新卒の特許事務所への就職について教えて下さい

私は今、大学院2年(専攻は金属材料です)で就職活動中の者です。昔から弁理士になりたく、弁理士試験の勉強をしながら特許事務所で働こうと思っています。しかし、新卒で特許事務所に就職しても実際の現場作業の経験的知識がなく、また専攻が金属という特許があまりない分野でもあるために特許事務所に就職してもほとんど使いものにならずに2,3年で転職しなければならない状況になるのではないかと思っています。特許事務所で使いものにならないためにも、新卒で特許事務所に就職するより、まず企業に就職して現場の経験を積んでから特許事務所に就職したほうが宜しいのでしょうか? ご返答お願いします

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (3件)

 企業に勤めたあと、特許事務所で働き始め、数年が経過したものです。

その経験を話させてもらいます。
 特許事務所にも大規模なところ(所員100人以上)から小規模(所員数人)の処まであります。仕事の内容についても、その事務所の規模によって変わってくると思います。例えば、大規模な事務所では、担当の技術ジャンルがはっきりと区分けされていますが、小規模なところでは、そうはいきません。つまり、小規模なところでは、選り好みできない代りに、いろんなジャンルに挑戦でき、自らの知識を広げていくことができるともいえます。私が所属する事務所は、数十人の所員がおり、英文などの翻訳をする人も十人ほどいる、所謂、中規模なとことです。このため、上述の大規模と小規模の中間のような感じです。つまり、常日頃は自らの専門とするジャンルをこなし、他のセクションであふれた案件があれば、臨時でそれをこなすというような具合です。
 ”0531”さんは、自らの専門ジャンルだけで特許技術、さらには、資格取得後の仕事を、とお考えのようですが、依頼主(クライアント)からの要望があれば、ジャンルの違いがあっても貪欲にそれをこなしていくという気構えが必須だと思います。私は、大学では塑性加工を選考しておりましたが、現在では、電気・電子(プログラムなどもたまにあります。)が主な仕事になっています。これは、特許事務所に入ってから勉強を始めたものです。
 参考までに、特許事務所では、同じ内容の仕事に関しては、複数のクライアントから仕事をとらない、というような暗黙のルールを課しています。これは、審判事件などになった際などにも、両方の当事者の代理人となるようなことが無いようにするためのものです。このようなことからも、弁理士となって事務所の開所をお考えなのであれば、種々の知識を取得していくということが必要だと思います。
 あと、特許事務所は、上場企業などと異なり、その規模が小さいため、実力第一主義というようなところが多く、自分で貪欲に知識を習得し、依頼される種々のジャンルの仕事をこなさなければ、事務所にとっては”使いにくい”と思われ、なかなか大変です。
 まあ、不安に思われるようであれば、上場企業などの”知財職員”募集などを行っているようなところを探し、コンタクトしてみるのも良いのではないでしょうか。その場合には、企業の大記載にもよりますが、かなり基本からの教育を受けられると思います。個人的には、そちらのほうがよろしいのではないかと思います。
 では、頑張ってください。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

アドバイスありがとうございます。特許事務所は自分の専門分野だけでやっていけるものではなく、また同じ内容の仕事に関しては、複数のクライアントから仕事をとらないという貴重なアドバイスを頂け、とても参考になりました。自分自身まだ特許事務所のことに関しては知らないことが多くもっと情報を収集しようと思います。また企業の知財職員の募集の方もあたってみたいと思います。アドバイスありがとうございました。

お礼日時:2005/04/10 13:13

>専攻が金属という特許があまりない分野でもある



金属材料という分野のことはよく知らないのですが、本当に特許があまりないんですか?
大学院の先輩方がどういう企業に就職されているか調べましたか?
それらの企業が特許出願をしているかどうかを調べましたか?

>特許事務所に就職してもほとんど使いものにならずに

特許事務所では、専攻分野だけやっていればいいというものではありません。
いろんな分野の仕事をまわされるものと覚悟した方がいいです。
しかし、機械科の人にバイオをやれと言うようなことはまずありません。
大まかに電気、機械、化学の3つに分けられるでしょう。
また、それだけ広い分野の仕事をするわけですから、研究職のような深い知識までは要求されません。
発明者の話を聞いたり多少本を読んだりすれば技術をある程度理解できるというレベルであれば足ります。

>新卒で特許事務所に就職するより、まず企業に就職して現場の経験を積んでから特許事務所に就職したほうが宜しいのでしょうか?

