タイトル通り、黒人に対するイメージが表現されている白人作家の作品を探しています。(例えば主要な登場人物として黒人が描かれていたり、両者の対立が題材となっているようなもの)
ヘミングウェイ、マーク・トウェイン等がよく取り上げられますが、それ以外にもご存知の方がいらっしゃるのでは、と思い質問に至りました。
よろしくお願いします。。

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (6件)

頭をひねってみました。


トニ・モリスン、お読みなら、新しいところを行きましょう。
というのもね、やはりアメリカの80年代~90年代にかけて、エスニック・マイノリティの文学研究というのは、大変進歩したんです。
それといっしょに(ここらへんは非常に微妙な領域で、粗っぽくイコールで結んじゃいけません)ポリカル・コレクトネスを求める運動も、昂揚していきます。
モリスンがやったみたいに、白人文学のなかに描かれた黒人像を読み解いていく、みたいな研究も出てくるのですが、一方で、差別摘発みたいな動きもでてくる。

たとえば邦訳されたものでいうと、バーバラ・キングソルヴァー『野菜畑のインディアン』(早川書房)、これは作者に差別的意図がまったくないのはあきらかなんですが、にもかかわらず、白人の女性が、見知らぬネイティヴ・アメリカンの女性から、片田舎のロードハウスで赤ん坊を育ててくれ、と渡される、その子は性的虐待を受けている、みたいな設定を糾弾されることになります(そうして、続編の『天国の豚』が書かれなければならなくなってしまう)。

ここらへんの動きをよくあらわしたものが、フィリップ・ロス『ヒューマン・ステイン』(上岡伸雄訳 集英社)、『白いカラス』というタイトルで映画化もされました。

白人が黒人を小説に登場させる場合も、従来のステロタイプ的な登場のさせかたでは絶対にやっていけなくなっている。その作家がどういう立場を取るか、鮮明にすることを求められてるんです。
もちろん、差別は良くない、差別的な人間は悪いんだ、みたいな、ごくごく良識的な作品もありますが、やっぱりそういうのは読んでつまらない。

そういうなかで、ちょっと古いですがトム・ウルフの『虚栄の篝火』(文藝春秋社)。
トム・ウルフぐらい偉くなると、こんなこと書いてもいいのかな、みたいな感じもしますが。
ここには黒人暴動の作られ方が出てきて、そのなかでの教会の役割みたいなものがよくわかって、個人的に大変おもしろかった。
単に白人-黒人の図式ではなく、オランダ系ワスプ、ユダヤ系、イタリア系、とさまざまなエスニシティが入り組んでいて、ほんと、一筋縄ではいかないアメリカの情況の一端が垣間見えます。ただ舞台が80年代なのがちょっと残念。これも映画になっていますが、やはり糾弾の対象になって、何度も何度も作り変えられた結果、冒頭の長廻ししか見るところのない映画になってしまってます。

手に入りにくいみたいですが、ラッセル・バンクス『大陸漂流』(黒原敏行訳 早川書房)
これはすごい(と意味のない太鼓判)。

あとはポール・オースター『ミスター・ヴァーティゴ』(柴田元幸訳 新潮社)
これも一筋縄ではいかない。ただ、基本はメルヘンとして読むべきなんだろうと思います。

黒人観がわかるかどうかは微妙なんだけど、わたしが個人的に好きなトマス・ピンチョンから『秘密のインテグレーション』(『スロー・ラーナー』所収 志村正雄訳 ちくま文庫)。
これはラストが忘れられない。

頭をひねって出てきたのがここらへんです。何らかの参考になれば。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

二度目の回答ありがとうございます!
挙げられた中では特にトム・ウルフ、早速さがしてみたいと思います。

やはり現代のアメリカについて考察するとなると、黒人差別問題のみならず、複雑化したエスニシティ、各マイノリティ同士の関係性等も外せませんね。

お礼日時:2005/04/12 01:28

もう読んでいるかもしれませんが、マーガレット・ミッチェルの『風と共に去りぬ』なんてどうですか?


初めてこの本を読んだ時、白人側の黒人に対する見方に私はびっくりしました。
どう見ても、著者ミッチェルの自分でもそうは思っていない差別意識が無意識に表れているように見えるんですよね。
あからさまな黒人に対する敵視・蔑視ではなく、「黒人は無能な子供のようなもの。だから、白人が奴隷として導いていかなければ生きていけない。それは保護と同然である」というような見方が、敵視じゃない分差別とわかりにくくてて、根の深さを感じたんですよね。
当時の南部白人の黒人に対する視点がよくわかります。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

『風とともに去りぬ』、以前から読まなきゃと思いつつ未だに読んでいません…。
黒人を当然のごとく「無能な子供」と例える感覚は、差別意識の本質を窺わせますね。
回答ありがとうございました!

