「教えて!ピックアップ」リリース!

【2025】日本は2025年から大不況の時代に突入して行きますが皆さんはどういう対応策を考えていますか?

2021年に65歳までの雇用確保が義務付けられた是正措置として、猶予期間として高齢者雇用給付金が出ていますが、2025年には高年齢者雇用安定法の改正で高齢者雇用給付金制度が廃止されてしまいます。

会社は高齢者を正規の値段で雇わないといけなくなるので、日本は2025年から大不況に陥るのは間違いないと思います。

企業も高齢者を雇い続けられるほどの体力がないので2025年を最後に大恐慌時代に突入していくと予想されます。

皆さんのあと3年しか猶予がない大不況突入までのカウントダウンがもう既に足音が聞こえて来て雇用の橋が崩れようとギシギシ言っているのが聞こえていますでしょうか?

もうみんな日本円を米ドルやオーストラリアドル等に移して行っていますか?

今から3年後の不況に突入する前に日本円に資産をどうしておけば良いのかアドバイスをください。

A 回答 (6件)

そんなもの、高齢者の給与をあと15%カットしたらしまいでんがな。

    • good
    • 0
この回答へのお礼

みんなありがとう

お礼日時:2022/10/30 21:11

住民税非課税程度に年金を前倒しでもらっておく

    • good
    • 0

高年齢雇用継続給付金が無くなる と言う事は、高齢者の収入が減るだけになりますね。

無くなった分を企業が補填するところは殆ど無いのでは。

よって、より多く収入を得たい高齢者は、より多く、より長く仕事をする事になり、逆に、超高齢化社会の日本経済の活性化に良い影響を与えるかもしれませんよ。
    • good
    • 0

企業が高齢者を正規給与で雇用する義務なんてありません。

 大体「正規給与」って漠然として意味がありません。 企業の業績が悪ければ、高齢者どころか若手社員の給料だって下げられることがあります。 もっとよく「高年齢者雇用安定法」を勉強してください。
    • good
    • 0

これまで長年にわたって「アベさん...アベさん...」と、安倍晋三を支持溺愛してきた者共に多大な責任がある。



日銀の腹黒田と組んで画策して来た、大企業向け優遇税制「アベノミクソ」がついに破綻の危機に瀕しているのだろう。

熱意ある若者は国外に逃亡するが宜しかろう。
「【2025】日本は2025年から大不況の」の回答画像3
    • good
    • 0

安倍政権を選んだ自民党支持者に責任がある



アベノミクスの大失敗で円安になり
ロシアへの経済制裁で電気代が上がった
全て政府自民党の責任です


若者は海外に逃げるべきですね
    • good
    • 0

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人はこんなQ&Aも見ています


このQ&Aを見た人がよく見るQ&A

人気Q&Aランキング