膝痛で2ヶ月間、休日を除き毎日治療院に行き、針治療と灸をやっています。最近、少しは良くなってきた感じがしますが、灸の痕は大きな火傷のようになり、膝の痛みなのか火傷で痛いのか分らない時もあります。
 毎日、針治療と灸を行っていて、副作用は無いのでしょうか。先生は、毎日続けた方が良いとは言うのですが。

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (2件)

膝痛は鍼灸の臨床の中でも比較的多く、私の治療院にも多く来られますが、治療の頻度は人それぞれです。


また現在は灸痕が残るようなお灸は、患者のほうが嫌がったり、医療過誤とする風潮が強いことから、現在は鍼灸学校や鍼灸師会等でもしないように指導されます。
特に炎症性の関節症などに灸痕が残るようなお灸は、炎症をひどくする可能性があるため私の知る範囲では行いません。
針治療単独でも膝痛には十分対応できるため、お灸に関しては止めてもらうか、相談してはいかがでしょうか?
まぁ開業鍼灸師はプライドが高い人が多いですから、これを聞いて私の治療方針に逆らうなら来なくていいなんて言うようでしたら、出来れば他の治療院に変わって下さい。
恐らくその方はあまり治療が出来ないのでしょう。
また鍼灸治療を実費で受けているのなら、金銭的にもかなりの負担ですから、それを理由に週に1回程度に減らすように相談してみましょう。
元々鍼灸はそんなに多く鍼や灸をするものではなく、微弱な刺激で治療するものですよ。
治療院によっては、週に1回或いは月に1回の治療で、後は自宅で千年灸などで自分でお灸をしてもらってる治療院もあります。
当然つぼはその都度来院した時に教えてもらいます。
副作用は何ともいえません。
これは日数に関係なくその治療家の腕次第です。
私も急性期には1日に2回来てもらうこともあります。
大体その時期は1日か2日ですが。
現在一番来てもらってる人で週に2日程度です。
個人的にはそれで十分だと思いますが、うーん治療家によりけりですからねぇ。
週2日以上来る必要がある人には、金銭的負担を減らすために保険治療としています。
鍼灸の保険はあまり知られていませんが、1日当たり1530円の自己負担分となります。(1割負担なら150円、3割負担では450円程度です)
実費分に比べると半分以下の収入になるためあまり普及しませんが、もしあれば膝痛は適応疾患ですから、保険で月に10日まではこれでいけます。(初月は15日まで)
もう少しその先生に相談するか、他の治療所を探すかは難しい選択だと思います。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

ありがとうございます。今まで、先生に相談したら怒られそうで悩んでいましたが、これでやっと相談する気持ちになりました。
今日治療にいったら、灸を少し休みたいと先生に言って来ます。

治療費は保険を使用しています。ただタクシー代が悩みの種です。

お礼日時:2001/09/10 10:26

膝痛と聞きましたが、そもそもの原因はなんでしょうか?スポーツでなったか、加齢による自然の痛みがでてきたか? それによって治療の方法がかわると思います


スポーツでの傷害でしたら、スポーツ整形外科に行かれてはどうでしょうか?
私の娘も膝蓋骨脱臼・膝蓋骨軟化症で通院しています
2週間に一回の注射と漢方薬、及び、スポーツをしてますので、筋トレもやっています。
知り合いの鍼灸師に相談しましたら、スポーツ後アイシングをやり、そのあと、膝下全体をマッサージにて暖め血流をよくすればいいとアドバイス受けました。
一度検討されては いかがですか?

参考URL:http://kiyoudou.com
    • good
    • 0
この回答へのお礼

ありがとうございました。
加齢による膝痛です。マッサージについては聞いてみます。

お礼日時:2001/09/10 10:50

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q針治療 針の抜き忘れについて

針治療終了後針を抜き忘れられました。
危険性について教えて下さい。
抜き忘れられたことによる危険性と、
この施術者の信用度的危険性についてです。
出来る限りプロの方、経験者の方の意見のみを募集したいです。
尚、針治療を批判しているわけではありません。
家族は医師による置針治療で健康になりましたので。

Aベストアンサー

ちゃんとした鍼灸院での施術だったのですか?

初歩的ミスですよね。
万が一、気づかずに体内を針がまわったらと
思うと怖いです。

鍼灸師&鍼灸師を教える先生を知っていますが
刺した針と、抜いた針の数を確認することは絶対に
します。そんなベテランの先生でも怠りませんよ。

今後、そんなことがないように進言したほうが
いいとおもいます。

Q蜂針治療(蜜蜂の針を使った治療)をやっている所を教えて下さい

できれば横浜近辺で、蜂針治療をやっている治療院、クリニックなどありましたら、教えて下さい。お願いします。

Aベストアンサー

こちらなどどうでせう

参考URL:http://www.k3.dion.ne.jp/~harikyu/houshin.html

Q膝痛い 右膝が痛くて正座が出来ないし、腫れてはいないみたいだけど、何となくじくじくする感じ?