お礼日時:2005/04/15 15:17

 ジェイムズ・エルロイの通称LA四部作をお奨めします。

《ブラックダリア》《ビッグ・ノーウェア》《LAコンフィデンシャル》《ホワイト・ジャズ》の四作品です。
 この四部作には、本来アメリカ人の白人が抱えているが、隠したがっている、あるいは怯えていることをそのままストレートに書いてあります。
 他の作家が砂糖を塗した「清らかなアメリカ」を書いてきたのと異なり、「いや、本当はこうだろう」と、「少なくても、俺はこうだ」と書いています。
 これら四部作の登場人物たちは、白人は悪いことをする、黒人はもっと酷い、エスパニックなんか屁みたいに扱っています。つまりいいとこなんてまるでないかのような人物が次から次へと登場して来ます。そしてその中で「生きるための根拠」とな何かを、その人物が人種や移住地などと絡めて考え、行動する姿を描いているのです。「まず自分が生きる」というその極限から、白人から黒人をエスパニックを、また黒人から白人をエスパニックをという視点が描かれています。
 奇麗事などなく、時として救いはない世界が展開されます。しかし、それが俺達の本音であり隠したいことであり、怯えていることなんだ。こういうことをノワール小説(悪人小説)という形式を借りて描いた現代アメリカ文学の傑作群です。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

ありがとうございます◎
映画版『LAコンフィデンシャル』はだいぶ前に観ましたが、当時は何も気にせずただただストーリーを追っていました。。(もしくは原作よりだいぶソフトだったのかも知れませんね)

新しい観点から原作、そして他の三作品に目を通してみます。

お礼日時:2005/04/12 01:40

トニ・モリスン『白さと想像力 ――アメリカ文学の黒人像』(大社淑子訳 朝日選書)はすでにお読みでしょうか。



モリスンは同書のなかで、E.A.ポー、ウィラ・キャザー、マーク・トウェイン、アーネスト・ヘミングウェイなどをとりあげ、「アフリカニズム」がどのような形で現れているか、アメリカ白人の黒人像がどのようなものなのかを具体的に見ていきます。

そのほかにもヘンリー・ジェイムズ、ウィリアム・フォークナー、カースン・マッカラーズなど、多くの作家の作品にも言及されています。

このご質問のきっかけが、モリスンをお読みになったもので、それよりさらにほかのものを、というご趣旨であれば、また頭をひねってみますが。

さらにイギリス文学になると、それこそシェイクスピアの『オセロ』から始まって、ディケンズの『大いなる遺産』、R.L.スティーヴンスンの短編、ジョン・コンラッドなど、あげていけばきりがありませんが、モリスンの本にあたるような本はちょっと思いつきません。

「黒人観」というものではありませんが、帝国主義の植民地支配、という観点で、コンラッドやキプリング、オースティンの作品を読み解いたE.サイード『文化と帝国主義』(大橋洋一訳 みすず書房)といったような本もあります。

この回答への補足

ありがとうございます。
おっしゃる通り、『白さと想像力』を含むモリスン等の作品を意識しての質問でした。

モリスンの描く黒人像と対比させられるような「白人による黒人像」をピックアップできれば、と考えています。

補足日時:2005/04/10 13:16
    • good
    • 0

こんばんは。


黒人差別問題についてお調べになっているのなら、お役に立たないとは思いますが、ご参考までに。
ダシール・ハメット「夜陰」↓

参考URL:http://www.aga-search.com/32-2spade.html
    • good
    • 0
この回答へのお礼

ありがとうございます◎
必ずしも差別問題のみにしぼるつもりではありません。
読んでみます。

お礼日時:2005/04/10 13:05

『アンクル・トムの小屋』。

作者ストウ夫人が南北戦争時代に執筆し、奴隷制度廃止を訴えた。古いですが代表的な本でしょう。

参考URL:http://www.amazon.co.jp/exec/obidos/ASIN/4750310 …
    • good
    • 0
この回答へのお礼

