プロが教える店舗&オフィスのセキュリティ対策術

手どりからどのくらい貯金するべきといわれているのでしょうか?

A 回答 (9件)

総額20万円だとすれば手取り16万円とかでしょうか。



2割の4万円が年金保険税金
3割の6万円を家賃
3割の6万円を生活費
1割の2万円を貯金
1割の2万円はご自由に

こんな感じで、1割は貯金してください。
このお金は絶対に手を出してはいけません。
死に金というやつです。

生涯年収2億円と計算すればこれで将来的には2000万円貯まるはず。
    • good
    • 1

1割。

    • good
    • 0

貯金と言いましても、現在は振込入金は普通ですから、給料が振り込まれた時点で通帳に入るわけですから預貯金は完了しています。


別で預貯金されるなら、そこから1万円とか2万円を別通帳で取り組まれるのでしょうが、配置換えに過ぎません。
一方で積み立て投資は成長を伴い、リスクを折り込んだ考えですので、可処分所得の5%程度から始められると時間の経過で運用効果が出て資金は増えると思います。
預貯金金利は0.001%で、100万円で1年間に税引き後7円が金利です。
100年経っても累計金利80円程度の成長しかしません。
積み立て投資ですとパフォーマンスが高いと10年で20%程度成長することは十分にあります。
    • good
    • 0

人それぞれ、様々で、一様ではありません。


貯金とは、一般に郵便局のものを指しますが、銀行でのものは、預金と呼びます。
私は、月10万円を積立年金保険に、月5万円を財形住宅貯蓄に天引きしていました。
積立年金保険は、一時払いもしていたので、総額5,000万円以上に、それに年1.25%程度の利子が付いて来ます。財形貯蓄の方は、上限の550万円に近づいたので、今は、月2,000円の積立にしています。
何のために、より運用のよいものにするかは、必ずしも正解があるわけでは有りません。
ローンで、立地のよい物件での不動産投資をするのも、減税や生命保険料の削減もでき、条件がよければ、選択肢の1つになると思います。
まぁ、1番よくないのは、単なる普通や定期預金・貯金にしてしまうことですね。
    • good
    • 0

それはやりくり次第です。



節約でアドバンテージを取れば半分貯金も可能です

うちはお得な時にまとめ買いしています。

家も安い時に購入しました。

貯金自体は給料3ヶ月の貯金さえあればゼロでも良いのです。

100万円貯金して後は努力次第です。
    • good
    • 0

必要額は人それぞれです。


実家住まいの独身と、子供が何人もいる人とを比較するのはナンセンスです。
ただ、一般的には収入の二割(多分手取りの)と言われていますね。
    • good
    • 0

一万稼いだら使うのは、一割、あとは、生活費か、貯金にまわすかんじです。



1日あたり
    • good
    • 0

手取り金額と生活費のバランスによります。


給料が少なくて生活がカツカツなら貯金はムリです。
貯金するために生活費が足りなくなるのでは本末転倒ですから。
余裕があるのなら、最初の目標はとりあえず10%。
十分余裕があるなら、余る金額を貯金すればいいです。

何のための貯金かを考え、貯金の目的と目標金額を自分で決める方がいいです。
    • good
    • 0

半分くらい貯蓄に回せばOK

    • good
    • 0

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人はこんなQ&Aも見ています


このQ&Aを見た人がよく見るQ&A

人気Q&Aランキング