それはそうですね。
現場の経験は実施例レベルの話を理解する上で役立つことが多いでしょうし、何よりも、いきなり特許事務所という特殊な世界に入るより、まずは企業勤めを経験して「普通の会社」というものを知っておいた方がいいです。
また、晴れて弁理士になった際に以前勤めていた企業から仕事をもらえる可能性だってありますしね。
特許事務所も客商売ですから、コネはできるだけ持っていた方が有利です。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

アドバイスありがとうございます。私の大学院の先輩はほとんどが金属関係の企業に就職していまして、それらの企業の特許は金属関係の特許を出願していますが、電気、機械系の出願に比べますと出願数が少なく、自分の専門分野が一特許事務所で活かせるか不安になっていました。しかし特許事務所では専攻分野だけやっていればいいというものではないことを知り、多くの分野の事を学んでいきたいと考えました。もう一度、特許事務所か企業かをじっくりと考えたいと思います。

お礼日時:2005/04/10 13:00

特許事務所へ就職したいという目的は何でしょうか?特許事務所のどういうjobをしたいのでしょうか?


就職に関する相談の場合は、「何処へ行きたい」よりも「何をしたい」の方が大事なポイントです。

金属材料またはそれに関連した「発明の中味に突っ込んだ業務」をしたいのであれば、その分野を得意とする特許事務所または、企業の研究部門等で経験を踏まれるのも良いかと思いますが、特許の申請の手続き業務を主体に学びたいのであれば、即特許事務所で経験を積むことでよいと思います。

要は、「何をしたいか」そのためのスキルアップには
土身が最適かという考え方だと思います。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

アドバイスありがとうございます。
特許事務所へ就職したいという目的は特許技術者として発明の中味に関する専門的な仕事がしたく、弁理士になるには特許事務所で業務を学ぶのが一番の近道と思ったからです。そのために特許事務所に就職できればと思っています。

お礼日時:2005/04/09 19:03

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人はこんなQ&Aも見ています

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q新卒での特許事務所の就職について

新卒の特許事務所への就職について教えて下さい

私は今、大学院2年(専攻は金属材料です)で就職活動中の者です。昔から弁理士になりたく、弁理士試験の勉強をしながら特許事務所で働こうと思っています。しかし、新卒で特許事務所に就職しても実際の現場作業の経験的知識がなく、また専攻が金属という特許があまりない分野でもあるために特許事務所に就職してもほとんど使いものにならずに2,3年で転職しなければならない状況になるのではないかと思っています。特許事務所で使いものにならないためにも、新卒で特許事務所に就職するより、まず企業に就職して現場の経験を積んでから特許事務所に就職したほうが宜しいのでしょうか? ご返答お願いします

Aベストアンサー

 企業に勤めたあと、特許事務所で働き始め、数年が経過したものです。その経験を話させてもらいます。
 特許事務所にも大規模なところ(所員100人以上)から小規模(所員数人)の処まであります。仕事の内容についても、その事務所の規模によって変わってくると思います。例えば、大規模な事務所では、担当の技術ジャンルがはっきりと区分けされていますが、小規模なところでは、そうはいきません。つまり、小規模なところでは、選り好みできない代りに、いろんなジャンルに挑戦でき、自らの知識を広げていくことができるともいえます。私が所属する事務所は、数十人の所員がおり、英文などの翻訳をする人も十人ほどいる、所謂、中規模なとことです。このため、上述の大規模と小規模の中間のような感じです。つまり、常日頃は自らの専門とするジャンルをこなし、他のセクションであふれた案件があれば、臨時でそれをこなすというような具合です。
 ”0531”さんは、自らの専門ジャンルだけで特許技術、さらには、資格取得後の仕事を、とお考えのようですが、依頼主(クライアント)からの要望があれば、ジャンルの違いがあっても貪欲にそれをこなしていくという気構えが必須だと思います。私は、大学では塑性加工を選考しておりましたが、現在では、電気・電子(プログラムなどもたまにあります。)が主な仕事になっています。これは、特許事務所に入ってから勉強を始めたものです。
 参考までに、特許事務所では、同じ内容の仕事に関しては、複数のクライアントから仕事をとらない、というような暗黙のルールを課しています。これは、審判事件などになった際などにも、両方の当事者の代理人となるようなことが無いようにするためのものです。このようなことからも、弁理士となって事務所の開所をお考えなのであれば、種々の知識を取得していくということが必要だと思います。
 あと、特許事務所は、上場企業などと異なり、その規模が小さいため、実力第一主義というようなところが多く、自分で貪欲に知識を習得し、依頼される種々のジャンルの仕事をこなさなければ、事務所にとっては”使いにくい”と思われ、なかなか大変です。
 まあ、不安に思われるようであれば、上場企業などの”知財職員”募集などを行っているようなところを探し、コンタクトしてみるのも良いのではないでしょうか。その場合には、企業の大記載にもよりますが、かなり基本からの教育を受けられると思います。個人的には、そちらのほうがよろしいのではないかと思います。
 では、頑張ってください。

