級にするか
特別支援学級にするかは親御さんの気持ち次第と言われました。

夫婦で悩んでいたのですが、通っていた幼稚園は設定保育の団体行動を
重んじる園だったのですが、そこの園長先生から「うちの園で和を乱したり
外での飛び出しなども皆無だったのですから普通級で問題ないと思います」
との言葉に肩を押して頂き、今までは特に問題が表面化する事なく
普通学級でやってきました。

ただ、中学年に入った三年生の一学期、子供が登校渋りをするようになりました。
その頃から、軽いいじめのような行為を受け始めたのと同時にクラスの女の子に対して
攻撃的な行動が出ました。
学校はその都度真摯に対応はしていただきましたが、親の私からすると大学を出た
ばかりの担任の先生の後手後手感には歯がゆい思いも拭えないでいます。

息子の特徴は
  ・言葉による説明(起承転結や時系列に沿った話し方)が苦手
  ・授業を妨害するような言動、多動はない
  ・刺激にすぐ反応して今するべき事が飛んでしまう
  ・手先が不器用、運動や楽器も不得意で本人にも苦手感がある
  ・お友達と遊んだり、家に大人のお客様が来ることも大好きで社交的
  ・一年前に受けた検査でもIQは78

特別支援級を考えるようになったきっかけはクラスの女の子への他害行為が大きく、
今までされる事はあってもこちらが相手にお詫びするような事態になった事は無かったので
本人が相当学校でいろいろな圧に耐え、それの限界が近いSOSなのではないかと
親としてはそう想像せざるを得ない状況になったからです。

そこでお伺いしたいのですが、学年途中年度途中で支援級に変わらせた場合
子供への話の持って行き方はどうしたら挫折感の少なく伝える事ができるでしょうか?
(息子には診断名は告知はしていません)

また、担任の先生にはクラス全体に対して息子の転級をどのように伝えていくよう
お願いしたらいいでしょうか?主人はこの転級がいじめに繋がらないか心配をしています。
支援級にいた事が後に進学や就職など将来マイナスに働くことなどあるのでしょうか?

まだまだ勉強不足で分からない事が多く何か気をつけるべき点、ご意見など
なんでもいいのでお聞かせ頂ければ幸いです。
長文を最後まで読んでくださりありがとうございました。
内容に気を悪くされる方がいらっしゃったらお詫び致します。

小学三年生の息子について相談させて頂きます。
長文、乱文お許しください。

子供は三歳の頃、自閉傾向の少ない広汎性発達障害と診断されました。
療育を就学するまで受けてきました。

入学前にうけた知能検査ではIQ78と知的障害はないけれども
通常の80には届かない境界領域との結果が出て主治医からは普通学級にするか
特別支援学級にするかは親御さんの気持ち次第と言われました。

夫婦で悩んでいたのですが、通っていた幼稚園は設定保育の団体行動を
重んじる園だったのですが、そこの園長先生から「うちの...続きを読む

Aベストアンサー

教員です。

私は、最近の、「通常学級でちょっと問題があれば、なんでもかんでも特別支援学級へ」
という風潮に危惧しています。

IQ78というのは、こちらの地域では、特別支援学級へは入れない数値です。
ケースバイケースではありますが、一応基準は、IQ70です。

手が出る、
これは、発達障害の子だけではありませんが、
頻度や程度はどのくらいでしょうか?

担任の目線で言うと、
普通の落ち着いた通常学級でも、たたいたたたかれたのけんかなんて、日常茶飯事です。

「先生、○○君がたたいた」
「先生、○○ちゃんが悪口言った」

といったような、教室で話し合ってお互いの理解不足や勘違いを埋めれば解決できる、
そういうレベルなら、ほぼ毎日から2・3日に1回。(同じ子ではありません)

加害児童の親御さんに電話して、家でも注意してもらうレベルなら、週1回から月1回。

加害児童の親御さんに電話して、被害児童の親御さんに謝ってもらったり、
学校まで来てもらい厳重注意、というレベルなら、月1回から3か月に1回。

子どもですから、できないことがあって当然ですし、
できないことをできるようにしていくのが教育です。

3年生になって3か月のうち、同じ子が3回も4回も学校から呼び出しがあって、
被害児童のお宅へ頭を下げに行っている、というレベルなのであれば、
特別支援学級をお考えになるのも分かりますが、そこまでなのでしょうか?

>親の私からすると大学を出た
>ばかりの担任の先生の後手後手感には歯がゆい思いも拭えないでいます。
社会人としても1年目なのですから、保護者の側から「○○してください」と先手先手を打ってお願いするくらいでちょうど良いと思います。

>学年途中年度途中で支援級に変わらせた場合
>子供への話の持って行き方はどうしたら挫折感の少なく伝える事ができるでしょうか?