ありがとうございます◎
資料としても活用できそうなので、参考にしてみます。

余談ですがリンク先に紹介されていたもう一冊『The Bluest Eye』、非常に好きな作品です。

お礼日時:2005/04/10 12:58

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q理解不能の白人番組

ニコニコ動画で白人が英語を話せない日本人を馬鹿にする為にわざわざ来日して、
日本人に対して迷惑行為をし、すし屋では追い出されて、
ラーメン屋では日本人のマネだと言って、
ラーメンをズルズル口に含んだままいつまで経っても食べるまでにいかないという動画を見ました。
理解不能です。何故白人はわざわざ日本に来てまで嫌がらせをしているのでしょうか。
こういう馬鹿がいるから戦争永遠に終わらないんだと思いました。
小学生がやりそうな低レベルな事をいい年したオヤジがやって白人社会では普通なのですか?

Aベストアンサー

>小学生がやりそうな低レベルな事をいい年したオヤジがやって白人社会では普通なのですか?

違います。日本人をバカにしているだけです。
白人の中にはいまだに白人だけが優れていて、他に人種をバカにしている人が沢山います。オーストラリアとか・・・
まあ、でも一部のバカだけで全てを決め付けてしまうのは、
ダメですね。
日本にもエコバックに3時間並んだり、バナナを売り切れらせたり、
バカが沢山います。

Qヘミングウェイ 『キリマンジャロの雪』の冒頭一説

『キリマンジャロハ雪ヲイタダク峰ニシテ標高一九七一〇フィート、アフリカ随一ノ高山ト称セラル。西方ニアタル頂キヲ、マサイ語ニテ「ガイェ・ガイ」スナワチ「神ノ館」トナヅク。コノ西方ノ頂キニチカク、一頭ノ豹ノ凍結セル死体横タワル。カカル高所ニ豹ノ何ヲモトメテ至リシヤ、説キ明カシタル者イマダナシ。』

 以上の一説はヘミングウェイの短編の中で最高と謳われる『キリマンジャロの雪』の冒頭部です。文中にも問われていますが、この豹は何を求めてただの一匹でキリマンジャロの山頂を目指したのでしょうか?

 そして同じくアフリカで、死を目前とした主人公ハリーはこの豹の中に何を見ていたのでしょうか?

 皆さんのご回答をお待ちしております。

Aベストアンサー

naphtaliさんが求められておられるような素晴らしい回答は出来ませんが、
この本は、私にとって特別な本なので、私なりの意見を書かせて頂きたいと思います。

この本を読んだとき、私は中3でした。
その頃、私は高校に行く意味が見当たらずに、
(勉強が好きではなかった、という、あまりにも単純で下らない理由だけだったのですが)
先生に、真剣に将来のことについて相談をしていました。ですが、
殆どの先生は「高校は普通行くもんだ」と云って、真剣に取り合ってはくれませんでした。
そのときに、ある先生が、この本を読むよう薦めてくださいました。
最初は、何故この本を読まなければならなかったのか、どこにどんな答えがあるのか、理解できませんでした。
ですがこのとき、先生が、naphtaliさんが今回されている質問をしました。
豹は、何を求めてここへ来たのか、ということです。

私には、今もその答えは解りません。ですが、先生がおっしゃって下さった、
「きっと豹には、頂上に何があるのか、知らなかったと思う。
 もしかしたら何もないということも有り得る、ということも知っていたかもしれない。
 でも、何かがある可能性もあるんだ。
 それは酷く孤独で、もしかしたら無駄になることかもしれない。豹は、死を覚悟していたかもしれない。
 だけど、きっとその死体は、頂上を向いていただろう。一歩でも前へ進もうとしていただろう。
 これは、人間のあるべき姿を示しているんだ」
という言葉が忘れられません。
目指す所、またはその道程に何があるのかは、その道を行ってみなければ解らない。
もしかしたら何もないかもしれないけど、何もないということは、行ってみなければ解らない。
この豹は、私に、惨めで辛い道のりであっても、それを進む勇気を与えてくれました。

私は高校に行き、そこで夢をみつけた私は、今は大学にも行き、頑張っているところです。
何かをするためにそこに向かったのではなく、
自分に必要な(または、しなければならない)何かを見付けるためにそこへ向かったと、思います。

乱文を、失礼致しました。

naphtaliさんが求められておられるような素晴らしい回答は出来ませんが、
この本は、私にとって特別な本なので、私なりの意見を書かせて頂きたいと思います。

この本を読んだとき、私は中3でした。
その頃、私は高校に行く意味が見当たらずに、
(勉強が好きではなかった、という、あまりにも単純で下らない理由だけだったのですが)
先生に、真剣に将来のことについて相談をしていました。ですが、
殆どの先生は「高校は普通行くもんだ」と云って、真剣に取り合ってはくれませんでした。
そのときに、...続きを読む

Q黒人は白人に憧れやコンプレックス持っているの?

