椎間板ヘルニアと診断されてしまい、左足がしびれ、左下腹部が痛む状態です。なんとかゆっくり歩けるようになったので、手術をするほど重症ではないかと思うのですが、1年半の間に3回、ギックリきて動けない状態を経験しております。
痛み止めを飲みつつ、コルセットをつけ、忍耐力さえあれば、
「自然に治るもの」とも聞いているのですが、ほっておいて治るものなのでしょうか。

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (6件)

昨日までブロック注射の為に10日間入院しておりました。


自分の経験から言うと「自然に治っても再発する」という印象が強いです。

15年程前にレントゲン診断で椎ヘルを診断されてから、石膏で型取りした特注コルセットで養生しておりました。長年の間はおとなしかったのですが先月から痺れと痛みの為に眠れぬ日々が始まりMRI診断で格段と瘤になっている事が分かりました。
とにかく「痛みを早く取りたい」思いから手術を切望したのですが、注射という手段がある事を伝えられチャレンジする事となりました。注射で効果の無い人や内蔵まで肥大して障害がある人は手術が必要らしいのですが、自分は注射で結構な効果がありました。手術を行っても「1年以内に再手術する人が5%」「手術をすると2回目の手術が困難になる」事から手術しなくて良かったなと思っております。

以下は自分が日常や再発防止に心がけている点です。
1、ボルタレンやロキソニンは刺激が強いのでロルカムにしてもらう。
2、速攻性のある座薬ボルタレンを持ち歩く。
3、サイズが違ったり市販の腰痛ベルトではなく、新調したコルセットを常備。
4、半身浴は止め、膝から下を熱いお湯(42~45℃)で汗をかくまで暖める。
5、腰痛ベルトを用いて骨盤を閉めての体操など、仙骨を柔軟にする運動を心がける。
自分のケースですが、体のバランスや背筋が悪いのでカイロや気功にも通っております。
    • good
    • 2

私の理解している限りで回答いたします。


椎間板とは、骨と骨の間にある軟骨の事です。重い物を持ち上げたり、おかしな姿勢等をする事によって骨に力がかかり、その間にある椎間板が圧迫され横に出たりします。たとえば、軟らかいゴムボールを手のひらに挟み両方から力を加えると(圧迫すると)ゴムボールが変形して横に出てきますよね。力を緩めると、また元に戻って丸くなりますよね。こんな感じかな・・。
椎間板が圧迫されて横に出た時に、腰椎付近の神経を刺激して痛みになります。ひっこめば(元に戻れば)神経から離れ痛みがなくなります。痛みがあるうちはまだ椎間板が神経に触れて刺激している事になります。ですから、治療としては圧迫されている状態をなくし、椎間板を元の位置に戻るようにする必要があります。そのような理由から腰を牽引し、骨と骨の間を広めて椎間板が元の位置に戻りやすくしてやります。
圧迫されている状態をなくすという事です。
但し、牽引する力が強すぎると、引っ張られないようにという(生理的な働き?)逆の力が筋肉に働き逆効果となって、さらに腰痛を悪化させる事もあるようです。ですから牽引する力加減は、引っ張られているような、いないような少し物足りない位の力加減がちょうど良いとの事です。自然治癒という事は、痛みがあるから無理をしなくなる。又、寝る事によって(体を横にする事)圧迫されている状態から開放される。
その間に、椎間板が少しずつ元の位置に戻る。という事ではないでしょか?椎間板が元に戻るだけの十分な弾力性があれば、よほどの重症でなければ安静にしている事で治るのだと思います。またコルセットを装着し姿勢を良くしてやれば改善されるでしょう。
しかし、忍耐力などで治癒するものではないでしょう。とにかく体を出来るだけ安静にして、無理をしないようにして下さい。
下記のURLも参照して下さい。 

  http://hernia.lumbar.jp/

参考URL:http://hernia.lumbar.jp/
    • good
    • 0

先月内視鏡手術をしたものです。

手術をしなくても治った人も沢山知っていますのでなんとも言えませんがやはり個人差はかなりある病気だと思います。どれくらい神経を圧迫しているのかにもよりますが、まずは自分で『手術をするほど重症ではない』と決め付けないことです。私も初めはそう思っていました。私の場合は胃も弱い為痛み止めも飲めずガマンして、ブロック注射で様子をみましたが変わらず、結果手術という選択をしました。お医者様は何とおっしゃっていますか?信頼できるお医者様ですか?手術は最終手段と考え、まずは日常生活の見直しや、鍼灸なども良いかもしれませんね。カイロプラクティックは私は恐くて行けませんでしたが、治ったと言う方もいますよね。ヘルニアの痛みというのは本当に辛く、なった人にしかわからない苦痛ですよね。自然に治れば幸いですが、これから何年のがまんになるかわかりませんので覚悟は必要ですよね。どうか一日も早く痛みのない生活にもどれますように。
↓私はここで相談したことがあります。とても親切な方なので一度相談されてはいかかでしょうか?