細かいことを言うと、「籍」というのは、年度途中で変えることはできません。
特別支援学級から通常学級へ、またその逆の場合も、
医療機関の診断、保護者の意向、学校の判断、校内の会議、市の会議などを経て、
十分に時間をかけて検討された後に(およそ12月から1月までに)、4月からの移籍になります。

ただ、どちらに籍があっても、「交流」という形で、籍のない学級で学習することは可能です。
よくあるのは、年度途中で特別支援へ入るという話になった場合、
籍はまだ通常学級だけれど、子どもは朝から帰りまで特別支援級で過ごすという形です。
ただ、特別支援学級に余裕がない場合もあります。
(問題の多い子がたくさんいるとか、人数的に余裕がないとか、子ども同士の相性とか)
そうなると、いくら保護者が希望しても、○曜日の○時間目だけ特別支援で勉強する、というように、1日のうちの何時間かだけ、というような通級形式をとることもあります。

いずれにせよ、特別支援で勉強するということが学校との話し合いで決定したら、
お子さんには、

・人数が少ない環境の方が、お子さんの思いをくんでもらえる
・通常学級ではみんなに合わせないといけないことでも、個々のペースに合わせてもらえる
・勉強も、学年関係なく、自分の苦手なところからやってもらえる
・友達とトラブルになったときも、しっかり解決してもらえる

そんな風に話をしたらどうでしょうか。
今通常学級でうまくいっていないことが、うまくいくようになるんだよ、と。
そして、特別支援でうまくいくようになったら、また通常学級に戻ることだってできるんだよ、とも。

診断名は伝えなくていいと思いますが、
あなたは○○が苦手だよね、と意識させるのはいいと思います。

>担任の先生にはクラス全体に対して息子の転級をどのように伝えていくよう
お願いしたらいいでしょうか?
素直に、今困っていることを伝え、
特別支援学級も考えているので、「特別支援コーディネーター」の先生や、特別支援学級の先生、スクールカウンセラーなどと話がしたい、と伝えてください。

学校には、「特別支援コーディネータ」という「教員の係」があります。
通常学級と特別支援学級のどちらにしようか迷うような場合、まさに今のお子さんのような場合に、二つの学級をつなげるための「相談係」です。
これは、毎年同じ先生とは限りませんが、大体そういう分野が得意な人が係になっています。

それから、スクールカウンセラーというのは、教員ではなく、そういう分野の専門家です。
医師と教員の間と考えてもらえばいいでしょうか。
カウンセラーは、毎日いつでもというわけにはいかず、
日程を調整する必要がありますが、相談するととても有意義だと思いますよ。

特別支援学級の担任には、特別支援学級の様子や、
今のお子さんの様子は支援級に入るくらいの段階なのかどうなのか、
というのを聞いてみるといいでしょうね。

いろいろな立場の人間がいますが、
担任にそういう人たちの名前を告げて相談したい、と言えば、
後は、担任が学年主任に相談して、どのように段取りをつけるかはお任せしてよいと思います。

特別支援学級に入ります、来月からよろしく、ではなく、
まずは、いろいろな立場の方に相談する方がいいと思いますよ。

>主人はこの転級がいじめに繋がらないか心配をしています。
>支援級にいた事が後に進学や就職など将来マイナスに働くことなどあるのでしょうか?

いじめというのは、通常学級にいても起こりますから、
そこは、特支でも通常学級でも、割合的には変わらないと思います。

進学や就職ですが、
お子さんが15歳、18歳になったとき、どのような進路をとっていてほしいか、
ということを明確に考えてみてください。

小学校で特別支援学級にいた場合、
中学校から通常学級に戻る、という子もいます。

しかし、小学校の特別支援学級で、お子さんのレベルに合わせてゆっくり教えてもらっていた学習を、
中学校に入った時に取り戻せるか、という問題もあります。

中学校も特別支援学級を続ける、という子もいます。
ただ、高校からは、特別支援学級はないと思った方がいいです。

高校への進学を希望するなら、
小中は特別支援学級でもいいのですが、
それを見据えて勉強をしないといけません。

在籍は特別支援でもいいのです。
けれど、勉強は、その学年の勉強をしっかりさせたい、
そういうことを、毎年毎年、支援級の担任に伝えておかないといけません。

就職については、障害者枠というのもあります。
けれど、限られた職種ですし、第一そこまで、つまり手帳をとるほど重度ではないですよね?

