現在電気関係の仕事をしたいと思い日夜勉強に励んでおります。しかしなかなか理
解できない部分もあって苦労しています。何方か電気に詳しい方がいらっしゃいましたらどうか私の疑問にお答えして頂けませんか。よろしくお願い致します。

※1A=1C=1.602×10-19でよろしいのでしょうか?
※コイルに発生する磁力は何故S極からN極なんですか?
※原子には電子と原子核がありますが、電磁誘導によって得られた電流はコイルの 原子なのですか?
※交流の流れるイメージは電子が電線の中を行ったり来たりするイメージなのに何故電気を送れるのですか?
※電気は自由電子が移動するからと言う事なのに、何故電流が流れる向きは電子の流れる向きと反対なんですか?
※何故銅は電子が飛び出しやすいのに磁石にならないんですか?
※磁束密度とは1m2の垂直面を通る磁束の量との事ですがもっと分かりやすく解釈するにはどうすればよろしいでしょうか?
※レンツの法則の「誘導起電力は、コイルを通る磁束の変化を妨げる向きに誘起されるというのをもっと分かりやすく教えて頂けないでしょうか?

こんな質問をして恥ずかしいのですか、理解できないまま先へは進めません。
それに電気関係の仕事に就きたいと思う気持ちが強く諦めきれません。
最後まで精一杯頑張って勉強しようと思っておりますのでよろしくお願い致しす。

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (6件)

電気工学を7年間学んだ者です。



※1A=1C=1.602×10-19でよろしいのでしょうか?

違います。 1[A]というのは1[C/s] 1秒間に1[C]の電荷が流れる
ときの電流が1[A]ということです。


※コイルに発生する磁力は何故S極からN極なんですか?

コイル外部ではN極からS極に磁力線が向かいます。
普通はコイル外部の磁力線を扱う問題が多いです。
だから磁束はN極からS極に向かうものだと思い込んでいるので
このような疑問がわいてきたと思うのですが
コイル外部ではN極からS極に磁力線が向かうなら
コイル内部では必然的にS極からN極に向かいます。


※交流の流れるイメージは電子が電線の中を行ったり来たりするイメージなのに何故電気を送れるのですか?

電線には自由電子が絶えることなく含まれています。
パイプの中の水が行ったり来たりした場合などを想像されるといいと思います。
そのパイプと水車を直列につないだ場合水が行ったり来たりすることで
水車に仕事をすることができますよね?


※何故銅は電子が飛び出しやすいのに磁石にならないんですか?

電子が飛び出しやすいのは導電率が高いからです。
磁石になりやすいとされてるものは保磁力が高いものです。
導電率が高いからといって保磁力が高いということはありません。


※電気は自由電子が移動するからと言う事なのに、何故電流が流れる向きは電子の流れる向きと反対なんですか?

これは定義です。 そう決めているだけです。
とくに深く考えずに定義だと思って素直に受け入れましょう。


※磁束密度とは1m2の垂直面を通る磁束の量との事ですがもっと分かりやすく解釈するにはどうすればよろしいでしょうか?

磁束と直角な単位面積を通る磁束数が磁束密度ということです。
こういうのが文章で理解しにくい場合は本なので視覚的に書いてありますので
そういうのを探されるといいと思います。


※レンツの法則の「誘導起電力は、コイルを通る磁束の変化を妨げる向きに誘起されるというのをもっと分かりやすく教えて頂けないでしょうか?

レンツの法則は誘導起電力の向きについての法則です。
コイルの磁束が減少するとその磁束の同じ向きに磁束が生じるような起電力が発生する。コイルの磁束が増加するとその磁束の反対向きに磁束を生じるような起電力が発生する。 ということです。 
 コイルの磁束の変化を打ち消すような方向の磁束が発生すると考えて その磁束を発生させるような起電力の方向が誘導起電力の方向ということです。


お勧めの本があります。 「基礎電磁気学」電気学会(発売元オーム社)
    • good
    • 0
この回答へのお礼

本当に分かりやすいご回答ありがとうございました。「基礎電磁気学」電気学会
(発売元オーム社)という本は初心者が読んでも分かるような内容なのですか?
また分からない事があったらずうずうしいかも知れませんがよろしくお願い致し
ます。本当にありがとうございました。

お礼日時:2001/09/09 14:59

物理屋の siegmund です.


