プロが教えるわが家の防犯対策術!

0. 標題のごとくに自負して考えるのですが なお仮説ですので よろしくご教授ください。
疑問については是非ぜんぶお知らせください。
神論は その問い求めによって 世界におけるわれわれ人間の立ち位置が現実によく分かるようになるのだと思いますが どうでしょう。
神の世界に相い向き合うからだと思われます。


1. 神は 《人間の知性を超えている》。

2. 人間の知性で分かったと主張するその神は 人間がつくった――観念の――神に過ぎない。

2-1. そもそも その《分かったということ》は証明し得ない。その否定も じつは証明し得ない。

3. 人間の知性で分からない(不可知だ)と説く神は これも 人知でそのようにつくっている(決めつけている)。

3-1. 不可知とは 知り得ないと証明し得て初めて言えるもの。知り得ないと証明し得たなら 或る意味で人知の範囲内だ。




4. 人知を超えたところとは 《知り得るか知り得ないかが 知り得ないナゾ:非知 incomprehensible incomprehensibility 》です。

・ 可知(既知&未知)&不可知 に対して 非知

5. 非知なるものは 非経験(その場ないしチカラ)であり 絶対性および無限である。

・ 経験    に対して 非経験
  (自然および経験)  (超自然および超経験)
・ 相対性   に対して 絶対性

・ 有限    に対して 無限


6. 無限とは 二で割っても三で割っても 商はもとのままの無限であることを言う。

6-1. 一神教か多神教かまたは汎神論かの――神の数にかんする――問いは 無意味である。

6-2. すべては――やほよろづの神々はみな――《全体として一つの神・ただ一つの柱で全体をふくむ普遍神》の分身であるゆえ。

7. 絶対性とは 《何ものにも拠ることなく ひとり満ち足りているもの》を言い それと相対世界とは 絶対のへだたりがある。

8. 非経験は たとえば《有るか無いか》という規定が適用される経験的な事象(事物および現象)を超えている。

8-1. 《有る》と《無い》とを超え しかも両状態をおおいつつむ。

8-2. 《有ると無いとが つねに――つねにである――重ね合わせになっている》。

9. 事物が有るか無いか つまり 現象が起きたか起きていないか つまり ものごとの因果の関係として捉えられること(そして その知性)を超えているのが 非経験・絶対性・無限である。


10. 人間は このように《人知を超えているものを人知で推し測っている》。




11. 人知で捉え得たと思っている神について ひとはいろいろ忖度する。

11-1. 余計なことはやめろと言われても 余計か本計かを究めあぐねる。

11-2. 忖度するような対象ではないと考える向きは 端的に言って《無い神〔という神〕》が 心にいだかれている。cf. [8-2]。

12. 忖度のいろいろは こうだ:

① その属性として:
   〔つねに真偽をまぬかれない人間の主観真実を超えた〕真理
   〔善悪を超えた善悪の彼岸としての〕至高の善(スムム・ボヌム)
   〔相対的な美醜を超えた〕美

   〔愛憎を超えた〕愛(アガペー)
   〔真理がすべてにおいてすべてであることを実現させる〕全知全能

② 絶対性からそれを擬人化して:絶対者

③ 全知全能なる絶対者を物語化して:創造主(非経験と経験世界とは絶対の
                  へだたりがあることを言っている)

④ 創造主のチカラのおよぶところとして:摂理(因果律を超えているチカラ
                     による人間への因果応報なる説)

13. 神についての忖度は すべて おのおの心の内面に主観真実としておさめている限りは 自由である。良心・信教の自由。

13-1. 神についての忖度――神観――が 良心・信教の自由のもとに自由であり それとして主観真実におさめられることを 《特殊絶対性》と言う。一般性とは別次元にある。

13-2. 忖度に成る神観を成るたけ避け一般性を問い求め得た神論は 《一般絶対性》なる理論であり これを個人として抱くゆえ 《個別絶対性》とよぶ。

13-3. 神観が 或る種体系的な神学となりこれがオシへとされ得る。さらにしかもオシへが神と同等のものだと説く場合がじんるいの歴史にあった。そのような神学ないし自称神論はアウトである。人間が神をこしらえている。《文字もしくは聖なる書》という偶像が建立される。