だとすれば、
高校や就職を一般の子どもたちと同じようにさせたいと思うのであれば、
学級はどこでもいいのです。
ただし、勉強だけは、学年で学ぶべきこと(特に国算理社英)をちゃんとやらせてもらえるのかどうか、
そこだけは確認した方がいいと思います。

特別支援学級は、いろいろな学年の子が入り混じっています。
また、当たり前ですが、手のかかる子もたくさんいます。
通常学級ではできるけれど、特別支援学級ではできないことも結構あります。
(例えば、集団行動や、高学年の理科の実験、社会などの校外学習、大勢の人前での発表、同じ年ごろの子とのグループ学習など)

もちろん、特別支援学級が必要な子はいますし、
学習面よりも、「他人に危害を加えない」という、できなくては困る生活面を
優先された方がよいとは思います。

けれど、特別支援学級に入ることですべてが解決するわけではなく、
特別支援学級での教育、という方法の一つを選択したにすぎません。

特別支援に入った後の学習や生活について、いろいろな人に相談をして、
特別支援に入ることでのメリットデメリットをよく相談されるとよいと思います。

教員です。

私は、最近の、「通常学級でちょっと問題があれば、なんでもかんでも特別支援学級へ」
という風潮に危惧しています。

IQ78というのは、こちらの地域では、特別支援学級へは入れない数値です。
ケースバイケースではありますが、一応基準は、IQ70です。

手が出る、
これは、発達障害の子だけではありませんが、
頻度や程度はどのくらいでしょうか?

担任の目線で言うと、
普通の落ち着いた通常学級でも、たたいたたたかれたのけんかなんて、日常茶飯事です。

「先生、○○君がたたいた」
「...続きを読む

Q小1の算数(広汎性発達障害)

広汎性発達障害の息子ですが、算数につまずいています。今は5まで、10までのたし算を習ってますが、何となくわかるかな?という状態です。このたし算の前の、例えば8は6と○ 7より2大きい数 という問題がなかなかできません。毎日の訓練?が必要だと思いますが、とても苦痛のようです。パソコンのソフト(ゲーム感覚で)等楽しく学ぶ方法は、ありませんか?

Aベストアンサー

はじめまして。
養護学校の教員です。専門は数学です。

足し算や引き算をしていく過程で、数の合成・分解が必要になってきます。
いわゆる、「8は6と○」とか、「4と1で5」とかのことです。
そのあたりがなかなかできないお子さんは、階段を1段、すっ飛ばして次の段に行こうとしているのです。ちょっと苦しくなるのも無理はないかな、と。

まずは、5の合成分解を定着するトレーニングをすることです。
日ごろのお手伝いでもできます。
「お皿を5枚持ってきて」が分かるとしたら、
お皿が2枚あるところに、「全部で5枚ほしいの。あといくつ?」と聞いて、「3枚」と答えを考えさせてから持ってきてもらうとか。
ただ、これが難しいお子さんは、お皿が2枚あって「5枚ならべて」と言われると、適当に持ってきて、5枚になるまで並べ続けるといった、操作的な活動でどうにか解決します。頭では5を数えただけなので、「あといくつ」を考える力はついていません。

基本的に、算数の力はピラミッドなのだと、ご理解いただきたいです。1段上に進むには、その基礎を100倍くらい積んでおかないと、きちんと積み上がらないのです。足し算を1つやる前に、合成分解を100やらねば、というような意味です。
「わかる」と「できる」と「つかいこなせる」というのは、それぞれ反復量と習得度の違いをあらわす言葉だと思います。今のお子さんにとって、合成分解は、足し算は、どのレベルだと思いますか?
今の時期なら、家庭生活の中で、できることはたくさんあります。まさに生活の中で学ぶ機会がある、貴重な時期なので、大事にしてあげていただきたいです。

なお、自閉の子に教える際に、注意点があります。計算問題などを、意味が分からないで(具体物や実生活で使っていない状態で)反復して教えていくと、問題と答えを「丸暗記」するようになります。出された問題は解けるのですが、意味が分かっていないので、「わかる」ことも「つかいこなす」こともできません。その後の学習上、当然ながら害をなします。
障害を持っているということは、少しゆっくり成長することなのです。みんなについていけるようにと思われるでしょうが、あせらずに必要なことをじっくり取り組んであげていただければと思います。あせりは悪影響を生みますよ。


あと、100玉そろばんという教材があって、この時期のお子さんにはとてもお勧めです。同僚にも勧めたところ、操作しやすいと、とても好評でした。

詳しくは、以下の回答を参照下さい。
http://okweb.jp/kotaeru.php3?q=1320047
「2年生算数のいい教材を探しています。」のNo.5

はじめまして。
養護学校の教員です。専門は数学です。

足し算や引き算をしていく過程で、数の合成・分解が必要になってきます。
いわゆる、「8は6と○」とか、「4と1で5」とかのことです。
そのあたりがなかなかできないお子さんは、階段を1段、すっ飛ばして次の段に行こうとしているのです。ちょっと苦しくなるのも無理はないかな、と。

まずは、5の合成分解を定着するトレーニングをすることです。
日ごろのお手伝いでもできます。
「お皿を5枚持ってきて」が分かるとしたら、
お皿が2枚あ...続きを読む

Q軽度の発達障害、公文は有効ですか?