Zincer さんの言われるように,こりゃ大変だわ.

補足の蛇足です.

(※1) Zincer さん,kuro さんの言われるとおりです.
1.602×10^(-19) クーロンはいわゆる電気素量です.
すべての電気量はこの素量の整数倍です.

(※2) kuro さんが明快に回答されているとおりです.
コイルの磁力線は閉曲線になっていますので,
コイルの外側でNからSへ向かい,内側ではSからNへ向かいます.

コイルでなくて,磁性体のときは事情がちょっと複雑です.
磁力線と言ったときに,磁束密度Bの線を意味するときと,
磁場の強さHの線を意味するときとがあります(普通はは後者か?).
磁性体の内部ではBの様子とHの様子は全く異なります.
磁性体の外側では様子に違いはありません.
この話はややこしいので,余り深入りしない方がよいかも知れません.

なお,コイルの場合は内側でも外側でも,BとHの様子は同じです.

(※3) 金属の原子の外側の方にいる電子が,原子核の束縛を離れて金属全体を
自由に運動できるようになっていて(自由電子),この自由電子が電流を担っています.

(※4) Zincer さん,kuro さんの書かれているとおりです.
作用が伝わってゆけばそれでよいわけです.
棒の手前を押して,先の方でものをつつくことができますが,
そんなようなものでしょうか.
手前の原子が直接棒の先まで動いて行っているわけではないですよね.

(※5) 電気に2種類あることを発見したのはフランスのデュ・フェーです(1733年).
この頃は摩擦電気しか知られていませんでした.
今の正負の電気は,そのときの2種類の分類の歴史を引きずっています.
決め方は二通りですが,結果的に見ると「はずれ」でしたね.

(※6) 銅には自由電子があるという意味でしょうか.
鉄にも自由電子があるのに,なぜ鉄は強磁性体になるのに銅はそうならないのか?

銅は反磁性体です.電子系は反磁性の方が自然です.
鉄が強磁性体になる理由は非常に難しいんです.
いわゆる金属強磁性の問題で,決定的理論が出ればノーベル賞級の仕事でしょう.

(※7) これは説明が結構難しいです.
磁場の大きさを表すのに「磁束密度B」「磁場の強さH」という2つの量があることが
話を難しくしています.
磁場の大きさを表す,くらいに思っておいてどうでしょう.
BとHの違いについては,もう少し勉強した頂くより仕方がないでしょう.

(※8) 既に Zincer さん,kuro さんの回答がありますが,
「自然な状態は変化に対して安定なような状態」というのが基礎でしょう.
もし,「変化を助ける向きに電流が流れる」のだったら,
最初ほんのちょっとだけ変化させてやれば,
あとは電流は流れ変化がどんどん勝手に大きくなって行きます.
そりゃ,いかにも不自然でしょう.
    • good
    • 0
この回答へのお礼

御忙しい中ご回答ありがとうございます。皆さんのご回答に補足まで入れて頂き
嬉しく思います。本当にありがとうございました。

お礼日時:2001/09/09 15:02

ほとんどお答えが出揃っていますので一つだけ。



> 交流の流れるイメージは電子が電線の中を行ったり来たりするイメージなのに何故電気を送れるのですか?

過去にこの欄で私が答えたことがあります。抜粋を載せます。(長いですが)

直流はいつも一定方向に電流が流れています。川の流れに似ています。
交流は電流の流れる方向が常に変わっています。水なら潮の干満がそうですね。関門海峡では潮の流れが1日の内に東向きが2回、西向きが2回です。電気の場合、家庭に来ている50ヘルツ(関東)や60ヘルツ(関西)は交流で、1秒間にヘルツ数の倍の100回(又は120回)方向が変わっています。波というのは<山と谷>で1つと数えますから<西向きと東向き>で1回(1ヘルツ)です。余談ですが、電球や蛍光灯も1秒間に100回(又は120回)光っていると言うと専門家でもギョッとする人がいます。潮で言えば2回の干満で4回水が流れます。当然ですよね。 本題に戻します。

川が流れているとき、上流と下流と言う言葉を使いますね。電気では上流をプラス、下流をマイナスと言います。関門海峡では上流と下流が1日に4回変わります。家庭の電気の場合も、2本の電線がそれぞれプラスになったり、マイナスになったり、お互いにめまぐるしく入れ替わっています。