 企業に勤めたあと、特許事務所で働き始め、数年が経過したものです。その経験を話させてもらいます。
 特許事務所にも大規模なところ(所員100人以上)から小規模(所員数人)の処まであります。仕事の内容についても、その事務所の規模によって変わってくると思います。例えば、大規模な事務所では、担当の技術ジャンルがはっきりと区分けされていますが、小規模なところでは、そうはいきません。つまり、小規模なところでは、選り好みできない代りに、いろんなジャンルに挑戦でき、自らの知識を広げてい...続きを読む

Q特許事務所に勤務している方(主に弁理士、特許技術者)、相談に乗ってください

私は現在修士課程の学生で、一つの選択肢として弁理士を考えています。そこでみなさんに私の考え方の賛否、またなぜそう思うかについてお聞きしたいと思っています。
具体的に弁理士を目指そうと思う理由です。

私が弁理士を目指す理由

1.一つの分野(機械、化学等)にとらわれることなく幅広く仕事をすることができるから。
 私は、ものづくりそれ自体にあまり興味はありません。しかし、ものづくりを通して何かを知る(最新の技術動向等)ことには興味があります。

2.法律に興味があり、特に英語に対する学習意欲は高いと思っている。また、生涯を通じて勉強することは大変だと思うが、苦にはならないと思う。
 弁理士として働くには語学力、特に英語は必須だと聞きました。また常に最新の法改正等にも対応する必要があるため、勉強し続けることは重要で、自分はそれができると思っています。

3.勤務地が固定されている。
 私は家庭の事情で、実家に近い範囲で就職することを希望しています。ちなみに、今すぐそうする必要はなく、できれば30歳頃にはそのような就職をしたいと考えています。これは特許事務所に就職したいと思う決め手でもあります。

よろしくお願いします。

私は現在修士課程の学生で、一つの選択肢として弁理士を考えています。そこでみなさんに私の考え方の賛否、またなぜそう思うかについてお聞きしたいと思っています。
具体的に弁理士を目指そうと思う理由です。

私が弁理士を目指す理由

1.一つの分野(機械、化学等)にとらわれることなく幅広く仕事をすることができるから。
 私は、ものづくりそれ自体にあまり興味はありません。しかし、ものづくりを通して何かを知る(最新の技術動向等)ことには興味があります。

2.法律に興味があり、特に英...続きを読む

Aベストアンサー

向上心と覚悟は完璧です。
そこまで理解されているならば、弁理士を目指すのにふさわしい見識をお持ちだと思います。
また、事務所に勤めるのならば、実家から通勤可能範囲の特許事務所に勤務地をほぼ固定できます。

あえて言わせて頂くならば、想像と現実は違うということです。
私自身、弁理士試験の勉強を始めて1年であきらめた人を数多く見ていますし、10年以上勉強している人も何人か知っています。
決して楽な試験ではありませので、弁理士だけを目標にして人生を棒に振らないようにしてください。
まだ学生さんということですので、まずは試験勉強を始めてみて、それから決めるのでも遅くはないと思います。

