「教えて!ピックアップ」リリース!

創価学会のいう「現世利益」というのはそもそも、宗教の概念なんですか?

A 回答 (3件)

法華経薬草喩品第5に「現世安穏後生善処」とありますよ


如来寿量品第16の自我偈の文に「衆生所遊楽」とありますよ

質問者:kgat0769さんの言う「宗教の概念」とは何ですか
そしてその概念の、文献的裏付け、論理的根拠を示してください

大変申し訳ありませんが
宗教のイロハも分からない輩の、トンチンカンなご質問に見えますが。
    • good
    • 0

集金システムに一般人を巻き込んで嫌がらせも辞さないという考え方のことです。


関わったら負けです。
関わらないことが最大の防御になります。
大変な嫌がらせをされます。
    • good
    • 1

現世利益はもともと仏教の概念ですので「げんぜりやく」と読みます。

創価だけじゃないです。もともと真言宗が唱えています。真言宗のそれは「経を読んで真言を称え、念仏することでもたらされるこの世で受ける仏様・菩薩様などの恵みやご加護を言います。

創価のそれはもっと卑俗的で創価を信仰して沢山お布施を出せば、現世で金が儲かり、裕福になって、女も抱けるという奴です。
    • good
    • 0

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人はこんなQ&Aも見ています

関連するカテゴリからQ&Aを探す


このQ&Aを見た人がよく見るQ&A

人気Q&Aランキング