13-4. オシへを神と説くシュウキョウというシュウキョウは その説くという発想が無意味であり ぜんぶアホンダラ教である。




14. なお《一般絶対性かつ個別絶対性》の具体的なあり方は 次のように図示できるはずだ。

  A. ブラフマニズム:梵我一如
   梵:ブラフマン・・・・・マクロコスモス。神
   我:アートマン・・・・・ミクロコスモス。霊我(生命性)

  B. ゴータマ・ブッダ:無梵無我一如(=無神論)
   無梵:空(シューニャター)・ゼロ
   無我:アン‐アートマン;ニルワーナ

  C. ブディズム:仏仏一如(=有神論)
   仏:アミターバ・ブッダ(阿弥陀仏)
      / マハーワイローチャナ・タターガタ(大日如来)
   仏:タターガタ・ガルバ(如来蔵)・ブッダター(仏性)

  D. クリスチアニズム:霊霊一如(生命性‐生命体一如)
   霊:神・聖霊
   霊:《神の宮なるわれ》

  E. (プラトン?):霊霊一如
   霊:宇宙霊魂(プシュケー・コスムー) / 世界霊魂(アニマ・ムンディ)
   霊:《われ》

  F. 《もののあはれを知る》:霊霊一如
   霊:かみ(超自然および〔その依り代としての〕自然)
   霊:われ(自然本性 + α )

  G. ユダヤイズム:霊霊一如
   霊:ヤハヱ―;(エローホ=神)
   霊:われ

  H. イスラーム:霊霊一如
   霊:アッラーフ(イラーハ=神)
   霊:われ

  I. タオイズム:道人一如
   道:タオ(?)
   人:われ


14-1. 個別絶対性とは 信仰である。《非知なるナゾを 無条件で無根拠にてわが心に受け容れること》を言う。

14-2. 《信じる》は 《感じる・考える》を超えている。言いかえると 《信じている》ときに《感じ考える》ことを同時におこなえる。無思考や思考停止ではない。

14-3. 
【梵・仏・霊】  :信じる(生命性):非思考の庭
------------------------
【我(霊の分有)】:考える(知性) :思考の緑野
          感じる(感性) :感性の原野

質問者からの補足コメント

  • 聖書は アダムとエワの物語から語られていますが 神論ないし信仰の問題としてなら 実際じょうは アブラハムから始まります。


    或る日或る時 アブラム(のち アブラハムと改名)がいわゆるお告げを聞きます。

    《故郷の地を離れて 行け》と。

    この声にしたがったのが アブラムぢいさん。75歳のときでした。

    どこへ行くのかは まだ知らされずにその声を発する何ものかに 終始 忠実でした。

    《神を信じた。それで かれは義とされた》のです。バカみたいに。でしょ?


    モーセが 律法のような倫理規範をあたえられ これを守るのだというようになったのは 集団としての秩序と安全のためでした。

    その後 国家(二階建て構造)も 安全保障として必要になり 王も立てられました。

    王の振る舞いに盾突くような預言者も 出ました。

    エレミヤが あたらしい契約を預言するまでにも到りました。

    そして イエス。

    No.6の回答に寄せられた補足コメントです。 補足日時:2022/10/26 05:26

A 回答 (199件中1~10件)

日本は国力を上げるという一点に絞れば、戦争体験世代が現役の労働世代から去った後、脆弱性を露骨にしたのは、諜報機関を体験した世代が労働世代から去ったからですよ。



私だけが犠牲になったのではなく、93年次には東大卒2名、慶大卒1名、6人の大卒工場配属の中から3人が早期退職者だ。企業精神について行けなかったか、精神を患ったかも二者択一だ。

企業自体の内部で、騙し合いが起きることが確信的なことに無知なのは、

ある意味、永井豪さんの作品にも問題がある。何故なら、勧善懲悪過ぎてですね。地球連邦軍には善人しかいなくて、宇宙人は全て惡だとのこういった、縦割りのアニメは飽くまで、子供向きでしてね。

