「教えて!ピックアップ」リリース!

財務省は31日、政府、日銀が外国為替市場で10月(9月29~10月27日)
に実施した介入額が6兆3499億円を上回り・・・
の意味が分かりません?
ご解説をして頂けないでしょうか?
宜しくお願い致します。

A 回答 (3件)

外国為替市場で円安になっているのは、円を売ってドルを購入する大きな動きがあるためです。

ですので、政府・日銀が円をドルを売って円を購入することにより、円安をストップさせようというものですね。

この財源は、財務省所管の外国為替資金特別会計(外為特会)の資金が為替介入に使われます。このあたりの説明は日本銀行のサイトがわかりやすいです。

外国為替市場とは何ですか?(日本銀行)
https://www.boj.or.jp/announcements/education/os …

為替相場(為替レート)とは何ですか?(日本銀行)
https://www.boj.or.jp/announcements/education/os …

為替介入(外国為替市場介入)とは何ですか? (日本銀行)
https://www.boj.or.jp/announcements/education/os …

ただ、率直にいって一時的に円安をストップさせても焼け石に水です。ヘッジファンドの資金量には太刀打ちできません。むしろそれだけ損をするのが目に見えています。それに外為特会の資金量も限界がありますしね。無駄玉になるのは必至でしょう。

為替介入の「弾薬」が尽きれば万事休す 政府・日銀のちぐはぐな戦術で無駄玉が続けば敗色濃厚?【解説委員室から】(時事通信)
https://www.jiji.com/jc/v8?id=202211kaisetsuiin042
    • good
    • 1

財務省が行った為替介入です。


日銀は雑務の部分だけですね〜。

ここのところ財務省が自分の失政を黒田日銀のせいにしてごまかそうと、御用学者を使って大手メディアで嘘を垂れ流してますね。
    • good
    • 1

世界は自由経済で物の値段やお金の価値は消費者が決めます



それが原因で円安になっています
その円安を無理矢理円高に持っていこうとしているのが
為替介入です

株式市場で、自社株が下がっているからと社長が
株を爆買いし買い支えているような行為です

日本のお金で日本の円を買うので無駄とは言えませんが
効果は無かった
    • good
    • 1

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人はこんなQ&Aも見ています


このQ&Aを見た人がよく見るQ&A

このカテゴリの人気Q&Aランキング