小学一年生の子供ですが、軽度の発達障害と診断されております。
日常生活で問題はほとんどないのですが、小学校に入り、やはり算数の理解、漢字の覚えなどに苦労しております。

公文は個人のスピードに合わせて進んでくれるので、理解の遅い子供には合っているように思えるのですが・・・

実は上の子(健常者)でも公文に行かせていたのですが、まじめタイプの上の子は、先生に言われるまま、ずっと計算を続けていて、小1なのに、3時から夜8時まで休み無くずっと計算させられていたり、理解のないまま分数の計算をはじめさせられて(やり方のみ教わって、分数が何なのかも知らないまま)、私の方が恐ろしくなって辞めさせました。
その先生のやり方なのかもしれませんが、どうも成績がいい子を出したいために、文句も言わず出来る子にやらせるだけやらせているような気がしました。

上の子が行っていた教室はもうやめて、近くの別の教室に行かせようかと思っておりますが、他の教室も、上記のように、出来る子には理解のないまま解法のみ教えてとにかくやらせる、という方式でしょうか?

公文ドリルなどで、私が下の子に教えると、ワガママを言ったりかんしゃくを起こして、全く勉強にならないのですが、先生の前ではとても良い子になるので、頑張ってやれるとは思うのですが、上の子同様、無理に頑張らせられるような気がします。

よろしくお願いします。

小学一年生の子供ですが、軽度の発達障害と診断されております。
日常生活で問題はほとんどないのですが、小学校に入り、やはり算数の理解、漢字の覚えなどに苦労しております。

公文は個人のスピードに合わせて進んでくれるので、理解の遅い子供には合っているように思えるのですが・・・

実は上の子(健常者)でも公文に行かせていたのですが、まじめタイプの上の子は、先生に言われるまま、ずっと計算を続けていて、小1なのに、3時から夜8時まで休み無くずっと計算させられていたり、理解のないまま分数の計...続きを読む

Aベストアンサー

公文を否定するつもりはありませんが
質問者さんがおっしゃっているように、「繰り返し作業」の感は否めません。

計算を練習し、速度も上がるのでテストの成績もよくなり、一見「学力」が
向上したように感じるのですが、計算処理の能力という一部が向上したに過ぎません。

本来の考える力が備わらず、小学校でいい点数を取っていたけれども
中学校に入って全くついていけなくなった子をたくさん知っています。
(自分はできると思い込んでしまうのかもしれません)

そこで本題ですが、
小学校1年生であれば、学校・家庭の支援で十分な気がします。
お母さんがお子さんのことを考えるあまり焦っておられるように感じます。

他の子と同じように、と考えてしまうとお母さんもつい熱が入り、
お子さんに無理強いしてしまい、結果お子さんもイライラしてしまうものです。

発達障害は、他の子と比較するのではなく、その子のペースでゆっくりと構えて
指導する必要があります。
学習時間も量も、お子さんにあわせていく必要がありますし、そのためには
お母さん自身が「発達障害」を学んでいかなければなりません。

勉強を何とかしなければ!という気持ちはわかりますが安易な選択はせず
専門機関や学校とも相談され、焦らず、じっくりと取り組まれてみてはどうでしょうか。

公文を否定するつもりはありませんが
質問者さんがおっしゃっているように、「繰り返し作業」の感は否めません。

計算を練習し、速度も上がるのでテストの成績もよくなり、一見「学力」が
向上したように感じるのですが、計算処理の能力という一部が向上したに過ぎません。

本来の考える力が備わらず、小学校でいい点数を取っていたけれども
中学校に入って全くついていけなくなった子をたくさん知っています。
(自分はできると思い込んでしまうのかもしれません)

そこで本題ですが、
小学校1年生であれば、...続きを読む

Q小学校入学で支援学級にと言われました。

春から小学校に入学する6歳の息子の事なんですが、
昨年末に入学前診断を受けひっかかり、
市の方で再テストを受けました。
WISCというテストです。

結果は2歳遅れとの事で支援学級に在籍し、入学後通常学級で授業を受けつつ、
息子がついていけないようなら、支援学級でその科目を受けましょうとの事でした。

確かに息子は6歳にしては知らない事が多すぎるとは思います。
私が何もかもやってあげていたり、
一緒にいる大人が世話を焼きすぎてしまっていたからだと。

私はこの結果を受けて
テスト内容と同じ事を家でやってみました。
結果、息子はやり方を知らなかっただけですんなりできたし、
1番ダメだった足し算引き算も
今では得意になり問題を出すこちらが悩む程です。

他にひらがなの読み書きは出来ますし、
カタカナも読みは完璧で書きが少しです。

テストから約1ヶ月で、ほぼテストの内容をクリアできるようになりました。

それでも、やはり支援学級に入れなければいけないのでしょうか。
もう1度、市でテスト受けさせるべきでしょうか?

