人気雑誌が読み放題♪

よく見かけますが、ホームページ、サイト、ブログ等にゲーム画面を(デジカメ)等でキャプチャーして画像を貼り付けているのをよく見かけます。
でもそれって『著作権に反しているんじゃないの?』って思う事があります。多分、ほとんどの人がそのゲーム会社から『許諾』をとっていないものと思われます。実際にゲーム会社に問い合わせをしてみたところ、『ゲーム画像を個人のホームページで利用する事は、すべて許諾しておりません。』という回答が得られました。他のゲーム会社はどうか知りませんが大体こんなところでしょう。

ゲーム会社側からの反応を見て解るとおり、ほとんどの人が無断でゲーム画像等を掲載しているものと思われます。

そこで皆さんに質問します。
1.こういうサイトやブログは許せるか?

2.秩序を守らないサイト等を見て不愉快に感じた事はありますか?

3.多分ほとんどの人が許諾を取っている振りをしているだけと思う?

4.あなたが一人の人間としてこの問題に感じた事を教えてください。

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (3件)

1.だめですね。

管理人さんもすべてのページを見るのは無理かもしれないので、見つけたら管理人さんに連絡されては?
2.特に無いけありませんが、(ゲームを)作った人が見たらどう思うでしょう。
3.そんなことは考えていない人がほとんどでしょう。
4.(話が広がってしまいますが、)このような(マナーやルールを守らない)人でも簡単にサイト,ブログを立ち上げることが出来るようになった時代に対応が遅れていると思います。
    • good
    • 0

1.別にいい


2.ない
3.ほとんどとっていないでしょう。
4.多少いいのではないかと思うところがある。
ゲーム系に限らず…インターネットそのものは、おっしゃるとおり著作権を無視した違法地帯になっています。外国のサイトだと、ヤフーの動画検索などをするとわかりますが、ゲームの動画そのものが垂れ流されています。
これらの行為は違法であるけれど、甚だしく商業的に不利益を被ると考えない限り、企業は訴えている暇もないし、外国のサイトだとまた色々問題があります。
多少そういうものを個人的に扱っているサイトを見て、こちらとして楽しませてもらっている事もあるので、このような行為はマナーには反していますが、ちょっとはいいのかなーと、曖昧に考えています。
    • good
    • 0

1.引用は法律で認められています。



2.サイトによります。最新ゲームの最終ボスやエンディング等を安易に掲載しているようなサイトはモラルの面から不愉快に感じます。

3.引用の場合は承諾は必要ありません。

4.著作権の制限に関する知識の乏しさに危機感を感じます。

5.この類の質問はアンケートカテゴリで投稿すべきではないでしょうか?
    • good
    • 0

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q著作権法32条、ゲーム等のキャプチャについ

すいません。質問があります。
現在ゲームの批評サイトを作っているのですが、批評する際に画像をキャプチャしてレビューを
書きたいのですが、法律的にはどうなのでしょうか。
著作権法32条などを解説しているサイトや下記の質問なども熟読したのですが、恐らく著作権を
よく理解していない人が間違ったことを次々断言しているため論点がぶれまくり荒れてしまっているように感じます。
http://q.hatena.ne.jp/1158291777

上記の質問ですと
「サイトに広告などがあると営利目的だからダメ」→新聞も雑誌もテレビも営利目的だとは思いますし、報道全般がダメとなってしまう気がします。そもそも営利がどうとか著作権法には出てこない気がします

「個人のサイトは公共性が無いからダメ、アニメ、ゲームは公共性が無いからダメ」→著作権法32条には公共性という言葉が出てこないのですが、この場合どういう理由で公共性が関わっているのはよく分かりません。

「公正な慣行に当てはまらないから」→この反論が一番多いのですが、ここでいう慣行は業界の慣行ではなく、引用の必然性であったり、主従関係、引用の範囲を総合的に見るという意味ですよね?
「この業界ではこうだから」・・っていうのは違いますよね?

1, 既に公表されている著作物であること
2, カギ括弧などにより「引用部分」が明確になっていること
3,「出所の明示」が必要
4,「公正な慣行」に合致すること(報道、批評、研究などのためであり、引用の必然性、引用部分との主従関係、正当な範囲内であること)



結局考えなければならないのは4であって他の部分は満たすは難しくないと考えます。
あくまでも引用部分に対しての批評があり、引用の必然性をあること
引用画像は最低限にし、引用元を明確にすること

当然断言はできませんが、上記を満たせば著作権者の承諾なしに画像の引用が可能(可能な場合がある)と考えて間違いないでしょうか?

すいません。質問があります。
現在ゲームの批評サイトを作っているのですが、批評する際に画像をキャプチャしてレビューを
書きたいのですが、法律的にはどうなのでしょうか。
著作権法32条などを解説しているサイトや下記の質問なども熟読したのですが、恐らく著作権を
よく理解していない人が間違ったことを次々断言しているため論点がぶれまくり荒れてしまっているように感じます。
http://q.hatena.ne.jp/1158291777

上記の質問ですと
「サイトに広告などがあると営利目的だからダメ」→新聞も雑誌もテレビも...続きを読む

Aベストアンサー

ほぼ同意。引用の用件については諸説ありますが、公正な慣行として判例で導かれたのは「主従関係」と「区分明瞭性」
公正な慣行は引用の様態によっても異なる意見もあります。論説文での引用の慣行はほぼ決まりきっていますが、小説やマンガ中での引用が論説文と同じレベルの引用の固さを求めるのは酷でしょう。「主従関係」と「明瞭区分性」にとらわれるべきでないという専門家もいます。もともと主従関係は条文上あきらかにされているわけではなく、初めて出たのは旧法下のパロディ事件です。旧著作権法にも引用に関する近い規定はありますが、旧法の下の判例に縛られ続ける必要はあるのかという話です。「主従関係」にとらわれず「公正な慣行」とは何か1から考え直す必要もあるかもしれません。

とはいえ主従関係が焦点となった判例も少なくないので主従関係で考えますと、画像より自己のレビューが主といえる範囲なら構わないでしょう。画像に対して「楽しかった」の一言では引用といえません。


人気Q&Aランキング