参考URL:http;//nodayokouchi.hp.infoseek.co.jp
    • good
    • 0

私も5年前に椎間板ヘルニアになりました。

腰も曲がらず
痛みもロキソニンを飲んで3日目に効く状態でした。
胃もおかしくなるし、痛みに耐えて仕事はしんどい一言でした。整形の先生に泣き付いたら、鍼灸接骨院を紹介されました。行って帰る時は痛みはほとんどなくなってました。
しびれも下腹部の痛みもとれると思いますよ。
今ではレントゲンをとってもヘルニアの痕跡もありませんし診察したDrも「ヘルニアになったけ?」でした。
自然に治るのは飛び出した軟骨が体に吸収される事だと思います。牽引も腰の状態をみて医師が指示しないと意味ないそうです。(余計、痛くなった)私の経験から鍼灸接骨院をおすすめします。高いけど・・・・神奈川県内なら腕利きの先生を紹介します。
    • good
    • 1

こんにちは。



放っておいて治る事は聞いたことありますが、
やっぱり治療した方がいいと思いますよ。
治りのスピードも違ってくるでしょうし。
わたしの場合は、リハビリでだいぶ楽になりました。
自宅でも伸び運動とかで、リハビリの牽引と同じ様な事もしてました。

あの痛みを考えると、そのまま放っておくのは、
やっぱり忍耐が要りそうです。
    • good
    • 0

手術をするほど重症ではないということですが、手術について外科医は何と言っていますか?椎間板ヘルニアはほとんどの場合手術をしなくても症状を軽減させることができますが、まれに手術が必要な場合もあります。

放っておいてはいけません。文面から判断する限り軽い症状ではないと思われますので、医師と相談することをおすすめします。

ある程度の治療やリハビリを行ったら、その後は放っておいても大丈夫です。というより、慢性でしたら一生の付き合いですから、放っておくしかないというか・・・しかしその間もコルセットをつけたり、腰痛体操をしたりはするので放っておいてるわけではないかな?!
つまり、自然には治りません。(急性だったり軽症のヘルニアならば治るらしいのですが、それでも何らかの処置はします)痛みに慣れると言う表現の方が適切だと思います。
    • good
    • 1

このQ&Aに関連する人気のQ&A

  • 内視鏡および腹腔鏡下手術の適応<お年寄りの病気>の症状や原因・診断と治療方法

     内視鏡の発達に伴い、ポリープ切除術だけでなく内視鏡的粘膜切除術(EMR)が胃や大腸の疾患に対して広く行われるようになりました。  また、腹腔鏡下手術は、消化器疾患領域では胆嚢(たんのう)摘出術が最も早く世界中に広まりました。それ以後、技術の熟練とともに腹腔鏡補助下大腸切除術や腹腔鏡補助下幽門側(ゆうもんそく)胃切除術など、消化管の手術が行われ徐々に浸透し始めています。腹腔鏡下手術はさらに腸閉塞(ち...続きを読む

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人はこんなQ&Aも見ています

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q椎間板ヘルニアって完治するの?

7~8ヶ月前に椎間板ヘルニアって診断されました
そこまでひどくなかったので毎日電気を当てに行っていたら3ヶ月くらいで痛みがなくなりました
元々腰痛があり今もたまに腰が痛いときはありますがヘルニアの痛みとは全然違います
治療中の3ヶ月は毎日湿布をはって腰痛体操をしたり普段の姿勢を気をつけて生活してましたが良くなってからは元の生活にもどってます
MRIの画像を見る限りペコッと飛び出してましたがこれってもとに戻ってるもんなんですか?
再発したりしないのですか?
ここ半年はヘルニアの痛みはないですからやはり完治って言えるのですか?

Aベストアンサー

>MRIの画像を見る限りペコッと飛び出してましたがこれってもとに戻ってるもんなんですか?

ヘルニアは治ることが分かっています。簡単に言えば、白血球が飛び出した余計な椎間板を食べてしまうからです。ですからMRIではへこんで(正常に)見えます。


>再発したりしないのですか?

ヘルニアとは椎間板の核が飛び出しておこります。椎間板の核を髄核といいますが、髄核が残っていれば再発の可能性はありますし、クッション性の落ちた椎間板の衝撃を上下の椎間板が負担することになりますので、こんどはこれらのヘルニアの可能性が高まります。


>ここ半年はヘルニアの痛みはないですからやはり完治って言えるのですか?

これはいえると思います。

病院では通常保存療法を選択します。手術は即効性がありますが、髄核を全て取り除いてしまうため上下の椎間板ヘルニアのリスクが高まるからです。保存療法とは飲み薬(NSAIDs、ステロイド)、ブロック注射、理学療法、運動療法、鍼治療などですね。整体やカイロプラクティックは高確率で悪化しますので注意が必要です。これは厚生労働省も警告しています。

再発予防のためには腹筋背筋の強化、屋外ウォーキングなどで運動し、痛くなったらすぐに病院にいきましょう。

>MRIの画像を見る限りペコッと飛び出してましたがこれってもとに戻ってるもんなんですか?

ヘルニアは治ることが分かっています。簡単に言えば、白血球が飛び出した余計な椎間板を食べてしまうからです。ですからMRIではへこんで(正常に)見えます。


>再発したりしないのですか?

ヘルニアとは椎間板の核が飛び出しておこります。椎間板の核を髄核といいますが、髄核が残っていれば再発の可能性はありますし、クッション性の落ちた椎間板の衝撃を上下の椎間板が負担することになりますので、こんどはこれら...続きを読む

Q椎間板ヘルニアは自然に治らないのに、なぜ痛みは日数を経て治まるのでしょ

椎間板ヘルニアは自然に治らないのに、なぜ痛みは日数を経て治まるのでしょうか?
椎間板が後方の神経と干渉してるからどこかに神経痛が走る。
しかし自然に治らないということはその椎間板が引っ込まない→神経と干渉→痛いまま のはず。
なのになぜ痛みが和らいでゆくのでしょうか?

Aベストアンサー

No.1です。補足ありがとうございます。


>痛みが微妙レベルになった場合、シップ程度ではもう効果が現れないのでは?と思ったまでです。

もともと、ヘルニアであればシップだけで効果を出すのは厳しいでしょう。でも実際の治療はシップだけではありません。シップの他に飲み薬、リハビリ、鍼など全て総合力で治療を行います。普通の初期の腰痛で痛みが軽いものなら、シップだけで治る場合もあります。かく言う私は、腰痛が出たらすぐにシップを貼って治しています。


>つぶれた椎間板は元の厚みに戻ることはないのでしょうか?