なお、個人的には、数年間企業で経験を積むのも良いと思いますが、それはmanami0926さんの好きになさればいいと思います。

参考URL:http://dotcom.versus.jp/all/,http://benrishikoza.web.fc2.com/

Q特許事務所の所長宛のメールでの宛名の書き方

特許事務所への面接日時打ち合わせのために、その事務所の所長へメールを送りたいのですが、宛名の正式な書き方は下のうちどれでしょうか。

1)
●●特許事務所
所長 山田 太郎様

2)
●●特許事務所
所長 山田 太郎殿

3)
●●特許事務所
山田 太郎 所長様

4)
●●特許事務所
山田 太郎 所長殿

他にあったら御教示ください。よろしくお願いします。

Aベストアンサー

1) ○
 これが普通だと思います。

2) △
 殿は目下に使うとの説もあります。
 (本当かどうか私は判断できませんが)
 グレーなものは私は使いません。

3)と4)は×
 名前+役職+様or殿は間違いとされています。
 二重敬称になるからです。
 個人の名前が分からないけど、ある会社(事務所)の部長に宛てて
 送りたい、というようなときに、○○部 部長殿 のように
 使うと記憶しています。

 ものすごく自信があるわけではないですが…(^^;

Q弁理士の妻。弁理士事務所で働いている方に質問です。

弁理士の妻。弁理士事務所で働いている方に質問です。

無知ですみませんが、私は今年文系大学を卒業し、小学校で講師をしている女です。

結婚を前提に付き合っている彼が弁理士を目指して勉強中です。
彼は、将来的には事務所を開業したいそうです。
何年かかかるでしょうが、熱意はとてもあるので、きっと弁理士試験に合格すると思って応援しています。

私は彼のためにできることは何かと考えています。
まだ婚約はしてません。
笑顔や料理など、居心地のいい家庭にすることも考えていますが、彼の仕事を理解・手助けしたいのです。

しかし私はこの業界のこと、仕事のことが全くわかりません。
調べてみましたが、弁理士がどのように働いているか、イメージがありません。
彼の仕事を支えるための勉強がしたいです。

私はとても頭がいいわけではありませんが、国立大卒レベルなのでコツコツ勉強すれば、何でも勉強できると思っています。
今の仕事の契約もあと半年ですし、次の仕事はこの役に立つ勉強ができることを基準に考えています。

私は趣味ができるなら、業種・職種に関して、こだわりはないです。
今は恥ずかしながらラブラブ期なので、彼のためになることを中心に考えています。

補助員も弁理士を目指しているだけの知識がいるし、行政書士とかだったらいいでしょうか?
英語を勉強したらよいでしょうか?
事務や秘書やアシスタントってできますか?

どんな風に手伝いができるか教えてください。

弁理士の妻。弁理士事務所で働いている方に質問です。

無知ですみませんが、私は今年文系大学を卒業し、小学校で講師をしている女です。

結婚を前提に付き合っている彼が弁理士を目指して勉強中です。
彼は、将来的には事務所を開業したいそうです。
何年かかかるでしょうが、熱意はとてもあるので、きっと弁理士試験に合格すると思って応援しています。

私は彼のためにできることは何かと考えています。
まだ婚約はしてません。
笑顔や料理など、居心地のいい家庭にすることも考えていますが、彼の...続きを読む

Aベストアンサー

一番いいのはあなた自身の今の仕事を、契約などでなく本格採用してもらって、しっかり安定的に収入を得られるようになることだと思います。

弁理士って今や掃いて捨てるほどいます。独立はそんなに簡単ではありません。私はどちらかというと雇う側の立場ですが(自分も資格を持っています)、「独立しました、仕事を下さい」のような類の売り込みは山のように飛び込んできます。
もちろん弁理士試験合格仕立ての新米に仕事を出す気にはなりません。最低10年、できれば20年としっかり経験を積んでもらわないと。

そうなる前に我慢できず、威勢良く独立してみたけれど、結局お客がつかず、雇われ弁理士に逆戻り、という人もたくさん知っています。かなり厳しい世界ですよ。

ですので、将来結婚されるつもりなら独立当初お客がつかなくても家計を支えられるようしっかりとした収入の道をあなた自身が得ることが一番の支えになると思います。

彼と同じ道に行ってしまったら、共倒れですから。

Q特許事務所間での転職

こんにちわ!私(30才前半女性)は現在、ある特許事務所に勤務し、国内・外国事務(主に国内)を担当しております。勤続年数も10年くらいとけっこう長いのですが、事務所の待遇の面・他の事務所もみてみたいという点などから別の特許事務所への転職を考えるようになりました。求人を調べておりましたら、35歳くらいまでの募集がいくつか見つかりました。つきましては、もし私のように特許事務職で特許事務所からの特許事務所へ転職された女性の方がいらっしゃれば、体験談などお聞かせ下さいますと嬉しいです。
よろしくお願い致します。

