CMを見ていてふと思ったんですけど、油田ってタワーの先っぽに火がついてますよね。あれって何のためについていたりするんですかね?

A 回答 (3件)

油田の地下にある原油の上には、ガスが存在します


そのガスは、原油を取る際に一緒に出てくる(随伴ガスといいます)んですが、それ
をそのまま空気中に逃がしてしまうと、油田の周辺に充満してしまい、ちょっとし
た火気で燃えてしまい、火事になってしまいます
ですから、ああやって逃がす前に燃やしてしまっているわけです

しかし、これを燃やすと二酸化炭素や亜硫酸ガスを発生するため、酸性雨や地球温
暖化の原因になっていました
そのため、最近ではこの随伴ガスを原油の掘削塔にそって地中に戻してしまう方法
をとる油田が増えています
    • good
    • 0
この回答へのお礼

詳しい解説有難うございます。石油会社も色々やってるんですね。

お礼日時:2001/09/09 15:43

業界用語では「パイロットバーナー」といいます。

 高圧ガスの製造工場にもこのような炎が上がっていますね。 空気より重い成分のガスが地上や海面に降下し漂う前に燃やしきってしまうという効果もあるのです。爆発事故を未然に防ぐための長年の知恵というものです。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

なるほど、私みたいな素人の考えでは油田で火なんぞ使ったら危なくてしゃーないと思ってたんですが、そうゆう事だったんですね。

お礼日時:2001/09/09 15:40

あの炎は油田に溜まっている天然ガスなどを燃やしているためだそうです。



なぜ天然ガスは資源なのに燃やしているのかという疑問も有りますが、油田はガス田と違ってガス産出量が少ないため、このガスを回収して商品化するためには圧縮液化プラントが必要になり、採算が取れないためでしょう。

日石三菱?が、このガスを回収してCO2を大幅に削減したとCMでやっていましたね。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

そうなんですかー
そのCMでこの質問を思いだしたんです

お礼日時:2001/09/09 15:36

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人はこんなQ&Aも見ています

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q油田が中東に集中しているのはなぜ??

理科レポートで二酸化炭素や環境問題について調べている中学生です。
石油や石炭などの化石燃料は光合成によって作られた有機物の一部が有機物のまま地層に埋もれ、長い年月をかけて温度や圧力の影響をうけ変化していったものだとはわかりました。
ということは、有機物を持つ生物と変化を受ける条件と時間がそろえば石油はできる、ということですよね?
ではなぜ油田は中東に集中しているのですか??
中東地域が有機物が石油になりやすかったからなのでしょうか??
考え方が幼稚ですいません。どなたかわかりやすく説明お願いします!!
あと、多少難しくてもいいので化石燃料が出来るまでの詳しい変化についての説明もできればお願いします・・・!!

Aベストアンサー

レポートということでヒントだけ。

「プルーム理論」
「アラビアプレート」

地質学の観点から調べるとよいと思います。

Q油田について

よくニュースで油田の映像が出ますが、油田を掘ってる
機戒みたいな一番上から火が出てるのですが、あれはどういうことなんですか?

Aベストアンサー

石油とともに地下に存在するガス(随伴ガス)を燃やしています。
随伴ガスは使い道に困る厄介者だったのですが、そのまま大気中に放出する
訳にもいかないため、燃やしていました。
ただ、燃やす事により二酸化炭素などが排出されてしまうため、地球温暖化の
原因の一つにもなってしまうので、再度地下に戻したりするようになってきています。
また、このガスを天然資源として有効利用するための研究も行われています。

Q油田のメリットとデメリット

学校で外国のことを調べることになりました
私はロシアのことを調べる事になって
ロシアといえば石油大国というイメージがあって
石油について詳しく知りたいと思いました
そこで質問なんですが…

(1)沢山油田があって
どのようなメリットがあって
逆にどういうデメリットがあるんですか?

(2)あと油田があることによって環境問題に害が生じたりなにか問題があったりするんですか?