交流も直流も(水で言えば)水車を回したり、船や土砂を流したりしますからチャンと仕事が出来ます。家庭がなぜ交流かは過去のこの欄で議論されています。

参考URL:http://oshiete1.goo.ne.jp/kotaeru.php3?q=111844
    • good
    • 0
この回答へのお礼

御忙しい中ご回答ありがとうございます。とても分かりやすく勉強になりました
。紹介して頂いたホームページも参考になりました。本当にありがとうございま
した。

お礼日時:2001/09/09 15:01

電気関係の専門家ではありませんが、とりあえず



※1A=1C=1.602×10-19でよろしいのでしょうか? (違います)
1A:電流(水でたとえるなら流量:m3/s)
1C:電気量(同じく水量:m3)=1A×s
これでお分かりのように1Aを1s(秒)流すと1C流れたことになります。
1.602×10-19(C):おそらく電子1個の電気量のことを言いたいのだと思います。

※コイルに発生する磁力は何故S極からN極なんですか?
質問の意味を理解しかねますが、通常磁力線はN極からS極へ向かっていると考えるはずですが?(補足願います)

※原子には電子と原子核がありますが、電磁誘導によって得られた電流はコイルの 原子なのですか?
金属に限って説明いたしますが、金属内には自由電子(もとは原子中の電子)と言うものが存在し、これが電界によって移動し電流となります。

※交流の流れるイメージは電子が電線の中を行ったり来たりするイメージなのに何故電気を送れるのですか?
実際に送る必要があるのはその電子の持つエネルギー(電圧)です。電子が消費されるわけではないですよね。電線中の電子はそのエネルギーを伝えるための媒体と考えてください。

※電気は自由電子が移動するからと言う事なのに、何故電流が流れる向きは電子の流れる向きと反対なんですか?
電池や電気の理論が確立した後に、電子が負の電荷(ここが重要)を持つ粒子であることが判明した為でしょう。

※何故銅は電子が飛び出しやすいのに磁石にならないんですか?
原子の磁性に付いては気にしない方が身の為です(失礼)。全く関係ありません。実際に一般の磁石は電気を通さないでしょう。

※磁束密度とは1m2の垂直面を通る磁束の量との事ですがもっと分かりやすく解釈するにはどうすればよろしいでしょうか?
磁束の定義に付いては詳しくありませんが、最小単位の磁石(この定義が不明、詳しくは知りません)から、1本の磁束(磁力線)が出ていると考えてはどうでしょうか?

※レンツの法則の「誘導起電力は、コイルを通る磁束の変化を妨げる向きに誘起されるというのをもっと分かりやすく教えて頂けないでしょうか?
公式から説明すれば「磁束密度の時間変化量(時間微分)に-(マイナス)を付けたもの」となりますが、「なぜ-が付くか」ということですよね?事の真意はわかりませんが、自然界は急激な変化を好みませんので、「磁束が増えるときには減らそうとする(出来るだけ増えるのを抑える)方向で、減るときには増やそうとする方向に、電流を流そうとします。」と、言ったところでしょうか?

ふー!
とりあえずこんなところでしょうが、質問が多すぎます。忙しい人だったら相手にもしてもらえませんよ。今度からは分けて出しましょうね。といってもたくさんの質問を同時にするの問題がありますが。
とりあえず論法がかなり荒い為、自信無しにしておきますが、嘘は書いていないつもりです。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

ご回答ありがとうございました。質問多くてすいませんでした。以後気をつけさ
せて頂きます。

お礼日時:2001/09/09 14:59

 ※の質問に即答できないのが不甲斐ないのですが、電気関係の仕事をしたいというところに共鳴して出てきました。



 電気関係の仕事と軽く言うと範囲が広すぎて掴み所がないのですが、私の場合、上記のように即答できなくても、電気関係の仕事ができています。理屈も必要ですが、理屈抜きで憶えなければならぬものもあります。

