プロが教えるわが家の防犯対策術!

2012年に開業した御霊堂元町ー ことし7月には競売にかけられ、所有権が不動産会社に移りました。 御霊堂元町では去年11月に差し押さえられてもなお、少なくとも7件の契約を結んでいたことがわかっています。 不動産問題に詳しい専門家は、契約の時期によっては詐欺に当たる可能性があると指摘します。 (札幌ポラリス法律事務所 瀧澤啓良 弁護士)「所有権がなくなった時点で、納骨堂の運営は極めてできない状況になるのはかなり高い可能性があった。そうするとそれを知りながらあえて永代供養ができますよというのは、明らかに事実に反することを述べていますので、そこに募集した宗教法人側に故意があれば、詐欺罪の成立も考えられるかなと思います」


→この問題ね、絶対出てくると思ってた。
でもあくまでも遠い未来ね。

たった10年で差し押さえとか、永代供養なんてやる気がはじめから無い詐欺じゃん。

そもそも永代供養も怪しさ満載のシステムだよね。

じゃ、海に散骨が一番良いのかね?

A 回答 (2件)

死んだ後の心配をするより、


明日の心配をしましょうよ。
    • good
    • 2

それで・・・


ご質問は ?
    • good
    • 0

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人はこんなQ&Aも見ています


このQ&Aを見た人がよく見るQ&A

人気Q&Aランキング