教えてください

Aベストアンサー

まだ締め切られていないので・・・。

メリット  
 開発に関して石油会社が資本提供を申し出て来る。
 開発に関して、雇用・関連の経済効果。
 開発が実現すれば、収入になる。

ディメリット
 利権をめぐる紛争が生じる可能性。
 開発に初期投資がかかる(時に莫大)。
 自力開発が難しい場合、他国等の援助が必要。

尚、環境問題に関しては、採掘によるメタンガスの放出や、地下水の汚染等の様々な点が指摘されています。

Q尖閣の近くの、海底油田開発について

尖閣問題揺れていますね。

ところで、
私の記憶の限りですが
たしか、

尖閣諸島のすぐ近くの
日本と中国の国境(なのか経済排他的水域なのか忘れましたが)
の近くで、油田(かガス田か)が見つかり

そこで、中国側が、操業を開始したことから
「日本側海底に眠っている部分までストローのようにすれるんじゃないか」
的な懸念から、ここの尖閣が重要になってきたように
記憶しています。(もともと重要なんだろうけど)

そこで質問です。

「ここは日本側・日本企業が開発しなかったのは、確か
採算が合わないからと覚えていますが、中国が開発したとたんに
あわてたり、共同開発に持ち込もうとしたり
していました。」



なぜ最初からそうしなかったのでしょうか?

こうした開発に携わっていないので
よくわからないのですが

単純に考えて、「最初から共同開発なら採算が取れるなら
共同開発の提案」をすればいいじゃん。

あるいは、

日本企業が、「うちなら採算が取れる」っていう中国の
プラント会社?に、プラント建設と運営をオーダーしたり、すれば
いいじゃないか?

と思ってしまうのですが。


*記憶便りな部分があるので、文中の単語や事実が異なるかもしれませんが

こんな
シンプルな考えとは違う事情があるのでしょうか?

ふと思ったので、
質問投稿してみました。

尖閣問題揺れていますね。

ところで、
私の記憶の限りですが
たしか、

尖閣諸島のすぐ近くの
日本と中国の国境(なのか経済排他的水域なのか忘れましたが)
の近くで、油田(かガス田か)が見つかり

そこで、中国側が、操業を開始したことから
「日本側海底に眠っている部分までストローのようにすれるんじゃないか」
的な懸念から、ここの尖閣が重要になってきたように
記憶しています。(もともと重要なんだろうけど)

そこで質問です。

「ここは日本側・日本企業が開発しなかったのは、確か
採算が合わな...続きを読む

Aベストアンサー

>雑誌かの記事で「採算が合わない」云々を書かれていたのを読んで、
 おそらく2008年の報道ですね。
 当時予定したいた埋蔵量に達しない。採算が合わない可能性がある
と報道されていました

 これは尖閣も同様でして
1970年の報道では
・世界第二位のイラク並みの1000億バレルを超す石油埋蔵量がある」との報道でした
 しかしその後の調査技術の進歩と詳細な調査の結果、1994年時点での日本政府の公表では、日中中間線より日本側海域での究極可採埋蔵量は32.6億バーレル(5.18億キロリットル)で、1970年時の30分の1となっています。
 日中境界線のカス田も同様でして、当初予定してた量よりかなり少ないので
 「採算が合わない」という報道が出てきたのです。
  又当初は海底深くのガスの採掘にはかなりの費用がかかりました。しかし今では
 技術も進みコストはだいぶ安くなってきています
 

Q海底油田のプラットホームは

海底油田のプラットホームは海上にありますが高波がきても大丈夫なのでしょうか?
また、どのくらいの高波まで耐えられるのでしょうか?
なんで海底に穴あけてるのに揺れて支柱がポキンと折れないのか不思議です

Aベストアンサー

半潜水式のプラットフォームを設計に携わったことがあります。

まず、基本的にプラットフォームの底面にすら波が届かないくらいの高さにするのが基本です。 それでも嵐のときにはしぶきが底面まで届いてしまう恐れがあるため、底面はかなり分厚い鋼板で作ってあります。
波をかぶる部分の構造物は、ものすごく頑丈です。 普通の鋼製のはしごをつけてたりしたら、一発でぐにゃぐにゃになったりなくなってたりします^^;
波のパワーはそれほどすさまじいため、居住区に波が来ないのは絶対条件です。

>また、どのくらいの高波まで耐えられるのでしょうか?

わたしの携わったのは北海向けで、有義波高9m(最大波高だと17m)までは操業を続け、緊急的には有義波高13mまでは耐えられるというものでした。 想像してみるとおそるべき高さの波です。
ちなみに100年に一回あるかないかのパーフェクトストーム条件に対応してるのが一般的のようです^^。


このQ&Aを見た人がよく見るQ&A

このカテゴリの人気Q&Aランキング

おすすめ情報