椎間板とは中心層と、それを取り巻く層の構造になっています。ヘルニアとはその中心層が出ることを言います。大福で言えばあんこの部分です。出てしまったあんこは元に戻りません。


>もしなければつぶれたままということになりますが、それが、
これ以上突出する余裕がないくらいペッチャンコであれば、
今後、突出によって神経への炎症がおきることは無い、ということでしょうか。

ヘルニアによる炎症の可能性は減るかも知れませんね。しかし炎症の原因はヘルニアだけではありません。他の原因によって炎症がおき、激しい痛み、坐骨神経痛などでるかもしれません。

No.1です。補足ありがとうございます。


>痛みが微妙レベルになった場合、シップ程度ではもう効果が現れないのでは?と思ったまでです。

もともと、ヘルニアであればシップだけで効果を出すのは厳しいでしょう。でも実際の治療はシップだけではありません。シップの他に飲み薬、リハビリ、鍼など全て総合力で治療を行います。普通の初期の腰痛で痛みが軽いものなら、シップだけで治る場合もあります。かく言う私は、腰痛が出たらすぐにシップを貼って治しています。


>つぶれた椎間板は元の厚みに戻ることは...続きを読む

Q軽度のヘルニア。放置して良いものですか?

追突事故にあい労災にて整形外科に通っている30代です。
事故から2カ月すぎても、手足の痺れが消えないため腰のMAR検査をうけました。
そのさいに軽度のヘルニアと説明されました。
(MRIで出血した形跡がないので、このヘルニアは以前からあって年齢によるものだろうと説明されました。私としては腰痛や痺れは事故前までなかったですし、まさか自分がヘルニアもちとは夢にも思っていなかったので腑に落ちない感情もありますが、医師に断言されたのでそういうものなのかと言い聞かせています)
ただ、医師より、ヘルニアの治療などすすめられなかったのでそこをどう解釈したらよいやら。
いま症状として出ている、手足のしびれは一過性のものでそのうちなくなるとおっしゃっていましたし、
つまりヘルニアは軽度であれば治療する必要がないものと考えて良いのですか??
医師に確認することがベストですが、聞きにくい空気があったので尻込みしてしまいました・・・・

Aベストアンサー

>私としては腰痛や痺れは事故前までなかったですし、まさか自分がヘルニアもちとは夢にも思っていなかったので腑に落ちない感情もありますが

まず腰椎椎間板ヘルニアと言う病名の説明をいたします。腰椎椎間板ヘルニアとは椎間板のヘルニアとそれに相当する症状がなければ病名として腰椎椎間板ヘルニアとは言いません。どういうことかと言うと、MRIでヘルニアが発見されても、脚に症状がなければ腰椎椎間板ヘルニアと言う診断はつかないのです。これは椎間板が飛び出している状態(ヘルニア)といい、こういう状態の方は沢山います。と言うことは、ヘルニアが痛みの原因ではなく、炎症が起こる為に痛みや神経痛が出るのです。貴方もその一人だったわけですが、何かのきっかけで患部に炎症がおこりヘルニアが原因で坐骨神経痛が起こると初めて“腰椎椎間板ヘルニア”と診断がつくと言うわけです。


>手足のしびれは一過性のものでそのうちなくなるとおっしゃっていましたし、
>つまりヘルニアは軽度であれば治療する必要がないものと考えて良いのですか??

まず分けて考えなくてはいけませんね。今回の手足の痺れの原因はヘルニアではなく、あくまでも事故によるものと言うのが医師の見立てのようです。ですからそのうち治るという説明なのでしょう。お薬やリハビリの処方は無かったですか?たとえ事故による症状でも個人的には薬、リハビリ、鍼治療など積極的な治療が必要かと思います。

ちなみにヘルニアですが、ヘルニアは自然治癒することが分かっています。理由は簡単に言えば、ヘルニア部分を白血球が異物と判断し食べてしまうからです。飛び出た椎間板が、吸収されてもとの位置に戻るわけではありません。ですから治療は薬、リハビリ、鍼、ブロック注射などで疼痛のコントロールを行います。これらは保存療法と言いますが、保存療法が効かない例や重症例などでは手術が必要な場合もあります(手っ取り早く治すために即手術を勧める医師もいますが、個人的にはお勧めしません)。

貴方の状態は頸椎捻挫・腰椎捻挫なのでしょうが、痺れと言う症状や軽いヘルニアがあるということですから、治りにくい条件がそろっているように思えます。薬やリハビリなど積極的な治療をなさった方がいいように思えます。


長文、乱文失礼しました。ご参考になれば幸いです。お大事にどうぞ。

>私としては腰痛や痺れは事故前までなかったですし、まさか自分がヘルニアもちとは夢にも思っていなかったので腑に落ちない感情もありますが

まず腰椎椎間板ヘルニアと言う病名の説明をいたします。腰椎椎間板ヘルニアとは椎間板のヘルニアとそれに相当する症状がなければ病名として腰椎椎間板ヘルニアとは言いません。どういうことかと言うと、MRIでヘルニアが発見されても、脚に症状がなければ腰椎椎間板ヘルニアと言う診断はつかないのです。これは椎間板が飛び出している状態(ヘルニア)といい、こういう状...続きを読む