明らかにこの1ヶ月で大きく成長しました。

大人に構ってもらえる事が当たり前になってしまっている息子にとっては
みんなと一緒に生活、行動をしていく事をしっかり学べる通常学級にいた方が
、支援学級で1対1で見てもらうよりはいいのではないかなと思っています。

今からでも支援学級にはいかないと変更をお願いしても大丈夫なのでしょうか。

ちなみに、市の専門職の方からも
病院で検査をとか、病気の事は一切言われませんでした。


同じような経験をされた方、
学校関係の方
助言を頂けたら幸いです。

春から小学校に入学する6歳の息子の事なんですが、
昨年末に入学前診断を受けひっかかり、
市の方で再テストを受けました。
WISCというテストです。

結果は2歳遅れとの事で支援学級に在籍し、入学後通常学級で授業を受けつつ、
息子がついていけないようなら、支援学級でその科目を受けましょうとの事でした。

確かに息子は6歳にしては知らない事が多すぎるとは思います。
私が何もかもやってあげていたり、
一緒にいる大人が世話を焼きすぎてしまっていたからだと。

私はこの結果を受けて
テスト内容と同じ...続きを読む

Aベストアンサー

こんにちは。


修学相談で支援学級の判定がでたけれど、

お母さまと一緒に勉強して伸びたのですね。

お子さんも関心を持って頑張っている姿をみて、

支援学級でよいのかと迷っておられるのでしょうか。



さて、そういったご相談を受けて、専門の医師や相談では、


支援学級に入級するか否かは、保護者の希望(決定権は保護者にある)によりますが、

支援学級をお勧めすることが多いかもしれません。

支援学級の生徒数や構成にもよりますが、

初めて取り組んだ検査で2歳遅れ。

それは、検査者と1対1で課題に取り組んだ検査ですね。

教室に入ると、集団の中で、先生の話を聞いて勉強しなくてはなりません。

その環境で、お母さまが家で教えた結果と同じように

学習の定着がはかれるかどうか。

入学していろんなルールを覚えて、学習もして。。。

支援学級であれば、集団の学習よりも丁寧に学習をみてもらえます。

段々授業が難しくなった時、

通常学級で担任の先生の手がどこまで行き届くのか。

市町によれば通常学級でも支援員さんがつく場合もあります。

通常学級から主要な教科を通級で個別指導してもらう場合もあります。

今は、交流学級といって、支援学級在籍でも、通常学級で一緒に活動したりします。


WISC は一般的に1年以内に何度も受ける検査ではありません。

検査の結果は、本人理解の一助にすぎません。

数値的なこと、2歳遅れということだけでなく、

どういったお子さんの状態がそういった結果に結びついたのか、

お母さまのおっしゃるような経験不足によるものか

能力の偏りがあるのか

全体的な遅れか


お子さんの状態をわかって

お子さんが過ごしやすい環境をいかにつくるか。

学びの場をどう整えるのか。

そこから、

集団指導が本人の学力向上に役立つか、

小集団、個別指導が本人の学力向上や学習の定着につながるか。


判定を聞くだけでなく、お住まいの地区の発達センターや


教育センターにご相談されてみてもよいかもしれません。


また、支援学校でも相談できる場合もあります。


就学相談等では受診や専門の相談を勧められず、

保護者の方がお子さんの状態がわからずにおられることも少なくありません。


まだ小さいので今後の成長を見積もって専門の機関を勧められなかったのかもしれません。

お母さまがお子さんの状態をはっきりとわからない状態なら、

診断どうこうではなく、専門の医者や機関に相談し、

状態の理解とお子さんの支援について確認し、

入学後の学校生活についても

学校と相談していくほうがよいと思います。

一度支援学級に入級しても教育相談を受け、学年が変わるときに通常学級に変更するお子さんもいます。

また、その逆もあります。

お子さんにお目にかかったこともなく、

普段のご様子もわかりませんが、

どこかに相談したり、支援学級の見学、通常学級で支援員さんがつくか、通級できるかなど色々情報を集めて

決めらた方がよいのではないでしょうか。


通常学級で学習についていけなくなったり、

学校がおもしろくなくて行き渋ったり

また、支援学級でも担任の力量が乏しかったり、

構成によって落ち着いて学習できなかったりなど

色々な相談があります。


通常ならよいとか支援学級ならよいと一概にいえないところがあります。


今からだとあまり時間もありませんが、

お母さまが情報を集めて、

その時点で納得できる決定ができるとよいかと思います。

お子さんの成長や環境など変化があることですので一番よいことというのは難しいですが、
