主人が2月23日に退職し、3月1日から新しい会社へ就職しました。
2月末支払いの給料から厚生年金は引かれています。
今日、社会保険事務所から、主人(2号)と私(3号)の両方に、未加入期間国民年金適用勧奨という書類が届きました。
2月24日から3月1日までが未納ということらしいのです?
厚生年金が引かれていたので、てっきり2月分は前の会社が支払っているものと思っておりました。

*再就職まで期間が空いてしまった場合は、自分で支払いをすることになるのでしょうか?
*2月に引かれていた厚生年金は何月分なのでしょうか?(なぜ引かれていたのかわかりません)

色々調べてみたのですが、ややこしくて理解できないので、分かりやすくご説明いただける方教えていただけると助かります。宜しくお願いいたします。

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (2件)

こんにちは。


保険料の発生条件は月の最終日にどの年金(ここでは厚生年金または国民年金)に加入していたかで決まります。
(※実際の意味合いはちょっと違いますが・・・)
つまり、2月の最終日は国民年金(第1号)に加入ということになりますね。
okady71さんも、旦那さんが退職したことによって、第3号から第1号へ切り替わります。
ということで、お2人とも国民年金保険料の支払いが生じます。

また、2月の給料で厚生年金保険料が控除されていたとのことですが、
1月分の保険料が控除されていたようですね、なぜなら2月分の厚生年金保険料はかからないからです。

ついでながら、任意継続等の健康保険に加入していなければ、
国民健康保険にも加入し、支払いをしなければいけなかったようですね。
もう過ぎてしまったので大丈夫だと思いますが・・・
    • good
    • 0
この回答へのお礼

ご回答ありがとうございました。
よく分かりました。
健康保険は次の職場まで1週間しかなかったので、なんとかなるだろうと思い無保険でした。
子供がいるので心配だったのですが、大丈夫でした。
スッキリしました。ありがとうございました。

お礼日時:2005/04/11 14:51

通常社会保険の保険料は「翌月払い」となっています。


ですから、2月に支払った保険料は1月分の可能性が高いです。(会社により同月徴収するところはありますが)

保険の加入と脱退は、日単位です。
ですから、2/24には国民年金1号被保険者に種別変更し、3/1にはまた国民年金は2号に自動的に種別変更されるという仕組みです。

ですから、2/24~2/28は国民年金1号被保険者です。

で保険料は月単位なのですが、これは月末加入の所に支払うという決まりから、厚生年金は2月分はかかりませんが、国民年金は2月分を支払う必要があります。
ですから夫婦ともに2月分を支払って下さい。

では。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

早速のご回答ありがとうございました。
よく理解できました。

お礼日時:2005/04/11 14:53

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

関連するカテゴリからQ&Aを探す

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Qインフルエンザウィルスが生きている期間

2日前に、友達がアパートに泊まりに来ましたが、帰った直後に、友達がインフルエンザにかかってしまいました。部屋の換気はしましたが、部屋にはインフルエンザウィルスが残っているかと思い、この2日間はアパートには戻らず、近所にある実家で寝泊まりしています。アパートの部屋にいるインフルエンザウィルスは、通常どれくらいの期間生きているのでしょうか?

Aベストアンサー

 こんばんは。専門家ではありませんので、参考程度に読んでください。

 インフルエンザの潜伏期は1-2日で、咳やくしゃみと共に飛散したウイルスを他人が吸い込むとウイルスは約20分経過すると細胞内に取り込まれます。つまり、インフルエンザの人と接触しても3-4日経過しても発症しなければまず感染していない事になります。

 インフルエンザウイルスは、低温、低湿度に長く生きるので、部屋を暖め、加湿器を使うことがウイルスの活動を弱めるのに有効です。
 部屋の温度が30度ではウイルスの感染力は2日後に1/10になりますが、25度では1/2 、5度ではあまり減らないそうです。
 また、湿度が50%ではウィルスは約3%の生存率しかないといわれています。ですから、湿度60%以上にする事が望ましいと言えます。

 ものに付着したウイルスは1時間程度生き延びるので、風邪の患者が触ったものにすぐに触るのは危険です。空気中に浮遊したウイルスはは2-3時間生きているそうです。

Q共済年金加入期間と厚生年金加入期間が両方とも支給期間を満たしていない場合の年金支給について

共済年金加入期間と厚生年金加入期間があり、いずれかひとつの期間では年金支給の支給期間を満たさないが、両方を足した場合に支給期間を満たす場合、どちらかの年金が支給されるということはないのでしょうか。
やはり、共済年金は共済年金、厚生年金は厚生年金での加入期間を満たさないと国民基礎年金しか支給されないのでしょうか?

