こんにちは。
豪ドルでの預金を考えています。私は豪州での永住権を取得していて、将来はいずれにせよ豪州に引越して生活の基盤を持ちたいと考えています。
そこで色々な外貨預金のサービスを行っている銀行のホームページを閲覧するなどして自分なりに調べてきたところ、どうやら日本の外貨預金サービスは高い利率や将来の円高を期待していずれまた円に戻す(日本居住者を前提としているので当然ですね)のを前提にしているようで再び円に戻すのが手数料がかかって無駄のような気もしています。
そこで教えていただきたいのですが日本の外貨預金サービスで豪ドル預金をそのまま現地の銀行で使えるようなサービスがあれば教えてください。

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (3件)

質問のご趣旨はよくわかります。

が、日本の外貨口座から直接使えるところはないと思います。送金・小切手化などが必要でしょう。オーストラリアへの資金の移動が可能であれば良いのですから、豪ドル貯蓄と、その移動方法をリンクさせてやります。

私は米ドルで、以下のような方法を使っています。豪ドルでも多分大丈夫だと思うのですが、ご自分でご確認下さい。

1)豪ドル建て送金ができる銀行に豪ドル口座を持つ。
大手都市銀行は、総じて、送金手数料が高く、コルレス・チャージもかかりますが、豪ドル建ての送金を扱っているところもあると思います。

2)Citi Bank日本支店の豪ドル口座から豪ドル建てトラベラーズ・チェックで引き出す。これは手数料無料でできるはずです。米ドルの場合は1000ドルチェックもありますので、アメリカの口座に生活資金を移すときはいつもこの方法を利用していました。

3)野村の外貨MMFで貯蓄をすると、あらかじめ銀行外貨口座(日本限定)を登録しておけば、手数料無料で送金できます。野村のMMFは1)2)に比べて、為替手数料・利回りともに良いと思います。だからココで貯蓄して、1)2)に豪ドル建て送金してやれば良いわけです。

4)為替証拠金取引の「現受け」、送金は安い為替コストでできます。豊商事の場合は海外口座に直接送金もできるようです。1万ドル単位のところが多いことが問題です。また、これらの会社でポジションを持つときは倒産リスクなども当然考えておかねばなりません。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

遅れて申し訳ありませんでしたがご回答ありがとうございました。とても参考になりました。

お礼日時:2005/04/30 17:05

「日本の銀行口座に日本円で入金し、海外のATMから現地通貨で出金する」


このような方式はではだめなのでしょうか?
この方式でも日本円→外貨の両替手数料は当然かかります。
http://madoguchi.jp/guide/step8a.html

永住するということは、現地銀行に口座をつくってそこに送金すればいいのではないかとも思いますが...
これも手数料がかかるからだめってこと?
http://www.anz.co.jp/open_acount/about_op_koza.h …
    • good
    • 0

>日本の外貨預金サービスで豪ドル預金をそのまま現地の銀行で使えるようなサービスがあれば教えてください。



ありません。
ご存知の通り、銀行は為替手数料で稼いでいるのですから、外貨を右から左へ無料で動かす銀行はありません。
    • good
    • 0

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q一番金利の良い方法でお金を貯蓄するには、どうすればいいですか?

一番金利の良い方法でお金を貯蓄するには、どうすればいいですか?
しばらく使う予定のないお金が300万円ほどあり、ただ銀行に入れておくのはもったいないので、一番金利の良い方法で保存しておきたいと思っています。
学生時代は定期預金をやったことがありますが、最近いろんな貯蓄方法が出回っているので、もっと金利の良い方法があれば、教えて下さい。

Aベストアンサー

「一番金利のよい」「しばらく」といわれると困るのですが。
いくつか参考にでもなればと。

住信SBIネット銀行の定期預金がキャンペーン中で金年9月30日まで金利が
1年→「0.5%」
3年→「0.6%」
5年→「0.7%」
定期預金でしたら、こういったキャンペーン上乗せ金利を探すとよいでしょう。
1年定期→100万円
3年定期→100万円
5年定期→100万円
で回していくと「金利」に敏感になってくるので楽しい人は楽しいと思います。