その時に考えられる範囲で

ベターな選択ができるよう応援しています。


なにか参考になれば。。。

こんにちは。


修学相談で支援学級の判定がでたけれど、

お母さまと一緒に勉強して伸びたのですね。

お子さんも関心を持って頑張っている姿をみて、

支援学級でよいのかと迷っておられるのでしょうか。



さて、そういったご相談を受けて、専門の医師や相談では、


支援学級に入級するか否かは、保護者の希望(決定権は保護者にある)によりますが、

支援学級をお勧めすることが多いかもしれません。

支援学級の生徒数や構成にもよりますが、

初めて取り組んだ検査で2歳遅れ。

それは、検査者と1対1で課題...続きを読む

QIQが低い子供

私の息子は小5でIQが入学前のテストで低かったため自宅に教務主任と担任がきて

特別支援学級に入るよう勧められ現在に至っています。いい面もありますが悪い面は友達が

いないようです。

入学後に児童センターで詳しく検査をしたらIQが低く発達障害と診断されました。

親から見たら現在は

体が小さい(小2ぐらい)背が低いとか運動が苦手とか 欠点がいくつかありますが

すぐれているところもあります。


ピアノが弾けたり(両手で)英語もしゃべったり  都道府県の知名や城の名前が言えたり

など


IQが低い=発達障害ということになるのでしょうか


変な中傷はやめてください

Aベストアンサー

直接の回答ならないかったらごめんなさい。
それと私は障害という言葉は好きではありませんが、ほかに置き換える言葉を知らないので
使わせていただきます。
IQは一度や2度のテストで簡単に測れるものではありません。
テストの形式に慣れていない子は低くなりますし、訓練すれば上がります。
私の住む地区の公立小学校にも特別支援学級がありますが、
親が了承しなければ、強制することはできないそうです。
うちの子供たちの学校では、低学年は普通学級に通い、学年が上がり
どうしても勉強がついていけなくなると特別支援学級に行くケースも多かったようです。
また学年が上がっても、音楽や図工など、可能な教科はなるべく普通学級で受けていました。
給食もクラスで一緒に食べました。
年に2回リレー会や運動会でも、低学年の時はクラスメイトが手をつないで一緒に走り、
学年が上がると他の子の半分の距離を走り、足の速い子が残りを走りました。
息子の学年にも男の子が二人いて、1人はやはり体の小さな子で同じクラスでした。
普通学級にいる時は、小さいこともあり、みんなが手伝ったり世話を焼いたりしていましたよ。
息子も同じ町内だったので、荷物が多い時はその子の家まで持っていったりしてました。
車いす体験等障害を持つ方に理解を深めるのも大事ですが、
目に見えにくい障害があることや、もっとも身近にいる友達に手を貸す大切さを
教えてもらったと思っています。
静かに座っていられなかったり、他の子供に迷惑をかけたりということがなければ、
普通学級に参加してみるのもいいかもしれません。
ただ、もう5年生ですから、ほかの子たちも戸惑うだろうし、
中には意地の悪い子もいるのでそれが心配です。
そこはやはり親しだいだと思います。
息子の学年の男の子も、同じクラスの子は親御さんが学校に来て、保護者のクラス懇談会や
クラスの子供たちの前で子供の事を話し、迷惑をかけるかもしれないけれどよろしくと
頼んでいましたし、息子も会うたびに、ありがとうね、頼むね、と声をかけられたそうです。
でももう一人の子は親御さんがほったらかしで、体が大きく、力も強かったので
他の子にけがをさせるというトラブルもあり、友達や保護者からも敬遠されていました。
最後に、中傷ではありませんが、体が小さいとか運動が苦手とかを欠点と言わないで
あげて下さい。読んでいて悲しくなりました。
大きいからいいわけではないし、
みんな運動が得意だったら、オリンピック選考会も大変でしょう?
最近はやたらと学習障害だとか発達障害だとか名前を付けます。
今だったらアインシュタインもエジソンもそう呼ばれるそうです。
どうかお子さんの優れたところを伸ばしてあげて下さいね。

直接の回答ならないかったらごめんなさい。
それと私は障害という言葉は好きではありませんが、ほかに置き換える言葉を知らないので
使わせていただきます。
IQは一度や2度のテストで簡単に測れるものではありません。
テストの形式に慣れていない子は低くなりますし、訓練すれば上がります。
私の住む地区の公立小学校にも特別支援学級がありますが、
親が了承しなければ、強制することはできないそうです。
うちの子供たちの学校では、低学年は普通学級に通い、学年が上がり
どうしても勉強がついていけなくな...続きを読む

Q小学校1年、学習障害ですか?(特に読み)