黒人留学生に『アメリカ黒人の多くは白人に憧れやコンプレックス持っている』
と言ったら『オバマが大統領になった時代。いまはもう持っていない!』
と完全否定されましたが、
そしたらこのYouTube動画はヤラセですかね?
http://www.youtube.com/watch?v=WG7U1QsUd1g&sns=em

Aベストアンサー

アジア人が白人に対して抱いているコンプレックスと同じように、黒人も白人に対してコンプレックスを持っています。

Qヘミングウェイについてです。

学校で「ヘミングウェイと彼の作品」について書くエッセイの課題がでました。しかし、私は あまりヘミングウェイについての知識がないので助けを下さい。よろしくお願いします。知りたいのは、戦争、4人の妻等の彼の実体験がどのように作品に影響を与えているかです。武器よさらば、では彼の体験(看護婦への恋)が本に表れているのではと感じました。インディアンキャンプでは、彼の幼少の頃の猟体験が活きてると聞きました。 このように、ヘミングウェイの実体験が、どの作品に表れてるかを教えてください。
またもしサイトを知っていたら教えてください。できれば、英文が良いです(探しても英語があまり得意ではないので少ししか参考になるのがみつけられません)。 よろしくお願いします。

Aベストアンサー

【Qesutia】
このサイトはヘミングウェイ(Hemingway)に関する質問を集めたサイトです。
かなり量の多いサイトですが、ヘミングウェイについてわかります。
シティ・オブ・エンジェルの映画とヘミングウェイの話も猫の話もあります。
http://www.timelesshemingway.com/hemtrivia.shtml

【The Short Happy Life of Francis Macomber】
このサイトはヘミングウェイの作品分析を書いたサイトです。
http://vcs.ccc.cccd.edu/ENG102/Macomber.html

【HEMINGWAY society of JAPAN】
ヘミングウェイの研究をしている日本ヘミングウェイ協会のサイトです。http://wwwsoc.nii.ac.jp/hsj2/newsletter041.html

参考URL:http://www.timelesshemingway.com/hemtrivia.shtml,http://vcs.ccc.cccd.edu/ENG102/Macomber.html

【Qesutia】
このサイトはヘミングウェイ(Hemingway)に関する質問を集めたサイトです。
かなり量の多いサイトですが、ヘミングウェイについてわかります。
シティ・オブ・エンジェルの映画とヘミングウェイの話も猫の話もあります。
http://www.timelesshemingway.com/hemtrivia.shtml

【The Short Happy Life of Francis Macomber】
このサイトはヘミングウェイの作品分析を書いたサイトです。
http://vcs.ccc.cccd.edu/ENG102/Macomber.html

【HEMINGWAY society of JAPAN】
ヘミングウェイの研...続きを読む

Qyoutubeの2人のメガネを掛けた少年が踊る動画知りませんか

数年前youtubeでに2人のメガネを掛けた白人少年が音楽に合わせて踊るというか変な動きをする動画があったのですが知らないでしょうか?
それを真似してその少年が大人になったような感じの大人が似たかっこう、似た動きで動画をアップしていました。
曲の合間に「ティンティン」というような言葉を2人合わせて言います。

Aベストアンサー

The Crazy Frog Bros -Original With AUDIO-で検索すると出ると思います。

http://www.youtube.com/watch?v=SDhntEvBD3M
http://www.youtube.com/watch?v=elIAMgSulWM
http://www.youtube.com/watch?v=Rr9iMZI3YBU
http://dic.nicovideo.jp/a/%E5%B9%BC%E5%B0%91%E6%9C%9F%E3%81%AE%E3%82%B2%E3%82%A4%E3%83%84%E3%82%B7%E3%83%AA%E3%83%BC%E3%82%BA

Q道鏡を題材とした小説。

こんばんは、お世話になります。
先日、日本史を受けてる際にちらっと道鏡が称徳天皇に気に入られ法王になったという歴史を著した小説があると聞いたのですが、その小説の作品名、著者名、出版社をどなたかお教え下さいませ。
奈良時代の藤原氏と皇族の目まぐるしい政権争いに最近興味を持ち始めたのですが、特に道鏡がどのようにして称徳天皇に取り入ったのか(どうも加持祈祷により病気を治しただけじゃないようですし)気になりましたところにその話を聞いたので、この場を借りてこのような質問させて頂きました。