後は、ほぼ元本割れしないMMFが現在金利「約0.1%」です。
MMFとは証券会社で取り扱っている変動金利毎月分配型の金融商品です。
短期金利に連動するような仕組みです。
30日以内の解約には解約金がかかります。

少し運用になりますが、定期預金とMMFに預けてもいいと思います。


上記2つより換金性が悪いですが、個人向け国債も選択肢にはなりますね。
ただネット銀行の定期預金の金利と比べて魅力は感じません。
変動10年については少し運用の概念が強くなりますので質問者様には無しだと思います。
下記は2010年9月30日締め切りの金利です。
固定3年→「0.11%」
固定5年→「0.23%」
変動10年→「0.25%」*10年国債の利率により半年ごとに変動します。

このあたりが安全で゛マシ゛ではと思います。

「一番金利のよい」「しばらく」といわれると困るのですが。
いくつか参考にでもなればと。

住信SBIネット銀行の定期預金がキャンペーン中で金年9月30日まで金利が
1年→「0.5%」
3年→「0.6%」
5年→「0.7%」
定期預金でしたら、こういったキャンペーン上乗せ金利を探すとよいでしょう。
1年定期→100万円
3年定期→100万円
5年定期→100万円
で回していくと「金利」に敏感になってくるので楽しい人は楽しいと思います。

後は、ほぼ元本割れしないMMFが現在金利「約0.1%」です。
M...続きを読む

Qドル(外貨)預金・外貨MMFについて知りたい

ドル(外貨)預金・外貨MMFについて知りたい(勉強したい)のですが、易しく、解りやすい説明が記されているサイトなどご存じの方はおられませんでしょうか?また、今、ドル預金・MMFを行うにあたっての注意事項・アドバイスなど頂けましたら、嬉しく思います。宜しくお願いいたします。

Aベストアンサー

下記のページをご覧ください。
http://www.shizuokabank.co.jp/personal/lecture/le-019.jsp

http://www.forex-traders.net/saving.html

http://www.ifinance.ne.jp/learn/currency/crb_7.htm

http://www.star-f.i-trade.co.jp/study/fx/top.htm

注意点としては、外貨預金は、金利が高くても為替相場の変動が激しいと、金利以上に損失を被る場合があります。
下記のページをご覧ください。
http://www.moneyjoho.co.jp/invest/tsubo/tsubo03.htm

Q財形貯蓄の金利について教えてください。

さぁー貯蓄するぞっと会社から資料を取り寄せたところ、半年前は年金利0.2~0.35%となっていたのに今じゃ0.08%になっていました。これって今預けた金利がずーっと続くのでしょうか?だとしたら、今から始めるのがすごーく損をするような気がして。また、預け先によって金銭信託、期日指定定期預金、財形貯蓄積立保険、公社債投信などいろいろあってどうしたらいいのかわかりません。教えてください。貯蓄の目的は、将来のマイホーム購入資金と子供の教育資金です。

Aベストアンサー

金融関係で仕事をしている者です。
今春、各行一斉に金利が下がり、
気分が乗らないお気持ち、お察し致します。
将来もこの情勢が続くかどうかは、大変むずかしい問題ですが、
少なくとも財形貯蓄については、
始められた方が損しないと思います。
一度「日本銀行情報サービス局 金融広報中央委員会」
(参考URL)の情報を是非ご覧ください。
金融に関する基本的なことが、全般的に解ります。

また、各商品に関しての解説は、
下記サイト↓をご覧になれば、大体わかると思います。
http://www.saveinfo.or.jp/kinyu/guide/mokuji2.html

少しおおざっぱですが、下記サイト↓でも分かり易くまとめられています。
http://www.geocities.co.jp/HeartLand-Oak/4961/UOB-KINYOU-KINRI/UOB1KINYUKINRI.htm

tsuru2001さんの書かれている貯蓄の目的から、
「財形住宅貯蓄」と「一般財形貯蓄」を
まず始められることをお勧めします。
財形住宅貯蓄は、勤労者が住宅を取得する目的で設けられたもので、
住宅購入資金の頭金が計画的に準備できる一方、
財形持家融資が受けられます。
一定の要件を満たせば、財形年金とあわせて元利合計550万円
(郵貯は元本550万円、簡保は払込保険料550万円)
までは利子に税金がかかりません。
また一般財形貯蓄は、財形の目的が特に限定されたもの
ではありませんので、一般の金融商品と同様、
利息には20%の税金がかかりますが、
給与から控除されるため、お金を貯めやすいという点は
メリットといえます。
またいざという時、財形融資制度を利用することができます。

