平成15年から「新証券税制」がスタートしたと聞いております。

それによると株式の売却益のうち7%が所得税となり、
3%が住民税で合計10%の税金がかかると知りました。

ところが株式の売却益は申告分離となっていて、給料などの所得税とは別に納めることになっているそうですが…。

★そこで本題です。
もし働いていなくて給与所得はまったく無く、
株式の売却益のみ年間5000万あるとした場合でも、
納める税金は10%だけなのでしょうか?

よく「プロ野球選手の年棒はすごいが、取られる税金も
3~4割と多いんだ」…なんて聞きますが、
株の場合もし10%だけで済むのなら、
かなりお得な税制体系になっていると
解釈してもよろしいモノでしょうか?

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (2件)

 今の間だけお得な期間です


 税率引き下げ・特例措置 ⇒ 売却益に掛かる税率は20%(2007年までは10%)
2003年1月1日以降に株式を売却した場合、申告分離課税の税率は20%(それ以前は26%)に引き下げ。また、2003年1月1日から2007年12月31日までの5年間は、特例措置として10%の軽減税率を適用。


 株の所得は分離所得にできます

 
 これだけで別に税金を計算します

 去年、株式の売却益のみ年間5000万あるとした場合でも、
納める税金は10%だけなのでしょうか?

 その通り
 所得税
 5000万×0.07=350万円

 5000万×0.03=150万円

さて これは、特定口座で源泉徴収と時です

 これを確定申告すると
 低減率控除により
 さらに お得割引セール中
  

 他に所得が無いと
 低減率控除の枠を一杯につかえます
 所得税が25% 戻ってきます 最大25万まで
 350×0.25=87.5万円

 したがって25万控除になり

 350-25+150=475万 が取られる事になります


 よく「プロ野球選手の年棒はすごいが、取られる税金も
3~4割と多いんだ」…なんて聞きますが、
株の場合もし10%だけで済むのなら、
かなりお得な税制体系になっていると
解釈してもよろしいモノでしょうか?

 いや お得ですよ

 株で2億の稼ぎは、給料所得にすると約3億5千万くらいに匹敵します

 ある意味 超お得です

 今なら半額 10%適用
 
 
 

 

 
    • good
    • 0

実際は手数料も取られているため、税金=差損益ー往復手数料=10%以上


数字だけ見れば音久世酢が、アメリカでは非課税ですよね。
しかも、税金1割、手数料往復1円とすれば損益は
売る側100円ー110円=+8円利益
買う側110円ー100円=-11円損失
110円で取引したものが108円になるわけですから、そのつど資金を入れないと市場が痩せ細ります。

つまり、税金を搾り取るための市場誘導です。

しかも、確実に買値より高く売れるのであればお得な税制です。
まあ、それが出来れば誰も働きませんけど。
    • good
    • 0

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!


人気Q&Aランキング