Q原因不明の右下腹部痛が続いています。

長文で申し訳ございません。
原因不明の症状に不安になってきまして、
アドバイスをいただければ嬉しいです。

右下腹部の卵巣あたりでひきつる様な痛みが
20日ほど続いています。(生理の5日目から)
ずっと痛いのではなく、急に痛くなっては4,5秒ぐらいで収まります。
絶対に我慢ができないほどの痛さでもないですが、
寝ているときに痛みで目が覚めるときがあります。妊娠はしていません。

総合病院の内科で血液検査をしましたが、
どこも異常が無く虫垂炎でもないといわれました。
数日後、婦人科で再度血液検査と内診をしました。血液検査は正常でした。
(白血球7400 炎症反応0.1って言っていたと思います)
内診の超音波検査で子宮筋腫4cmと右の卵巣が3.5cmに腫れているといわれました。
卵巣もこれくらいの大きさでは下腹部が痛くなったりしないらしく
5日後また来て下さいといわれ、
今日、病院に行きましたが、筋腫、卵巣のおおきさは
変わっておらず、先生も何で下腹部が痛いのか分からないようです。
子宮内膜症でもないと言われました。

生理痛は寝込むほど痛くなります。性交痛もあります。
脂汗がでるほどではないですが、排便痛もあります。
右腰~右ひざぐらいまで、痛だるいです。
尿が近く、1時間に1回はトイレに行きます。
1週間前から37.0前後の熱(平熱35.8度)もでてきて、
最近では右足の付け根にシコリのようなものもできてきました。
見た目では分かりませんが、触ると大豆ぐらいのコリコリがあります。
そのシコリは強く押さえるとじんわり痛いです。

担当の先生に、熱やシコリの事を言ったのですが、
「血液検査の反応がでてないのでねぇ・・・」と首をかしげます。
ストレスからきているのでしょうか?
病院を変えてみようかと検討中です。
宜しくお願いします。

長文で申し訳ございません。
原因不明の症状に不安になってきまして、
アドバイスをいただければ嬉しいです。

右下腹部の卵巣あたりでひきつる様な痛みが
20日ほど続いています。(生理の5日目から)
ずっと痛いのではなく、急に痛くなっては4,5秒ぐらいで収まります。
絶対に我慢ができないほどの痛さでもないですが、
寝ているときに痛みで目が覚めるときがあります。妊娠はしていません。

総合病院の内科で血液検査をしましたが、
どこも異常が無く虫垂炎でもないといわれました。
数日後、婦人...続きを読む

Aベストアンサー

No.2です。再び失礼します。

大事なことを書くのを忘れていました。じつは私も以前、卵巣膿腫があり定期的に通院していました。大きさは3cmほどだったのですが、時々つるように痛みました。おなかの中がつったような感じは軽度でもつらく気になりました。私を診てくださった医師は下腹部痛はこのせいだとおっしゃってました。だから小さくても痛むことはあるのですよ。

私のケースでは、幸い数ヵ月後に正常の大きさに戻りました(ホルモンバランスによって変化するようです)

あと性交痛も子宮筋腫でみられるようです。

これらが原因の可能性もありますが、クラミジアは蔓延しているだけに不安です。もし検査を受けてらっしゃらなければ、ぜひお勧めします。それで何ともなければ上記に書いた内容による痛みかもしれません。

それでは、お大事になさってください。

参考URL:http://www.kobe-med.or.jp/hyougo/shin/003.htm

Q腰椎椎間板ヘルニアとのつきあい方について教えてください。

45歳、会社員事務職の男性です。10日程前に、腰痛と左足のしびれ発症。病院でレントゲン及びMRI検査より、腰椎第2~3、第4~5の、ヘルニアがあると診断されました。特に、第2~3のヘルニアが大きく、かなり神経を圧迫しているので、手術適応レベルといわれました。ただ、左足のしびれは、発症後10日間で、かなり緩和してきており、朝夕、左足くび周辺に、しびれが残っているものの、多少我慢すれば生活にはあまり支障がない程度になりました。ドクターは、画像で見る限り、痛みが少ない今の状態が不思議なくらいだといわれました。まだ急性期なので、安静にしておいた方がよいとのことでした。
今の状況は、早朝に、左足のしびれがあるのと、15分ほど歩きますと、左足が多少しびれてきます。ただ、机に向かって椅子にすわっている姿勢では、ほとんどしびれや痛みは感じません。

保存療法希望していますが、下記教えてください。
1.しびれが緩和したら、来週から出勤するつもりですが、再発して悪化する可能性はどの程度でしょうか?
2.また、しびれ、痛みがおこったら、がまんせずに、会社を休んで安静にすべきでしょうか?
3.今後ヘルニアとは長い付き合いになると思いますが、通常、保存療法の期間は、どれくらいの期間を見込んでおけばよろしいでしょうか?
4.原因について、自分で思い当たる心当たりがないので、ドクターに原因を伺ったところ、45歳にしては、ちと早いが、骨の老化で、椎間板がへたってきているといわれました。再発防止には、筋力を鍛える、姿勢をよくすることだと思いますが、そもそもその正しい姿勢ができていないのだと思います。
大病院で、先生がお忙しいので、正しい姿勢の指導、リハビリ体操等を、聞いても教えていただけません。書籍等で独学する以外に方法は、ないのでしょうか? お薦めの書籍、インターネットサイト等あればご紹介お願いします。

45歳、会社員事務職の男性です。10日程前に、腰痛と左足のしびれ発症。病院でレントゲン及びMRI検査より、腰椎第2~3、第4~5の、ヘルニアがあると診断されました。特に、第2~3のヘルニアが大きく、かなり神経を圧迫しているので、手術適応レベルといわれました。ただ、左足のしびれは、発症後10日間で、かなり緩和してきており、朝夕、左足くび周辺に、しびれが残っているものの、多少我慢すれば生活にはあまり支障がない程度になりました。ドクターは、画像で見る限り、痛みが少ない今の状態が不思...続きを読む