企業内に内部監査があるように企業内でも不正騒動は日常茶飯事なのですよ。

よくは知らないが人気があるようなので、ガンダムは良いんじゃないの?模範としてはね。

じゃ。

あの世の心配より、此の世の心配。嫌、自分の身の上を心配した方がいいよ。
    • good
    • 1
この回答へのお礼

アングロサクソンは 悪の共同自治に卓越しているかも知れない。

じっさいにあくどいことをやっていて しかもこれを――情報操作よろしく――何もなかったかのように 上手におさめている。

悪の共同自治である。過去をほうむり 前へ前へすすんで行ける姿勢が出来ている。


われわれは この戦術? 戦略? に対処してゆかなくてはならない。


或る意味 社会主義陣営は これらの二枚舌やダブルスタンダードにうまく対処できずに 反体制派のイデオロギーに走ったかも。

これぢゃ ダメ。
★☆ 何故なら、勧善懲悪過ぎてですね。地球連邦軍には善人しかいなくて、宇宙人は全て惡だとのこういった、縦割りのアニメは飽くまで、子供向きでしてね。


☆ イスラームからも 出がたいとすると 日本がいちばん よいニューリーダーの候補かも。

若い人たちに期待したい。自由・平等・ユヅリ愛なる民主自由思想。

お礼日時:2022/11/03 08:42

カラー写真



カラー動画

はお年寄りに優しくない❓

お年寄りは静で正なのですね。



若者は動で悪に惑わされる危機が高い、不安な時代なのですね。
    • good
    • 1
この回答へのお礼

そんなこともない。人それぞれでしょう。

お礼日時:2022/11/03 08:05

労働を例に採れば家の思想の相違は明らか。



日本は個人の突出した能力を重んじるより、チームプレイの方を重視するから、企業の倒産リスクが低い。人権意識が低い・・・。

米国は個人の突出した能力を重んじるから、チームプレイと言っても、企業に骨を埋めるという意識は低く、チームであれば、チームに迎合したように見受けられても、個人を飽くまで重んじる。人権意識の高さ・・・。
    • good
    • 1
この回答へのお礼

その代わり あちらでは 能力の低いばあい 蹴落としてもよいという考えもある。

むろん クリスチアニズムの隣人の精神で助け合いもある。あるけれど この場合 あくまでよき市民が劣った境遇の人に援助をするという考え方ではないか。


その点 日本人は 護送船団方式で みんなの仲間に入った姿でいられる。エタ・非人をのぞいて。

被差別民は 特殊家系としての天皇が あたかも自分たちの身内であるがごとく存在すると思わされているかも知れない。

お礼日時:2022/11/03 05:44

大日本帝国では、皇軍兵士の生還を考慮していないから・・・。



米軍はびっくりして。

その死生観の相違がまざまざとなって、疑心暗鬼になって、集団自決に踏み切ったのが、沖縄集団自決の惨状ではなかったのかなぁ。
    • good
    • 1
この回答へのお礼