Aベストアンサー

厚生年金保険の被保険者期間、共済組合の組合員期間は、それぞれ国民年金第2号被保険者期間になりますから、基礎年金の受給資格を見るときにはすべて算入されることになります。
一方、厚生年金や共済年金の報酬比例部分[一方、定額部分については基礎年金が賄っている、ととらえて下さい]については、それぞれの被保険者期間(組合員期間)で決まることになります。
ということで、一般論としては、おおむね ANo.1 のとおりでよろしいかと思います。

Q新型インフルエンザの感染から潜伏期間

金曜日、仕事で一緒の女性がインフルエンザA型と診断されました。
木曜日に少しだるそうな様子を見せていて心配だったのですが
まさかインフルエンザだったとは・・・。早く楽になってほしいです。

木曜日、彼女から15分間くらいレクチャーを受けていたことを
思い出し、、私も感染したのかな・・・と心配になりました。
インフルエンザウイルスに感染してから発症までどれくらいの
潜伏期間がありますか??教えて下さい。

私は小柄でしかも低体重、、
免疫や体力が全然ありません(^_^;)

一応、混合型のインフルエンザ予防接種を
11月終わりごろに受けに行きました。
大丈夫でしょうか?

Aベストアンサー

補足説明を一つさせて頂きます。
インフルエンザA型といっても、季節性のインフルエンザの可能性も考えられます。
インフルエンザのワクチンはこの季節に流行る可能性の高い種類のインフルエンザに関するワクチンなので、完全にインフルエンザの発症を防いでくれる訳ではありませんが、ワクチンを打っていて、かつインフルエンザに掛かったのであれば、新型の可能性が高いはずです。
新型のインフルエンザにもタミフルやリレンザは有効の様ですが、やはり早めの投与が有効です。この時期は、病院に勤めている方は、微熱がでたらタミフルやリレンザを飲むとの事ですから、微熱が出た時点で会社を休み、病院に行くべきでしょう。
なお、会社では上司や同僚に移さない様に、暫くはマスクの着用をお勧めします。

Q厚生年金→(国民年金)→厚生年金→(国民年金)→厚生年金

厚生年金→(国民年金)→厚生年金→(国民年金)→厚生年金
過去(5年・7年ほど前)に2度失業した時期があり、本来ならば、国民年金に切り換えの手続きをしなければならなかったのですが、
手続きを怠ってしまい、2年ほど、年金の空白期間ががあります。

その当時、年金免除制度を知らなかったため、手続きをしていれば、よかったのですが、過去2年以上前のものは支払いができないとの事と聞きました。今からその分を埋める事はできないのでしょうか。

将来的に年金を受け取る時は、満額納めていた場合から、2年分を減額?、それはどのくらい減額されるもなのでしょうか
(無知なため、質問内容も雑ですが、必要な情報がないと答えられない等がありましたらすみません)

Aベストアンサー

・60歳以降から、国民年金の任意加入を行なう事により、2年分の未納分を支払、満額受給にすることは可能です
・法改正で、過去2年間→10年間に延長、する予定だそうです・・法案が通れば変更になります・・現在時点では時期は不明です(今年か来年?)

・2年分の減額は・・満額に対し5%です(480ヶ月の内、24ヶ月未納で456ヶ月の支払がある場合)
http://www.sia.go.jp/seido/nenkin/shikumi/shikumi02.htm

Qインフルエンザの潜伏期間は?