 どんな世界の電気関係かは分かりませんが、とにかく飛び込んでみてから、必要な勉強を始めるという方法もあるかと思います。自分で壁を作って先に進めないと思っていると、結局そのまま(一度しかない大切な)人生が終わってしまうかも知れません。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

tanupon323さんの言葉にやる気が漲ってきました。アドバイスありが
とうございます。

お礼日時:2001/09/09 14:58

わかるとこだけ・・・



>原子には電子と原子核がありますが、電磁誘導によって得られた電流はコイルの 原子なのですか?
 コイルを構成している導線の中に存在する自由電子です

>交流の流れるイメージは電子が電線の中を行ったり来たりするイメージなのに何故電気を送れるのですか?
 固い透明なパイプの中に砂を少し入れ、その左右を塞いで、右をあげたり左をあ
 げたりしますと、真ん中の部分に砂が往復しますね
 この砂が電子、パイプが導線とみて、その砂が通る事が電力とすると、これが交
 流で電気が流れる原理と似ています
 つまり、同じ電子が行ったり来たりすることにより、電力が起ると言うことです

>電気は自由電子が移動するからと言う事なのに、何故電流が流れる向きは電子の流れる向きと反対なんですか?
 昔、世界で初めて電池が作られたときに、適当にプラスとマイナスを決めてしま
 ったのです
 後で電子の存在を定義するためだけに、その電池の原理を逆にするわけに行か
 ず、電子は負(-)の電荷を持つものと定義され、電子の流れる向きと逆向きに電
 流が発生する・・・と言うことになったんだったはずです
    • good
    • 0
この回答へのお礼

御忙しい中回答頂きましてありがとうございました。経験者という事でもし私が
電気関係の仕事に就いた場合先輩になられるわけですね。また分からない事があ
った時はよろしくお願い致します。

お礼日時:2001/09/09 14:57

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q低電圧電気取扱者に対する労働安全衛生特別教育講習会

タイトルの定電圧電気取扱者ですが、実際にどのレベルのものでしょう?
規定では600V以下とか、敷設されたものとかですが、
例えば、車の12Vバッテリー交換もこの講習を受けていないと仕事としてはできないんでしょうか?

仕事でとある製品に内蔵されている12V、24Vのバッテリーの接続や取り外し、交換を行っていますが、違法行為でしょうか?

Aベストアンサー

50V以下は規制対象外です(そうじゃないと乾電池交換もできなくなる)

Q残留磁束密度の値が各々の金属で違うのは何故?

アルニコや純鉄やフェライトなどでは強磁性体の残留磁束密度の値が違いますが,その値が変化する由来は何処から来るのでしょうか?自分なりに考えてみたのですが磁性を生む原理がフェリ磁性体とフェロ磁性体では違うからなのでしょうか?

Aベストアンサー

各々の金属により、飽和磁束密度と減磁挙動(磁壁移動に要するエネルギーや反転磁区の生成に要するエネルギー)の違いによるのでは?
磁壁の移動が起き難く且つ反転磁区の生成エネルギーが大きい場合(磁石等の硬磁性材料)は、飽和磁束密度と残留磁束密度がほぼ近く、その逆の場合(軟磁性材料)は残留磁束密度が0に近くなるのでは....
磁性を生む原理とは直接関係ないと思いますが

Q低圧電気取扱特別教育について質問です。

低圧電気取扱特別教育について質問です。
電気工事士(2種)の資格だけでは、電気工事はできないのでしょうか?
小職なりにしらべると、電気工事士(2種)は安全品質上の資格(経済産業省)であって、低圧電気取扱特別教育は工事士本人の安全(安全衛生基準法)についてである。
どちらもないと電気工事はできない?という認識になるのですが、電気工事士(2種)を取得したときは、低圧電気取扱特別教育について何も触れていなかった?と思うのですが、低圧電気取扱特別教育とはどういう位置付けになりますか?

Aベストアンサー

電気工事士のほうは、通常電気の来ていない状態の低圧電路の工事になります。
低圧電気取扱特別教育は、充電電路の場合で、特に充電部分が露出している開閉器の操作をするときに必要となります。
したがって、通常の電気工事では、低圧電気取扱特別教育は必要ないように思えますが、仮設電源などがあるため、この操作をするときは、工事士の免許だけではダメで、低圧電気取り扱いが必要になります。

Q交流電源発生装置において、コイルには誘導起電力が発生する辺と発生しない辺があります。どうして特定の

交流電源発生装置において、コイルには誘導起電力が発生する辺と発生しない辺があります。
どうして特定の辺には発生しないんでしょう?