Aベストアンサー

これといって注意することはないそうです。

ただし、今までの経験・熱意がうまく伝わらないと、「結局うちも辞めるのだろ?」みたいに思われます。
どんな仕事でもそうですね。

以上

Q特許事務所は、「大きな事務所」のほうが良いでしょうか?

現在、企業の知財部に勤めています。

このたび、転職するにあたり、
特許事務所への転職を検討しています。
(転職後は、(1)特許調査、(2)明細書作成補助、
 等の仕事をしたいと思っています)

そこでなのですが、求人情報を見ると、
所員数数名の「小さな事務所」と、
数十名の「大事務所」の2つがあるようなのですが、
労働条件的には、どちらがより恵まれているでしょうか。

私としては「大事務所」のほうが、
いろいろな研修制度もあるし、
相談できる人も多いので勉強になるのかな?
と思っております。
(将来的には、なれるかどうかはわかりませんが、
 弁理士になれたらいいな、と思っています。)

どなたか、お詳しいかたいらっしゃましたら、
アドバイスいただければ幸いです。

Aベストアンサー

まぁ、大事務所はすぐ潰れることもないので大事務所の方が安心でしょうね。
小さな事務所はあまり実務経験がない人しかいかないようです。

大手に就職できなければ、中小を受けられるのもいいかと思います。

大事務所:正直、単なるリーマンです。給料も年俸制ですが安定しています。
小事務所:まさに士です。仕事を取ってくれば取ってきただけ儲かりますが、仕事ができないうちは月給18万ってことも。。。

Q特許事務所って儲かる??

特許事務所に勤務している友人が、
所内の旅行ということで
2年連続でアジアに海外旅行していました。

特許事務所って儲かるのでしょうか?

Aベストアンサー

よいクライアントがたくさんつけば儲かるでしょう。
しかしただ弁理士の資格をとって特許事務所を開いただけで儲かるというわけにはいきません。

Q特許事務所就職について(長文になります。)

 みなさん、いつもお世話になっております。
この質問は他のカテゴリーに分類されるものかもしれませんが、ここには特許関係の専門家や弁理士の方がおられるので、ここで、質問させていただきます。

 僕は、98年の4月に某特許事務所に正所員(特許技術者)として、入所しました。はじめは、明細書について余り理解していなかったので、なかなかうまく書くことができず、一年後になって、20ページ程度の明細書であれば何とか月に2~3件程度かけるようになりました。しかし2年たった2000年の10月に弁理士先生から「あなたは、この仕事にむいてないと思うので、事務所を辞めてもらう。」といわれてしまい。その事務所を辞めさせられてしまいました。このころ弁理士試験の勉強を始めていましたので、2002年の弁理士試験を半年間無職の状態で、受験したが、多肢で不合格でした。そして、不合格が決まった後に、就職活動をして他の特許事務所にアルバイトでしたが入所することができました。そして、その事務所の先輩に明細書の書き方の指導を受けて、何とかかけるようになってきました。しかし、今度は、事務所への依頼が激減し、月に10件以上きていた得意先の依頼が月に3件、依頼が来ない月もある状態になりました。従って、僕は、アルバイトから在宅勤務になってしまいました。そして、今年の5月までは月に1~2件程度、僕に依頼が来ていたのですが、6月からはきていません。更に、今年の論文試験のできは今ひとつだったので、来年に向けて受験勉強を始めたいと思っていますが、今の状態では、資金が余りないので、就職しないと、試験勉強が続けられません。
 そこで相談なのですが、
 このように2回も事務所を変わった人に対して採用者側(弁理士や事務所の採用担当者)は書類選考にてどのように見ますか。やはり、採用されにくいですか?その他アドバイスがあれば御願いします。

 みなさん、いつもお世話になっております。
この質問は他のカテゴリーに分類されるものかもしれませんが、ここには特許関係の専門家や弁理士の方がおられるので、ここで、質問させていただきます。