インフルエンザの潜伏期間はどれくらいなのでしょうか。

それから
あまり症状が出てない潜伏期間も周りにうつるのでしょうか。

Aベストアンサー

潜伏期間は1日くらいでしょうね
症状がない期間はウィルスも増えてないと思いますので他人へうつす事もないでしょうね

Q厚生年金保険の2号→3号への切り替えについて

6年前まで正社員で勤めており、
結婚を機に退職しました。
結婚後、主人(サラリーマン)は3度ほど転職しました。
私自身は6年前に退職して以来ずっと専業主婦です。

主人は9月頭に転職したのですが、
つい先日、
年金事務所から私宛に葉書が届き、
「さきに届け出のあった国民年金被保険者の資格取得
(種別変更)について、国民年金第3号被保険者に該当しましたので
通知します」
と書いてありました。
種別変更日付として、主人が入社した日付に
なっていました。

私自身、6年前に退職したとき、年金保険について
何の手続きも踏まなかったために、
退職してから専業主婦をしている現在までの
6年間、第3号ではなかったということでしょうか?

とはいえ、退職してからは、納付用紙で納付したこともないですし、
自身の口座から引き落としもされていません。
また、納付するようにといった通知も一切来ていません。

これはずっと2号の扱いになっており、
しかも未納になっているということでしょうか?

Aベストアンサー

長いですがよろしければご覧ください。

>これはずっと2号の扱いになっており、しかも未納になっているということでしょうか?

ご質問の情報だけではいくつか疑問点があるのですが、「2号」ではないことだけは確かです。

なお、「日本年金機構」からの通知に「アクセスキー」はありませんでしょうか?もしあれば「ねんきんネット」が使えますので加入記録が確認できます。

『ねんきんネット』
http://www.nenkin.go.jp/n/www/n_net/index.jsp
『Q. 「アクセスキー」とは、何ですか。』
http://www.nenkin.go.jp/n/www/faq/detail.jsp?id=3887

確認できなければ、迷わず「年金事務所」で確認されることをお勧めします。

『全国の相談・手続き窓口』
http://www.nenkin.go.jp/n/www/section/index.html

以上を踏まえた上で…

>私自身、6年前に退職したとき、年金保険について何の手続きも踏まなかった

「3号」になるための手続きは自分自身では行いません。
配偶者(2号)が勤務先経由で「年金事務所(日本年金機構)」に届けを出します。

加入する健康保険が「全国健康保険協会(協会けんぽ)」の場合は、「3号」の届と一体となった用紙になっているので「届出もれ」の可能性は「低い」です。

「協会けんぽ」以外の健康保険の場合は、「年金事務所」ではなく「保険者(保険の運営者)」に届けが出されます。

『国民年金第2号被保険者が、配偶者を扶養にするときの手続き』
http://www.nenkin.go.jp/n/www/service/detail.jsp?id=1795
>>4.留意事項の4を参照
『あなたも入るかもしれない?協会けんぽって何』
http://trendy.nikkeibp.co.jp/article/column/20081001/1019299/?rt=nocnt
『健康保険(協会けんぽ)の事務と手続等』
http://www.nenkin.go.jp/n/www/service/detail.jsp?id=1964
『けんぽれん>よくある質問』
http://www.kenporen.com/faq/index.shtml

ちなみに、退職すると勤務先が「厚生年金」の脱退届けを年金事務所に提出しますので、「退職日の翌日」が「2号の資格喪失日」となります。

よって、「1号」または「3号」への種別変更(資格取得)の届けが行われないと「2号ではない」という状態のままになります。

これはご主人の転職に空白期間があった場合も同じなので、仮に、ご主人が一時的にでも1号になった場合は、yoiyoi1201さんも「市町村経由で」届出が必要です。

『会社を退職した時の国民年金の手続き』
http://www.nenkin.go.jp/n/www/service/detail.jsp?id=1802
『就職したとき』
http://www.nenkin.go.jp/n/www/service/detail.jsp?id=1804
『国民年金第1号の資格取得の手続き』
http://www.nenkin.go.jp/n/www/service/detail.jsp?id=3768

>とはいえ、退職してからは、納付用紙で納付したこともないですし、自身の口座から引き落としもされていません。また、納付するようにといった通知も一切来ていません。

少なくとも年に一回「ねんきん定期便」が届くはずですがそれも届いていないということでしょうか?