Aベストアンサー

こんにちは、私も3年間に椎間板ヘルニアを経験しました。同じように腰椎第2~3、第4~5にヘルニアがあると診断されたのと、左足にシビレがありました。特に私の場合は第4~5の、ヘルニアがかなり大きくつま先まで伸びる神経を圧迫していたみたいです。
私の経験で精神的にお役に立てる部分があればと思い回答させていただきますが、ヘルニアは出た場所や大きさによって痛みも予後も違う事、また治療法も相性があるという事をご理解下さい。
私は3年前の11月に左足にシビレを感じました。ふくらはぎから足首にかけての痛みを伴うシビレです。そして日を追う事に足の先の方へとシビレと痛みが以降し、初めの数週間は会社への通勤の40分は立っている事が出来ましたが、1ヶ月後、途中下車して座り、痛みが引いてからまた乗るを繰り返していました。2ヶ月が過ぎ今まで一回で降りるのが2回になったのと腰をまっすぐすると辛く、まがった腰で通勤していました。3ヶ月過ぎ、朝起きて足を前に踏み出そうとすると痛くて踏み出す事が出来なくなり自宅療養する事になりました。
私はヘルニアが大きかった事、腰が曲がっても会社に行った事などがここまで悪化した原因だと思います。

1.人それぞれでしょうが、私はシビレは明日起きたら引くと思いながら生活をしていました。寝ている時は痛くありませんからそれを判断するのは朝起きて立ち上がった時ですから。しかし昨日よりいいかも?と感じる時はありましたが完全に消えるという事はありませんでした。
2・今思えば早期のうちに休養(治療)しておけばよかったと思います。そうすれば3ヶ月会社を休む事はなかったと思われます。
しかし仕事を持つ身、家庭を持つ身だとそれはなかなか出来ませんでした。無理をしてでも・・・という気持ちが強く無理しすぎました。
3・私のヘルニアは大きかったので療養期間は3ヶ月でした。はじめの1ヶ月は立つ事も出来なく、また腰の痛みが苦痛でしたが
出た場所や大きさによって個人差があるようです。
4・
【原因について、自分で思い当たる心当たりがないので、】
私は身長が高い事や、猫背だった事、また座りっぱなしの仕事をしている事や運動不足が原因だったようです。
その他30代から背骨の椎間板の弾力性が衰え圧迫されて飛び出してくる部位をヘルニアというそうです。
30代~40代でヘルニアになる方が多いと先生はおっしゃっていました。
また再発防止には正しい姿勢も重要ですが私は以下の事に気をつけるようになりました。
●あぐらをかいて座らない(あぐらをかいて立ち上がると腰が痛くなるから)
●うつぶせで寝ない。(うつぶせ寝で本を読む事が度々ありましたが翌日はかならず痛くなるから)
●座る時に姿勢を正す。(前かがみにすわると首の重さがプラスされ腰に1.5倍の負担がかかるそうです。また
背もたれにもたれるのも腰への負担は大きいようです。しかしヘルニアになる人は腰の筋力が衰えている方が多く、姿勢を正して座ると15分後には腰の筋肉が疲れてしまうようです。また机に肘をついたりするのも腰の筋力が弱っているからだとか・・)
●布団は固いものにする(現在私は固い布団に寝ています。毎日の事ですから特に布団には気を遣っています。布団を変えて2年半が立ちますが最近は腰が痛くなる事がありません。私には効果あるようです。)

体操に関しては特に気にしてやっていません。ただ、姿勢を正して歩くようになりました。また仕事中も(ディスクワーク)1時間に一回は立ち、背伸びしたり外の空気を吸ったりしています。
現在は腰にシビレがあるので運動などはしない方がいいですよ。かえって悪化します。運動については治ってからの話です。

また私は医者じゃありませんのでこの知識は正しいかわかりませんがヘルニアは飛び出すという意味だそうで、椎間板の中のゼリー状
(名前忘れました)のものが飛び出しそれが神経を圧迫する箇所に出ると、足のシビレや痛みを伴うそうです。そして飛び出た部分には細菌が付着し、炎症となると腫れが生じそれがさらに輪をかけて痛みの原因になるのだと思っています。
更に時間が経過するとゼリー状態だったヘルニア部が硬化しその硬化した部分から水分が抜けてくるとヘルニア部が小さくなり圧迫の少なくなるので痛みが消えるという感じだと思います。現在は成長期だと思いますので個人差はあると思いますが完全に傷みが消えるまでは時間がかかると思います。しかし絶対に痛みは消えるという事を頭に置いて生活して下さい。精神的に救われます。
私は治療に関して良くないと思ったのは腰を引くや曲げると言った治療方法です。針は気休めで良いかもしれませんがすぐに効果が出るものでもありません。ヘルニアは炎症して痛いと考えれば重要なのは血液の循環を良くする事、精神的にも生活の中でも規則正しい生活をするという事が重要だと思いますし、食生活も血液がサラサラになるようなものは良いです。また病院の治療に関しても、血液の流れを良くする(手助けする)治療は良いと思いました。私はブロック注射を週2回打ってました。この注射は体質によって合う人と合わない人がいるそうですが私には効果ありました。
お風呂は血液の流れが良くなるから良いと思いますが炎症して痛い時はよけい痛くなったりもします。

こんにちは、私も3年間に椎間板ヘルニアを経験しました。同じように腰椎第2~3、第4~5にヘルニアがあると診断されたのと、左足にシビレがありました。特に私の場合は第4~5の、ヘルニアがかなり大きくつま先まで伸びる神経を圧迫していたみたいです。
私の経験で精神的にお役に立てる部分があればと思い回答させていただきますが、ヘルニアは出た場所や大きさによって痛みも予後も違う事、また治療法も相性があるという事をご理解下さい。
私は3年前の11月に左足にシビレを感じました。ふくらはぎから足...続きを読む

Q椎間板ヘルニアの手術費用と入院期間

近々椎間板ヘルニアの手術を受けようと思っていますが、費用と期間が皆目検討つきません。いくらぐらいかかるのでしょうか?