例えば、財形貯蓄に加入していると、比較的有利な条件で、
本人又は子供が、教育を受けるために必要な資金を
借り入れることができます。
融資額は、最高450万円までです。
また、住宅資金の融資も、一般財形貯蓄・財形住宅貯蓄・
財形年金貯蓄を1年以上続け、
その残高が50万円以上になっている場合は、
住宅を買う時に財形融資制度を利用することができます。
財形融資の最大のメリットは、融資額が大きいという点です。
残高に応じて最高4000万円までの融資を受けることができます。

最後に、下記サイト↓でも、金利に関しての面白い話が見れますよ。
http://www.hokuriku.ne.jp/abc/economy/kinri.htm
どうぞ、あまり悲観的にばかりならず、
一番有利な預け入れ方法を検討しましょう。

参考URL:http://www.saveinfo.or.jp/index.html

金融関係で仕事をしている者です。
今春、各行一斉に金利が下がり、
気分が乗らないお気持ち、お察し致します。
将来もこの情勢が続くかどうかは、大変むずかしい問題ですが、
少なくとも財形貯蓄については、
始められた方が損しないと思います。
一度「日本銀行情報サービス局 金融広報中央委員会」
(参考URL)の情報を是非ご覧ください。
金融に関する基本的なことが、全般的に解ります。

また、各商品に関しての解説は、
下記サイト↓をご覧になれば、大体わかると思います。
http://www.saveinfo....続きを読む

Qドル預金ではなくて中国の外貨預金をしたいのですが

ドル預金ではなくて中国の外貨預金をしたいのですが検索エンジンで調べてもどこの銀行で出来るかなどのノウハウがよくわかりません。
ちょっとしたヒントや少しでも関連のある情報をお持ちの方よろしくお願い致します。

Aベストアンサー

以前に 中国や香港の 日本支店で口座を開設しようと
思いましたが、会社しか出来ないと言われました。

参考までに 日本で中国元に 両替は 停止中です。

理由が判りませんが、一般人は不可のようで??

何で 中国元で預金がしたいのでしょうね??
中国の将来を見越してでしょうか??

Q有効な貯蓄(金利)の仕方

今貯金を有効に増やしていこうと思い考えているのですが、
今じゃ銀行の金利だとあってないようなもの・・・・・。

株の考えましたがなかなか手がつけられません・・・。

金利の面で考えると、デパートなどのカードで、積み立てなどあります。
今の時代どのようなやり方が有効でしょうか?
よろしくお願いいたします。

Aベストアンサー

#2です。

デパートの積みたては、高島屋(ローズサークル)と伊勢丹(クローバーなんとか)の両方をやっています。どちらも月五千円。
始めてから3年ほど経ち、商品券(伊勢丹・トラベラーズチェックのような束)・プリペイドカード(高島屋)が合計で10万を越えたので、年末で一時休止の予定です。

他のデパートも同じような制度があると聞きます。
ちなみに高島屋と伊勢丹に関しては、そのデパートのクレジットカードは作らなくても、積み立てだけを契約できます。

Qオーストラリア在住です。円も豪ドルも持っているので預金・投資したいので

オーストラリア在住です。円も豪ドルも持っているので預金・投資したいのですが、何から始めればいいのか迷ってるのでどうかお知恵を・・・
日本には毎年一か月ほど帰国して買い物したり旅行したりするので、常にレートはチェックしています。
飛行機のチケットを買う際も豪ドルと円のレートによって日本のカードを使ったり豪のカードを使ったりしています。

当方、ど素人なのでわかる方に教えていただきたいのですが・・・

レートをいつもチェックしている
長期で考えている
もしかしたら15年後くらいには日本に移住するかも?

