会社で財形貯蓄をしようと考えています。

財形には、一般、住宅、年金と3種ありますが、
どのタイプにしようか悩んでいます。

月々は2万円を財形にしようと考えています。

それぞれの特徴やリスク等教えてください。

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (4件)

私も迷いました。


で、色々調べて、わからなくて、
結局たどり着いたのは、会社の
経理の担当者です。
会社の経理の人は、よーく知ってます。
会社ごとに色々と変わってくるので
担当者が一番よく知ってました。

財形は550万まで優遇措置があるはずですから、
まず、住宅財形をはじめられたらいかがですか?

家を買わなくて別の目的で
おろすことになっても過去5年間
の貯めた分にしか課税されません。

住宅を買うときには
それが信用になって普通よりお金を有利に
借りられたりします。

住宅財形で優遇枠の金額
一杯を貯めて、おろして(使って)
それから年金をはじめられたら、
また550万分の優遇処置
を使うことができます。

つとめている会社の経理の
方に聞いたところ、
上記のように返答がありました。

最初に住宅を…と書きましたが
住宅を考えていなければ月2万円
でしたら「一般」でこつこつ貯めていくのが
一番かと…。
うちは「一般」のほうがほんの少~し
利息が高いです。

ないもんとして将来のために長くためる
なら「住宅財形」で6年以上貯めて、
(できれば十年単位で)使う。

それ以外は「一般」。

年金はこれからお金の価値がどうなるか
わからないのに毎月〇万円もためていくのは
すこしリスキーなのでもうしばらく様子見。

てなところでしょうか。

お役にたてれば幸いです。
    • good
    • 0

住宅、年金の課税についてひと言


すでに述べられているように目的外の引き出しについては5年遡って課税されます。
そのほか、要件違反(2年以上の積立中断など)があれば、要件違反のあったときから解約するまで、一般財形と同様に課税されることになりますのでご注意下さい。

一般、住宅、年金で選ぶことも大事ですが
「どこの金融機関で」「どんな商品で」貯めるのかによって特徴、リスクも大きく異なってきます。

金融広報中央委員会のURLを貼りましたので、対象となる金融商品についても調べてから決めることをお勧めします。

参考URL:http://www.saveinfo.or.jp/kinyu/guide/zaikei.html
    • good
    • 0

お勤めの会社で契約している事が大前提です。


すでに#1で出ているようですが、住宅と年金は原則その目的以外におろす事によって利子税の優遇が無くなります。(過去5年間分だけ)
3種類を同時に契約できるので、質問者がお若いのであれば住宅購入資金をためる目的で住宅をメインに、年金は少額、自分へのごほうび用に一般をちょっとなどと考えられたらいかがでしょうか ?
一定の条件を満たせば、住宅ローンや教育ローンが受けられるようです。積立額は年に1回は変更が出来はずですから最長でも一年後にそれぞれの金額をかえられますね。
あと、俗に言うボーナス月の加算も可。もし2万円ずつの積み立てなら、非課税額枠を超えるのに20年以上かかりますので(利子抜きの単純計算)とりあえず始めてはいかがでしょうか ? 普通給与からの天引きだと思いますので、手間をかけずに手軽な、超ローリスク、ローリターンと考えて
    • good
    • 0

大きな違いは利息に対する税金です。



“一般”は普通の預貯金と同様、利息に課税されますが、“住宅”と“年金”は非課税となります。(でも、現在は利息そのものが低いので、その差もそれなりに小さいです)

非課税の枠は元本550万円まで(と思います)、その枠を“住宅”と“年金”に分けることになります。

リスクとしては、“住宅”と“年金”はその目的(引出すための条件)以外で引出す場合は、過去5年間の利息に対して、“一般”と同様に課税されることになります。(解約にもなるかも?)

また、金融機関によっては、“一般”と比べて“住宅”や“年金”の方が金利は若干高いかも知れません。

この回答への補足

ありがとうございます。
年金、住宅タイプにしていて、途中で解約しても一般と同様に課税されるということは、最初から一般でやる意味はないということなのでしょうか?

補足日時:2005/04/09 20:21
    • good
    • 0

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q財形貯蓄について

財形貯蓄について、教えて下さい。
会社ではいろいろな金融機関を取り扱っています。
どう違いがあり、どれがいいのか、さっぱりわかりません。
安全で利率のいいところはどこですか???