Aベストアンサー

椎間板ヘルニア手術の経験者です。手術方法や入院日数によって費用の前後するとおもうのですが、私の場合は主人の社会保険の家族での使用ですので保険適用3割でした。

手術方法は一般的な「ラブ法」で経過がとてもよかったので入院日数は17日間(4人部屋の為室料なし)術後14日目で退院でした。手術までの数日間は造影やCT等の検査がありました。退院時に支払った費用は28万円弱、この他に採寸して製作依頼をした術後に必要なコルセットは業者に実費で2万4千円。このコルセットは保険適用なので、退院後に業者から保険事務所に提出する書類を貰っておけば申請して7割が返金されます。 又、社会保険の場合は、1ヶ月単位で72300円(前後だったと思います)超えた治療費は申請すれば返金されました。(私の場合は合計15万円程が返金されました)他の保険事務所等は基準が分かりませんが・・・

私の場合、2ヶ月を跨いでの入院でしたので、高額医療だった1か月分のみ返金対象となり、72300円に満たなかった2ヶ月目は対象にはなりませんでした。

入院費用だけではなく、通院費用も高額医療の対象になりますので、出来れば1月間で入院、手術、退院後の経過観察通院を済ませられれば、72300円以上の費用は返金されますよ。 たとえば、4月1日入院して4月末日で観察通院を済ませられれば・・・とかです。提出に必要な病院から頂く領収書は取って置きましょう。 ご参考までに・・・

術後3ヶ月ですが、つらい激痛と痺れがうその様に無くなりつつあります。jirowata2001さん、頑張って下さいね♪

椎間板ヘルニア手術の経験者です。手術方法や入院日数によって費用の前後するとおもうのですが、私の場合は主人の社会保険の家族での使用ですので保険適用3割でした。

手術方法は一般的な「ラブ法」で経過がとてもよかったので入院日数は17日間(4人部屋の為室料なし)術後14日目で退院でした。手術までの数日間は造影やCT等の検査がありました。退院時に支払った費用は28万円弱、この他に採寸して製作依頼をした術後に必要なコルセットは業者に実費で2万4千円。このコルセットは保険適用なので、...続きを読む

Qヘルニア、坐骨神経痛、股関節痛の方にお聞きしたいです(長文)

31歳女性です。
4年前腰痛&足痺れ=MRI検査でヘルニアと診断されました。
その時は10日程で普通の生活に戻れました。

今から2ヶ月程前に腰&足に痛み痺れが出ました。
本格的に私生活に支障が出てきた為、整形外科にて診察。
ヘルニア持ちだと伝え、レントゲンを撮り、診察台で足上げなどの診察。
診断は「ヘルニアの坐骨神経痛だと思います」との事。それと同時に「股関節が少しおかしい感じがする」と。
「身内に股関節が悪い人居る?」などの質問を受け、すべてNOと答え。
医師は病名を言ったのですが私は聞き逃してしまい。
「○○(病名)な感じがするけど、今すぐ手術が必要なわけではないが、
このままだと40~50才になって手術する事になるから体重管理を」と注意を受けました。
その時の診断は医師自身も微妙といった感じでその病気だと診断された訳ではありません。

現在、痛み止めと筋肉の緊張を和らげるお薬を頂き、2日に1回、腰の牽引をしてもらっています。
2週間が経ちましたが、一向に痛みも良くならず。
精神的にも参ってしまっている自分がわかります。

現在痛みは、前面足の付け根、お尻、足(膝・スネ・ふくらはぎ)がスゴク痛く、
腰の痛みは我慢出来ない程ではない感じです。
(痛みで3分程しか立ち歩きが出来ない、夜中に激痛で数回目が覚める)


●ヘルニアの方にお聞きします。
ヘルニアからの坐骨神経痛で股関節(前面足の付け根)が痛いって事はありますか?
坐骨神経痛の痛み(お尻、足など)を和らげる方法として何かしていますか?

●股関節痛の方にお聞きします。
変形性股関節症の方、足(太もも・膝・ふくらはぎなど)に痛みは出ますか?
痛みを和らげる為に何かしている事はありますか?


経験からのアドバイス、ご意見など頂けたら大変助かります。
宜しくお願い致します。

31歳女性です。
4年前腰痛&足痺れ=MRI検査でヘルニアと診断されました。
その時は10日程で普通の生活に戻れました。

今から2ヶ月程前に腰&足に痛み痺れが出ました。
本格的に私生活に支障が出てきた為、整形外科にて診察。
ヘルニア持ちだと伝え、レントゲンを撮り、診察台で足上げなどの診察。
診断は「ヘルニアの坐骨神経痛だと思います」との事。それと同時に「股関節が少しおかしい感じがする」と。
「身内に股関節が悪い人居る?」などの質問を受け、すべてNOと答え。
医師は病名を...続きを読む