『大切な「未来」への情報、「ねんきん定期便」をお届けしています』
http://www.nenkin.go.jp/n/www/service/detail.jsp?id=991

もし、「ねんきん定期便」すら届いていないのであれば、これまでの状況について、やはり年金事務所に確認しておいたほうが良いと思います。

なお、「国民年金第3号被保険者期間における不整合期間」については以下の資料をご覧ください。

『国民年金の第3 号被保険者制度のご説明』
http://www.nenkin.go.jp/n/www/share/pdf/existing/new/topics/3go_kiroku/pdf/03.pdf
『[PDF] 第3号被保険者の特例届出について』
http://www.mhlw.go.jp/topics/2004/03/dl/tp0315-2p.pdf
『[PDF]かけはし第9号(平成23年9月 - 日本年金機構)』
http://www.nenkin.go.jp/n/open_imgs/backnumber/0000003557.pdf
>>3ページ目>>「年金確保支援法」による「第3号被保険者期間の取り扱いの変更」について

※間違いがないよう努めてはいますが最終判断は【必ず】年金事務所に確認のうえお願いいたします

長いですがよろしければご覧ください。

>これはずっと2号の扱いになっており、しかも未納になっているということでしょうか?

ご質問の情報だけではいくつか疑問点があるのですが、「2号」ではないことだけは確かです。

なお、「日本年金機構」からの通知に「アクセスキー」はありませんでしょうか?もしあれば「ねんきんネット」が使えますので加入記録が確認できます。

『ねんきんネット』
http://www.nenkin.go.jp/n/www/n_net/index.jsp
『Q. 「アクセスキー」とは、何ですか。』
http://www.nenkin.go....続きを読む

Q風邪とインフルエンザの期間

風邪とインフルエンザの発熱から治るまでの期間を教えてほしいのですが、お願いします。

もちろん人それぞれ直る期間は違うと思いますが一般的な期間でいいのでどなたか存知の方教えてください。

Aベストアンサー

治癒という意味では、5日-7日間程度ですね。

ちなみに風邪とインフルエンザでは、お互いを区別できるような症状の違いはありません。

Q年金(二階建て(基礎年金+厚生年金)・三階建て(基礎年金+厚生年金+厚

年金(二階建て(基礎年金+厚生年金)・三階建て(基礎年金+厚生年金+厚生年金基金))について、
お教え下さい。
とても、単純・シンプルな質問です。

51歳で転職し、62歳で退職したとします。
この51歳で転職した時に、A社に転職した場合とB社に転職した場合
62歳から年金をもらう時に、
どちらの会社が得になるのでしょうか?

A社は総額給料(交通費別)20万円/月額、三階建て(基礎年金+厚生年金+厚生年金基金)
B社は総額給料(交通費別)25万円/月額、二階建て(基礎年金+厚生年金)。
賞与はA社もB社も同一の率とします。仮に年間で2か月とします。
51歳までの前社は無視します。

とても単純でシンプルな質問となりますが、
お教え下さいますよう
よろしくお願い致します。

Aベストアンサー

ご質問はシンプルですが、回答は難しいです。

まず何も余計な事を考えずに、単純に提示された条件の中で答えようとすれば、Bの方が高額の年金となります(=保険料も高くなる)
これは、次のような制度に成っているからであり、対象期間中の標準報酬月額が高いほど、老齢厚生年金及び基金からの給付は高額となります。
○厚生年金基金に加入していない期間に対する老齢給付[老齢基礎年金は説明から除く。以降同じ]
 ⇒老齢厚生年金として日本年金機構から給付。
 ⇒その後の物価スライド部分も日本年金機構から給付。
○厚生年金基金に加入していた期間に対する老齢給付
 ⇒基金から100%支給される。
 ⇒その後の物価スライド部分が老齢厚生年金として日本年金機構から給付。
【参考】各厚生年金基金における紹介ページ
 ・関東ITソフトウェアー
 http://www.softkikin.or.jp/05/index.html
 ・東京都電設工業(因みに現時点での厚生年金の報酬比例部分は最低が5.481/1000)
 http://www.dskikin.jp/kikin/index.html
 ・日本自動車
 http://www.jidoshakikin.or.jp/kikin_toha/nenkin_ichiji.html