 僕は、98年の4月に某特許事務所に正所員(特許技術者)として、入所しました。はじめは、明細書について余り理解していなかったので、なかなかうまく書くことができず、一年後になって、20ページ程度の明細書であれば何とか月に2~3件程度かけるようになりました。しかし2年たった2000年の10月に...続きを読む

Aベストアンサー

hisanoriさん、こんにちは。
前回のご質問も拝見してました。私は弁理士試験のことは知らなくて、回答はできなかったのですが、気になっていました。たぶんダメだろうとおっしゃっていましたが、一次試験は合格されたそうで、良かったですね。論文試験も合格であるように、お祈りしています。

私は専門が化学系で、特許の申請書類なども何回か書かされたことがあります。特許事務所の方とも接触したことがあります。
弁理士にも、たしかにセンスというものは必要なようです。優秀な方は、如何にして審査官にアピールするかを考え、時には発明者さえも気づかなかったようなセールスポイントを見出してくれたりします。売り込むための表現も上手です。ある意味では、特許関係の仕事というのは、レトリックの世界かもしれませんね。請求者は請求範囲をできるだけ広く取ろうとするし、後発の業者は何とかして特許を回避しようとします。そこにあるのは真理の追究とは程遠い、人間臭い、まさにレトリックの世界だと思います。
学問的にも技術的にも、また産業上のインパクトも大したことがなくても、「とりあえず特許を取っておこう」と考える申請者が多いので、できるだけ、その新規性、有用性をドラマチックに書かなければならないのです。大したことのないものでも、書きようでかなり印象が違ってくると言うことはあります。弁理士に求められるセンスとは、多分そういうものではないかと思います。言葉によってアピールする能力と言う意味では、弁護士の能力に近いものがあるかもしれません。
私は実験屋で、そういうレトリックの世界があまり好きになれませんでした。(論文や学会発表も、新規性・有用性を言葉でアピールするという面はあり、その意味ではレトリックの世界です。しかし、特許の場合ほど極端ではないと思います。)ですから私は、たとえhisanoriさんより頭が良かったとしても、弁理士は勤まらないでしょう。しかし、もしhisanoriさんがそういう仕事に魅力を感じるなら、がんばるべきだし、がんばれるはずだと思います。

ところで、ご質問を拝見して思ったのですが、今一番大切なことは何だとお考えですか? もし今年受からなければ、来年こそ絶対に受かりたい、ということですよね。
文面を拝見すると、来年も再来年もダメという前提で、長く今の補助的なお仕事を続けることを考えていらっしゃるように思えてならないのです。
受験、合格ということを第一に考えるべきではないでしょうか。今のお仕事はそれまでの生計を立てるための、つなぎでしかないと思うのですが。
とても失礼な言い方ですが、ちょっと腰が引けているような印象を受けます。
適性云々ということを弁理士さんに言われたのを気にされてますが、試験に受かればそんな批判は吹っ飛んでしまいますよ。

それからもうひとつ気になるのですが、特許事務所で資格なしのまま補助的な仕事をすることは、受験に役立つのでしょうか。たしかに将来の仕事につながることをしているという満足感はあるかもしれませんが、受験に役立つかということは、全く別のことだと思います。
何の試験でもそうですが、試験に受かる能力と、その職業についてから実際に必要な能力は、かなり違うのが普通でなないでしょうか。今は試験に受かることだけを考えるべきだと思います。
特許事務所で無資格ながらも経験を積み、便利に使われているうちに、弁理士さんが求めるような実務能力は身につくかもしれませんが、試験合格からはかえって遠ざかったりすることはないのでしょうか。それが私は気になります。私は弁理士試験のことはわからないので、ご検討いただきたいと思います。

素人が勝手なことを言ってすみません。もし見当違いだったらお忘れ下さい。
ともかく、試験合格を第一義に考え、他のすべてのことは、そのための手段と思って下さい。
試験合格を、心からお祈りしています。
(もちろん、今年の試験が受かっていれば、最高です。)

hisanoriさん、こんにちは。
前回のご質問も拝見してました。私は弁理士試験のことは知らなくて、回答はできなかったのですが、気になっていました。たぶんダメだろうとおっしゃっていましたが、一次試験は合格されたそうで、良かったですね。論文試験も合格であるように、お祈りしています。