という感じの状況です。どんなに小さい情報、ご意見でもいいのでよろしくお願いします。

Aベストアンサー

生き残りが難しいといわれるFXに関連した投資はやらないことも「本当の投資」になります 今後しばらくの勉強期間で たとえば豪ドル、日本円、米ドル ユーロなどそれぞれのカードをタイミングを見て選び、買い物をするだけでも、かなり安全な投資にはなっています

Q毎年1万ドルを金利5%の貯蓄口座にあずけておけば

10年後には 13万2,067ドルになるそうです。
計算式がわかりません。教えて~。

.

Aベストアンサー

∑(総和)の計算 でぐぐると
http://homepage2.nifty.com/nandemoarchive/toukei_kiso/souwa.htm


http://detail.chiebukuro.yahoo.co.jp/qa/question_detail/q1031762795

QNZドル・豪ドルの為替

最近NZドル・豪ドルの為替レートがとどまることを無く悪くなっていますよね?皆さんはいつまでこの流れが続くと思いますか?

どこまで行くと思いますか?

NZドルを1ドル84円

豪ドル1ドル89円

と設定し、予測を教えてください。

Aベストアンサー

わかりませんでは、回答にならないので、金利差でこの状態とすれば、来年9月以降の日本の金利が上るときまでと考えています。

9月というのは、日本の首相交代を想定しています。日銀は来春にも政策変更をしたいようですが、政治的に言えば、ずるずると9月まで引き延ばしを図りたいのではないかと思います。構造改革して景気回復、株価も上がり万歳という首相花道説です。

Q毎年1万ドルを金利5%の貯蓄口座にあずけておけば

10年後には 13万2,067ドルになるそうです。
計算式がわかりません。教えて~。

Aベストアンサー

・5%の利息が付くとは、1.05をかけ算するということ
・複利とは、1.05を年数分かけ算すること

最初の1万ドルは10年間 → 10000* (1.05)^10 = 16288.94627ドルに
2番目の1万ドルは9年間→ 10000* (1.05)^9 = 15513.28216ドルに
3番目の1万ドルは8年間→ 10000* (1.05)^8 = 14774.55444ドルに
(途中略)
8番目の1万ドルは3年間→ 10000* (1.05)^3 = 11576.25ドルに
9番目の1万ドルは2年間→ 10000* (1.05)^2 = 11025ドルに
10番目の1万ドルは1年間→ 10000* (1.05)^1 = 10500ドルに

全部足す
10000*(1.05^10)+10000*(1.05^9)+10000*(1.05^8)+10000*(1.05^7)+10000*(1.05^6)+10000*(1.05^5)+10000*(1.05^4)+10000*(1.05^3)+10000*(1.05^2)+10000*(1.05^1)

=132067.8716

・5%の利息が付くとは、1.05をかけ算するということ
・複利とは、1.05を年数分かけ算すること

最初の1万ドルは10年間 → 10000* (1.05)^10 = 16288.94627ドルに
2番目の1万ドルは9年間→ 10000* (1.05)^9 = 15513.28216ドルに
3番目の1万ドルは8年間→ 10000* (1.05)^8 = 14774.55444ドルに
(途中略)
8番目の1万ドルは3年間→ 10000* (1.05)^3 = 11576.25ドルに
9番目の1万ドルは2年間→ 10000* (1.05)^2 = 11025ドルに
10番目の1万ドルは1年間→ 10000* (1.05)^1 = 10500ドルに

全部足す
10000*(1.05...続きを読む

Q為替、豪ドル/ドルについて 

ここ最近の豪ドル為替を見てみると、0.94辺りから0.86辺りになっていますが、
米ドル高になったということでしょうか?米ドル安になるのでしょうか?

ちなみに、為替の表記が「A/B」となっているチャートの場合、
チャートが上昇すればA高・B安で、
下落すればA安・B高ということになりますか?

ご教授のほど、よろしくお願いします。

Aベストアンサー

>0.94辺りから0.86辺り

米ドル高、豪ドル安です。

>ちなみに、為替の表記が「A/B」となっているチャートの場合

正解です。

A/Bは、Aを1単位購入する時、Bで払うといくらかということです。

ドル/円が、116.00の場合、1ドル=116円となります。

簡単に覚えるのであれば、A/Bの時、チャート上昇=左側のAが上がる=A高B安と覚えると良いでしょう。


人気Q&Aランキング

おすすめ情報