もし複数ある場合には複数挙げてもらっても構いませんが、もし読んだ方がおられましたら以下の点をポイントにその中でもオススメの作品もお教え下さると大変助かります。

1)あくまでも時代小説として読めるようなもの。歴史書の書き写しみたいなものは出来れば回避したい。
2)宇佐八幡宮神託事件の詳細がしっかり述べられているもの。
3)官能的な表現を多く用いられてるもの。また称徳天皇を性行為によって手懐けたとされる説を採用しているもの。
4)より興味をそそられるようなフィクションが入っていても構わない。(もちろんなくても構わないです。)

情報の方お待ちしております。

こんばんは、お世話になります。
先日、日本史を受けてる際にちらっと道鏡が称徳天皇に気に入られ法王になったという歴史を著した小説があると聞いたのですが、その小説の作品名、著者名、出版社をどなたかお教え下さいませ。
奈良時代の藤原氏と皇族の目まぐるしい政権争いに最近興味を持ち始めたのですが、特に道鏡がどのようにして称徳天皇に取り入ったのか(どうも加持祈祷により病気を治しただけじゃないようですし)気になりましたところにその話を聞いたので、この場を借りてこのような質問させて頂きまし...続きを読む

Aベストアンサー

1)~4)の条件を満たす小説と言えば、もう絶対的に、今東光「弓削道鏡」をお勧めします。おそらく授業で先生が述べられた本もこれかと思います。文芸春秋新社、徳間書店から全集で出ていて、昔は文庫本でも出ていたのですが、残念ながら今は絶版のようです。図書館かヤフオク等で調べてみてください。

読まれてみて違和感が生じることがあるとすれば、それは道鏡に好意的な視点に立って記述していることでしょう。宇佐八幡宮神託事件も称徳天皇を取りこもうとする公家側の陰謀によるもの(すなわち最初の信託こそが真実であり、2回目が公家によるねつ造であった)と言う説を採用しています(私もこの意見にはある程度真実味があると思います)。小説の中で道鏡は人も殺したりして善人扱いと言うわけではありませんが、陰湿な公家社会を土足で踏みにじる痛快な悪漢と言う役回りになっています。

QYOSHIKIの周りにいる白人女性について・・・

XJAPANのYOSHIKIについて気になったことがあるのですが・・・彼の周りにいつも白人女性が数名がいるのですが、あの人たちは、いわゆる叶姉妹のナイス・ルックス・ガイのようなものでしょうか?先日放映されてた「さんまのまんま」に出演した際も白人の女性たちがお世話役で出ていました。最初は番組の演出かと思ったのですが、タイや韓国の空港で車から出てくる時も数人白人女性たちがいました(動画サイトで見ました)。しかも何故か毎回ファンの様子をビデオ撮影している女性がいました(笑)私は、このような行為はファンが減る要因にもなるのでは?と思うのですが、芸能人でこういうのは別にあたりまえ・・・というかよくあることなんでしょうか??どなたか返答ください!

Aベストアンサー

あの中の2人はYOSHIKIの秘書のようですよ。
いわゆるお飾り&お世話係りでしょうね。
どの程度のお世話係なのかわかりませんが^^;
何かのプロジェクト限定お飾り秘書かもしれませんし、プライベートまでかかわっているのかもしれませんし。

>芸能人でこういうのは別にあたりまえ・・・というかよくあることなんでしょうか??
プロモーションの一つとしてあるかもしれませんね。
普通のサラリーマンではありませんから。
YOSHIKI位のレベルになってしまうと、何でもありなんでしょうね。

最近アクセサリー等のプロデュースをしたりしていて、その宣伝?なのか、TV出演をしていますが、個人的にはTV露出は音楽だけの時にして欲しいと思っています。

Q木曽義仲を題材とした小説

もしくは今井四郎兼平、もしくは全く関係なくても比較しうる何か繋がりがある友情ものの小説はありますか?
何かご存知でしたらご教授願います。

Aベストアンサー

源義仲と今井四郎兼平。。。
「木曽の最期」でしたっけ。大好きです。^^

兼平の
「粟津の松原へと入らせ給え」の言葉。
木曽が
「今井がゆくへのおぼつかなさに うちあおぎたまへる内兜を」相模のなんたらが「ひょう、ふっと射る」。。。
(しばらく読んでいないので憶え違いがあるかも知れません。汗)