しかし、実際にはこんな単純では無く、『厚生年金基金は、厚生年金よりも厚い給付(いわゆる3階部分)を行なう』とされています。
そして、この3階部分の支給率は厚生年金基金によってバラバラです。
且つ、平成15年4月とからは賞与の額も年金計算に使用するため比較計算できません。
色々と情報を書こうとして試行錯誤いたしましたが、この場で書ける事は年金の計算方法の比較程度でしょう。
○簡易な年金計算式[正確ではありませんが、イメージをつかめれば幸いです]
・2年間の平均報酬額
 (標準報酬月額×24月+毎回の賞与の累計額)÷24月
 =平均報酬額
 因みに20万円の給料に対する標準報酬月額は20万円ですが、25万円に対する標準報酬月額は26万円です。
 http://www.sia.go.jp/seido/iryo/ryogaku2109/ryogaku01.pdf
・Aの場合
 平均報酬額×基金からの支給率×24月
・Bの場合
 平均報酬額×5.481/1000×24月
仮に、毎回の賞与が給料の2か月分。交通費はゼロ。基金の給付が5.558/1000だとすると

・Aの場合
 平均報酬額=(200千円×24+400千円×4)÷24≒26万6666円
 26万6666円×5.558/1000×24月≒3万5571円
・Bの場合
 平均報酬額=(260千円×24+500千円×4)÷24≒34万3333円
 34万3333円×5.558/1000×24月≒4万5798円

ご質問はシンプルですが、回答は難しいです。

まず何も余計な事を考えずに、単純に提示された条件の中で答えようとすれば、Bの方が高額の年金となります(=保険料も高くなる)
これは、次のような制度に成っているからであり、対象期間中の標準報酬月額が高いほど、老齢厚生年金及び基金からの給付は高額となります。
○厚生年金基金に加入していない期間に対する老齢給付[老齢基礎年金は説明から除く。以降同じ]
 ⇒老齢厚生年金として日本年金機構から給付。
 ⇒その後の物価スライド部分も日本年金機構から...続きを読む

Q新型インフルエンザワクチン。潜伏期間中に打っても大丈夫?

明日喘息持ちの子供が新型インフルエンザのワクチンを打つ予定なのですが、
幼稚園の仲のよいお友達が今日からインフルエンザになってしまいまし
た。
昨日幼稚園で一緒に遊んだようです。

うつってる可能性もあるので、もしかしたら
潜伏期間中にワクチンを打つことになってしまうかもしれないのですが、大丈夫でしょうか?
(潜伏期間中だった場合、ワクチンを打つことによって、菌をさらに足すことになるのでしょうか?
その場合症状が重くなったりするのでは?と心配しています。)

Aベストアンサー

ワクチンに含まれているウィルスは不活性化されています。平たく言えば死んだウィルスと言うことです。

したがって、菌をさらに足すということにはなりません。

Q厚生年金遡及期間と国民年金未納期間

数年前から厚生年金・社会保険の加入資格があったのですが、
会社が加入手続きをしていなくて、
交渉して近々加入させてもらうことになりました。
その際、時効である2年前まで遡って手続きしてもらいますが、
恥ずかしながらその間、国民年金を払っていませんでした。
国民保険は払っていました。
普通は遡及して厚生年金に加入する場合、
その期間に納入した国民年金は手続きをすれば還付されるそうですが、
私の場合は単に還付金0なのでしょうか。
それとも、一度2年分請求され、その後に還付されるのでしょうか。
正直に手続きに行けばいいのか、
放っておいた方がいいのか分からず悩んでいます。
お恥ずかしい質問ですがよろしくお願いします。

Aベストアンサー

単純に還付金0です。

一度収めて還付するなんて手間はかけません。


人気Q&Aランキング

おすすめ情報