Aベストアンサー

現在の状況はおそらく坐骨神経痛と考えて良いと思います。
また股関節に関しては、臼蓋形成不全(きゅうがいけいせいふぜん)と説明されたものと思われます。

ヘルニアに関して
特に4番5番目の腰椎の付近のヘルニアの場合に股関節周囲の痛みをともなうことがあります。痛みを和らげる方法は、痛み止めの内服、それでだめなら神経ブロック(但し開業医ではやらないことが多い)それでもだめなら手術という方法があります。手術の適応は、基本的にご本人がどのくらいつらくて、それによってどのくらい日常生活に制限があるか、また手術をするより、保存的に治療するだけの時間的余裕があるか等も重要な要素です。先生と相談してください。
股関節に関して
おそらく骨盤と大腿骨頭の適合性が少しだけ悪かったのでしょう。確かに体重の過度の増加はいけません。入浴中など暖かい条件でゆっくり十分に関節を開く(あぐら)運動がよいと思いますが、今は無理をしなくても良いでしょう(神経痛が良くなってからで)

人間は痛い、かゆいが一番苦痛ですから先生とよくご相談の上、早く良くなってください。

Q左側の腰痛と左下腹部痛

私は30歳の女です。
最近左側の腰痛と左下腹部の痛みがあります。
何科に言ったら良いのか悩んでいます。
教えてください。

Aベストアンサー

お役にたてるか分かりませんが、腰痛と下腹部痛が関係しているのかはわかりませんので、どちらか一つずつ調べるのが良いのではないかと思います。

場合によっては、産婦人科的な問題や便秘など腸の問題から腰痛が起こってるのかもしれません。便秘似悩んでいたりするようなら、内科へ行くと良いと思いますし、生理周期に何か変化があったり、排卵日に痛みがひどくなるとか、不正出血やおりものの変化などがあれば、産婦人科へ行くと良いと思います。
どちらにも、心当たりがないようでしたら、整形外科へ行かれて、腰痛の原因を探すのが良いかもしれません。

どちらにしても、1つの科で問題が解決すると良いですが、2つの科を受診するような事になった場合、1つの病院内に複数の科があった方が受診するのも楽かと思いますので(医師から併診依頼などもしてもらえるかもしれませんし)、総合病院や市民病院などへ行かれてはいかがでしょうか。

原因がわかって痛みが治まるよう、早く治療が受けられると良いですね、お大事になさって下さい。。。

Qヘルニアによる神経、歩行障害は治りますか?長文です。

三十代半ばの腰椎間板ヘルニア持ちで現在も今年の6月に第4~5間に神経を圧迫しているヘルニアがあります。MRIでの診断では、大きさ的に手術を含めて診察して頂きましたが幸い痛みが無いので少しこのまま様子を見ようという結果で現在に至ります。右足のすねの外側の感覚がなく、足の裏(特の親指と人差し指)に痺れがあります。一番困っているのが足首がしっかり持ち上がらない状態です。びっこを引いての歩行しかできません。実をいいますと過去に二度ほどヘルニアの手術をしています、一回目は5年前にラブ法で第5~仙骨の手術(A総合病院)二度目は翌年同じ箇所の再発でセカンドオピニオンにより(B整形外科・ヘルニアではでは有名らしいです)B整形ではラブ法+再発しない為にお尻の骨を背骨(多分?)に移植する手術法でした。過去二回は激しい痛みがあり手術しか選択のよちがありませんでしたが今回は前記のとおり我慢できないような痛みはありませんので出来ることならこのまま痛みもなくなおかつこの歩行障害?神経障害?のような状態からの改善を期待しています。セカンドオピニオンでB整形という良い主治医に出会いましたが現在はコレという治療法もないようで具体的に治療はしていません。リハビリの先生は低周波が効果あるらしいとか結構あいまいなアドバイスしかいただいてません、毎晩負担にならないくらいの軽いストレッチはしています。そこで同じような経験をされている方、あるいは専門家の方がいらっしゃれば相談にのってやってください。具体的に何かやったほうが良いのか、それともこのまま自然治癒に任せて治っていくものなのか一生びっこの生活が続くのかわからないので非常に不安です。出来ることならもう手術はしたくありません。痺れは最初の手術からありますのであまりきにはなりませんが足首の神経障害は何とかしたいのでアドバイス願います。

三十代半ばの腰椎間板ヘルニア持ちで現在も今年の6月に第4~5間に神経を圧迫しているヘルニアがあります。MRIでの診断では、大きさ的に手術を含めて診察して頂きましたが幸い痛みが無いので少しこのまま様子を見ようという結果で現在に至ります。右足のすねの外側の感覚がなく、足の裏(特の親指と人差し指)に痺れがあります。一番困っているのが足首がしっかり持ち上がらない状態です。びっこを引いての歩行しかできません。実をいいますと過去に二度ほどヘルニアの手術をしています、一回目は5年前にラブ法...続きを読む

Aベストアンサー

看護師です。医師ではないのですが、自分もヘルニアの経験があり、(L5/S1間)手術もして(MED法)再発した経験もあり、その症状・不安・疑問などがよくわかります。

結論からいいます。手術はするべきではありません。
時間はかかりますが、ほぼ完全に痛み(坐骨神経痛)や足関節筋力低下、しびれ感は消失します。

神経の圧迫によるヘルニアは自然に凹んでくる可能性があります。椎間板の8割は水分だからです。これが蒸発していけば、自然に凹みます。
また、ヘルニアを異物とみなし白血球の一部が吸収する可能性もあります。
さらに、ヘルニアが消失しなくても神経根との間に可動性があれば、ヘルニアがあったままでも問題ありません。
ついでに、L5、S1などの神経は末梢神経なので回復の見込みがあります。
年齢や健康状態にもよりますが、自然治癒力に期待することをお勧めします。(時間はかかります。ちなみに、私は完全回復まで3年ほどかかりました。寝返りも打てない状態から、痛いけど我慢できるレベル、そして完全回復と経過しました。途中、一生治らないと感じ悲観していた時期もありました。)