私は専門が化学系で、特許の申請書類なども何回か書かされたことがあります。特許事務所の方とも接触したことがあります。
弁理士にも、たしかにセンスというものは必要なようです。優秀な方は、如何にして審査官に...続きを読む

Q信用できる特許事務所について

宜しくお願い致します。
面白いビジネスモデルが浮かびました。が、自分で特許の申請をする程の時間がないので、どこかの特許事務所に申請を依頼したいと考えております。信頼できる特許事務所があればお教えください。宜しくお願い致します。

Aベストアンサー

A1の回答は概ね宜しいかと思います。
登録になったビジネスモデル特許について検索してその登録特許公報に記載の弁理士さんの事務所を当たるのがベターですね。
ただ、注意しておきたい点があります。
それは原則1分野につき1者(社)の顧客しか出願の面倒はみないという事務所が多いのです。
ですから上記の方法で探し当てて問い合わせてみると
断られる場合が意外にあります。
これは弁理士法と弁理士同志の倫理に基づきます。確かに大規模な特許事務所には複数の同分野の顧客を抱えているケースもありますが。
弁理士会に相談されたり、弁理士会のHP内の弁理士検索のサイトで探すのも一手です。そこでビジネスモデルを得意分野とする方も探せます。

ビジネスモデルが得意で登録の実績も多い先生は色々と知っているのですが、質問者さんが個人で出願されるのでしたらこじんまりとした小規模な特許事務所の方が親身になってくれますよ。
今回のご質問には弁理士さんへの影響を考えるとこの程度しか回答できません。ごめんなさい。

Q特許事務所の事務員さん

特許事務所で事務員さん(管理でも総務でも)として働いている方ってこちらにいらっしゃいますか?^^;

みなさんどんな環境で働いていらっしゃるんだろうと常々疑問に思っているのですが、なかなか知り合いもいなく様子が全く分かりません。

とらばーゆ今週号で特集されていましたが、うーん表面的・・・

よろしくお願いしますっ

Aベストアンサー

croissant_2005さんは女性の方でしょうか?

特許「事務」所と言うくらいですから、専門知識が必要な実務担当者も「事務員」です。

そういうことではなくて、一般事務員の仕事を知りたいということですか?
もう少し詳しく補足してくださるようお願いします。

>みなさんどんな環境で働いていらっしゃるんだろうと常々疑問に思っている

一般事務員がどういう仕事をしているかということでしょうか?
特許事務所もピンキリです。
そして、すべての特許事務所を知ってる人間なんてこの世にいません。
自分が知ってる範囲でしかお答えできませんが、それでよろしいでしょうか?

一般的に言えば、
・受付・電話番
・接客(お茶だし)
などの基本部分と、
・顧客との手紙のやり取り他の連絡(外国クライアントも含む)
・国内手続の作業(明細書、中間書類の(オンライン)提出他)
などの本来の作業、
・場合により図面作成(コンピューター使用)、そして
・年金・期限管理、
・国内クライアントとの単純な事務上の連絡

などなどでしょうか。
いずれにしても、特許業界というのは極めて特殊な業界ですから、よほど個人的に興味を持っている人でなければ、殆どの人が「素人」と考えても差し支えありません。
一般事務員であれば、殆ど何も予備知識がなくても、実際に就職してから仕事を覚えていけば大丈夫ですよ。

そして、実務担当者であっても、20代半ば~後半ぐらいの方であれば、未経験者だって大丈夫という事務所が多いと思います。

特許事務所は、これから勉強してやろうという向上心がある人であれば、やりがいのある職場だと思いますよ。
頑張って下さい。

croissant_2005さんは女性の方でしょうか?

特許「事務」所と言うくらいですから、専門知識が必要な実務担当者も「事務員」です。

そういうことではなくて、一般事務員の仕事を知りたいということですか?
もう少し詳しく補足してくださるようお願いします。

>みなさんどんな環境で働いていらっしゃるんだろうと常々疑問に思っている

一般事務員がどういう仕事をしているかということでしょうか?
特許事務所もピンキリです。
そして、すべての特許事務所を知ってる人間なんてこの世にいません。
...続きを読む


人気Q&Aランキング