11月生まれの女の子です
学習面で気になることがあるので相談させてください

・いまだに初見の文章は粒読み、
・同じ文を数回読めばまあまあスムーズに読めるようにはなるが勝手読み、行飛ばしをしばしば
・文章題の意味も理解できずに問題の意味を聞く、全く違う解釈をすることが多い
・集中力がきれやすい
・書き取りをすると目が疲れるという
・自ら絵本などを読むことはまずない(むしろ避ける)
・音読の宿題はなんとかこなしている(暗唱までが宿題なので時間がかなりかかることもある)

10までの足し引き計算は、毎日くりかえして指も使わず特別遅いほどでもなくなりましたが、
読みの面で上記部分の成長があまり感じられないことが気になっています
ネットで調べたところ、学習障害は2年生になったころに疑ったほうがよい、とありました
担任の先生にも「今のところは大丈夫」とは言われています。
本当にまだ様子見でいいのでしょうか。不安でたまらないのです

夏休みから公文に行きはじめましたが、2か月目で国語は5A、算数は3Aです
公文の先生からは国語がかなり心配だと言われたこともあるのでとても気にしています

学校からの指摘がないので個人的に受診も考えていますが
もし現段階で受診しても学習障害との判断はくだるものなのでしょうか?

健診、保育園で特に何か言われたことはありませんが、もともと発達はすべてゆっくりのタイプでした。
運動神経もあまりよくなく、手先も不器用です(親似)

こういった子供は、家ではどうやって過ごさせたらいいのかなどもあれば教えてください

11月生まれの女の子です
学習面で気になることがあるので相談させてください

・いまだに初見の文章は粒読み、
・同じ文を数回読めばまあまあスムーズに読めるようにはなるが勝手読み、行飛ばしをしばしば
・文章題の意味も理解できずに問題の意味を聞く、全く違う解釈をすることが多い
・集中力がきれやすい
・書き取りをすると目が疲れるという
・自ら絵本などを読むことはまずない(むしろ避ける)
・音読の宿題はなんとかこなしている(暗唱までが宿題なので時間がかなりかかることもある)

10までの足し引き...続きを読む

Aベストアンサー

教育の関わるかたが複数コメントされてますが、
私は、親の直感を大事にされることを勧めます。
私の息子小4は、読み書きの学習障がい児です。
私の息子は身体発達も情緒発達も問題ない子です。
IQも100以上あり、知的指数も問題なしです。
5歳児のときから、知識欲が十分にあるのに、
文字を覚えようとしない息子に違和感を感じていました。
絵本から難しい本などすべて私が読み聞かせていました。
幼稚園にも相談したけど、園生活はこなせているし、
文字に興味がない子も多い時期だから様子見でいいですよ。
と、卒園まで言われ続けました。
小1のとき、6月に「な」というひらがながわからないと泣いて、
学校に相談しましたが、7歳児ではよくあること。
おおらかに見守りましょうと言われて、夏休みに突入。
夏休みの宿題をやっているときに、嘔吐、発熱し、
泣き喚いて、ぐったり。知恵熱と後日判明。
学校に相談しても同じ事を言われたので、
別の教育相談へ子供の現状を訴えて、カウンセラーに、
「発達障碍かも?その中の学習障がいの可能性が高い」
と言われ、専門医の紹介を受け、翌年1月に検査し、
2月に読み書き困難の学習障害の診断を受けました。
その後は、学校支援も大幅に変更してもらえて、
通級指導を週1~週2で受けています。
専門医の検査をされることを強く勧めます。
私の子どものように、身体異常で、自分のしんどさを
訴えられる子供は、親も異常に気づきやすく、
行動も起こしやすいですが、
ただ嫌がっているだけに見えるお子さんだと、
苦手でやらないのか、障碍特性でやりたがらないのか、
素人はもちろん、教育者だって判別できません。
(実際、私の息子は見過ごされてきたのですから)
障碍特性でやりたがらない場合は、工夫次第で
普通にこなせるようになりますので、
心配されないでくださいね。

専門医については、保健所や学校カウンセラーなど、
子供の発達に詳しい人材に相談されると、
紹介を受けることができますよ。
私は、教育委員会が派遣している
教育カウンセラーに相談して、専門医のいる病院を
紹介され、道が開け、子供の学習意欲を損なうことなく、
学校生活をすごせています。
専門医の診察や検査は、2ヶ月待ちとか普通ですので、
そのつもりで、行動してください。

教育の関わるかたが複数コメントされてますが、
私は、親の直感を大事にされることを勧めます。
私の息子小4は、読み書きの学習障がい児です。
私の息子は身体発達も情緒発達も問題ない子です。
IQも100以上あり、知的指数も問題なしです。
5歳児のときから、知識欲が十分にあるのに、
文字を覚えようとしない息子に違和感を感じていました。
絵本から難しい本などすべて私が読み聞かせていました。
幼稚園にも相談したけど、園生活はこなせているし、
文字に興味がない子も多い時期だから様子見でいいです...続きを読む