写真の図99の左の絵の辺ウイとエアです。
教科書の本文にある「磁場を横切らずに回転するため…」の件の詳しい説明を求めています。
誰か教えてください。

Aベストアンサー

真上から(磁石のS極側から)、導線の横切る「面積」を見てみましょう。

 「アイ」や「ウエ」の導体は、「真横」になったときから、180°回転する間に「導線の長さ × 回転の直径」に相当する面積の「磁束」を通過することが分かりますよね。

 では「イウ」や「エア」の部分はというと、この部分が回転してできる「線」の部分しか「磁束」を通過しません。「線」では「面積」はゼロなのです。つまり、「磁束」を横切ってはいないのです。

 つまり、「アイ」や「ウエ」は磁束を横切っていますが、「イウ」や「エア」の部分は、磁束を横切っていないということなのです。

 もう一度、真上からよく見てみてください。

Q安全衛生教育の実施目的

こんにちは


1.安全衛生教育を実施する目的は何でしょうか?(安全衛生教育を受けないと出来ないことはなんでしょうか?)
2.この教育の実施は、法律等で決められているのでしょうか?
3.安全衛生責任者教育との違いはなんでしょうか?
4.また職長教育との違いは何でしょうか?

参考 
労働安全衛生法第60条では、「事業者は、その職場の職長等の第一線監督者に新たに就任する者に対して、安全衛生業務を遂行するために必要な教育を行わなければならない。」と定めています。製造業をはじめとする多くの事業場では、職長は仕事を能率的に進めることに加えて、部下の健康と安全を確保する上で重要な立場にあります。
一方、建設業においては、請負契約関係にある事業者が同一の場所において混在作業を行うことによって生じる労働災害を防止するために、その現場全体を統括管理する安全衛生管理体制を必要とします。そして、選任された安全衛生責任者は、現場の第一線監督者として元方事業者との連絡調整の他、職長としての職務だけでなく、安全衛生責任者としての職務を的確に果たすことが求められています。
  このような状況を踏まえ、厚生労働省より『職長・安全衛生責任者教育』が示されおり、この教育を修了した者は、労働安全衛生法第60条に基づく「職長教育」に加え、「安全衛生責任者教育」を修了した者とすることが認められています。

こんにちは


1.安全衛生教育を実施する目的は何でしょうか?(安全衛生教育を受けないと出来ないことはなんでしょうか?)
2.この教育の実施は、法律等で決められているのでしょうか?
3.安全衛生責任者教育との違いはなんでしょうか?
4.また職長教育との違いは何でしょうか?

参考 
労働安全衛生法第60条では、「事業者は、その職場の職長等の第一線監督者に新たに就任する者に対して、安全衛生業務を遂行するために必要な教育を行わなければならない。」と定めています。製造業をはじめと...続きを読む

Aベストアンサー


安全衛生管理体制を敷くため

安全衛生法で決められています

安全衛生責任者教育とは安全衛生責任者として必要な事を研修する事であって 全体に職場の安全衛生環境を向上させる為に責任者としてどのような確認をしてどのように必要なときは処置を行うのか?

職長教育というのは社内でやる事ですから業務としての教育だと思うので法定のものではないと思います。(さまざまな法定事項の確認もあるでしょうが)

Qリレーコイルはどうやってコイル抵抗を大きく出来るのでしょうか?

リレーコイルはどうやってコイル抵抗を大きく出来るのでしょうか?
変圧器や電動機など相間抵抗(通電してない状態)は巻き線の抵抗だけなので小さい(数Ω)。
しかし、リレーのコイル抵抗は同じ巻き線なのになぜ大きい(kΩ以上)のでしょうか?
当然、DCコイルの抵抗は誘導性リアクタンスが働かないので更に大きくしなくてはいけないのは判るのですが、AC/DCコイル共にどうやってkΩ以上になるのでしょうか?

Aベストアンサー

同じ銅線で巻線抵抗を大きくするには銅線の断面積を細くし長さを長くすれば良いに決まっています。
リレーはエネルギーを出す機器ではないので大電流は不要、大きなLは巻線の密集巻きと巻数と鉄心入りで得ている。
磁束Φ=(電流I)x(インダクタンスL)
でLを大きく(巻線数大)、Iを小さくしている。

変圧器がエネルギー伝送機器で大電流を少ない損失で電圧変換するのが目的、電動機は大きなトルクを得るのが必要なエネルギー変換(電力⇒回転トルク:動力)機器なのでいづれも大電流を必要とする。
磁束Φ=(電流I)x(インダクタンスL)
で大きな電流IがLを大きく、巻線銅線が太くなる(巻線による直列抵抗分を減らして発熱を抑えている)ため巻線数を少なくしているためLは小さくなる。