>  都銀・労金:定期預金
   みずほ・労金
>  信託銀行 :金銭信託
   りそな・みずほ信託
>  証券会社 :公社債投信
   野村証券・日興コーディアル証券・大和証券CM・みずほインベスターズ
>  損保会社 :損害保険
   三井住友海上火災・損保ジャパン
>  生保会社 :積立保険
   日本生命・明治安田生命・第一生命・住友生命

あと、財形年金や財形住宅のみ、会社からの援助金があります。
目的外で解約すると5年前までさかのぼって、利息に税金がかかるとのことですが、
低金利の状況ですので、援助金を目当てに財形住宅で貯蓄するのは問題ないのでしょうか?

教えて下さい。

Aベストアンサー

お勤めの会社は、ずいぶんと多くの金融機関と財形の契約をなさっておられ、会社からの援助金もあるとの事うらやましい限りです。
1.ご質問の「安全」という面では、どこにされてもおそらく同じなのでは無いでしょうか。
2.利率の良いところは、各社のパンフレットなどで比較されるしか方法が無いと思います。
現在の金利や株の相場からすれば、おそらく50歩100歩なのかと想像いたします。
確か、上げておられる5種類のうち”損害保険”で運用される物は上限が少し異なるかもしれません。(最終的な受取額では大きく差がつく事は無かった?)

質問者さんの年齢が分かりませんので、住宅or年金のどちらが良いかは、一般的にお若くてお宅を所有されておられないのであれば、とりあえず住宅。
ご定年に近いのであれば、年金と言う事しか申し上げられ無いか思います。
他の方も書かれておられますが、住宅と年金の両方を合わせて550万円が上限ですので両方一度にされるとちょっと中途半端な額になってしまう気がいたします。
会社からの援助金につきましては、会社によっては中途退職の際に精算を行うところもあり得ますので、前もって調べられてはいかがかとお思います。
ご参考ですが、住宅/年金以外の一般財形につきましては、俗に言う給料から天引きで各金融機関への預金に相当しますが、すでに年金の据え置き期間に入られておられるとか、既に550万円に近い状態であれば一つの選択肢となり得るかと思います。

担当セクションの方にお願いすれば、各金融機関の方から直接お話を聞く事も可能だと思いますので、少し時間をかけて選択をされるてはいかがでしょうか ?

お勤めの会社は、ずいぶんと多くの金融機関と財形の契約をなさっておられ、会社からの援助金もあるとの事うらやましい限りです。
1.ご質問の「安全」という面では、どこにされてもおそらく同じなのでは無いでしょうか。
2.利率の良いところは、各社のパンフレットなどで比較されるしか方法が無いと思います。
現在の金利や株の相場からすれば、おそらく50歩100歩なのかと想像いたします。
確か、上げておられる5種類のうち”損害保険”で運用される物は上限が少し異なるかもしれません。(最終的な受取額...続きを読む

Q財形貯蓄ってやる意味あるんでしょう か? 奨励金や財形融資制度が利用できる財形貯蓄は別として

財形貯蓄ってやる意味あるんでしょう
か?

奨励金や財形融資制度が利用できる財形貯蓄は別として


財形貯蓄というのは給与から強制天引きにして、お金の流動性を低くしているだけですよね?

流動性を低くしているのに、金利は低く(0.01〜0.04%ほど)、財形住宅貯蓄などの非課税のメリットはほぼないように思えます。

財形をやるくらいなら、普通預金にいれておいていざというときにすぐ使えるようにしたほうが有用だと思うのです。

それをふまえて、財形貯蓄のメリットを教えていただけないでしょうか?

Aベストアンサー

財形貯蓄ははっきり言えば、現在の
政府政策からすれば、前時代的で、
邪魔な存在ではあると思います。

ですから、個人型の確定拠出年金の
改正など、推し進められているんだと
思います。

強いてメリットを上げるなら、
①住宅財形は税制上の優遇がある。
②国債運用などの証券会社の財形は
 パフォーマンスがよい。
③元本保証などの規定が定められて
 いたりするので、より安全ではある。

といったところですかね。

私は時代もあって②でかなり得を
しました。
20年以上1.5%のパフォーマンス
を維持できました。

会社にもよるんでしょうかね?

今では住宅財形でちょこっと
頭金ができたら、すぐ家買えよ。
って位の使い道でしょうね。

そんなに制約はないと思うんで、
現在の政策や経済動向にあった
財形貯蓄を考えるべきだと思います。

いかがでしょう?

Q財形住宅に関して

財形住宅に関して質問です。
みずほ銀行の財形住宅やってたのですが、
転職時に途中解約しました。

みずほ銀行の普通口座に振り返る際に振込手数料取られました。
普通とられるのでしょうか?