でも、
>比較しうる何か繋がりがある友情ものの小説
これ、物語原文に匹敵する美しく張りのある友情物語って無い、と思う位、
この原文は美し過ぎると考えています。
原文でおなかいっぱい。。。^^

張り合えるとは思わないけれど、敢て出すなら
「走れメロス」とか「星の王子さま」あたりでしょうか。。。
あーー全然違うかも。。。
命を懸けて。
ぴん!と張り詰めた緊張感と透明感。
二人の間の熱く暖かな心の交流。と言うあたりから浮かびましたが、
見当ハズレかな。。。申し訳ありません。。。

私ももっと良い回答を待たせて頂きますね。

Q白人は人種差別をしてます(した)けど、

アジア人(中国人も日本人もチョンも)だって差別してるじゃないですか?
なのに、白人が一番差別した!って白人を責めるヒトは、明らかに白人への嫉妬ですよね?
僕も白人の男性にも女性にも嫉妬してます。
特に、女性の命である母性的上品さでは白人女性には全く敵いません。
悔しいです。

Aベストアンサー

>アジア人(中国人も日本人もチョンも)だって差別してるじゃないですか?

どの国でも人種差別する人間はいますね。

>なのに、白人が一番差別した!って白人を責めるヒトは、明らかに白人への嫉妬ですよね?

白人だけを責めるのは間違ってると思いますが、それが嫉妬かどうかはわかりません・・・
多分、劣等感を感じているのはありそうですがw

>僕も白人の男性にも女性にも嫉妬してます。
>特に、女性の命である母性的上品さでは白人女性には全く敵いません。
>悔しいです。

まぁこれは人によるでしょうね。
しかし、白人女性が好きな有色人種は多いですよ。

個人的に私が、若い綺麗なペルシャ人の女性が一番だと思います。

Q不登校を題材とした文学作品

最近、不登校についての新聞記事や
映画の調査をしているせいなのか、
文学作品でも登場人物が不登校、
あるいは不登校を作品の主なテーマとしているものがないか
少し気になっています。
もし、そのような作品があればぜひ読んでみたいと思います。

梨木果歩さんの『西の魔女が死んだ』あたりが
最近映画化されたせいもあり、比較的メジャーな気もします。
その他、日本の現代文学作品で不登校を扱っているもの、
登場人物の誰かが学校に行っていないレベルのものでも
構わないので、
不登校の問題を扱っている作家や作品を知りたいです。

Aベストアンサー

 こんにちは。教育問題といえば重松清さんがお勧めです。イジメや不登校などに関する小説を数多く書かれています。映画化された「きみの友だち」、連作短篇集「青い鳥」、「きよしこ」
http://books.yahoo.co.jp/book_detail/32068539
http://books.yahoo.co.jp/book_detail/31922363
http://books.yahoo.co.jp/book_detail/31539899
 また自伝小説になりますが大平光代さんの「だから、あなたも生きぬいて」はイジメから不登校になる話です。
http://books.yahoo.co.jp/book_detail/31116174
 未読ですが村上龍さんの「希望の国のエクソダス」
http://books.yahoo.co.jp/book_detail/30965551
 竹内紘子さんの「まぶらいの島」
http://books.yahoo.co.jp/book_detail/30973901
 本城美波さんの「魔法伝説」不登校の少女が書いたファンタジー小説です。
http://books.yahoo.co.jp/book_detail/31776129
 
 作家としては重松さん以外にも灰谷健次郎さんなんかが教育関係の小説を沢山書かれています。どれが不登校なのかとは言えませんが良かったら読んでみて下さい。
http://books.yahoo.co.jp/search?p=%B3%A5%C3%AB
 ご参考までにm(__)m。

 こんにちは。教育問題といえば重松清さんがお勧めです。イジメや不登校などに関する小説を数多く書かれています。映画化された「きみの友だち」、連作短篇集「青い鳥」、「きよしこ」
http://books.yahoo.co.jp/book_detail/32068539
http://books.yahoo.co.jp/book_detail/31922363
http://books.yahoo.co.jp/book_detail/31539899
 また自伝小説になりますが大平光代さんの「だから、あなたも生きぬいて」はイジメから不登校になる話です。
http://books.yahoo.co.jp/book_detail/31116174
 未読です...続きを読む


人気Q&Aランキング

おすすめ情報