リレーコイルは鉄心入り電磁石でリレー接点を駆動しています(駆動後は保持電流は少なくてよい)ので必要な瞬間的な電磁力があれば電力はそれほど必要ない(交流動作ではなく直流の電磁石として機能)。エネルギーはあまり必要ない。
トランスや電動機は連続的に大電流の流れるエネルギー変換機器であって
同じような磁束を作り出すにしても、前者は電流は少ない方が良いので巻数を増やして銅線の直流抵抗を増やしている。後者は連続的に大電流をロスなく流し続ける機器なので銅線の巻線抵抗をできるだけ少なくする必要がある。電流が大きい分Lが小さくて済む。回路的にはjωLとして機能する。

同じ銅線で巻線抵抗を大きくするには銅線の断面積を細くし長さを長くすれば良いに決まっています。
リレーはエネルギーを出す機器ではないので大電流は不要、大きなLは巻線の密集巻きと巻数と鉄心入りで得ている。
磁束Φ=(電流I)x(インダクタンスL)
でLを大きく(巻線数大)、Iを小さくしている。

変圧器がエネルギー伝送機器で大電流を少ない損失で電圧変換するのが目的、電動機は大きなトルクを得るのが必要なエネルギー変換(電力⇒回転トルク:動力)機器なのでいづれも大電流を必要とする。
磁束Φ=(電...続きを読む

Q【法律・電気用品安全法】 電気用品安全法の規制を受ける450品目の一覧を見たいです。 どこで見れます

【法律・電気用品安全法】


電気用品安全法の規制を受ける450品目の一覧を見たいです。

どこで見れますか?

Aベストアンサー

経済産業省 電気用品安全法

特定電気用品(116品目)一覧
http://www.meti.go.jp/policy/consumer/seian/denan/specified_electrical.html

特定電気用品以外の電気用品(341品目)一覧
http://www.meti.go.jp/policy/consumer/seian/denan/non_specified_electrical.html

Q誘導電動機の機械出力はPoですが、誘導電動機のPとは何の出力の事なのでしょうか

誘導電動機の機械出力はPoですが、誘導電動機のPとは何の出力の事なのでしょうか

Aベストアンサー

>Po(機械出力)=P2(二次入力)

なにか間違ってないでしょうか?

一次入力(交流電力)が固定子に入って,固定子で発生する鉄損,一次銅損,漂遊負荷損
が差し引かれたのが二次入力。

二次入力は回転子に入る入力,そこから風損摩擦損(機械損)と二次銅損を引かないと
機械出力(軸出力)にならないですけど。

ここで言われるPとは一次入力を言っているのかと思いますが,御質問内容からは
判断しかねます。

Q安全衛生責任者教育講師資格について

安全衛生責任者教育講師の資格を持っていますが、安全衛生責任者の資格とは同等なのでしょうか?再度、安全衛生責任者教育を受けなければいけないのでしょうか?

Aベストアンサー

講師資格をお持ちでしたら、自分で教育したと記録を残せばよろしいのでは?

冗談はさておき、安全衛生責任者になる要件はけっこうあいまいな部分がありますので、講師資格でなっても文句を言うところはないと思います。

RSTをお持ちなのでしょうか?

職長、リスクアセスメントのからみはどうなのでしょうか?

Q高校生向きの電子辞書

今年、高校に入学した子供に購入しようと思ってます。
普通の辞書はあるのですが、学校へ持っていくのに電子辞書が欲しいと言います。
どこのメーカー、お薦めの機種、また、リスニング機能があった方が良いかなど、教えていただきたいです。
予算は25000円以内なのですが・・・

Aベストアンサー

現役高校生です。

リスニングはあったほうがいいですね。
あと古語辞典も。
最近は「高校生モデル」というのがあるんでそれがいいと思います。

おすすめの機種は「SEIKO IC DICTIONARY SR-V4700」です。
セイコーの電子辞書はキーが押しやすくていいです。これは意外と重要なことですよ^-^

ほかにもいろんな種類があるので探してみてください。

参考URL:http://www.amazon.co.jp


人気Q&Aランキング

おすすめ情報