まず、何より大切なことは「安静」です。
椎間板に圧力負担をかけないことです。
横になっている状態を1とすると、立位で2、イスに座った状態で3、あぐらで4の圧力負担がかかると考えていいでしょう。
コルセットを巻いておくのも有効ですね。

次に、痛みをなるべく感じないようにすることです。
急性期の激痛なら、整形外科にて「神経根ブロック」や「硬膜外ブロック」のブロック注射をすることです。これはかなりの確率で効果があります。
また、消炎鎮痛剤の内服です。痛みを抑えましょう。ビタミンB12は神経の回復に効果を期待できます。

足首の筋力低下も治ります。質問者さまは、L5とS1の神経症状により、足首の力が両方(背屈も底屈も)に入りにくいから歩行困難かと思いますが、これも痛みがやわらいできたころには、歩くことなどによって筋力は回復されるし、神経症状自体も回復します。

低周波に関しては、神経を刺激しますし、気持ちいい思いをするのでいいのではないでしょうか。これ自体が治療というより、気持ちいい思いをする程度に考えていていいでしょう。

結論:心配しなくても時間が経つと治る。(個人差もあるからどのくらいかかるかはわかりません。)

※仕事の都合などで、早く社会復帰をすることを優先するがために(ある意味QOLを考慮した)手術療法があるくらいに考えておいていいでしょう。

それではおだいじに。

看護師です。医師ではないのですが、自分もヘルニアの経験があり、(L5/S1間)手術もして(MED法)再発した経験もあり、その症状・不安・疑問などがよくわかります。

結論からいいます。手術はするべきではありません。
時間はかかりますが、ほぼ完全に痛み(坐骨神経痛)や足関節筋力低下、しびれ感は消失します。

神経の圧迫によるヘルニアは自然に凹んでくる可能性があります。椎間板の8割は水分だからです。これが蒸発していけば、自然に凹みます。
また、ヘルニアを異物とみなし白血球の一部が吸収...続きを読む

Qコルセットは寝るときは外すものなのですか?

私は椎間板ヘルニア持ちですが、最初に診断されてリハビリにちょこっと通ってからつい最近まではほとんど腰痛が出てきませんでした。でもこないだの金曜日からものすごく腰が痛くなってしまったので、コルセットをしています。

それで質問なんですが、コルセットって寝るときはどうするのでしょうか?つけっぱなしで寝るものなのですか?

私がヘルニアだと診断されたのは2年前で、その時もコルセットをしてくださいと言われましたが、確か当時は外して寝ていました。コルセットをしなくても平気な時期にコルセットを買ったからだと思います。

でも、現在は金曜日に比べたら楽になったものの、やっぱり辛いので寝るときもつけていた方がいいんじゃないかしら、と思えます。

本来はどうするものなのでしょうか?ご存知の方、ぜひ教えてください。

Aベストアンサー

腹筋は天然のコルセットといわれています。

背中側は脊柱(背骨)という立派な柱に支えられていますが、お腹側はふにゃふにゃの内臓しかありません。
何がお腹側を支えているかというと、実はお腹の中の空気なのです。
腹筋が壁の役割を果たして、腹腔といわれるお腹の空間を、風船のように膨らませ、お腹側を支えています。

で、この腹筋が弱っている人や、腰に負担のかかる背骨の構造上の異常(椎間板ヘルニアの原因といわれている)を抱えている人に限って、腰をコルセットで締め付け、腹筋の補助をさせるわけです。

コルセットが必要なのは、腰が今現在痛い人、腰の曲がりかけの人、重たい荷物を持つなど重労働をする人などで、
日中動いている時に限って使用します。

寝ている時に外した方がいい理由としては、
・起きている時と違い、体を支える必要が無い。
地面と平行に横たわっている状態では、重力に抵抗する 必要がなくなります。
・寝ているときに圧迫すると、睡眠が浅くなったり、ストレスの原因になる。
・蒸れる。着けっぱなしだと、夏場なんかはあせもになるかもしれません。睡眠中は特に発汗量が増えます。
・着けている状態が癖になる。ちょっと考えると分かりますが、本来、人間はコルセットに頼らなくてもいいので す。その為に腹筋があるわけですが、いつもサポートし ていると、確実に腹筋が弱ります。

以上を考え、寝る時は外すのが正解です。

ちなみに申し上げますと、整形外科の分野では、椎間板ヘルニアは原因不明ですが、カイロプラクティックの分野では、構造上の異常(腰椎生理彎曲の減少など)が、物理的にヘルニアを引き起こすというのが定説です。

私自身もカイロプラクティックを勉強していますが、
今まで手術していない人で、よくならなかった患者さんをみたことはありません。
手術をした人の場合、椎間板の絶対量が減っていますので、どうしても腰は弱いと思います。

コルセットは保存療法ですので、腰椎カーブの異常がある場合は、背骨の歪みを治療してもらうと、根本治癒が可能です。
MRIで完全にヘルニアが元に戻って、医者が首をかしげていた、と笑って話す患者さんをたくさん知っています。

腹筋は天然のコルセットといわれています。

背中側は脊柱(背骨)という立派な柱に支えられていますが、お腹側はふにゃふにゃの内臓しかありません。
何がお腹側を支えているかというと、実はお腹の中の空気なのです。
腹筋が壁の役割を果たして、腹腔といわれるお腹の空間を、風船のように膨らませ、お腹側を支えています。

で、この腹筋が弱っている人や、腰に負担のかかる背骨の構造上の異常(椎間板ヘルニアの原因といわれている)を抱えている人に限って、腰をコルセットで締め付け、腹筋の補助をさ...続きを読む


このQ&Aを見た人がよく見るQ&A

人気Q&Aランキング

おすすめ情報