沖縄の当時の情況――人びとの思想や心理の状態――は ざんねんながら 純心であったのだと思います。

お礼日時:2022/11/03 04:48

まぁ、結果論だけれど。



ヒトラーの評価はですね。組織に依っては、

アレクサンダー大王、カエサル、ナポレオンに次ぐ、英雄はあったりするのですね・・・。

怖いことですけれど。
    • good
    • 1
この回答へのお礼

それは 民主自由社会に対して 反感をいだく人間の面々。勝手にそうさせておくしかない。


アレクサンドロスは さほどあくどく無いと思う。

お礼日時:2022/11/03 04:46

ヒトラーのような世界最大のファシストを憐れむとはなんだ?との批判はありますけれど。



戦争を遂行しなければ、ヒトラーの理想だった、第三帝国の樹立を叶えることは不可能だったことに、ヒトラーの殺戮に対する、罪の意識の無さを痛感する次第ですけれど。

平和裏では無理だったのか・・・。
「神論のエセンスは これだ」の回答画像194
    • good
    • 1
この回答へのお礼

その理想が マチガヒ。

お礼日時:2022/11/03 04:37

ヒトラーって、異能者ではあるのだろうが。



世界構想が、和洋折衷、和魂洋才だった、思想の持主だった❓
「神論のエセンスは これだ」の回答画像193
    • good
    • 1
この回答へのお礼

なんのこっちゃ。

お礼日時:2022/11/03 04:28

恐らくですね。

Jesusの本心は、此の世に神の國を創ることがJesusの理想だったのだと思う。死後生は正直、様々なJesusがいらっしゃるので不明だけれど。

仏教は此の世は嘘・偽りの世界なのだという諦観が大なのだと思う。
来世に真実・真理の世界があるのだという諦観なのではないのかな。

死に対する哲学が西洋思想と東洋思想は異なり・・・。


死に飽くまで抵抗するのか。
死を受け入れるのか。

この相違が西洋思想と東洋思想の本質的な相違か、と。
    • good
    • 1
この回答へのお礼

ウソイツハリを侵したなら すでに――身心のヤマヒとして――死んでいる。

この死は 自然治癒する。・・・



この生活現実では 神の国と地上の国とが互いに絡み合うように入り組んでいる。その間には 非武装中立地帯( no man's land )は無い。



イエスは何を理想としたか。



民主自由な社会について 人びとの
三分の一が 同感
三分の一が 共感
三分の一が 反感
といった構成になることでしょう。

共感というのは けっきょく浮動層です。極端な場合 同感派は 三割にまで減るかも知れない。

ここを運営してゆくのが 民主自由会議の面々。


はやくこの諦観にめざめよ。このスットコドッコイ野郎。おれの言うことを聞いていないぢゃないか。なんべん同じことを言わせるのか。

お礼日時:2022/11/03 04:28

よく食べ、良く学ぶことは、IQはあがるでしょう。



良く死ぬことは、EQが上がるのだと思うけれどね。

不条理に見受けられる、現世も実は平等なのかもしれませんけれど。

その境地は、神仏の視点に立つことを土くれが許されることはない、飽くまで、近似的かも。誤差はでますけれど。

数理学に整数・自然数・有理数・無理数・素数・実数・虚数などで世界を表そうと試み、理論数理学では神の座に就きそうな方々は多いのだろうけれど。理論は神の境地でも現実は凍るように冷たい渡世なのも。

それは、人間が此の世に生まれて、死すまでに罪を犯すし、罪を知れ。

此の世は修行の場であって、此の世の生は嘘・偽りの世界だから、来世が真実・真理の世界なのだと、阿弥陀仏はお気づきになられた・・・。
「神論のエセンスは これだ」の回答画像191
    • good
    • 1
この回答へのお礼

★ IQ を上げる
☆ ことなんて どうでもよい。


★ 良く死ぬことは、EQが上がるのだと思うけれどね。
☆ 《良く》という思考に拠っている限り あたまの中の嵐 いや 快晴 ですか。



★ 罪
☆ というのが ウソ・イツハリによるヤマヒのこと。ヤマヒのみなもと。つまり ウソ・イツハリ。


つまり ヤマシサ反応に――つまり心に――さからったことを 神に対するに罪と言う。ふつうには 恥ぢ。自由の止み・病み・闇そして第一の死。


第一の死は 死ぬ。ひとは ふと或る日或る時 自己還帰するゆえ。そして ふたたび・みたび 死ぬ。ウソ・イツハリによって。


中には この死が死ななくなるという第二の死に到る場合がある。
・・・

お礼日時:2022/11/03 04:19

神・佛は正しい方向へとしか、私を導いてはくださらない。



だから、信じます。
    • good
    • 1
この回答へのお礼

信じるとは 非知なるナゾの何ものかを そのナゾゆえに 無条件で無根拠にてわが心に受け容れることです。


雲をつかむような阿呆みたいな話です。

頭でっかちのバカには無理。

理屈があれば それは 思考の緑野です。それなりの信念を築くことは出来るでしょう。

けれども どこまでも 相対性の世界の中だけに閉じ籠っている。タコツボ人生になる。

お礼日時:2022/11/03 04:11
1  2  3  4  5  6  7  8  9  10 次の回答→

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人はこんなQ&Aも見ています

関連するカテゴリからQ&Aを探す


このQ&Aを見た人がよく見るQ&A

このカテゴリの人気Q&Aランキング