Q知的障害の子がいます。現在小1で、1年前の検査では、IQ58でした。

知的障害の子がいます。現在小1で、1年前の検査では、IQ58でした。
ひらがなが、自分の下の名前しか書けませんし、読むこともその程度です。
小学校は、養護学校へいかずに、公立小の個別支援学級に入れました。中学の進路で、養護学校(現在は、特別支援学校)に入れたほうがいいのか、小学校同様に個別支援級に入れたらいいのか、悩んでいます。
また、このような、字が読んだり、書いたりすることができない子の就職はどうなるのでしょうか?
中学を電車通学(最初は送り迎えが必要でしょうし、ずっとそうかもしれません)にして、就職のときにそなえた方がいいのかなどと考えたりしています。

知的障害をお持ちの方は、どうされているのでしょうか?
本当に、不安でいっぱいです。こういうことがわかる、ページや、HPなんかがあれば、教えてください。
アドバイスをお願いいたします。

Aベストアンサー

特別支援学校高等部に通う息子がいます。
息子は手帳の判定では重度です。IQの数値に
関しては全く知らないのですが、実年齢と10歳
以上遅れていると重度となるようです。小学校に
入学する前の療育の専門家の方から教えていただき、
ひらがな、数字(0~10)の読み書きを
1年以上かけて練習しました。漢字は小学校に
上がってから(特別支援学級です)少しずつ覚えて
います。できないと決め付けず、子どもさんに合った
覚え方を指導していけば覚えられますよ。

学習面のことも大事ですが、もっと大事なことは
「身辺自立」です。トイレ、着替え、洗顔(お風呂等)
食事、などなどのことが一人でできることが望ましい
です。家庭の中でお手伝いをしながら会得できるもの
です。どんどんお手伝いさせましょう。

就職に関してですが、特別支援学校の場合、小学部
入学直後から始まっています。といっても、難しいこと
ではなく、まずは上記の身辺自立から始まります。
支援学校の場合、小、中、高等部と学年差がありますが、
先輩のお母さん方から情報を得たり、施設見学や講演会
などをしているので、知識を得られやすい環境です。

息子は小学校を特別支援学級で、中学から特別支援学校
(旧養護学校)へ進み、そのまま高等部に進学して、現在に
至ってます。今年の3月に卒業して、通所施設へ通うことが
決まっています。これは高等部になると現場実習といって、
希望する施設へ1週間ほど通い、実際の仕事をすることです。
息子の通っている支援学校では高1で親子で見学、3学期までに
希望先を提出、2年生になってから施設や時期などが決まり、
2年生2回、3年生は2回実習に行きます。

地域で親の会があると思いますが、入っていらっしゃいますか? 
手をつなぐ親の会、手をつなぐ育成会というような名称の会が
各市町村に一つあると思います。こういう親の会が地域の行政に
協力してもらって、通所施設などを立ち上げている場合もあります。
施設見学なども実施していることがありますので、時間があれば
一度行政(社会福祉協議会、福祉課など)に聞いてみることを
お勧めします。

また特別支援学校に関してですが、年間に数回、見学会をしています。
進学年度になってからあわててするよりも、早いと言われようが
今から見学してみて下さい。我が家では小2から年間必ず1回は
参加をして、学校の様子を把握するようにしてきました。また
見学会の時には就労状況などの説明もありますので、参考になります。
教育相談を実施していますから、そういうものも利用するといいですよ。
HPですが、「障害児教育フォーラム」というHPはお勧めです。
会員制ですので安心して利用できます。

息子の支援学校はスクールバス通学が基本です。中学部になると、
スクールバスのバス停まで一人通学が可能です。先生のチェックも
ありますが、練習を重ねた結果、高等部入学と共に一人でバス停まで
通えるようになりました。自主通学(一般のバス路線や電車を使っての
通学)はちょっと難しいですが、少しずつトライしている最中です。
何か質問があれば、いつでも聞いてください。

特別支援学校高等部に通う息子がいます。
息子は手帳の判定では重度です。IQの数値に
関しては全く知らないのですが、実年齢と10歳
以上遅れていると重度となるようです。小学校に
入学する前の療育の専門家の方から教えていただき、
ひらがな、数字(0~10)の読み書きを
1年以上かけて練習しました。漢字は小学校に
上がってから(特別支援学級です)少しずつ覚えて
います。できないと決め付けず、子どもさんに合った
覚え方を指導していけば覚えられますよ。

学習面のことも大事ですが、も...続きを読む


人気Q&Aランキング