膝痛い
右膝が痛くて正座が出来ないし、腫れてはいないみたいだけど、何となくじくじくする感じ?

Aベストアンサー

変形性膝関節症かと思います。膝に水が溜まっている可能性があるので整形外科に受診されることをオススメします。私も半年間整形外科に通院して水をぬき、ヒアルロン酸を注射してました。

Qお灸に詳しい方!(打膿灸について)

私の彼のことですが、3年位前から背中にお灸をしています。
お灸と言っても千年灸のような生易しいものではなく皮膚を直接焼いて膿を長期間出し体調を整えるようなもので打膿灸という信じられないような荒治療・・・
背中には何十ヶ所も大きなヤケドの跡があり、その上を何度も焼いているんです
傷の手当をする私は涙モノです(T_T)

この治療法はいったいどんな病気に効くものなんでしょうか?彼に聞いてもハッキリと話してくれないし本人も自分がいい状態ではないことは分かっていても病院には行かないのでハッキリ分からないみたいですが・・・

日常生活は普通です。仕事も遊びもバリバリこなす37歳なんですが、彼的には肝臓とか、多血とか、膠原病とか?いろんなことを冗談ぽく口にするんです
私から見た症状は常に目のヒドイ充血、頭痛などが気になります


お灸の効果、病気など思い当たることがあったら是非教えてください。よろしくお願いします

Aベストアンサー

膠原病だというんですね・・・。従姉がそうなんですけど とてもじゃないけれど 仕事 ばりばりこなせません。あくまで 私の従姉の場合なんで 軽い人なら どうなのかは 判りませんが・・・。膠原病=一定の共通性のある多くの疾患の総称です。多血とは??どういう症状なんでしょう?血液関係の 従姉の症状は 怪我をしたとき 出血がなかなか止まらない事(傷口が治りにくいらしい)ですね。なので ここに書かれている治療法は 従姉には出来ませんね。膠原病といっても どういう疾患なのかは 人によって違うので 自己治療は避けたほうがいいと思うんですけど・・・。後から違う疾患が出てくる可能性もありますしね。病院に通われて 良くならないが嫌になって そういう方法を選んだのでしょうか?病院通いをしても 完治はしないので 気長に 重くならないよう治療するしかありまん。文面を読んだ限り 病院に通われて そう判断されたという風には 読めなかったので もし 膠原病を気にするのであれば ちゃんと 確かめた方がいいですよ。
お灸について・・・せんねん灸なら使用した事あります。確かに 効果はありました。ただし 私が改善したかったのは 腰痛と肩こり 足の冷えです。血行がよくなったので 効いたのだと思います。

参考URL:http://homepage2.nifty.com/KOGEN/Kyoto/kiso/Kisomenu.htm

膠原病だというんですね・・・。従姉がそうなんですけど とてもじゃないけれど 仕事 ばりばりこなせません。あくまで 私の従姉の場合なんで 軽い人なら どうなのかは 判りませんが・・・。膠原病=一定の共通性のある多くの疾患の総称です。多血とは??どういう症状なんでしょう?血液関係の 従姉の症状は 怪我をしたとき 出血がなかなか止まらない事(傷口が治りにくいらしい)ですね。なので ここに書かれている治療法は 従姉には出来ませんね。膠原病といっても どういう疾患なのかは 人によっ...続きを読む

Q私は 変形成膝関節症です。 赤外線の治療器で毎日あたることで 少し良くなったと思っています。 母親も

私は 変形成膝関節症です。
赤外線の治療器で毎日あたることで 少し良くなったと思っています。
母親も同じ病気で、足を2度も手術して、15年ほど経ちます。かなり足の状態が悪いので、私が買った 赤外線治療器のことを話して 母親も 購入して毎日 あたるようにしているらしいです。。
ところが、一向に良くならず 逆に 少し悪くなったような気もします。
よく考えてみたら 足に人口骨の金属が入っているらしいです。
その場合 赤外線の治療は悪いのでしょうか?
今は 取り敢えず 治療をストップしています。
良きアドバイスがあれば 宜しくお願いします。

Aベストアンサー

第3者的意見ですが、変形性膝関節症への取り組みとしては運動と薬があると聞きます。運動を重視されておられますか?

運動については例えば下記に詳しいのですが、これを実行することが第一優先のアプローチでしょう。私は「腰痛は歩け、動け」という題名の本を持っていますが、膝痛も同じではないでしょうか。
https://www.joa.or.jp/jp/public/publication/pdf/knee_osteoarthritis.pdf

ところで、遠赤外線なら体内に金属があっても支障はないが、近赤外線やマイクロ波などの波長の短い放射線は金属を温める作用があるので使ってはダメというようなことになっているようです。また電子レンジのような原理の加熱方法だと金属はダメですね。マニュアルに書いてなければ製造メーカに問い合わせて下さい。
http://www.hiroba-j.jp/qa_categories/after/

炎症を起こしていなければ暖めることは有効ですが、赤外線の代用としては入浴が有効と思われます。40˚C、10分。


人気Q&Aランキング

おすすめ情報