労金では取られなかったと認識してます。

暇な時に教えていただけると嬉しいです。

Aベストアンサー

普通の銀行でしたら、この場合は振込手数料を取りますよ。
私も、みずほ銀行で財形年金をしていて、60歳になったので財形年金をみずほ銀行の普通預金口座で受取っていますが、その場合は振込手数料は取られません。

Q生命保険相互会社で財形年金、財形貯蓄、個人年金の貯蓄を行ってます。ペイ

生命保険相互会社で財形年金、財形貯蓄、個人年金の貯蓄を行ってます。ペイオフの対象になりますか?
もし なるようでしたら 各 積み立て保険金が合算されるのでしょうか?

Aベストアンサー

生命保険会社は預金保険の対象にはなっていません。
》http://www.dic.go.jp/kikan/kikan.html

では、生命保険会社はというと生命保険契約者保護機構という機関があって保護されています。一例ですが
》https://www.nissay.co.jp/hojin/shohin/fukuri/zaicho/goryui.html
・但し、預金保険のように上限1,000万円のような説明は見あたりません。

Q財形貯蓄っていろいろあるのでしょうか

私の職場では財形貯蓄には「一般財形」「住宅財形」「財形年金」など、一般に財形貯蓄として理解されているものですが、このたび就職した息子の会社では、少し違うみたいなので質問させてください。申込書の控えを見ると、みずほ銀行の「財産形成預金」となっていましたが、「財形プラン・期日指定型」というところに○印があり、住宅財形や年金などの項目はありませんでした。新入社員なので?(同僚も)総務担当者が記入してくれて、金額と印鑑だけ自分で押したそうです。給料から天引きで貯金するというのが一番の狙いなので、別に何でもいい・・といえばいいのですが、扱っている金融機関によって「財形」と言ってもいろいろあるのかなぁ?と不思議に感じました。ちなみに私の職場の取り扱い金融機関は労金です。詳しい方、またみずほ銀行に勤務されている方、教えてくださいませんか。

Aベストアンサー

「住宅」や「年金」と銘打っていないものが一般財形です。ですからそのプランは一般財形です。

一般財形といっても運用対象は一つではありませんが、財産形成【預金】となっていれば預金です。
預金じゃないのに預金を名乗ることはできませんので。

非常に硬い貯蓄プランであると思われます。

Q会社の天引き(財形貯蓄)にはリスクがありますか?

会社で給与の天引きをしてもらおうと思い、経理の方に尋ねると、この会社はしていない、と言われました。
理由を聞くと「財形貯蓄は天引きされたお金を銀行が運用資金として利用するから、銀行に何かあった場合には
元金の保証が出来ないリスクがあるよ」と言われました。

下のURLを見ると、正確には社内預金と財形貯蓄があるようなのですが、どちらも銀行・会社に何かあった場合は
リスクはつきものなのでしょうか?

それなら会社で定期預金を個別に申し込んでもらい、それを会社預金の代わりにする事など他の方法はあるのでしょうか?

私は「貯金が苦手なので天引きしてほしい」というだけなのですが・・よろしくお願いします。
http://money.msn.co.jp/banking/column/columncon.asp?nt=9&ac=1282&cc=22

Aベストアンサー

 まず、財形貯蓄と社内預金を区別して考えてください。 前者は銀行預金と同じリスクで会社が倒産しても関係ありませんが、後者は倒産すると無くなるリスクがあります。

 財形貯蓄には実利的メリット(補給金と利子非課税と優先貸付)がありますが、デメリットはありません。(預け下ろしに多少の手間がかかりますが、財形目的なら問題にはならないでしょう) 積極的に利用されることをおすすめします。

 なお財形には普通・住宅・年金の種類がありますが、原則として住宅にしておくのが基本です。 メリットはあってもデメリットはありません。

Qみずほマイレージクラブの特典について

給与振り込みを「みずほ銀行」で行っています。
みずほマイレージクラブの特典としては
「給与振り込み+財形貯蓄」という項目があります。

4年前に財形貯蓄を始めていました。
職場の天引きでの設定です。
(職場天引きなので、特典を受けられないと思っていました。)

最近、その天引きの財形貯蓄でもマイレージクラブの特典を受けられることが判りました。
ふと考えると…
その4年間の間、払わなくても良かった手数料などを支払い続けていたことに気づきました。

こういう場合、払いすぎていた手数料などの請求は可能なのでしょうか?

Aベストアンサー

#3です。
勘違いしてました。
マイレージクラブ入会後、財形をみずほ銀行ではじめたがポイントの対象になっていないということですね。
財形の口座が登録されていないのが原因ではないでしょうか。
会社では質問者様名義の口座を開設して財形の積み立てを行うんですが、マイレージクラブの登録まではやってくれません。
財形の口座番号を質問者様がお取引なさっている支店に伝えて、マイレージクラブの対象口座として登録してください。
登録しない限り、優遇の対象となりません。

参考URL:http://www.mizuhobank.co.jp/mmc/tamaru/list.html

Q一般財形貯蓄保険型のメリット、デメリット

会社の一般財形貯蓄に入ろうかと考えています。
いろんな種類があるようですが、
金銭信託型や期日指定定期型よりも積立保険型の方が利率が高く、
普通に考えると、積立保険型の方がかなり得のような気がするのですが、
積立保険型には、どんなデメリットがあるのでしょうか?
商品比較表だけを見ていてもよく分からないのですが...

Aベストアンサー

通常ですと長期間積み立てないと
保険の分だけ、何年かは元本割れ
状態となる商品が多いと思います。
確認してみてください。

定期などより金利はよいし、
信託型は変動金利で下手をすると
マイナス金利の影響で金利が
ほとんどなくなる可能性があります。

蛇足となりますが、
お勤めの会社によるのかもしれませんが、
私は証券会社で国債で運用する一般財形
をしていました。
ずっと低金利の時代でしたが、長期運用
で、年2%程度の実績で安定していました。

Q財形貯蓄の申込について

財形住宅貯蓄を始めたいと思い、
会社に「みずほ財産形成預金申込書」をもらいました。
財形貯蓄には「一般」「年金」「住宅」の3種類あると思うのですが、
この用紙には選択するようなところは見当たらなく、
上記のような文字もありませんでした。
財形貯蓄といってもそれぞれ申込書が違うのでしょうか?

また普段会社の担当と連絡が取れないため、直接銀行に聞いてもよいのでしょうか?

Aベストアンサー

こんにちは。

きっとあなたが貰った用紙というのは「一般財形預金」の物だったのでしょう。
申し込み用紙は一般用・年金用・住宅用と3パターンもしくは2パターンに分かれて
いる事が多いです。というのは年金と住宅用の申込用紙は往々にして「マル財」の
申込を兼ねている場合が多いからです。マル財というのは財形年金と財形住宅の
ふたつ合わせて550万円まで非課税になるという制度です。その申告書が大抵複写
で預金申込用紙に添付されています。そうすれば記入する手間が省けるからです。

担当と連絡が取れないのであればみずほ銀行に電話して「住宅財形申込用紙が欲し
い」と言ってもらった方が早いでしょうね。
参考にして下さい。

参考URL:http://www.mizuhobank.co.jp/saving/zaikei/index.html,http://nk-money.topica.ne.jp/yougo/yochokin_sa.html

Q財形年金と財形貯蓄について

財形貯蓄と財形年金の違いが分かりません。 主人(地方公務員)の給与明細に二つの欄がありますが、財形年金の欄に毎月金額があります。毎月28000円。ボーナス時77000円のようです。(結婚前に会計課の方に若いときに早めに掛けていたほうがいいとアドバイスをもらい、毎月4000円から28000円に増やしたそうです)。 これは掛けすぎとかいう問題はないでしょうか? 無知ですみません。教えてください。 そのほか、共済短期・長期、年金ゆとり と引かれものが多いです・・・。

Aベストアンサー

●皆さんが、お答えのとおりで、
「財形貯蓄」には、「一般財形」と、「財形住宅」と、「財形年金」の、3種類が、あります。

「一般財形」は、一般の「定期預金」や、「金融債」などと、同様に、「お利息から、国税15%、地方税5%、あわせて20%差し引かれ」ます。

「財形住宅」と、「財形年金」には、「おひとり様、あわせて元本550万円まで、非課税枠(お利息に対して、税金がかからない)」が、あります。

なお、「一般財形」は、「おひとり様、何契約でも、できます」が、
「財形住宅」と、「財形年金」は、「おひとり様、それぞれ、1契約ずつ」しか、できません。

http://www.daishi-bank.co.jp/yokin/yokin/z-ippa.html
http://www.daishi-bank.co.jp/yokin/yokin/z-juta.html
http://www.daishi-bank.co.jp/yokin/yokin/z-nenkin.html


人気Q&Aランキング

おすすめ情報